キャノンデール スーパー シックス エボ。 【2018年モデル】キャノンデール新型『シナプス』遠慮無い乗車インプレッション

【CANNONDALE】(キャノンデール)ロードバイク在庫状況ワイズロード川崎店

キャノンデール スーパー シックス エボ

在庫分大特価セール実施中! -------- ・SLICE 105 Cannondale 在庫分を特価販売中! キャノンデールは対面販売となります。 完売しました。 完売しました。 完売しました。 スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は 定価¥574,971 定価¥646,972 定価¥358,971 定価¥379,543 SUPERSIX EVOバリスティックカーボン+シマノULTEGTA Di2 SUPERSIX EVOバリスティックHi-Modカーボン+シマノDuraAce SUPERSIX EVOバリスティックHi-Modカーボン SUPERSIX EVOバリスティックHi-Modカーボン 完売しました。 完売しました。 完売しました。 完売しました。 スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は 定価¥441,256 SUPERSIX EVOバリスティックNANOカーボン 完売しました。 スペック・詳細説明は 2014 キャノンデール エンデュランスロード完成車 定価¥142,971 定価¥173,828 定価¥235,542 定価¥472,114 Synapse Alloy, OPTIMIZED 6061 ALLOY SAVEPLUS BB30 シマノTiagra10s Synapse Alloy DISC, OPTIMIZED 6061 ALLOY SAVEPLUS BB30 シマノ105 Synapse, BallisTec Carbon Di2 Ready SAVE PLUS BB30A シマノ105 Synapse, BallisTec Hi-Mod Carbon Di2 Ready SAVE PLUS BB30A シマノULTEGRA 完売しました。 完売しました。 完売しました。 完売しました。 スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は 定価¥749,828 定価¥379,543 Synapse, BallisTec Hi-Mod Carbon Di2 Ready SAVE PLUS BB30A スラムRED 22 Synapse, BallisTec Hi-Mod Carbon Di2 Ready SAVE PLUS BB30A 完売しました。 完売しました。 スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は 2014 キャノンデール エリートロード(CAAD10) 定価¥204,686 定価¥297,257 定価¥328,114 定価¥492,685 CAAD10 SMARTFORMED 6069 ALLOY SPEED SAVE シマノ105 CAAD10 SMARTFORMED 6069 ALLOY SPEED SAVE シマノULTEGRA 11s CAAD10 SMARTFORMED 6069 ALLOY SPEED SAVE シマノULTEGRA 11s CAAD10 SMARTFORMED 6069 ALLOY SPEED SAVE SRAM RED 22 完売しました。 完売しました。 完売しました。 完売しました。 スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は 定価¥142,971 CAAD10 SMARTFORMED 6069 ALLOY SPEED SAVE 完売しました。 スペック・詳細説明は 2014 キャノンデール エリートロード(CAAD8) 定価¥122,400 定価¥142,971 定価¥163,543 CAAD8 OPTIMIZED 6061 ALLOY SAVE シマノソラ 9S CAAD8 OPTIMIZED 6061 ALLOY SAVE シマノTiagra 10S CAAD8 OPTIMIZED 6061 ALLOY SAVE シマノ105 10S 完売しました。 完売しました。 完売しました。 特価価格¥159,840 ご予約受付中! 完売しました。 完売しました。 スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は 2014 キャノンデール シクロクロスバイク 定価¥122,400 定価¥173,828 定価¥307,542 CAADX CYCLOCROSS シマノSORA CAADX CYCLOCROSS DISC シマノ105 Superx BallisTec Carbon シマノ105 完売しました。 完売しました。 完売しました。 スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は スペック・詳細説明は.

次の

キャノンデール2018モデル先行発売。スーパーシックス エボ カーボン アルテグラ、CAAD12 アルテグラなど5モデル サイクルスポーツのニュース

キャノンデール スーパー シックス エボ

詳しくは、上のシクロワイアードの記事を読んでもらえば十分ですが、 新型「シナプス」の特徴をまとめると、次の4つです。 形状とカーボンレイアップの変更によってリファインされた 「SAVEシステム」• 形状とカーボンレイアップの変更による 高剛性化と 強度アップ• 前傾姿勢が取りやすく、かつ俊敏な走りを実現する 再設計されたジオメトリー• フレーム単体-220gの950g、フォーク-116gの367gの 大幅な軽量化(ディスクブレーキ仕様、56サイズ) 試乗した『SYNAPSE』のスペック 『SYNAPSE HI-MOD DISC DURA-ACE』 (税込¥702,000) コンポーネント:DURA-ACE油圧ディスクブレーキ仕様 クランク:Cannondale「ホログラムSiクランク」 ホイール:Cannondale「ホログラムカーボンクリンチャー」 タイヤ:Vittoria「CORSA 28c」 上の 「SAVEシステムバー」を試してみたかったのですが、 今回試乗した車体には、残念ながら付いていませんでした。 ホイールは、キャノンデール純正 「Hollow Gram」。 中身は、他社のOEM製品で、10万程度のカーボンクリンチャーです。 新型『SYNAPSE』試乗インプレッション シクロワイアードの試乗インプレをまとめると次の通り。 路面の細かな荒れや段差をフラットに打ち消してくれ、タイヤが跳ねずに路面追従性が高い• 反応性が良い• レーシーな前傾姿勢が取りやすい• 試乗した「SUPERSIX EVO」と「シナプス」は、タイヤ以外完全な同スペック。 先に結論から言ってしまうと、 「SUPERSIX EVO」のほうが断然良かったです。 形状とカーボンレイアップの変更によってリファインされたという 「SAVEシステム」。 フレームの随所は扁平、シートポストにはくびれ。 先に試乗した「EVO」の振動吸収性を記憶し、 次に「シナプス」を乗った際に、振動吸収性を比較するように走りましたが、 違いが分かりませんでした。 石畳レースのようなデコボコ道を走れば、 顕著な差が感じられるのかもしれませんが、 日本の舗装路程度の荒れ方ならば、 新型「シナプス」の振動吸収性の優位性はあまり無いのかもしれません。 「EVO」に迫るBB剛性を実現しているそうです。 「加速性が悪い」という訳ではありませんが、 加減速が激しい走り方をするなら少し物足りないですし、 少なくとも「ヒルクライム向け」の感じはしませんでした。 「シナプス」にアッセンブルされていたのは デュラエース「ST-R9120」。 ディスクローターは140mm。 ツールでは、リタイアするまで勝ちまくっていた キッテルなんかが使っていたりして、気になっていました。 実際にブレーキしてみると、 制動力が強すぎてかなり怖かったです。 ブレーキする毎に、身体が前へと飛び出すような感じがします。 リムブレーキの場合、握る力に比例してブレーキが効いていくので、 制動力をコントロールできます。 ですが、このディスクブレーキの場合、 パッドがディスクを挟んだ瞬間から、一気に制動力が上がります。 つまり、ガツンと効くブレーキ。 ある程度慣れる部分もあるのかもしれませんが、 突然急ブレーキせざる負えないような状況に陥った際には、 高確率で前転落車してしまうような気がします。 今回の試乗目的は新型「シナプス」でしたが、 「SUPERSIX EVO」の良さの印象が際立ちました。

次の

2019年|Cannondale(キャノンデール)ロードバイクおすすめ24台

キャノンデール スーパー シックス エボ

従来のより硬くなったフレームは、直進性能に優れ、走行時の振動吸収性が向上し、より快適なライドが楽しめるようになりました。 逆に走行時の振動吸収性能が向上したことにより、今までのようなスーパーシックスが持っていたアグレッシブな走りがなくなってしまったので、好みが分かれる人が出てくるかもしれません。 加速性について 剛性が増したことにより、スプリントなどの急激にパワーをかける場面では、フレームが従来のものよりも歪むことが少なくなり、より、加速の俊敏性が上がったように感じられました。 クリテリウムなどのコーナリングが多く、加速を要求する場面が多いレースでも、しっかりと対応できると思います。 巡行性について 今回のエアロ化により、エアロダイナミクスを30%向上させたおかげで、従来のものよりも、巡行は比較的やりやすくなった様に感じられました。 販売状態のままでも十分いレース用でしたが、スペシャライズドのロヴァールのようなさらに空力の良いエアロホイールを使用することにより、さらにエアロ効果の向上が期待でき、より、レースでも活躍ができるようになるかと思います。 また、剛性でも記述した様に、振動吸収性能が向上したので、長時間のライドでの脚の負担を大きく軽減してくれると思います。 登坂性について 剛性が高くなったことにより、前輪を蛇行させながら行うダンシングがやりづらく感じられました。 ですが、前輪を蛇行しないダンシングは普通にやりやすかったので、ライダーのダンシングのクセによって、ダンシング時の走行が大きく変わってくると思います。 また、シッティングで緩斜面を登っても、重力に引っ張られることはなく、スムーズに登れるのでヒルクライムレースでも十分に活躍できるレベルだと思います。 まとめ 全体的に高い性能を持っていますので、あらゆるレースで活躍してくれると思います。 一つ上のグレードにハイモッドがありますが、キャノンデールはハイモッドと通常のエボは重さ以外の性能がほぼ同じになっているので、予算に心配がある方はハイモッドではないスーパーシックスを買っても損はしないと思います。 購入時の注意点としては、従来のスーパーシックスとは大きく乗り心地が変わってしまったことですね。 すでにスーパーシックスを持っていて乗り換えを考えている方は、今までと大きく乗り心地が大きく変わってしまったので、前述した様に好みがはっきりと分かれると思います。 ですが、買って損はないバイクですので、あらゆるライダーにオススメできる一台と言えます。

次の