照の日記。 照ラス食堂*

堂上照

照の日記

長七郎江戸日記 ジャンル 原作 企画 、 第1シリーズ途中まで 、 第1シリーズ途中以降 脚本 、、、、、 ほか 監督 、、、、 、、 出演者 ほか ナレーター 第1シリーズ34話まで SP「長七郎立つ! 江戸城の対決」以降 時代設定 前期 製作 制作 、、(第1シリーズのみ) 放送 音声形式 放送国・地域 第1シリーズ プロデューサー 、、松岡明、 出演者 オープニング 作曲: 第34話まで 、 SP「長七郎立つ! 江戸城の対決」以降) エンディング 里見浩太朗「微笑みかけて」 第34話まで 、「旅路~さすらい~」 SP「長七郎立つ! 江戸城の対決」から第60話まで 、「友よ女よ」 第61話以降最終話まで 放送期間 - 放送時間 火曜20:00 - 20:54 放送分 54分 回数 125 第2シリーズ プロデューサー 今井正夫 出演者 高品格 三田明 オープニング 作曲: エンディング 里見浩太朗「おとこの歳月」 第36話まで 「再会物語」 SP「ふたり長七郎・京の舞」以降最終話まで 放送期間 - 放送時間 火曜20:00 - 20:54 放送分 54分 回数 68 第3シリーズ プロデューサー 今井正夫、、 出演者 オープニング 作曲: エンディング 里見浩太朗「宵祭」 放送期間 - 放送時間 火曜20:00 - 20:54 放送分 54分 回数 40 特記事項: スペシャル版放送時は、放送時間拡大の場合あり 114分ないし84分 『 長七郎江戸日記』(ちょうしちろうえどにっき)は、1983年~1991年に系でされたシリーズ。 卿の遺児・が、江戸の町にはびこる悪を倒していく痛快時代劇。 原作は。 なお、系で放送されていた『』は本作品の前身に当たるが、設定や登場人物等が大きく異なっており、ストーリー上の繋がりは全くない。 この作品を収録したDVDBOX版もある。 内容 [ ] クライマックス 夜半、悪の一味が首謀者の屋敷で密談していると、どこからか悪事を咎める声が響いてきて会話を遮る。 首謀者が 「何奴じゃ! 」と叫ぶと長七郎が姿を現し、着流しに金糸で刺繍してある三つ葉葵の紋が一味の目に入ると、すかさず供の三宅宅兵衛が 「えい、控えぃ! これにおわすは畏れ多くも上様(=) の甥御様、松平長七郎長頼君なるぞ! 」と一喝(右平次が代わりを務めることもあった)また長七郎のみの場合、「いかにも!松平長七郎長頼!」と名乗ると一味は畏まる。 しかし、首謀者は 「此奴は長七郎君の名を騙る偽者じゃ! 」あるいは 「ええい、長七郎君とて構わん! 」、 「野に下った長七郎君など恐るに足りん!」などと毎回開き直って家臣や用心棒総がかりで斬り掛かってくる。 そこで長七郎は 「止むを得ん!俺の名前は(印籠ではない) 代わりだ。 迷わず地獄に堕ちるがよい! 」 と啖呵を切って大小を抜き、二刀流の妙技で一味をバッタバッタと斬り捨ててゆく。 最後に首謀者に止めを刺すと、大刀と小刀をそれぞれ大きく一振りして血を払い、回れ左で旋回しつつ両刀を同時に鞘に納める。 (その回の一番の悪人に止めを刺す前に「俺の名前は引導代わりだ、…」と言うパターンもある。 )再び正面に向いた所を切り替わったカメラが大写しにして「決め」となるが、この納刀シーンがシリーズを通じての一つの見せ場となっていた。 『』との相違 「天下ご免! 」におけるクライマックスの長七郎登場シーンでは 「天、不正を為せば(天、悪蔓延れば)それを断つ(斬る)! 悪に上下の隔てはない! 天下ご免! 松平長七郎! 」と自身で名乗りを上げ、供による身分開示はない。 に入る前の長七郎の決め台詞は 「止むを得ん、生涯勝手(天下御免)の長七郎、天に代わって貴様達を斬る! 」である。 「天下ご免! 」にて演じる・()は、長七郎のよき理解者であり難事件の解決を依頼したり影供を付けたりしている他、長七郎も相談のため毎回屋敷を尋ねていたが、「江戸日記」では長七郎が幕閣の有力者と懇意にしている描写は特にない。 逆に「江戸日記」では、同じ丹波が演ずるが、長七郎を「謀反を企てようとする者たちに利用される可能性の高い危険人物」と考え、それを警戒して配下の裏柳生の忍びに監視させている。 但し彼らは長七郎の人柄に徐々に惚れ込んで本来の役目に背き密かに手助けしてしまうことが多い。 放映データ [ ]• 放映時間: 20:00 - 20:54(スペシャル版放映時は時間拡大あり) 第1シリーズ [ ]• 放映期間: - (全125話) 第2シリーズ [ ]• 放映期間: - (全68話) 第3シリーズ [ ]• 放映期間: - (全40話) スタッフ [ ]• 企画:須永元、(第1シリーズ途中まで)、松岡明(第1シリーズ途中から・第2・第3シリーズ)• プロデューサー:、松岡明(第1シリーズ途中まで)、(第1シリーズ途中から)、(第1シリーズ)、(第3シリーズ)、(第3シリーズ)• 音楽:• 特技:• プロデューサー補:内堀雄三 (第2シリーズ)、 (第3シリーズ)• 制作協力:• 協力:六本木オフィス(第2シリーズ)、剣企画(第3シリーズ)• 制作:、六本木オフィス(第1シリーズ) この節のが望まれています。 登場人物 [ ]• (速水長三郎): 将軍職争いに敗れ自害した駿河大納言・徳川忠長の遺児。 年齢は、本人曰く三十路過ぎ(「ふたり長七郎 京の舞」)、身長は手配書によると五尺八寸(「千姫有情、母ありき」)、髪型は総髪だが、城で暮らしていた頃は普通の武家髷(第1シリーズ第4話)。 家光に対する憎しみはあまりなく、自分を大名に取り立てて利益を得ようとする者たちに利用されることを恐れ、浪人として「夢楽堂」で居候している。 「最後の挑戦・さらば長七郎」で江戸を離れ、宅兵衛を連れて2年間旅に出ていたが、第3シリーズ第1話で宗冬からの依頼で江戸へ戻り、大奥から脱走していたおはるを助けたことから「浪花屋」に居候する。 冷静沈着で明晰な頭脳と常人離れした身体能力を兼ね備えている。 流派は柳生新陰流。 但し、「速水長三郎」の時は一刀流、正体を明かし「松平長七郎」になった際は二刀流と必ず使い分けている。 趣味は魚釣りで作中で釣竿を持って出かけたり、辰三郎や右平次と一緒に釣りをするシーンがしばしば見受けられる。 辰三郎:(第1シリーズ第106話、第107話、第111話、第113話を除く) 愛称「辰」。 様々な着物を縫い合わせた羽織を常に着ている。 役回りはコメディリリーフでひょうきんな性格。 かつて「風小僧」と名乗ってコソ泥をしていた経験があるので、屋敷の天井裏に潜入して情報収集をすることもあるが、その度に金をせびっている。 (その逆の立場のパターンで読売のネタ集めの時、長七郎が目撃した時の情報を聞き出す時、長七郎に「いくら出す?」と聞かれ、長七郎の飲んでいた酒に指差しして、「これおごる!」と言い、「これ、俺のだよ!」と長七郎に怒られた。 )、いたって単純で金儲けしようとして失敗(右平次から将軍家に鯛を献上すると、500両から1000両ぐらいもらえると聞き、江戸の晴海で鯛を釣ろうとして、大失敗する。 おれんに「バカだね!それはおめで鯛と言うんだよ!鯛は八丈か駿河あたりしか釣れない。 」と呆れられる。 辰三郎は「だって海繋がってるでしょ。 」と単純すぎる反論をしたが無視された。 )したり、女好きでそのことから敵の罠に嵌ったり(「海を渡る五十万両」)、災難に巻き込まれる(第3シリーズ第19話)ことがしばしばあるのでよくおれんに怒られている。 また、スリの経験があったらしいのだが、同業者と気づかずにあっさり掏られてしまうことがある。 このため、ダメなところもあるものの男気はあって、しっかりとしたところも見せており感謝されたこともある。 (例としては、第3シリーズ15話がある。 )天涯孤独の身で弟がいたが、生まれて間もなく病死してしまった(第1シリーズ第31話)。 第3シリーズでは、2年ぶりに江戸に戻ってきた長七郎が「浪花屋」の居候になったため、おれんの頼みから「浪花屋」へ転職する。 各シリーズごとに髪型が変化していく。 三宅宅兵衛:(第1シリーズ第21話~第34話、第54話、第55話、第67話、第68話を除く) 駿河家の元家臣であり長七郎の忠臣。 愛称「宅さん」。 口髭がトレードマーク。 初期の頃は市井での生活に馴染めず、長七郎が江戸城で御政道に就く事を望んだり、おれんを「おれん殿」と呼んだり事件に関わろうとする長七郎を心配し過ぎることがあった。 腰痛持ちでたびたび発症する。 そのため一時伊豆へ湯治に行き江戸を離れていた。 第1シリーズ88話で本人が知らぬところで娘、お町がいたことが判明するがお町本人は他界しており対面は叶わなかった。 夢楽堂 [ ]• おれん:(第1シリーズ第1話~第45話、第47話~第57話、第60話~第66話、第68話~第108話、第110話~第2シリーズ第8話、第10話~第3シリーズ第1話、「長七郎の陰謀」) 読み売り屋「夢楽堂」の女主人。 かつて「夢楽堂」では先代が枕絵を販売していた時期があり、生理的に受け付けず嫌気が差して盛り場に通っていたため、瓦版に対して誇りがある。 長七郎を「長さん」・辰三郎を「辰」と呼び(たまに辰ちゃん)、辰三郎のツッコミ的存在。 長七郎とは身分を越えた絶大な信頼関係で結ばれ、それが「長七郎の陰謀」でニセ長七郎を見破る決め手になった。 牛吉:(第1シリーズ~第2シリーズ第6話、第9話~第14話、第18話~第20話、第22話~第35話) 「夢楽堂」の従業員。 おれんを「お嬢さん」と呼び、約20年の付き合いがある。 家族構成は明確ではないが、第1シリーズでは姪が登場し、第2シリーズでは実は隠し子がいることが明かされた(第2シリーズ第24話)。 第2シリーズ第35話で昔なじみのおちかと共に伊豆へ旅立った。 田村右平次:(第1話~第31話、第33話、第34話) 忠長の側用人だった田村左平太の遺児で長七郎の忠臣。 愛称「平さん」。 誠実で真面目な性格。 第34話で旅先の佐渡で凶弾に倒れ、荼毘に付される。 おきみ:(第1話~第31話、第33話、第34話) 「夢楽堂」の従業員。 柿森五郎太:(「長七郎立つ!江戸城の対決」~第39話、第41話~第45話、第47話~) 武士になることを夢見る若者。 秩父出身。 総髪の浪人の姿だが、百姓の生まれで母親を無礼討ちにされたことがきっかけで、仇を討つために侍の姿をしている。 長七郎と出会い、夢楽堂に居候する。 熱血漢でやや単純な性格のため、やる気が空回りしてしまうことがある。 辰三郎からは「カッペ」と呼ばれることがある。 おさと:(「長七郎立つ!江戸城の対決」~第39話、第41話~第45話、第47話~) 「夢楽堂」の従業員。 金銭に細かいため、会計係を担当している。 顎にほくろがある。 初めは長七郎の正体を知らなかった。 友吉:(第36話まで) 「夢楽堂」の住み込みの従業員。 真面目で正義感の強い若者。 ややお人好しで融通の利かないため、騒動に巻き込まれることが多々ある(「天下を取れ! 仕掛けられた反乱」、第21話)。 第36話でようやくお光と結ばれるが、祝言を前にして連続誘拐事件の張本人の横山摂津守に攫われたお光を救おうとするも配下の笹木の凶刃に命を落とす。 お光: 「夢楽堂」の住み込みの従業員。 友吉を失った心の傷が癒えずにいたが利助の想いを受け入れ、第2シリーズ最終回 SP「さらば長七郎 最後の挑戦」 で祝言を挙げる。 利助:(「ふたり長七郎・京の舞い」から) 死亡した友吉に代わって新しく加わった住み込みの従業員。 絵草子屋に勤めていたので絵が上手い。 浪花屋 [ ]• 浪花屋喜久蔵:(第3シリーズ。 第10話、第12話、第13話、第37話を除く) 口入屋「浪花屋」の主人。 男やもめのため、遊び好きで朝帰りしたりするが、顔の傷や痣でおなつにすぐバレる。 鯖が嫌い(第1話)。 最終回SP「虫ケラ一匹なればこそ、最後の剣舞い」で、酒井讃岐守の陰謀に巻き込まれ、忍びに捕らえられたおなつとおはるを救おうと遺書を残して、単身、立ち向かっていくも非業の最期を遂げる。 おなつ:(第3シリーズ。 第18話、第34話~第36話を除く) 喜久蔵の娘で未亡人。 最終回SP「虫ケラ一匹なればこそ、最後の剣舞い」で実の父が喜久蔵ではなく、さる旗本の侍であることが判明する。 おはる:(第3シリーズ。 第34話を除く) おなつの妹。 第1話で大奥に行儀見習いとして奉公に出されるが、宗冬を自害に追い込む陰謀を聞かれたと、幕府の有力者に誤解され命を狙われ脱走するも、長七郎に救われてからは親しくなる。 宗冬一派 [ ]• :(特別出演 第1シリーズ第1話・第2話・最終話、第3シリーズ第1話、各シリーズSP) 大目付(史実では、)、もしくは飛騨守(史実と同じ官位)。 長七郎の剣術の師匠をしたほどの剣豪(史実の宗冬も剣豪だった)。 表向きは徳川家安泰の為と言いながら内心は柳生一門の勢力を江戸城内で磐石に固める事を目論む。SPでは藩の取り潰しや由井正雪への間接的な援助、もしくはその回の事件に乗じて長七郎の暗殺を狙うなど様々な陰謀を企む。 その一方では兵庫の足抜けを許したり、草の者を協力させたり SP「母は敵か?! 正雪の陰謀」 、雪姫と思しき娘を町人の娘として扱い刺客を追い払う(SP「風雲! 旗本奴と町奴」)など懐の広い一面も見せている。 さらに第3シリーズ第1話では、江戸を離れていた長七郎を敵でありながらも江戸に戻るよう依頼するなど、清濁併せ呑む信条がゆえに腹の底が読めず、食えない人物。 沢木兵庫(そば屋の六):(第1シリーズ第1話~第45話、第47話~第67話、第69話~「ふたり長七郎・京の舞い」) 宗冬配下の忍び。 通称「そば屋の六さん」。 当初は長七郎の監視役として、気づかれないように屋台のそば屋を装っていた(とはいえ、長七郎は見破っていた)が、さりげなく必要な情報を教えたり、目立たない程度に援護をしたりしていた。 初期は、武士風体で宗冬に結果を報告したり、黒の忍び装束で長七郎らに手を貸していた。 自慢の二八そばの味は絶品らしく長七郎たちは常連でよく食べている。 第1シリーズ第19話で使命に疑問を持ち、宗冬を裏切って抜け忍となった後は長七郎の忠臣となり、情報収集や場合によって殺陣に加わる。 「ふたり長七郎・京の舞」で柳生宗冬に斬られながらも、長七郎に敵の真の狙いを告げて力尽きる。 あかね:(第35、37、39、43、44、47、52、59、61、64~67、75、77、79~81、85、94、95、97、115、118話) 兵庫に代わって長七郎の監視役となった宗冬配下のくノ一。 普段は髪結い屋に扮し、夢楽堂に出入りしている。 兵庫同様、自分の使命に対して次第に疑問を持ち始めていき、必要な情報を教えて協力するようになる。 匕首や鎖分銅を常に携帯しており、黒の忍者装束で活動する。 最終話で兵庫同様、抜け忍となって長七郎に別れを告げ、何処かへと姿を消した。 お銀:(「ふたり長七郎・京の舞い」~「最後の挑戦・さらば長七郎」) 宗冬配下の忍び。 通称「鍼師お銀」。 鍼師の腕は確かで、腰痛持ちの宅兵衛にとっては大事な存在。 鉄舟と同様、恵比寿長屋で開業している。 兵庫同様、長七郎の監視役だったが、「長七郎、大奥まかり通る」で約1年の監視を経て、自分の使命に疑問を持ち、宗冬に談判した後に仲間の小弥太を倒して宗冬を裏切るが…。 その他 [ ]• おきよ:(第2シリーズ第14話まで) 辰三郎の内縁の女房。 「千姫有情、母ありき」では新婚で仲が良かったが、しだいに辰三郎の方から不満を漏らし始め、「一心太助とご落胤・男一匹ここにあり」で辰三郎に書き置きを残して何処かへ行ってしまった。 松坂鉄舟:(「ふたり長七郎・京の舞い」~第41話、第43話~第47話、第49話~) 長崎帰りの蘭法医。 長崎から江戸に向かう途中、京都で長七郎たちと出会い、事件解決後は恵比寿長屋で開業する。 医学だけでなく、火薬に興味を持ったことから自作の煙玉を使用することがある。 青目慎太郎:(第3シリーズ。 第24話を除く) 南町奉行所同心。 甲賀忍びの末裔(第5話)。 当初は事件に首を突っ込む長七郎を怪しんでいたが、後に辻斬り事件の張本人の神保山城守に嵌められ、濡れ衣を着せられた上に愛刀・大般若長光を奪われた長七郎に対して半信半疑の思いを抱くも、真の正体を知り、以後彼に協力するようになる(第21話「罠に掛った長七郎」)。 屋敷に潜入する際は、青の忍者装束姿に変身する。 本人曰く、上司からの受けは悪いらしい(「長七郎の陰謀」)。 要町の文次:(第3シリーズ。 第24話、第26話、第31話、第34話~第37話を除く) 青目配下の岡っ引き。 7歳を筆頭に5人の娘がいる(第30話)。 辰三郎から「ブンブン」と呼ばれている。 ナレーター [ ]• (第1シリーズ34話まで)• (第1シリーズ「長七郎立つ!江戸城の対決」以降の全話) サブタイトルリスト [ ] 第1シリーズ [ ] 話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト出演者 第1話 1983. 18 「風流双面(ふたおもて)草紙」 牧野主膳:、留吉:、加代:、黒木主水:、原田:、浪人:、五島左内:、:、お福:、お美代:、偽の長七郎:、浪人:、浪人:、同心: 第2話 1983. 25 「風流献上鷹始末」 小川英 松尾昭典 :、お里:、高須隼人:、外山佐仲:、喜兵衛:、跡見十郎太:、安藤:、山口:、林:、: 第3話 1983. 15 「風流みだれ囃子」 吉蔵:、お袖:、畔倉十鬼:、川上源左衛門:、:、喜兵衛:、武部:、家臣:、戸田屋:、飴屋:、うどん屋:、易者: 第6話 1983. 22 「風流敵討ち狂言」 倉田準二 霧浪萬次郎:、沖の井:、長橋外記:、文平:、座元:、:、荒井:、道庵:、辻村:、千吉:、伊助:、野次馬: 第7話 1983. 29 「風流あずま歌」 雨宮祐徳:、原島源三郎:、雨宮桜江:、倉持主馬:、木沢左内:、志津:、太一郎:、近藤:、店者: 第8話 1983. 13 「風流悪人狩り」 白井更生 斉藤光正 お房:、大野屋喜十郎:、大石要:、川瀬源之進:、佐平:、銀蔵:、館野:、牢番:、勘十:、半次: 第10話 1983. 20 「風流手まり唄」 鈴木生朗 斉藤光正 お浪:、おかね:、土屋丹後:、おつる:、小堀道阿弥:、黒住修理:、荒牧:、田原源太郎:、喜兵衛:、権藤:、お熊: 第11話 1983. 27 「風流浮世絵崩し」 白井更生 黒田義之 おいと:、源次:、真部大膳:、榊陣兵衛:、上月頼母:、松蔵:、太平:、弥吉:、勘助:、加藤:、お内儀:、おまさ:、浪人: 第12話 1984. 10 「風流蛇女騒動記」 小川英 杉村のぼる 黒田義之 お豊:、久蔵:、川口屋:、銀次:、矢崎:、前原:、遊び人:、駕籠屋:、佐吉:、浪人: 第13話 1984. 17 「風流乙女慕情」 小川英 尾西兼一 お小夜:、有田慎之介:、阿藤忠清:、牧田:、松吉:、近江屋:、邦之進:、柴崎大膳: 第14話 1984. 24 「琉球使節異聞」 岡本静夫 おみね:、政五郎:、小林高斎:、:、曽根監物:、中津小弥太:、琉球使節:、お内儀:、人足: 第15話 1984. 31 「通りゃんせ小太郎」 松尾昭典 おてい:、朽木民部:、朽木波二郎:、大林算喜:、丑之助:、おむら:、小太郎:、老中: 第16話 1984. 07 「仇討ち免許状」 桜井康裕 松尾昭典 江口昌之介:、千鶴:、戸田右京:、肥前屋:、おりん:、お八重:、檜垣:、藩士:、加納: 第17話 1984. 14 「はぐれ千鳥」 鈴木生朗 松尾正武 おぶん:、黒沢半太夫:、森伝九郎:、相模屋五兵衛:、庄吉: 第18話 1984. 21 「友情雪の舞」 横田与志 松尾正武 朝倉左内:、柴田外記:、野々村:、おゆみ:、宗順:、留蔵:、堺屋久兵衛:、朝倉小弥太: 第19話 1984. 28 「裏切り御免」 小川英 斉藤光正 京之介:、文蔵:、堂前景成:、野中重蔵:、皆川嘉明:、侍:、重二郎:、目付:、門番:、目付: 第20話 1984. 06 「かけこみ寺異聞」 横田与志 斉藤光正 天秀尼:、堀なえ:、村沢主膳:、布川十左:、鮫島:、おるい:、: 第21話 1984. 13 「母恋草」 日野弾正:、石田日向守忠次:、市造:、お美和:、上島丹波:、一平:、甚兵衛:、榊原:、徳兵衛:、岩渕:、山中:、河合:、梅吉:、長屋の女:、侍女:、侍女: 第22話 1984. 20 「狙われた姫君」 鈴木生朗 澤田幸弘 おてる:、松田伊織:、永井監物:、岩崎:、田所修理:、大場甚内:、:、万之助:、伴作:、武士:、茶店の婆:、甚内の配下: SP-1 1984. 03 「海を渡る五十万両」(90分) 小川英 尾西兼一 松尾昭典 愛蘭:、:、お浜:、王泰順:、海坊主:、:、胡范:、チェン:、天海: 第23話 1984. 24 「夜明けのうた」 白井更生 関野半四郎:、大次郎:、浜田道喜:、小栗白雲斉:、戸田:、宿場役人:、田島新兵衛:、津久井:、浪人:、客:、若い男:、助手: 第24話 1984. 01 「活鯛献上始末記」 原田雄一 やえ:、弥助:、土岐播磨守:、大和屋長兵衛:、治平:、星野伝右衛門:、田島新兵衛:、藤川十郎太:、西屋甚右衛門:、大野九郎兵衛: 第25話 1984. 08 「独りぼっちの草笛」 白井更生 岡本静夫 田沢:、菊乃:、伊丹頼一郎:、新之助:、山根刑部:、山城屋宗兵衛:、伊丹頼次郎:、源太:、仙吉:、おしの:、直助:、与吉:、村井:、伊丹頼母:、胴元: 第26話 1984. 29 「右平次が打首になる日」 小川英 兵頭数馬:、大久保長門:、北沢左十郎:、黒崎:、村川玄蔵:、立花:、検死役人:、お駒: 第27話 1984. 05 「仇花、風に舞う」 下飯坂菊馬 岡本静夫 おりく:、佐久間隼人:、おたき:、阿部豊後守:、孫兵衛:、脇坂:、小室:、清水: 第28話 1984. 19 「月夜の闇退治」 お光:、喜兵衛:、黒木備前守:、関屋藤兵衛 霞の藤兵衛 :、田中:、仙吉:、仁造:、矢八:、文造:、伊助:、おさよの父:、おさよ:、田所新之助:、長屋の男:、長屋の女: 第29話 1984. 26 「黄色いカラス」 岡本静夫 お絹:、津上一馬:、大二郎:、佐久間:、辻:、朝倉要之進: 第30話 1984. 24 「日陰に咲く花」 白井更生 岡本静夫 おぬい:、お芳:、松蔵:、土屋頼母:、鏑木伊三郎:、塚口庄之助:、横渕:、川田: 第32話 1984. 21 「とらわれた長七郎」 小川英 胡桃哲 松尾正武 お園:、松坂八郎太:、伍助:、殿村隼人:、徳蔵:、弥太:、、太吉:、真弓田備前:、小野沢:、川村: 第33話 1984. 04 「影討ち」 白井更生 高倉祐二 浅尾清之助:、浅尾新太郎:、信乃:、出石主水:、高垣鉄之進:、:、お市の方:、平戸源兵衛:、丹羽左馬助: 第34話 1984. 18 「佐渡に輝く星一つ」 横田与志 松尾正武 しの:、伊丹新左衛門:、小島重蔵:、桑田甚兵衛:、越前屋:、村人:、雲水:、作造:、留吉:、門番: SP-2 1984. 02 「長七郎立つ! 江戸城の対決」 120分 小川英 胡桃哲 斉藤光正 :、弁之助:、:、お雪:、千草:、たみ:、滝沢民部:、沢村:、川口:、半助:、中村菊之助:、源造:、侍:、京極忠継: 第35話 1984. 16 「さむらい瓦版」 小川英 胡桃哲 お志津:、鳴海半兵衛:、文蔵:、本郷能登守:、野々宮半蔵:、高井左内:、覚円:、鳴海多門:、寺男:、神主: 第36話 1984. 30 「いたずら小鳥」 鈴木生朗 小澤啓一 おちよ:、おひさ:、伊之助:、巴屋市兵衛:、青山大膳:、近江屋喜助:、大黒屋清七:、おかね:、おまつ:、弥吉: 第38話 1984. 13 「旗本愚連隊」 奥村俊雄 吉川一義 榊新十郎:、榊与右衛門:、沼沢陣内:、矢部左内:、伊助:、おきぬ:、若年寄:、津山弥九郎: 第40話 1984. 20 「望郷」 横田与志 高倉祐二 :、りつ:、:、篠沢嘉門:、倉橋:、井沢:、河野: 第41話 1984. 27 「故郷が呼んでいる」 中野顕彰 吉川一義 高倉祐二 おしげ:、巳之吉:、おゆき:、坂部義勝:、小六:、大黒屋徳兵衛:、若年寄:、水野信幸: 第42話 1984. 04 「大江戸哀歌」 奥村俊雄 倉田準二 仙吉:、お袖:、太吉:、沼倉陣兵衛:、矢部左内:、銀次:、勘太:、若主人:、口入れ屋の主人:、 第43話 1984. 11 「宅兵衛の子守唄」 鈴木生朗 小澤啓一 志乃:、稲垣重兵衛:、大前屋清蔵:、岩間左兵衛:、駒吉:、おしま:、町人:、山崎:、千蔵:、、、、、、 第44話 1984. 18 「くの一有情」 小川英 胡桃哲 松尾正武 お葉:、文蔵:、三郎左:、頭巾の侍:、備前屋:、女郎:、女郎:、牧田: SP-3 1984. 25 「柳生の陰謀」 120分 小川英 胡桃哲 小澤啓一 おゆき:、高杉新三郎:、高杉伊予守威晴:、山科勘解由:、黒木兵庫:、文蔵:、雑賀玄雲斉:、:、:、織部:、城所:、酒巻弥十郎:、お志津:、 諸星一角: 第45話 1985. 08 「瓦版始末記」 小川英 池田一朗 小澤啓一 おしん:、くちなわの以助:、木下大介:、ぼたん屋門兵衛:、安蔵 蝮の吉蔵 :、七兵衛:、春木屋の用心棒: 第46話 1985. 15 「野盗秘聞」 鈴木生朗 夜叉丸:、およう:、大坂屋徳兵衛:、矢野岩次郎:、鬼丸:、子分:、子分:、 第47話 1985. 22 「町に咲いた恋唄」 奥村俊雄 高倉祐二 おみね:、黒川主水:、松前屋:、勘助:、矢崎:、六造: 第48話 1985. 29 「疑惑の男」 名倉勲 澤田幸弘 徳次郎:、およね:、おくみ:、坂田兵部: 、田代多聞:、市助:、並木半兵衛:、主人:、文字春: 第49話 1985. 05 「命、売ります」 白井更生 斎藤光正 お道:、佐吉:、善吉:、上杉主膳:、江藤:、中井良白: 、桂庵:、藤助:、お内儀:、おみね:、売り子:、重臣:、重臣:、跡部甲斐守: 第50話 1985. 12 「お礼参り」 中野顕彰 斎藤光正 佐八:、おみね:、仁蔵:、村瀬新兵衛:、多吉:、才次:、居酒屋の女: 第51話 1985. 19 「黄金の夢」 名倉勲 松尾正武 仙次:、おろく:、おみつ:、有馬主膳:、近江屋宗兵衛:、治助:、井沢市之進:、源造:、 第52話 1985. 26 「幻の母を見た」 中野顕彰 高倉祐二 桑原要之進:、しず:、おさち:小野さやか(現・)、島崎多門:、立花将監:、淀屋市兵衛:、宗安:、 第53話 1985. 05 「顔のない男」 白井更生 倉田準二 お京:、尾形露之助:、:、阿部土佐守:、半蔵:、:、中川:、鈴木:、、 第54話 1985. 12 「おれん慕情」 小川英 胡桃哲 澤田幸弘 源三:、お島:、黒川軍太夫:、半助:、銀次:、加納屋:、新吉:、 第55話 1985. 19 「春のつむじ風」 鈴木生朗 澤田幸弘 乾新九郎:、およう:、秋月河内守:、芦田勘兵衛:、唐沢甚内:、土屋信濃守:、乾新兵衛:、 第56話 1985. 26 「母子武士道」 奥村俊雄 高倉祐二 村田りく:、村田新之介:、お光:篠山葉子、平吉:、林田多門:、近江屋: SP-4 1985. 02 「怨霊見参! 長七郎、弟と対決」 90分 吉川一義 おちか:、柘植平九郎:、堀尾主膳:、:、稲葉豊後守:、:、黒崎弥五郎:、:、南原鉄之助:、源八:、安藤上総守:、高木玄蕃:、松尾源八:、長野陸奥守:、あや: 第57話 1985. 16 「壁際族の反乱」 名倉勲 高倉祐二 前田源之進:、勘八:、榊小平太:、相馬弾正:、唐津屋徳兵衛:、奥野新九郎:、藤川伝八郎:、 第58話 1985. 23 「父娘のきずな」 鈴木生朗 澤田幸弘 井原泰山:、おそで:、森田図書:、青雅堂:、柏木監物:、:、加納作兵衛:、伊藤軍兵衛:、おすが: 第59話 1985. 30 「反骨武士は死なず」 中野顕彰 澤田幸弘 市兵衛:、お咲:、朝倉要之進:、喜作:、朝倉義勝:、平田左内:、榊:、商人: 第60話 1985. 07 「大江戸女番長始末記」 奥村俊雄 澤田幸弘 清吉:、加代:、但馬屋喜兵衛:、黒沼主水:、下谷の権六:、おそで:、矢吉:、六助:、 第61話 1985. 14 「寛永御前試合・竜、立て! 」 中野顕彰 斉藤光正 朝倉新十郎:、およし:、勝之助:、お咲:、森主膳:、黒坂勘兵衛:、和泉屋:、佐久間:、塚田玄馬:、 第62話 1985. 04 「俺ァ江戸さ行くだ」 名倉勲 原田雄一 おきく:、伊助:、磯貝監物:、浜田屋清兵衛:、遠州屋仁左衛門:、芝垣源十郎: 第65話 1985. 18 「たった一度のあやまち」 横田与志 松尾正武 常吉:、慎作:、若林主膳:、倉沢半兵衛:、帰順:、玄庵:、 第66話 1985. 25 「からくり人形使い」 小川英 胡桃哲 松尾正武 お光 月光 :、宗吉:、中津川木堂 :、南条源二郎:、九郎左:、高山右京:、三州屋徳兵衛:、外村:、安藤対馬:、商人: 第67話 1985. 23 「くの一化粧」 鈴木生朗 桑原大作:、空念坊:、石黒外記:、:、: 第68話 1985. 30 「御赦免船の男」 名倉勲 大洲斉 半次:、おみつ:、稲葉主膳:、井筒屋仙右衛門:、早耳の銀三:、秋田屋宗兵衛:、粂八:、秋田屋の番頭: 第69話 1985. 27 「老盗の心意気」 名倉勲 原田雄一 市兵衛:、時造:、塚原将監:、金森甚内:、上総屋:、越後屋:、お千代:、弥兵衛:、霞の藤造: 第70話 1985. 24 「泣くな! 寅」 中野顕彰 原田雄一 与作:、お菊:、菊地監物:、大石新兵衛:、牧野利勝:、炭田:、寅千代:、お時の方:、内儀:、お貞の方: SP-5 1985. 01 「母は敵か?! 正雪の陰謀」 120分 小川英 胡桃哲 小澤啓一 :、:、九条貴子:、:、小泉出羽守:、:、岡林:、:、大久保大和:、牧原主馬: 第71話 1985. 15 「十手にかけた青春」 中野顕彰 大洲斉 冬木和馬:、春野:、おひさ:、湊屋:、小田切多門:、山崎屋:、秋山:、谷喜十郎:、白山:、甲州屋:、徳兵衛: 第72話 1985. 22 「稲妻に浮かぶ顔」 鈴木生朗 吉川一義 文吉:、おせん:、町田伝蔵:、荒尾大膳:、推命堂雲斉:、鳴海屋六兵衛:、太田屋仁助: 第73話 1985. 29 「大江戸警備隊始末」 小川英 大洲斎 新田宗一郎:、安堂:、佐平次:、村上:、北町奉行:、野島: 第74話 1985. 05 「雨宿り」 小川英 胡桃哲 斎藤光正 お時:、黒蔵:、大貫仙十郎:、叶屋:、主人:、源次: 第75話 1985. 12 「鬼が住む屋敷」 鈴木生朗 松尾正武 藤尾志津:、藤尾敬四郎:、多田監物:、和泉屋五兵衛: 第76話 1985. 19 「おさとの災難」 鈴木生朗 美濃屋治兵衛:、お芳:、大倉石見:、岸本宗元:、清吉:、おきぬ:、長井: 第77話 1985. 26 「とどけ夫婦囃子」 中野顕彰 田中徳三 佐八:、お咲:、お志津:、神谷主膳:、吉兵衛:、内儀: 第78話 1985. 03 「極楽とんぼ」 名倉勲 田中徳三 亀吉:、彦坂刑部:、秋川甚内:、源次:、おかよ:、仙造:、六兵衛:、香川小十郎: 第79話 1985. 10 「心はひとつ義兄弟」 中野顕彰 松尾正武 小谷大介:、千種:、藤瀬多門:、岩戸半兵衛:、加倉井:、源八:、およう:、佐吉:、用人: 第80話 1985. 17 「桔梗、花一輪」 小川英 胡桃哲 吉川一義 お志津:、太助:、潮屋宗兵衛:、魚松:、梶原仙十郎:、落合備前:、お妙: 第81話 1985. 24 「鬼の目に涙」 鈴木生朗 吉川一義 矢沢鉄五郎:、おまき:、溝口出羽守:、原田市蔵:、大和屋治兵衛:、加納内記:、浦尾:、矢沢鉄平:、太助:、与吉:、与力:、幸助:、女:、乙吉:、小僧: 第82話 1986. 07 「初姿春駒おどり」 鈴木生朗 松尾正武 藤尾の局:、富樫弾正:、鉄海:、おいと:、宮口勝之進: 第83話 1986. 14 「当世母親気質」 奥村俊雄 田中徳三 お絹:、黒田多門:、お栄: 、年増女:、、、おとよ:、仲居:、村上十内: 第84話 1986. 21 「父ちゃんが帰った日」 白井更生 斎藤光正 佐吉:、文蔵:、山城丹波守:、立花大膳:、おちか: 第85話 1986. 28 「標的になった男」 中野顕彰 松尾正武 巳之吉:、北泉頼母:、大垣:、久米:、水倉才蔵:、朝吉:、お咲:、おきみ:、目付:、用人:、町人:、浪人:、寅:、町人: 第86話 1986. 04 「はばたけ父子鷹」 横田与志 田中徳三 川辺左内:、黒川重兵衛:、:、川辺大吾:、闇の文蔵:、清田:、家臣:、 第87話 1986. 11 「夫婦せんべい」 小川英 胡桃哲 斎藤光正 お美代:、吉兵衛:、栗林刑部:、儀平:、片桐:、役人:、軍次:、友吉:、勝五郎:、源助:、百蔵:、子分: 第88話 1986. 18 「宅兵衛に娘がいた」 小川英 胡桃哲 斎藤光正 お町:、中津川外記:、定吉:、黒木角之進:、主人:、高林:、地回り: 第89話 1986. 25 「母と子の子守唄」 白井更生 吉川一義 お菊:、お清:、正吉:、原田但馬:、今泉藤二郎:、本藤精兵衛:、楠弥一郎:、同心:、、目明し:、長屋の男:、女囚:、おとよ:、下地っ子: 第90話 1986. 04 「あで姿回り舞台」 中野顕彰 田中徳三 中村藤十郎:、お菊:、神尾信親:、山形屋:、玉木屋:、塚田屋: 第91話 1986. 11 「別れ道」 名倉勲 田中徳三 定八:、巳之吉:、おこま:、中山主馬:、飛騨屋六兵衛:、藤屋藤兵衛:、善蔵:、金造:、勘太:、鎌田新兵衛:、役人:、医者:、同心: 第92話 1986. 18 「望郷子守唄」 鈴木生朗 澤田幸弘 お弓:、里沙:、肥前屋伍平:、平戸屋藤八:、別府庄左衛門:、戸張陣内:、島造:、又兵衛:、薬種屋の主人:、助左:、弥五:、太市:、里沙の幼女時代: 第93話 1986. 25 「居残り宅兵衛」 中野顕彰 澤田幸弘 朝吉:、お米:、門田監物:、吉兵衛:、お寅:、秋葉屋:、久造:、留:、秋葉美濃守:、市助:、家木:、堺:、浪人:、林:、小渕: SP-6 1986. 01 「風雲! 旗本奴と町奴」 120分 小川英 胡桃哲 斎藤光正 :、:、お雪:、源太:、柳沢伯翁:、左平次:、黒岩一鬼:、大原内膳:、風見十蔵:、乾又九郎:、:、:、、、、、、、、、、、 第94話 1986. 08 「古傷」 鈴木生朗 小澤啓一 お雪の方:、梶原半太夫:、阿波の孫八:、阿波屋十兵衛:、成政:、森田数馬:、井沢兵部:、重政:、和枝: 第95話 1986. 15 「鶴の恩返し」 中野顕彰 小澤啓一 お鶴:、亀田:、永井義勝:、大谷:、吉兵衛:、才蔵:、左平次:、徳造:、同心: 第96話 1986. 22 「十手かたぎ」 鈴木生朗 佐野紋十郎:、こま吉:、長尾修理:、菱屋善兵衛:、宗円:、およね: 第97話 1986. 29 「恋に落ちて」 名倉勲 山下耕作 佐貫屋市太郎:、浦里:、原十左衛門:、越前屋六兵衛:、由造:、佐貫屋市兵衛:、弥助: 第98話 1986. 06 「辰三郎、女難で候」 中野顕彰 松尾正武 染香:、久造:、桑原頼母:、山形屋茂平:、留:、熊:、利助: 第99話 1986. 20 「娘仇討ち・敵は長さん! 」 小川英 田中徳三 矢内ゆき:、矢内源太郎:、岩崎弥左衛門:、矢内甚左衛門:、美濃屋総兵衛:、大野源右衛門: 第100話 1986. 27 「牛さんの縁談」 鈴木生朗 松尾正武 おきよ:、おたか:、与兵衛:、坂井蔵人:、坂井敬三郎:、初之助:、長吉:、幸助:、近江屋太兵衛:、浜田壮介: 第101話 1986. 17 「頑張れ! おとう」 中野顕彰 原田雄一 佐八:、熊坂半兵衛:、鉄:、おさち:、おとき:、菊造:、軍鶏の虎造:、春駒: 第102話 1986. 01 「片思い」 鈴木生朗 田中徳三 お鈴:、おまき:、佐吉:、鬼塚刑部:、永井軍兵衛:、大和屋:、久六:、銀次:、おとよ:、伊太:、萬字堂: 第103話 1986. 15 「謎のエゲレス時計」 原田雄一 瀬川裕之進:、西海屋嘉兵衛:、倉地頼母:、加納正純:、お紋:、瀬川裕之介:、西海屋の番頭:、長屋のかみさん: 第104話 1986. 22 「目明し気取り」 中野顕彰 吉川一義 勘太:、田久保玄馬:、お咲:、喜三郎:、左平次:、留造:、文吉:、才次: 第105話 1986. 29 「風の噂の風小僧」 小川英 胡桃哲 吉川一義 お恵:、楽兵衛:、南条主馬頭:、政五郎:、霞の甚内:、宇津木:、菊丸: 第106話 1986. 02 「泣くな山鳩」 鈴木生朗 山下耕作 大助:、照:、池辺大膳:、上月伝内:、堀江安芸守:、猟師:、まつ:、弥藤次:、武藤新兵衛:、左源太: 第107話 1986. 16 「とんぼ、ないた」 中野顕彰 居川靖彦 とんぼ:、若林新之助:、久八:、かえる:、塚原将玄:、牧:、三太夫:、岡場所の女:、すずめ:、 第108話 1986. 30 「裏町恨み唄」 鈴木生朗 松尾正武 おぶん:、岡本金吾:、長井佐渡守:、大原弁之介:、高木小太夫:、戸張十内:、刀屋:、宗庵:、古着屋:、スリの親分:、口入屋の番頭: SP-7 1986. 07 「血闘・荒木又右衛門」 120分 小川英 胡桃哲 斉藤光正 :、:、渡辺和馬:、みね:、お光:、:、:、曲垣弥十郎:、銀平:、:、老臣:、才三:、安藤四郎右衛門:、中間:、高柳:、:、おやじ:、 第109話 1986. 14 「黒髪情話」 鈴木生朗 澤田幸弘 加納新次郎信之:、おつや:、榊原帯刀:、関根蔵人:、原田十蔵:、おとら:、弥吉:、関根小太郎:、尼僧: 第110話 1986. 21 「寺子屋ぎらい」 中野顕彰 澤田幸弘 荒木新兵衛:、お秋:、多吉:、柴田監物:、叶屋吉兵衛:、喜久蔵:、成見屋:、北泉:、春木屋:、山崎屋: 第111話 1986. 28 「おれん、絶叫! 」 中野顕彰 山下耕作 中屋善兵衛:、竹庵:、後藤:、池淵兵部:、森:、和泉屋:、吉兵衛:、喜助: 第112話 1986. 04 「お嬢様、どこに? 」 名倉勲 松尾正武 伊助:、おこま:、青山左衛門:、上州屋六兵衛:、京屋利兵衛:、大森半蔵:、留吉:、番頭:、源次:、商人: 第113話 1986. 11 「山から来た女」 居川靖彦 茂作:、お勝:、永末左近:、利兵衛:、山岡甚内:、猪木典膳:、与吉: 第114話 1986. 18 「なまくら新兵衛」 鈴木生朗 高倉祐二 山倉新兵衛:、綾乃:、小田久佐衛門:、高森和馬:、海野重兵衛:、上州屋市兵衛:、溝口八郎太:、仙造:、犬伏源造: 第115話 1986. 25 「殺しの配達人」 鈴木生朗 小澤啓一 小谷宇兵衛:、太田黒民部:、お千代の方:、織江:、お琴:、お絹の方:、小花:、矢部左十郎: 第116話 1986. 09 「天狗におびえる街」 中野顕彰 小澤啓一 河辺左馬之助:、由起:、権兵衛:、津上重行:、甲州屋市兵衛:、谷井:、鉄平:、浪人:、寅: 第117話 1986. 16 「名君、会津に入る」 鈴木生朗 高倉祐二 :、:、:、堀川嘉門:、:、鬼丸軍太夫:、作右衛門:、早苗:、与兵衛:、熊沢一角:、犬伏牙四郎: 第118話 1986. 23 「長七郎最後の対決」 小川英 松尾正武 江口房之助:、上村玄次郎:、おみの(お鶴):、おくわ:、平河正雄、志茂山高也、小船秋夫、谷口孝史、橋本和博、西田真実 第2シリーズ [ ] 話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト出演者 SP-1 1988. 05 「千姫有情、母ありき」 120分 小川英 胡桃哲 小澤啓一 :、:、:、牧野主馬:、影日向:、玄斉:、綾乃:、:、幕閣:、為三:、磯村:、:、弥助:、星川:、:、旗本:、秋山左内:、: 第1話 1988. 12 「散るが命か、寒椿」 小川英 松尾正武 おトキ:、井上鉄之助:、柴山蔵人:、半田:、徳兵衛:、長屋の女房:、お糸:、遊び人:、質屋の主人:、中間: 第2話 1988. 19 「意気に感ず」 小川英 胡桃哲 斉藤光正 五助:、:、佐久間与一郎:、お町:、黒金屋:、小橋:、宇之吉:、森山日向守: 第3話 1988. 26 「帰って来た逃亡者」 小川英 中野顕彰 松尾正武 藤井忠三郎:、お寿:、藤井小太郎:、大貫主膳:、三田村京太郎:、榊義勝:、秋本:、辻: 第4話 1988. 02 「手折られた白梅」 斉藤光正 八田小十郎:、加賀爪外記:、加賀爪ひづる:、米倉石見守:、井坂伴内:、不破又八:、杉田七郎次:、小野川新助:、吾平:、武士:、守屋猪之助: 第5話 1988. 09 「仇討ちという殺人」 小川英 中野顕彰 小澤啓一 綾:、小沼義勝:、大久保一馬:、南部虎之助:、南部龍之助:、勇太郎:、蓑吉:、立岡:、侍:、親分: 第6話 1988. 16 「春遠からじ」 鈴木生朗 小澤啓一 香苗:、佐吉:、戸田内膳正:、戸田栄三郎:、篠原幸之進:、山根勘十郎:、谷川要助:、津田玄石: 第7話 1988. 23 「はしり雨」 小川英 山田貴美子 おさわ:、直次郎:、おもと:、又蔵:、森山日向守:、神崎東吾: 第8話 1988. 01 「人斬り数え唄」 小川英 中野顕彰 髙倉祐二 島造 人斬り五郎蔵 :、朝吉:、お清:、雷門の新兵衛:、秋津和義: 第9話 1988. 08 「地獄を覗いた姫君」 和久田正明 髙倉祐二 村田甚山 本多丹後守 :、お袖:、卯之吉 月之介 :、尾張屋三左衛門:、母里出雲守:、小田切多門:、喜多: 第10話 1988. 15 「母ひとり旅」 鈴木生朗 松尾正武 おあき:、甲州屋:、馬場織部:、野州屋:、助蔵: 第11話 1988. 22 「命を売る男」 小川英 蔵元三四郎 松尾正武 宗田貫平:、カヨ:、緒方左内:、栗山:、藤八:、越後屋:、加賀屋: SP-2 1988. 05 「天下を取れ! 仕掛けられた反乱」 90分 小川英 胡桃哲 小澤啓一 別木軍兵衛:、別木さや:、立花香之介:、:、疋田重蔵:、別木太一郎:、用人:、香林堂:、玉屋: 第12話 1988. 12 「悲しい女」 小川英 名倉勲 お駒:、森田屋宗悦:、仁王:、山際左内:、永田半兵衛:、佐助:、桑原藩家老:、今泉:、堀越:、三太夫:、 第13話 1988. 26 「老兵は死なず」 小川英 蔵元三四郎 上杉尚棋 長谷川勘兵衛:、西尾多聞:、千坂弾正:、秋田屋六兵衛:、七重:、向井一角:、氷室伊織:、磯貝重蔵:、源次:、仙八:、文蔵: 第14話 1988. 03 「おふくろの味」 小川英 山田貴美子 斉藤光正 青山ふき:、稲垣平十郎:、袖屋伊右衛門:、青山重之:、青山奈尾:、多七:、内田勘兵衛:、喜平次:、おせき:、おぶん:、大家: 第15話 1988. 10 「三途の橋」 小川英 中野顕彰 斉藤光正 鬼塚喜十郎:、植木又兵衛:、:、北国屋:、歩の市:、木戸:、お秋:、お千代:、日野弥助:、蓑吉:、婆さん: 第16話 1988. 24 「小鳥を愛した少年」 小川英 胡桃哲 髙倉祐二 次郎:、角五郎:、喜多川連寂 天竺万兵衛 :、清七:、おまき:、千勢:、浅井半蔵: 第17話 1988. 14 「夫婦飛脚・恋の綱引」 鈴木生朗 髙倉祐二 山田屋清二郎:、おやえ:、岡部修理太夫:、鳶山采女正:、伊藤彦兵衛:、岸本左内:、徳造:、三村屋善右衛門:、浜田紋十郎: 第18話 1988. 28 「葵と紫陽花」 小川英 蔵元三四郎 髙倉祐二 松平盛親:、松平頼盛:、鳥羽伊勢守:、島野屋:、若年寄:、老中:、橋本:、柴山:、庄野: 第19話 1988. 05 「妻こそ我が命」 小川英 中野顕彰 斉藤光正 大和田左内:、叶屋市兵衛:、乾勘兵衛:、浪花屋清兵衛:、才次:、山中忠司郎:、商人: 第20話 1988. 12 「夢いくたび・母の暦」 鈴木生朗 原田雄一 おかつ:、小松屋徳三郎:、おひさ:、だるま屋源兵衛 源次 :、大倉外記: 第21話 1988. 02 「友情の命燃やして」 小川英 胡桃哲 斉藤光正 文進堂吉太郎:、北町奉行(坂田甲斐守):、片平九十郎:、文三:、明石屋:、備州屋:、仲居:、お葉: 第22話 1988. 23 「捨て身の説得」 和久田正明 原田雄一 おくら:、小宮山武助:、森川理三郎:、吉岡頼母:、乾勘兵衛:、神田川与平:、おふで:、いね:、伊之助: 第23話 1988. 06 「苦死を落とした女」 小川英 中野顕彰 静香:、久造:、谷田部兵部:、:、車坂の陣八:、土佐屋利兵衛:、上村要之進:、おしん:、和尚:、櫛屋主人: 第24話 1988. 13 「父子草、浮世の浪」 小川英 蔵元三四郎 長谷部安春 直吉:、お玉:、半助:、駒蔵:、榊山海山:、吉兵衛: 第25話 1988. 20 「咲くか、赦免花」 小川英 中野顕彰 牧口雄二 亀吉:、お静:、熊蔵:、桑原多門:、越後屋市兵衛:、久三:、大政: SP-3 1988. 27 「一心太助とご落胤・男一匹ここにあり」 120分 小川英 胡桃哲 牧口雄二 :、千太:、日向屋千景:、一条高麻呂:、尾花若狭守勝茂:、:、五助:、金森軍太夫:、:、海老名主膳:、三沢頼母:、幕閣:、雪乃:、:、左平次:、 第26話 1988. 11 「蛍火」 小川英 山田貴美子 松尾正武 白井宗之助:、多田源内:、菊枝:、佐平治: 第27話 1988. 18 「千切れ雲、縁の旅」 和久田正明 髙倉祐二 お島:、伊藤弥市:、加倉井刑部:、丸山仙十郎:、奈良平:、本多帯刀:、小池玄之進:、ふく:、彦次郎:、東蔵: 第28話 1988. 25 「ゆき暮れて母悲し」 牧口雄二 小西さと:、小西弥市:、甲田せつ:、大場主水:、赤沢典膳:、伊勢屋十兵衛:、甲田清一郎:、順庵: 第29話 1988. 01 「辰の赤ん坊」 小川英 蔵元三四郎 松尾正武 おこと:、伊勢屋市兵衛 夜鴉、安吉 :、崎坂豊後: 第30話 1988. 08 「待ちわびて千鳥橋」 鈴木生朗 髙倉祐二 清七:、おぶん:、馬淵内記:、堺屋藤兵衛:、伝八:、猪木重蔵:、おしげ: 第31話 1988. 15 「同心物語、父ありき」 鈴木生朗 長谷部安春 加納半兵衛:、千世:、弥助:、由良豊後守:、三木蔵人:、巴屋十兵衛:、沢村:、無楽斎: 第32話 1988. 22 「おれんの逆襲」 小川英 中野顕彰 長谷部安春 春吉:、岩田左内:、伊勢屋清兵衛:、大淵信太郎:、郷田: 第33話 1988. 29 「長い銀の箸」 安藤日出男 松尾正武 菅野吾平:、菅野みほ:、:、流れ星のお銀:、朽木大学:、長崎屋宇平:、堀修庵:、陳: 第34話 1988. 06 「一の糸」 小川英 山田貴美子 松尾正武 お浪:、彦次郎:、村木屋笑兵衛:、石部岩之助:、おりう: 第35話 1988. 13 「牛吉の純情」 和久田正明 髙倉祐二 おちか:、巳之介 甲州無宿三次 :、朝倉外記:、辻欣之丞:、笠次郎:、お柳:、丁字屋番頭: 、 第36話 1988. 20 「友吉、愛に死す」 小川英 蔵元三四郎 髙倉祐二 おきく:、岡村主水:、横山摂津守:、銀次:、笹木:、瓢吉:、源造: SP-4 1988. 27 「ふたり長七郎・京の舞い」 120分 小川英 胡桃哲 牧口雄二 刈女:、:、小弥太: 、深堀出雲:、八坂刑部:、朝日奈多門:、石巻武平 長曽根要 :、桂木:、真牛:、秋光尼:、桜井十蔵:、千石屋:、松永源内:、三条貴子:、老婆:、松吉: 第37話 1989. 10 「泣くな! 妹よ」 小川英 中野顕彰 髙倉祐二 お秋:、すっぽんの佐八:、新助: [ ]、長崎屋五兵衛:、後藤主膳:、市助:、才次:、トメ吉:、お美乃:、天地堂主人: 第38話 1989. 17 「天女が舞った夜」 小川英 胡桃哲 松尾正武 お紺:、草技堂宇之吉:、星川半蔵:、太田黒兵部:、三笠屋藤兵衛:、升蔵:、女将:、おしず:、お時:、徳兵衛:、矢吉:、彫物師: 第39話 1989. 24 「怠なれど愚ならず」 名倉勲 髙倉祐二 横井東馬:、剣持帯刀:、大杉喜内:、西海屋徳兵衛:、牧野大和守:、藤蔵:、唐津藩江戸家老: 第40話 1989. 31 「不幸を呼ぶ女」 小川英 蔵元三四郎 松尾正武 おつた:、備前屋弥平:、崎坂豊後:、玄庵:、与力:、繁蔵: 第41話 1989. 07 「妻たちの仇討」 和久田正明 村山ゆり:、石田ちさ:、お松:、島田内蔵助:、三州屋文六:河野実、村山新八:、石田友之進:、仙吉:、舟木弥太郎:、河合半左衛門:、河内屋主人:、長屋の女:、、三州屋女中: 第42話 1989. 14 「まかない屋おりき」 鈴木生朗 山下耕作 おりき:、巳之助:、稲葉山城守:、松屋宗助:、根岸主膳:、力屋番頭・久太郎:、おすが:、捨吉:、佐伯右京亮:、力屋の若い者:、、 第43話 1989. 21 「弟よ、小蝶涙舞い」 鈴木生朗 矢田清巳 竹本小蝶:、杏花堂栄之助:、内出大学:、手島幸蔵:、村上隼人:、伊藤:、おしげ:、柴田:、滝山藩士:、 第44話 1989. 28 「少女の叫び」 安藤日出男 山下耕作 大月力:、藤木しづか:、沼田甲斐:、吉津忠友:、藤木菊乃:、大月一馬:、大内: 第45話 1989. 07 「銃声に謎あり」 小川英 中野顕彰 山下耕作 お咲:、朝吉:、巳之吉:、田島屋徳兵衛:、黒坂半兵衛:、玄斉:、しま:、長屋の女房:、 第46話 1989. 14 「狸がくれた五千両」 小川英 中野顕彰 山下耕作 お春:、留吉:、平川泰造:、才次:、淀屋:、大黒屋:、吉兵衛:、お喜久:、お甲:、お山: 第47話 1989. 21 「蘇える面影」 小川英 蔵元三四郎 原田雄一 真鍋左内:、橋本新之丞:、田中豊後:、小林:、繁蔵: 第48話 1989. 28 「お銀哀歌」 小川英 胡桃哲 長谷部安春 小弥太:、小早川備前:、黒木兵馬:、越前屋文兵衛: SP-5 1989. 04 「長七郎、大奥まかり通る」 120分 小川英 胡桃哲 斉藤光正 雪絵:、淡路:、山中道伯:、小弥太:、二階堂左門:、:、菊村:、しのぶ:、梓:、楓:、:、島田軍兵衛:、上総屋:、片桐:、お坊主:、武士:、弟子:、配下: 第49話 1989. 18 「奇妙な息子」 小川英 北川哲史 長谷部安春 卯之吉:、お峰:、加納与之助:、大黒屋宗七:、大橋摺之助:、河田左馬之助:、嵐鬼之助:、岡っ引き:、源三:、小女: 第50話 1989. 25 「桜川、母娘花」 小川英 山田貴美子 おきわ:、おすま:、仙三:、旅篭の女将:、常吉:、女衒:、同心: 第51話 1989. 09 「別れ霜」 小川英 山田貴美子 牧口雄二 於滝:、戸沢広寿:、及川十蔵:、戸沢小太郎:、杉浦吉保: 第52話 1989. 06 「闇を斬る女医者」 和久田正明 原田雄一 村岡弥生:、鏑木主水:、伊藤監物:、八兵衛:、又平:、影之丞:、堀田:、次郎吉:、瀬戸半兵衛: 第53話 1989. 20 「下総一ノ瀬変り桝」 安藤日出男 牧口雄二 清兵衛:、おあき:、黒川修理:、まむしの参次:、一ノ瀬信之:、工藤:、佐伯: 第54話 1989. 27 「瓦版かっぱ騒動」 小川英 渡辺良 山下耕作 与次郎:、大介:、大場典膳:、銀屋久太郎:、浪速堂喜助:、長屋の女房:、、同心:、新太: 第55話 1989. 11 「蛍の哭く川」 和久田正明 山下耕作 お甲:、畠山右京亮:、畠山市之進:、森川主膳:、鳥羽一平太:、藤兵衛:、小つる:、今出川中納言:、喜多村宗達:、一橋家姫君:、嶋屋番頭:、岡っ引き: 第56話 1989. 18 「川開き、大輪の花」 名倉勲 大洲斉 茂兵衛:、おりん:、香月摂津守:、富士屋幸助:、久兵衛:、富士屋嘉助:、菊乃屋徳右衛門: 第57話 1989. 25 「夕映えの女」 鈴木生朗 山下耕作 お夕:、戸張一閑:、本多図書:、和倉屋紋兵衛:、久蔵:、村田喜平次:、おまさ:、おきぬ: 第58話 1989. 22 「影のある女」 和久田正明 斉藤光正 丹下小兵衛:、菊次:、お紋:、お夏:、川路伊賀守:、丸橋伊兵衛:、美濃屋万吉:、伊勢屋太左衛門:、吉田源六: 第59話 1989. 29 「辰も男だ! 」 小川英 北川哲史 山下耕作 さぶ:、お恵:、町田勝之進:、駿河屋仁佐衛門:、三河屋利右衛門:、久六:、中年の男:、油屋の番頭:、同心:、浪人: 第60話 1989. 05 「迷い込んだ女」 小川英 山田貴美子 斉藤光正 室生:、嶋若狭守忠相:、大原弥平次:、与力:、菱屋のおかみ:、 第61話 1989. 12 「長寿のご利益」 小川英 長谷部安春 お松:、お峰:、梶山主膳:、黒田貞之助:、仙助:、多吉:、清治:、長屋の女: 第62話 1989. 19 「十年目の危機」 小川英 中野顕彰 長谷部安春 市蔵:、お咲:、:、川瀬鉄之助:、稲毛屋伍平:、お久:、大前田:、玄斉: SP-6 1989. 26 「最後の挑戦・さらば長七郎」 120分 小川英 胡桃哲 斉藤光正 お葉:、茜:、東吾:、:、立花右近:、都築門之助:、影の十三:、三枝半兵衛:、城戸右門:、:、野々村:、柴田:、五作:、黒木源太郎:、黒木源二郎:、黒木源三郎:、、、、、、、、、 この節のが望まれています。 第3シリーズ [ ] 話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト出演者 第1話 1990. 16 「将軍が消えた」 小川英 胡桃哲 斉藤光正 おれん:、一色肥後守義照:、加賀爪源三:、藤堂平馬:、:、敷島:、配下:、大久保: 第2話 1990. 23 「姉妹かんざし」 鈴木生朗 金鐘守 小せん:、鳴海屋吉蔵:、鏑木能登:、尚古堂利助:、酒巻弥平次:、料亭の女将:、小間物屋女主人:、世話役:、仲居:、お竹:、お京:、おせい:、おすみ: 第3話 1990. 30 「思い川」 小川英 山田貴美子 金鐘守 おもん:、宮原正清:、岡野陣十郎:、胴元:、剣太:、礼二郎:、両替商主人:、役人:、刀屋主人: 第4話 1990. 06 「ひとつぶの銀」 小川英 井川公彦 松尾正武 清兵衛:、神野生馬:、辰巳屋仁左衛門:、おちか:、半五郎:、金山:、美濃吉:、岩木:、地回り: 第5話 1990. 13 「葵小僧推参! 」 小川英 井川公彦 斉藤光正 お里:、彦兵衛:、松平河内守:、島田岳膳:、南海屋主人:、房蔵:、供侍: 第6話 1990. 20 「がめつい女? 」 名倉勲 金鐘守 おやす:、六角義周:、佐貫屋宗太郎:、佐貫屋宗兵衛:、黒田屋六兵衛:、治平:、源治:、留吉: 第7話 1990. 27 「死神をぶっ飛ばせ! 」 和久田正明 小澤啓一 おはん:、高見沢玄蕃:、相原猪之助:、青木玄徳:、円蔵:、与惣八:、呂九平:、お千代:、井筒屋隠居: 第8話 1990. 04 「十手も刀も捨てて」 小川英 井川公彦 金鐘守 お絹:、小市:、田坂康政:、金子屋庄左衛門:、赤崎矢五郎:、浪人:、門番: 第9話 1990. 11 「赤猫が踊った日」 小川英 中野顕彰 金鐘守 岩木南山:、長崎屋:、笹岡主膳:、木田:、関根俊斉:、ふさ:、千代:、田原:、桑原:、若林: 第10話 1990. 18 「若後家には御用心」 鈴木生朗 小澤啓一 おくに:、大野左太夫:、坂崎甚内:、堀田修理亮:、五郎次:、小松屋宗吉:、弥十: 第11話 1991. 08 「傷」 小川英 蔵元三四郎 金鐘守 おせん:、亀吉:、佐伯一蔵:、近江屋仁平:、おちか:、茶店の主人:、夏木玄庵:、医者: 第12話 1991. 15 「居候は暴れん坊」 小川英 渡辺良二 小澤啓一 三つ木貞之助 :、水原忠慶:、荒巻左内:、安藤直秋:、:、お悠:、堺屋:、仙太:、善八: 第13話 1991. 22 「兄妹芝居涙の花道」 鈴木生朗 小澤啓一 花本小三郎:、おちよ:、花本京弥:、池田屋庄吉:、およし:、巴屋十兵衛:、三田村伯堂:、根岸紋十郎: 第14話 1991. 29 「雪に舞うわらべ唄」 和久田正明 金鐘守 おもん:、奥平修理:、小宮山武助:、三州屋:、日向内蔵助:、道伯:、小せん:、岩月弥内:、源太: 第15話 1991. 05 「辰が惚れた女」 小川英 胡桃哲 斉藤光正 南田志麻:、南田源之助:、朝比奈外記:、水野内膳:、遠州屋仁兵衛:、南田宗一郎:、仲居:、同心: 第16話 1991. 12 「雪女は恋に死ぬ」 鈴木生朗 金鐘守 お雪:、鬼火の百蔵:、山岡半兵衛:、朝倉外記:、住職:、杉浦蔵人:、村越喜十郎:、門番: 第17話 1991. 19 「春遠からじ」 石村嘉子 斉藤光正 おきん:、大黒屋藤兵衛 藤助 :、長尾:、蔦屋忠兵衛:、おくみ:、神原輿太夫:、佐々木与右衛門:、秋田出羽守正次: 第18話 1991. 26 「名のれぬ女」 小川英 山田貴美子 金鐘守 お涼:、早瀬丑之助:、弥之吉:、与七:、掛蔵:、二見屋の主人:、迫道: 第19話 1991. 05 「金十両が厄となる」 鈴木生朗 金鐘守 平田左仲:、小松屋和兵衛:、市蔵:、戎屋金兵衛:、荒木小十郎:、島田又右衛門:、お六:、与吉: 第20話 1991. 12 「恋しぐれ、女スリ」 和久田正明 山下耕作 お蝶:、香月左門:、美奈代:、土橋典膳:、千太郎:、鬼火の権八:、土蜘蛛の弥十:、蛍の伊之助:、江戸屋紋十郎:、寅吉:、半次: 第21話 1991. 19 「罠に掛った長七郎」 小川英 胡桃哲 山下耕作 神保山城守義照:、二階堂外記:、お蘭の方:、松永勘兵衛:、刀光堂主人:、亀石藩用人: SP-1 1991. 02 「長七郎の陰謀」 120分 小川英 胡桃哲 金鐘守 偽長七郎: 二役 、おれん:、:、北村右京亮:、大山勘左衛門: [ ]、三浦:、左紋次:、:、川島民部:、美和:、吹雪:、:、平蔵:、太田黒: 第22話 1991. 23 「野菊と芋侍」 名倉勲 松尾正武 浜野伊織:、おかよ:、島田頼母:、美濃屋宗兵衛:、ムササビの佐八:、猿の千造:、柏木市之進:、おせん:、おとら:、おえん: 第23話 1991. 30 「霊験あらたか」 蔵元三四郎 小川英 牧口雄二 作次:、松吉:、菱屋茂兵衛:、大野内膳:、仙吉:、熊八:、大家: 第24話 1991. 07 「夢の通い路」 小川英 山田貴美子 牧口雄二 渡嘉敷加奈:、飛鳥井 伊波安里 :、垣内弥十郎:、島田典馬 伊波興照 :、渡嘉敷真刈:、与力:、町人:、、 第25話 1991. 21 「ふたりの女」 小川英 南賀明子 山下耕作 おふみ:、早苗:、竜吉 河合新之助 :、村山軍兵衛:、大枡屋:、磯部:、茂平:、伊助:、おくめ: 第26話 1991. 28 「女侠涙の伊達姿」 鈴木生朗 山下耕作 お勝:、清兵衛:、甚五郎:、片倉主膳:、小森半左衛門:、惣兵衛:、お半:、寅吉:、宇之吉: 第27話 1991. 04 「奇怪なり葵の香炉」 小川英 北川哲史 金鐘守 平林隆之進:、滝川利兵衛:、倉田さえ:、瀬尾典膳:、伊藤孫四郎:、相模屋:、駒場の耕平:、川村: 第28話 1991. 18 「現われた初恋の人」 鈴木生朗 山下耕作 おきよ:、小田切長門:、丸屋清太郎:、おしず:、小せん:、安西六之助:、幸兵衛:、新笠の勝蔵:、庄七: 第30話 1991. 25 「十手子守歌」 名倉勲 山下耕作 舛添勘解由:、お安:、富山十蔵:、仙造:、半兵衛:、藤八:、太田源吾: 第31話 1991. 02 「肩よせ合って」 小川英 胡桃哲 斉藤光正 お雪:、お冬:、愚念:、大信田弾正:、徳円:、一倉:、喜三郎:、島田屋:、二見屋:、主人: 第32話 1991. 09 「少年は叫ぶ! 」 小川英 井川公彦 斉藤光正 房蔵:、博多屋忠左衛門:、お葉:、近藤勘三郎:、清之助:、伊兵衛:、借金取: 第33話 1991. 16 「男泣き兄弟盃」 和久田正明 井上泰治 天狗安 安五郎 :、おちか:、米倉伊賀守:、村松小太夫:、別所盛親:、三次:、亀井虎之助:、お常:、中間:、留守居役: 第34話 1991. 23 「艶姿、剣舞い」 鈴木生朗 金鐘守 立花小蝶:、大谷屋利三郎:、伊佐山大膳:、寺沢弥平次:、千代松:、小花:、金井寅之介:、常陸屋万兵衛:、荒木: 第35話 1991. 30 「思いやり、回り道」 小川英 蔵元三四郎 矢田清巳 橘竜之介:、内山ちえ:、美濃屋幸吉:、小松甚左衛門:、内山五兵衛:、佐伯:、茂平: 第36話 1991. 13 「鳴き砂」 石村嘉子 金鐘守 羽賀雪絵:、塚原監物:、嶋田屋利兵衛:、加納:、円戒:、山崎:、羽賀兵馬:、玄庵:、味升の女将:、江坂与四郎:、江坂三郎:、藤吉:、琴姫:、公家:、武士: 第37話 1991. 03 「鉄火芸者の心意気」 小川英 北川哲史 井上泰治 染吉:、浅井兼左衛門:、加賀屋庄兵衛:、長崎屋隆造:、柴田十悟:、柏崎:、磯平:、吉兵衛:、伴助:、藩士:、弥生: 第38話 1991. 17 「別れ橋」 小川英 山田貴美子 矢田清巳 水島文之進:、朝倉讃岐守:、真砂路:、雪於:、三上半兵衛:、滝次 駒蔵 :、よみうり屋: SP-2 1991. 主題歌 [ ] 歌はすべて、主演の里見が担当 第1シリーズ [ ] 微笑みかけて(レコード)• 作詞: 作曲: 編曲:• 第1シリーズ第34話まで使用された。 第5話以降は若干時間が短縮された。 オープニングテーマは当曲をアレンジしたショートバージョンのインストールメンタルである。 BS日テレの再放送でもオープニング終了直後およびエンディングと次回予告の間に挟む箇所にはその回の作品のワンシーンを3枚並べた静止画像をバックに画面右下の「BS4 BS日テレ」のテロップを表示しながら当曲をアレンジしたショートバージョンのインストールメンタルを流している。 オープニングテーマが変わった第35話以降も引き続きこの曲が使用されている。 旅路~さすらい~()• 作詞: 作曲・編曲:西村昌敏(現:)• 第1シリーズ篠塚・丘野登板時より使用された。 オープニングテーマは当曲をアレンジしたものでなく、独自のもの(ロック系アレンジがなされたドラマチックな曲調の楽曲)が使用された。 放映時にはレコード発売はなく、次作『友よ女よ』のB面に収録された。 友よ女よ()• 作詞: 作曲: 編曲:• 第1シリーズ後期(61話から)の主題歌で映像は「旅路」のものを継続使用していた。 オープニングテーマは中期と同じものが使用された。 第2シリーズ [ ] おとこの歳月()• 作詞: 作曲: 編曲:• 第2シリーズ前期の主題歌で高品・三田・宮川降板時まで使用された。 オープニングテーマは当曲をアレンジしたショートバージョンのインストールメンタルである。 再会物語()• 作詞: 作曲: 編曲:• 第2シリーズ後期の主題歌で高品・三田・宮川に代わり新田・竜・高木登板時より使用された。 映像およびオープニングテーマは変わらず。 原曲では時代劇に不適切な歌詞が存在したため、一部歌詞を変更して使用された。 第3シリーズ [ ] 宵祭()• 作詞: 作曲: 編曲:• オープニングテーマは当曲をアレンジしたインストゥルメンタルである。 第11話まではハイテンポだったが、第12話からは菊池俊輔のアレンジによる楽曲に変更された。 2016年のBS日テレの再放送ではエンディング映像の一部が第1シリーズのそれの流用に差し替えられている。 特徴 [ ]• 「三代将軍家光の治世、家光の甥にあたるやんごとなき(高貴な)人物が、将軍の意向に逆らって野に下った。 その名は松平長七郎長頼。 家光と将軍の座を争って命を失った駿河大納言忠長卿の忘れ形見である。 」(第1シリーズの冒頭のナレーションより)• 「四代将軍家綱の治世、将軍の従兄にあたる一人の男が、自由闊達に世を生きていた。 駿河大納言忠長卿の忘れ形見、松平長七郎長頼である。 」 第2,第3シリーズの冒頭のナレーションより)• 長七郎の愛刀は備前長船の源氏由来の名刀『大般若長光』という設定になっている(第2シリーズ第31話)。 因みに大般若長光自体は国宝に指定されている実在の刀だが、実物は打刀ではなく太刀である。 第1,2シリーズはおれんが店主を務める屋「夢楽堂」に、第3シリーズでは喜久蔵が店主を務める「浪花屋」に長七郎と宅兵衛が居候していた。 ほぼ毎回、ラストの立ち回り殺陣では里見が十数秒から、SP版では1分近いワンカットの二刀流殺陣シーンがある。 このワンカット殺陣は『天下ご免! 』でも見受けられる。 再放送・その他 [ ]• 一時期,郵政省のキャンペーンとして郵便局にポスターが掲げられた。 1980年代から90年代中盤にかけては、月曜から金曜10:00-11:00の日本テレビ時代劇再放送時間枠 関東ローカル でしばしば再放送されていた。 2007年3月にで再放送された。 2016年11月から同チャンネルにて2度目の再放送がされている。 2010年8月以降、日テレ系列ので第1シリーズが再放送された。 では2012年6月から、第1シリーズより順次継続して放送された。 2012年7月30日からはでも再放送を開始し、月曜から金曜の18:00-19:00に放送していた(ただし、単発特別番組およびプロ野球中継がある日は放送休止となっている。 開始冒頭にブルーバック画面で「作品の意図を尊重し、オリジナルのまま放送致します。 」と表示される。 スペシャル版放送時は18:00-20:00となるが、スペシャル第1弾は90分間の放送であるため、残りの30分間はBS日テレ独自制作で主演だった里見浩太朗がVTR出演し、作品の解説と撮影当時のエピソードを語った。 2時間スペシャルの回は日曜の夜に放送される場合が多い。 その後も断続的に再放送を実施している。 系列のにおいて1995年以降随時放送実績が有る。 ただし拡大版は放送時間分割が困難なため時代劇アワーにおいては放送されていない。 3月よりが本作とした「CR長七郎江戸日記」が稼動している。 からはの平日14時台にて第1シリーズの途中まで放送された。 からは再度第1シリーズ初回から放送が開始され,休止の場合もあったもののスペシャル回を除いた全シリーズが2018年9月10日まで放送された。 2014年9月1日より、で第1シリーズより順次放送された。 BS日テレ同様、開始冒頭に『作品の意図を尊重し、オリジナルのまま放送する』旨をテロップで表示している。 9月13日の19時から21時まで千葉テレビの『木曜スター劇場』枠にて「長七郎立つ! 江戸城の対決」が放送された。 前述の千葉テレビで放送されていた際はいずれも原版のまま放送されていたが,今回はBS日テレと同様に原版の映像をリマスターしたものが使用された。 さらにBS日テレで放送されていた提供ベースも放送されていたため,BS日テレでの完パケを放送したと思われる。 ただしBS日テレでの開始冒頭にはブルーバックに『作品の意図を尊重し、オリジナルのまま放送する』旨のテロップの一枚画が表示されるが,今回は表示されなかった。 脚注 [ ] []• www. toho. 2020年2月27日閲覧。 尚、第2シリーズで将軍がに代替わりした設定になってからは「上様の甥御様」の部分が 「将軍家御血筋にあらせられる」に変更されている。 原作の漫画「」に登場する・乙女座のシャカが敵であると対峙した際、「私の顔こそ引導代わりだ。 迷わずあの世へ行きたまえ!」と長七郎とほぼ同じ啖呵を切っている。 は長七郎を知っていて、配下がに同道してしまったような際に恐縮する描写がある。 第1シリーズ88話ではライブフィルムで登場 ノンクレジット• www. tv-tokyo. 2020年2月27日閲覧。 プロ野球中継が組まれた日は雨天などによる試合中止となった場合でもプロ野球関連の単発番組が雨傘番組として放送されるため、試合中止に関係なく当番組は放送休止としている。 』と表示される• 月曜から金曜の10:00-10:55または18:00-18:55のどちらかで放送されている。 www. jidaigeki. com. 2020年2月27日閲覧。 ただし、同局ではグリーンバックで表示 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

幸福への近道

照の日記

 今日もお昼から神戸西ロータリークラブの例会に出席しました。 会場は、 ホテル・オークラ神戸ですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、 ホテル内は閑散としています。 ホテルのスタッフと少しお話ししたのですが、食事を伴った宴会はいまだにゼロだそうです。 最悪だそうです。 ホテルのスタッフも何か元気がなく笑顔がありません。 今、 サービス業は、思っている以上に深刻な事態となっているようです。 さて、 今日の東京都の感染者数は、293人だったそうです。 昨日より更に増加して、 過去最多を更新しています。 兵庫県では、24人の感染者を確認しました。 日増しに感染者数が増えて、感染の勢いを増しているようです。 この状況下では、 ホテルを含めてサービス業・飲食店では、更に追い討ちを受けるでしょう。 いつもながら、政府・安倍晋三総理大臣は、強いメッセージもなく、いつも判断が曖昧と言わざるをえません。 新型コロナウイルスは、したたかに生き延びています。 合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝  今日、 東京都では、286人の新型コロナウイルス感染が確認されました。 過去最多の感染者数となりました。 大阪府では、昨日の感染者数を上回り、 66人が確認されました。 兵庫県では、 16人確認されています。 全国で何と600人を超える感染者が確認されています。 事態は日ごとに深刻さを増しています。 そんな状況下で、 政府は、観光需要喚起キャンペーン『Go To トラベル』を見直して、東京都を対象外とすると発表しました。 しかしながら、 東京都周辺の県は、予定通り、22日から運用するそうです。 何か大きな矛盾を感じずにはおれません。 この決定には、何か不気味さえ感じます。 東京都だけ押さえても、感染者数は、今後増え続けるでしょう。 冷静な勇気ある判断・再考を強く求めます。 人の命に関わる重大な問題です。 合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝  梅雨も小休止となり、曇り空の一日でした。 新型コロナウイルス感染再拡大は、全国で日に日に増え続けています。 そんななか、政府は、 今月22日から、『Go To トラベル・キャンペーン』を予定通り開始するそうです。 どうも日本政府・政治家は、 経済を最優先に考えたいようです。 経済を最優先し人の動きが活発になると、自然に新型コロナウイルスは感染拡大します。 人が動くから、ウイルスは人から人へとうつり進むことができるのです。 政府の考える経済とウイルスを天秤にかけて両立させたいのはよくわかります。 しかしながら、経済が活発になるということは、それだけ人が動いたということになり、 感染拡大予防対策が十分ではなければ、感染拡大に繋がってゆきます。 感染拡大は、今のところ無症状の方が多いですが、小生、思うに、夏の暑い時期には、ウイルスはおとなしくしているかもしれませんが、その間に、ウイルスが増え続け、秋以降、強い毒性を出すことがあるかもしれません。 そうなると、一気に重傷者が急増します。 いまだに新型コロナウイルスは、よくわからない未知のウイルスなのです。 もう少し、慎重に感染拡大状況をよくよく見据えて、『Go Toトラベル・キャンペーン』を 再考していただきたいと、切に願います。 今は時期的に早過ぎる感があります。 人の命に関わる重大な問題なのです。 合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝  今日も雨が降り続きました。 ジメジメとさらに湿気が多くなりました。 さて、午後2時より、 神戸市佛教連合会の参議会が、メリケンパークオリエンタルホテルで開催されました。 新型コロナウイルス感染拡大により、 総会も書面決議となり、参議会が開けずにいましたが、広い部屋をお借りして、 感染予防対策を講じた上で、十分に席の間を開け、全員マスクを着用して、 今後の行事等についてご審議いただきました。 今後の行事は、新型コロナウイルス感染拡大状況を見極めて臨むことになりました。 久しぶりの神戸市佛教連合会の会合でした。 皆さんお疲れさまでした。 ありがとうございました。 合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝.

次の

照ラス食堂*

照の日記

経歴 [ ] 卒業後、のに進む。 でから6位指名を受け入団。 オーソドックスな右腕で主に中継ぎ、時には先発として活躍。 入団後はなかなか芽が出なかったが、プロ4年目のに一軍初登板を果たし、プロ6年目のにプロ初勝利をあげる。 には54試合に登板。 エース級の相次ぐ故障もあって途中からは先発ローテーションを死守し、9勝したが18敗を喫している。 同年はにも出場し同僚のと同第3戦でもバッテリー組んだ。 には主に中継ぎで防御率1点台を記録しリーグ優勝に大きく貢献した。 同年のとのでも中継ぎとして4試合に登板する。 限りで現役を引退。 引退後は球団職員となり、に中日球団寮である「昇竜館」の館長であったの死去に伴い、後を引き継いで新館長に就任。 では週1回若手の活躍をレポートする「堂上照 昇竜館日記」を連載していた。 シーズン終了をもってに寮長職を譲って退団。 また、から館長を退団する2008年まで制作の2軍戦中継の試合解説を不定期で担当していた。 プレースタイル・人物 [ ] 投手でありながら、打撃の能力も高く、投手として完投した上に4打数4安打といった活躍をした事もあり、何度か代打にも起用され結果も残している。 また、プロ通算で4本の本塁打を記録している。 中日ドラゴンズおよびに所属し2017年に現役を引退したは長男。 現在中日ドラゴンズに所属するは次男である。 なお息子の兄弟が同じチームに所属することについては、ポジションで競合する可能性が高く(入団当時剛裕は内野手だった)、同時に試合に出場できる事が少なくなることなどから、「親心としては本当は別々のチームでプレイして欲しかった」とも語っている。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 3. 0 4 1 0 0 1 0 0 0 2 2 6. 00 1. 67 18 0 0 0 0 0 1 0 --. 000 101 23. 2 23 2 7 0 1 14 2 1 13 10 3. 75 1. 27 27 12 1 0 0 4 4 1 --. 500 394 97. 1 89 13 29 4 2 22 0 0 38 36 3. 34 1. 21 43 21 3 1 0 5 8 1 --. 385 639 148. 2 150 20 50 1 7 51 0 0 85 71 4. 29 1. 35 54 25 4 3 1 9 18 4 --. 333 873 197. 0 227 32 63 3 6 81 1 1 112 98 4. 48 1. 47 14 4 0 0 0 0 4 0 --. 000 100 21. 0 32 5 8 0 0 8 0 0 19 19 8. 14 1. 90 33 19 1 1 0 7 7 0 --. 500 604 134. 1 145 18 53 9 7 48 1 1 82 74 4. 97 1. 47 36 2 0 0 0 1 3 1 --. 250 274 63. 1 71 4 18 6 1 28 0 0 30 29 4. 14 1. 41 28 4 0 0 0 1 0 0 -- 1. 000 257 65. 1 51 3 14 3 1 42 0 0 12 9 1. 25 0. 99 16 0 0 0 0 0 1 0 --. 000 114 22. 0 41 5 9 3 0 9 1 0 23 20 8. 18 2. 27 40 9 0 0 0 8 1 0 --. 889 375 85. 0 90 14 37 4 5 34 0 0 39 37 3. 92 1. 49 9 1 0 0 0 0 2 0 --. 000 81 13. 2 25 2 14 0 1 8 0 0 22 19 12. 51 2. 85 通算:12年 320 97 9 5 1 35 49 7 --. 417 3825 874. 1 948 119 302 33 32 345 5 3 477 424 4. 36 1. 各年度の 太字はリーグ最高 記録 [ ] 投手記録• 初登板:1974年10月14日、対26回戦()、5回裏に3番手で救援登板、3回2失点• 初奪三振:1975年6月29日、対13回戦()、8回表にから• 初勝利:1976年8月5日、対18回戦(川崎球場)、7回裏に4番手で救援登板、2回無失点• 初先発勝利・初完投勝利:1976年8月17日、対大洋ホエールズ19回戦(ナゴヤ球場)、9回2失点• 初完封勝利:1977年10月1日、対読売ジャイアンツ25回戦(後楽園球場) 打撃記録• 初安打・初打点:1976年8月11日、対ヤクルトスワローズ17回戦(ナゴヤ球場)、4回裏にから2点適時打• 初本塁打:1977年5月22日、対大洋ホエールズ7回戦(ナゴヤ球場)、3回裏にからソロ その他の記録• 出場:1回 (1978年) 背番号 [ ]• 38 (1971年• 13 (1972年 - 1985年)• 94 (1996年 - 1998年) 脚注 [ ] [].

次の