朝 イチ 料理 レシピ。 NHKあさイチ

【あさイチ】なすとそぼろのピリ辛あんかけ丼の作り方、オレのどんぶりレシピを中華料理・孫シェフが紹介(6月9日)

朝 イチ 料理 レシピ

生姜は1cm四方の薄切りにする。 ピーマン・パプリカ 赤 は1cm四方に切る。 赤唐辛子は種を取り除く。 2、鶏もも肉は厚みを均一にするように開き、筋を切って2cm角に切る。 ボウルに入れ、塩・こしょう・酒・醤油を加えてしっかり揉み込んで下味をつけたら、溶き卵を加えて揉み込む。 片栗粉を加えて揉み、サラダ油を加えてさらに揉み込んで表面をコーティングする。 3、甘酢タレを作る。 砂糖・酢・醤油・酒・水溶き片栗粉 同量の水で溶いたもの ・チキンスープ 顆粒チキンスープの素を表示通りに溶いたもの)・こしょうを入れてよく混ぜればOK。 4、熱したフライパンにサラダ油(適量)をひき、赤唐辛・ホワジャオを加えて油に色がうつるまで弱火で炒める。 唐辛子が黒くなってきて油に色が移ったら、(2)の鶏肉を皮目を下にして重ならないよう1つずつ並べる。 5、鶏肉を動かさないで、時々鍋を揺すりながら2分ほど焼いてしっかりと焼き色をつける。 焚き火のようなパチパチと音がして鶏肉の縁の色が変わったら、上下をひっくり返して火を止める。 6、くっついた鶏肉同士をはがしたら、再び火をつけて鍋を時々揺すりながら裏面も焼き色をつける。 ピーマン・パプリカを加えて軽く炒め合わせたら、ねぎ・生姜を加えて炒める。 7、(3)の甘酢タレを3回に分けて少しずつ加え、その都度しっかり炒めて火を通す。 仕上げにカシューナッツを加え、サラダ油(少々)を回しかけて全体に絡めてツヤを出したら、器に盛り付ければ出来上がり。

次の

NHKあさイチ

朝 イチ 料理 レシピ

生姜は1cm四方の薄切りにする。 ピーマン・パプリカ 赤 は1cm四方に切る。 赤唐辛子は種を取り除く。 2、鶏もも肉は厚みを均一にするように開き、筋を切って2cm角に切る。 ボウルに入れ、塩・こしょう・酒・醤油を加えてしっかり揉み込んで下味をつけたら、溶き卵を加えて揉み込む。 片栗粉を加えて揉み、サラダ油を加えてさらに揉み込んで表面をコーティングする。 3、甘酢タレを作る。 砂糖・酢・醤油・酒・水溶き片栗粉 同量の水で溶いたもの ・チキンスープ 顆粒チキンスープの素を表示通りに溶いたもの)・こしょうを入れてよく混ぜればOK。 4、熱したフライパンにサラダ油(適量)をひき、赤唐辛・ホワジャオを加えて油に色がうつるまで弱火で炒める。 唐辛子が黒くなってきて油に色が移ったら、(2)の鶏肉を皮目を下にして重ならないよう1つずつ並べる。 5、鶏肉を動かさないで、時々鍋を揺すりながら2分ほど焼いてしっかりと焼き色をつける。 焚き火のようなパチパチと音がして鶏肉の縁の色が変わったら、上下をひっくり返して火を止める。 6、くっついた鶏肉同士をはがしたら、再び火をつけて鍋を時々揺すりながら裏面も焼き色をつける。 ピーマン・パプリカを加えて軽く炒め合わせたら、ねぎ・生姜を加えて炒める。 7、(3)の甘酢タレを3回に分けて少しずつ加え、その都度しっかり炒めて火を通す。 仕上げにカシューナッツを加え、サラダ油(少々)を回しかけて全体に絡めてツヤを出したら、器に盛り付ければ出来上がり。

次の

NHKあさイチ

朝 イチ 料理 レシピ

[プロフィール] 岐阜県岐阜市出身。 1975年入局。 鳥取、富山、札幌、東京アナウンス室で勤務。 現在はフリー。 「きょうの料理」を担当して21年目。 他に「ラジオ深夜便」(第1、3、5土曜日)を担当。 2005年「ギャラクシー賞個人奨励賞」受賞。 著書に『きょうの料理のヒミツ』(平凡社)『後藤アナのダジャレ教室』(小学館)『笑顔を引き出す会話力』(ベスト新書)。 趣味は散歩、南京玉すだれの研究と実演。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 63年目の長寿番組「きょうの料理」。 その時代時代に求められる料理を提案し続けた歴史があります。 去年から放送している「父さんのきょうからキッチン」は、シニアや料理初心者のみなさんに楽しくキッチン・デビューしていただける番組です。 これまで調理から逃げ回っていたワタクシが生徒となり、料理をイチから習っています。 料理に苦手意識持っていた方も、ぜひ私といっしょにキッチンを楽しみましょう!• [プロフィール] 大分県大分市出身。 平成16年入局。 鹿児島、大阪を経て現在は東京アナウンス室。 「おはよう日本」土日祝日のスポーツキャスターも務める。 保育園に通う2人の母。 好きなものは、おむすび、たまご、さば、かぼちゃ、あんこ、栗、桃、いも焼酎。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 講師の皆さんから料理の工夫や知恵のみならず、たしなみや生き方も学んでいます。 信念を大切に、いきいきと人生を送る皆さんの姿が魅力的で、「食」が生きることの根幹であり、とてもとても大事なものであることを毎回の収録で実感しています。 私の料理の腕の向上よりもはるかに成長していく子供たちの食欲。 得意料理がひとつでも増えますよう…!という切なる願望も胸に抱きつつ、新たな企画盛りだくさんの2年目の挑戦にワクワクしています。 [プロフィール] 岐阜県岐阜市出身。 1975年入局。 鳥取、富山、札幌、東京アナウンス室で勤務。 現在はフリー。 「きょうの料理」を担当して21年目。 他に「ラジオ深夜便」(第1、3、5土曜日)を担当。 2005年「ギャラクシー賞個人奨励賞」受賞。 著書に『きょうの料理のヒミツ』(平凡社)『後藤アナのダジャレ教室』(小学館)『笑顔を引き出す会話力』(ベスト新書)。 趣味は散歩、南京玉すだれの研究と実演。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 63年目の長寿番組「きょうの料理」。 その時代時代に求められる料理を提案し続けた歴史があります。 去年から放送している「父さんのきょうからキッチン」は、シニアや料理初心者のみなさんに楽しくキッチン・デビューしていただける番組です。 これまで調理から逃げ回っていたワタクシが生徒となり、料理をイチから習っています。 料理に苦手意識持っていた方も、ぜひ私といっしょにキッチンを楽しみましょう! [プロフィール] 大分県大分市出身。 平成16年入局。 鹿児島、大阪を経て現在は東京アナウンス室。 「おはよう日本」土日祝日のスポーツキャスターも務める。 保育園に通う2人の母。 好きなものは、おむすび、たまご、さば、かぼちゃ、あんこ、栗、桃、いも焼酎。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 講師の皆さんから料理の工夫や知恵のみならず、たしなみや生き方も学んでいます。 信念を大切に、いきいきと人生を送る皆さんの姿が魅力的で、「食」が生きることの根幹であり、とてもとても大事なものであることを毎回の収録で実感しています。 私の料理の腕の向上よりもはるかに成長していく子供たちの食欲。 得意料理がひとつでも増えますよう…!という切なる願望も胸に抱きつつ、新たな企画盛りだくさんの2年目の挑戦にワクワクしています。

次の