ワイン レシピ。 おうちワインを贅沢に!ワインに合うおつまみレシピ

このレシピを憶えておけば注目の的!超カンタンかつお洒落なワインカクテルのレシピ 8選

ワイン レシピ

「ワインが苦手だったけど、これなら飲めちゃう・・・!」 「このカクテル、本当にワインが入ってるの?めっちゃ美味しいんだけど・・!」 普段からワインを飲む人たちはもちろん、ワインが苦手という人の間でも、今、話題になっている飲み物があります。 それは、ワインカクテル。 ワインカクテルとは、ワインを使ったカクテルのこと。 ワインを使っていながら、ワイン独特の渋みや辛みがうまく抑えられていて、新しいワインの楽しみ方として人気です。 ワインカクテルのつくり方はとってもカンタン! たとえば、白ワインとジンジャエールを混ぜれば 「オペレーター」というカクテルに。 そして、赤ワインとコーラを混ぜれば 「カリモーチョ」というカクテルに。 どのカクテルも 「えっ?これってワイン入ってるの?」というくらい、ワインが苦手な人にとって飲みやすいカクテルなんです! そして、ワインカクテルのいいところは、とにかく 色がキレイなこと。 白ワインの透明感や、赤ワインのシックな赤がカクテルに映える、映える! ホームパーティーや、バーの貸し切りイベントなどで、「ちょっとカクテルつくってみたんだけど」と言って、このワインカクテルをサラリとつくって出しちゃえば、周りからの視線を集めること間違いなし! カクテルといえば、「ジントニック」や「ソルティドッグ」「スクリュードライバー」などが有名なぶん、今回ご紹介するワインカクテルをつくれば、知らない人からは 「そんなカクテルあったんだ!」と尊敬の眼差しで見られることでしょう。 というわけで、こんにちは。 最近カクテルづくりにハマりすぎて、カクテルグッズを買い集めている「美味しいワイン」編集部の松尾です。 今回はワインカクテル特集! ワインの楽しみ方を紹介してきた美味しいワイン編集部が、「これさえ憶えておけば、モテモテ・・・」、いえ、「周りから"おおお!"という尊敬の眼差しで見てもらえる(かもしれない)」と感じたワインカクテルのレシピを8つご紹介します! 前置きはこれくらいにして、早速まいりましょう!• ワインカクテルの定番レシピ8選 それでは、いよいよワインカクテルのレシピの紹介です。 今回のワインカクテルの写真はすべて、「美味しいワイン」編集部が実際につくったカクテルを撮影したもの。 ワインカクテルって、カンタンにつくれて、見た目もこんなにカッコいいんだ!ということが伝わるとうれしいです! 各カクテルに関する豆知識(ウンチク)も載せているので、カクテルを出す際にサラリと披露するのもオススメ。 白ワインベースのカクテル まずは、白ワインをベースとしたカクテルです! 肝心の白ワインはどんなのがいいかわからない場合は、以前このサイトで紹介した、コスパ最強の白ワインで試してみることをオススメします! (ただし、買ったばかりの白ワインを使うのは勿体ないので、基本的にはワインが余ったらカクテルにしていただくのがよいでしょう) 1、世界中で人気!ワインカクテルの定番『キール』 このカクテルにまつわる豆知識 白ワインとジンジャーエールに、レモンジュースを加えた爽やかなカクテル。 女性に人気のカクテルで、最近夜のお店に行くと、このカクテルを頼む女性をよく見かけるようになりました。 (どんなお店かはご想像にお任せします) ジンジャーエールを甘口にするか、辛口にするかによって、味わいが変わります。 少し大人な味が好きな人は、辛口がいいかも。 レモンジュースはスーパーでも手に入るポッカレモンでOKです。 ちなみに、この「オペレーター」という名前の由来なのですが、正直なところ、ハッキリとわかりません。 調べたところ、昔、飛行機の操縦士(Operator)がオフのときにこのカクテルをよく飲んでいたから・・・という説が有力なようです。 辛口のジンジャエールとレモンのコンビネーションで、飛行機の操縦で緊張感Maxだった心身をスッキリさせられるからという理由で人気だったのかもしれませんね。 レシピではワインとビールの分量を1:1にしていますが、自分の場合は、白ワインをちょっと多めにします。 お好みで分量調整してくださいね。 赤ワインベースのカクテル 続いては赤ワインをベースとしたカクテルです! 赤ワインは「独特の渋みが苦手・・・」という方が多くいらっしゃるのですが、カクテルにしてしまえば、その渋みがちょっとしたアクセントになって、苦手な人でも楽しみやすくなるんです。 たとえば、果物のイチゴって、甘味だけじゃなく酸味や苦味もありますよね。 だから、深い味わいがあって美味しく感じるんです。 赤ワインのカクテルもあんな感じだと思ってください。 (ちなみに、赤ワインはイチゴではなくブドウでつくられていますので、誤解なきよう・・・) 「どんな赤ワインがいいかな・・・」と困った際は、白ワインと同様、このサイトで紹介したコスパ最強の赤ワインで試してみてもらうといいと思います! 赤ワインの場合、大きく分けて「フルボディ」「ミディアムボディ」「ライトボディ」の3種類がありますが、赤ワインが苦手な人は「ライトボディ」あたりを選ぶといいでしょう。 (ただし、買ったばかりの赤ワインを使うのは勿体ないので、基本的にはワインが余ったらカクテルにしていただくことをオススメします) 5、オペレーターと双璧を担う人気のワインカクテル! コーラ好きの人にぜひ試してほしい『カリモーチョ』 このカクテルにまつわる豆知識 女性だったら、ネーミングだけで頼みたくなるカクテルかも? キティという言葉は、子猫「kitten」の赤ちゃん言葉「キティ」を指しています。 このカクテルの名前の由来は、 「子猫がなめるほど飲みやすい」「はじける泡の樣子が、落ち着きのない子猫そっくり」というものらしいです。 そんなキティは、赤ワインに同量のジンジャーエール加えてつくるカンタンなカクテル。 ジンジャーエールを甘口にするか、辛口にするかで味わいが全然違う楽しみがあります。 赤ワインを甘口(ライトボディ)にし、ジンジャーエールは甘めのものにすれば、飲み当たりがまろやかで、ワインが苦手な人でも飲みやすいカクテルになります。 カルピス・・・買うしかない!!! シャンパンベースのカクテル 最後に紹介するのが、シャンパンをベースとしたカクテル。 結婚式に限らず、誕生日や記念日のお祝いなど、いろいろなパーティーに華を添えてくれるシャンパン。 そんな華やかなシャンパンを贅沢に使ってつくるのがシャンパンカクテルです。 シャンパンはそれなりにお値段がするものが多いので、使う際は勇気が要りますが、あえてそのシャンパンを使うことによって、見た目にも味的にも壮大なリッチ感を味わえます。 カクテルをつくる際のシャンパンに困った際は、以前このサイトで紹介したシャンパンも検討してみてくださいね。 8、シャンパンをベースとした贅沢カクテル『ミモザ』 シャンパンが飲み切れなかったときにつくってみよう! いかがでしょう? ワインカクテルって、写真を見るだけでも華やかですよね。 ワインカクテルを知っていれば、家でつくれるのはもちろん、バーなどに行ったときにも、さりげなく注文できるようになります。 それは・・・。 カクテルの正しい飲み方を知っておくこと!です。 家でカクテルをつくる際はとくに気にしなくていいのですが、バーなどでカクテルを注文した際、飲み方を間違えると恥ずかしい目に遭うことも・・・。 (とくに恋人とのデートでカッコイイところを見せたいときなどはなおさら) そうならないためにも、最後に、ワインカクテルを飲む際に注意したいマナーについてお教えしておきます! カクテルを飲む際に知っておくべきふたつのマナー カクテルの中には見た目が華やかなものが多くあります。 フルーツが飾ってあったり、オシャレなストローが添えてあったり、パチパチっと花火が飾ってあるカクテルなんかも。 そんなカクテルですが、中には「これってどうやって飲んだらいいの?」と思うものはありませんか? せっかくオシャレなカクテルも、飲み方を間違えてしまうと恥ずかしい目に遭ってしまいます。 グラスに飾ってあるフルーツは食べていい• カクテルに付いてくる細いストローは、かき混ぜるためのもの それぞれについて詳しく解説していきますね。 1、グラスに飾ってあるフルーツは食べていい オシャレなカクテルに添えてあるフルーツ。 とても美味しそうでつい食べたくなっちゃいますよね。 このフルーツ、「飾りなんだから食べるのはマナー違反かも・・・」と心配して食べない人が多いようです。 でも、実は、 食べちゃっていいんです。 いえ、むしろ、 食べちゃってください。 添えられたフルーツは飾りではありますが、カクテルと一緒に食べることで、フルーツも楽しんでほしいという思いがあります。 たとえば、レモンやライムは、グラスの中に絞って入れると、カクテルの味の変化も楽しめるのでオススメですよ。 ちなみに、食べたあとの種や皮などは、ペーパーナプキンにくるむと、食べた跡が見えず上品です。 一緒に飲みに行った人に、「こやつ、バーのマナーをわかっておるな」と思わせることができちゃうかも。 2、カクテルに付いてある細いストローは、かき混ぜるためのもの カクテルを頼むと、たまに細いストローが付いてくることがありますよね。 ストローが付いてくると、「このストローを使って飲まなければならないのかな・・・?」と悩む人も多いと思います。 結論からいうと、 あのストローを使って飲む必要はありません。 なぜなら、あのストローは、カクテルをかき混ぜるために用意されたものだからです。 ストローがついてくるカクテルの多くは、フローズンタイプのカクテルで、氷が溶けて分離してしまったカクテルをかき混ぜるために添えられています。 細いストローが2本ついてくる場合も同じで、混ぜるために使うんです。

次の

ワインの簡単おつまみ!映えなおしゃれレシピや絶品コンビニ商品も紹介!

ワイン レシピ

パンと赤ワインは相性バッチリ チーズと並んでパンと相性の良いワイン。 中でも赤ワインで仕込んだ生地は、風味豊かでとってもフルーティー。 赤ワイン仕込みのフィグノア 赤ワインで仕込んだ風味豊かな生地に、いちじくやくるみ、クリームチーズまで入れたぜいたくなパンです。 材料 3個分• 準強力粉 タイプER …180g• 全粒粉…30g• ライ麦粉…40g• 塩…3. はちみつ…10g• あこ酵母生種…20g• 赤ワイン…95g アルコールを飛ばした状態で• 水…50g *イーストで作る場合は、イースト3. 5g・赤ワイン100g・水60gにする• くるみ…50g• ドライいちじく…80g• クリームチーズ…60g おすすめのアイテム 下準備• あこ酵母の生種は、cottaコラム を参考に、種起こししておく。 赤ワインを沸騰させて、アルコールをしっかり飛ばしておく。 *沸騰させると量が減るので、倍量を火にかけましょう。 くるみをローストしておく。 作り方• ボウルに準強力粉・全粒粉・ライ麦粉・塩を入れ、ホイッパーで均一になるよう混ぜ合わせる。 はちみつを加える。 赤ワイン・水・生種を混ぜ合わせたものを加え、木べらで混ぜる。 ひとまとまりになったら、台の上に出して3~4分間こねる。 くるみを全体に混ぜ込む。 2倍の大きさになるまで発酵させる。 3分割して軽く丸め、ベンチタイムを取る。 あこ酵母…30~40分間 イースト…10~15分間• 成形する。 クリームチーズといちじくを包んでクッペ成形をする。 ライ麦粉を全体にまぶす。 二次発酵する。 クープを入れて、焼成する。 できれば、初めに10分間スチームを入れる。 完成です。 おすすめのアイテム 下準備• あこ酵母の生種は、cottaコラム を参考に、種起こししておく。 クランベリーとブルーベリーは湯戻ししておく。 くるみとマカダミアナッツはローストしておく。 赤ワインを沸騰させて、アルコールをしっかり飛ばしておく。 作り方• ボウルに準強力粉・塩・砂糖を入れ、ホイッパーで均一になるよう混ぜ合わせる。 赤ワイン・水・生種を混ぜ合わせ、ボウルに加えて木べらで混ぜる。 ひとまとまりになったら台の上に出して3~4分間こねる。 フィリングを全て加え、均一に混ぜ込む。 *混ぜ込み方のコツ 生地の上にフィリングをのせて、スケッパーで生地を切って重ねる作業を繰り返す。 そうすることで、フィリングがつぶれず、きれいな状態で全体に混ざります。 2倍の大きさになるまで発酵させる。 3分割して軽く丸め、ベンチタイムを取る。 あこ酵母…20~30分間 イースト…10分間• 成形する。 手前から巻いて、とじ目をとじる。 粉を全体にたっぷりと振って、ねじりながら18cm程伸ばす。 布取りをする。 二次発酵する。 天板に移して、焼成する。 完成です。 「赤ワインとベリーのバトン」の詳しいレシピページは。 パンに赤ワインを使うときのポイント 注意点 赤ワインで仕込んだ生地はフルーティーでおいしいのですが、気を付けたい点がいくつかあります。 アルコールを飛ばしてから使う。 赤ワインに含まれるアルコールは発酵を抑制してしまう働きがあるので、必ずしっかり沸騰させて、アルコールを飛ばしておきましょう。 アルコールを飛ばさずに使うと、なかなか発酵しないために長い時間発酵させることになり、その結果、過発酵でうま味のないパンになってしまいます。 完全に冷ましてから酵母と合わせる。 また、粗熱は取れたからといって、まだ温かい状態で使うと、発酵が早く進みすぎてしまい、うま味をじゅうぶんに引き出すことができません。 しっかり冷ましてから使いましょう。 赤ワインのタイプ 今回使ったのは、「メルシャン」の「酸化防止剤無添加 おいしい赤ワイン」。 安くておいしく出来上がるのでおすすめです。 どこのメーカーのものでも良いのですが、赤ワインらしい深い味わいになるよう、フルボディタイプを選んでください。 みんなで赤ワインパンを食べてみよう! 赤ワインとフルーツがたっぷり入ったおしゃれなパン。

次の

自宅で簡単にホットワイン!プロが教える美味しいレシピ

ワイン レシピ

「ワインが苦手だったけど、これなら飲めちゃう・・・!」 「このカクテル、本当にワインが入ってるの?めっちゃ美味しいんだけど・・!」 普段からワインを飲む人たちはもちろん、ワインが苦手という人の間でも、今、話題になっている飲み物があります。 それは、ワインカクテル。 ワインカクテルとは、ワインを使ったカクテルのこと。 ワインを使っていながら、ワイン独特の渋みや辛みがうまく抑えられていて、新しいワインの楽しみ方として人気です。 ワインカクテルのつくり方はとってもカンタン! たとえば、白ワインとジンジャエールを混ぜれば 「オペレーター」というカクテルに。 そして、赤ワインとコーラを混ぜれば 「カリモーチョ」というカクテルに。 どのカクテルも 「えっ?これってワイン入ってるの?」というくらい、ワインが苦手な人にとって飲みやすいカクテルなんです! そして、ワインカクテルのいいところは、とにかく 色がキレイなこと。 白ワインの透明感や、赤ワインのシックな赤がカクテルに映える、映える! ホームパーティーや、バーの貸し切りイベントなどで、「ちょっとカクテルつくってみたんだけど」と言って、このワインカクテルをサラリとつくって出しちゃえば、周りからの視線を集めること間違いなし! カクテルといえば、「ジントニック」や「ソルティドッグ」「スクリュードライバー」などが有名なぶん、今回ご紹介するワインカクテルをつくれば、知らない人からは 「そんなカクテルあったんだ!」と尊敬の眼差しで見られることでしょう。 というわけで、こんにちは。 最近カクテルづくりにハマりすぎて、カクテルグッズを買い集めている「美味しいワイン」編集部の松尾です。 今回はワインカクテル特集! ワインの楽しみ方を紹介してきた美味しいワイン編集部が、「これさえ憶えておけば、モテモテ・・・」、いえ、「周りから"おおお!"という尊敬の眼差しで見てもらえる(かもしれない)」と感じたワインカクテルのレシピを8つご紹介します! 前置きはこれくらいにして、早速まいりましょう!• ワインカクテルの定番レシピ8選 それでは、いよいよワインカクテルのレシピの紹介です。 今回のワインカクテルの写真はすべて、「美味しいワイン」編集部が実際につくったカクテルを撮影したもの。 ワインカクテルって、カンタンにつくれて、見た目もこんなにカッコいいんだ!ということが伝わるとうれしいです! 各カクテルに関する豆知識(ウンチク)も載せているので、カクテルを出す際にサラリと披露するのもオススメ。 白ワインベースのカクテル まずは、白ワインをベースとしたカクテルです! 肝心の白ワインはどんなのがいいかわからない場合は、以前このサイトで紹介した、コスパ最強の白ワインで試してみることをオススメします! (ただし、買ったばかりの白ワインを使うのは勿体ないので、基本的にはワインが余ったらカクテルにしていただくのがよいでしょう) 1、世界中で人気!ワインカクテルの定番『キール』 このカクテルにまつわる豆知識 白ワインとジンジャーエールに、レモンジュースを加えた爽やかなカクテル。 女性に人気のカクテルで、最近夜のお店に行くと、このカクテルを頼む女性をよく見かけるようになりました。 (どんなお店かはご想像にお任せします) ジンジャーエールを甘口にするか、辛口にするかによって、味わいが変わります。 少し大人な味が好きな人は、辛口がいいかも。 レモンジュースはスーパーでも手に入るポッカレモンでOKです。 ちなみに、この「オペレーター」という名前の由来なのですが、正直なところ、ハッキリとわかりません。 調べたところ、昔、飛行機の操縦士(Operator)がオフのときにこのカクテルをよく飲んでいたから・・・という説が有力なようです。 辛口のジンジャエールとレモンのコンビネーションで、飛行機の操縦で緊張感Maxだった心身をスッキリさせられるからという理由で人気だったのかもしれませんね。 レシピではワインとビールの分量を1:1にしていますが、自分の場合は、白ワインをちょっと多めにします。 お好みで分量調整してくださいね。 赤ワインベースのカクテル 続いては赤ワインをベースとしたカクテルです! 赤ワインは「独特の渋みが苦手・・・」という方が多くいらっしゃるのですが、カクテルにしてしまえば、その渋みがちょっとしたアクセントになって、苦手な人でも楽しみやすくなるんです。 たとえば、果物のイチゴって、甘味だけじゃなく酸味や苦味もありますよね。 だから、深い味わいがあって美味しく感じるんです。 赤ワインのカクテルもあんな感じだと思ってください。 (ちなみに、赤ワインはイチゴではなくブドウでつくられていますので、誤解なきよう・・・) 「どんな赤ワインがいいかな・・・」と困った際は、白ワインと同様、このサイトで紹介したコスパ最強の赤ワインで試してみてもらうといいと思います! 赤ワインの場合、大きく分けて「フルボディ」「ミディアムボディ」「ライトボディ」の3種類がありますが、赤ワインが苦手な人は「ライトボディ」あたりを選ぶといいでしょう。 (ただし、買ったばかりの赤ワインを使うのは勿体ないので、基本的にはワインが余ったらカクテルにしていただくことをオススメします) 5、オペレーターと双璧を担う人気のワインカクテル! コーラ好きの人にぜひ試してほしい『カリモーチョ』 このカクテルにまつわる豆知識 女性だったら、ネーミングだけで頼みたくなるカクテルかも? キティという言葉は、子猫「kitten」の赤ちゃん言葉「キティ」を指しています。 このカクテルの名前の由来は、 「子猫がなめるほど飲みやすい」「はじける泡の樣子が、落ち着きのない子猫そっくり」というものらしいです。 そんなキティは、赤ワインに同量のジンジャーエール加えてつくるカンタンなカクテル。 ジンジャーエールを甘口にするか、辛口にするかで味わいが全然違う楽しみがあります。 赤ワインを甘口(ライトボディ)にし、ジンジャーエールは甘めのものにすれば、飲み当たりがまろやかで、ワインが苦手な人でも飲みやすいカクテルになります。 カルピス・・・買うしかない!!! シャンパンベースのカクテル 最後に紹介するのが、シャンパンをベースとしたカクテル。 結婚式に限らず、誕生日や記念日のお祝いなど、いろいろなパーティーに華を添えてくれるシャンパン。 そんな華やかなシャンパンを贅沢に使ってつくるのがシャンパンカクテルです。 シャンパンはそれなりにお値段がするものが多いので、使う際は勇気が要りますが、あえてそのシャンパンを使うことによって、見た目にも味的にも壮大なリッチ感を味わえます。 カクテルをつくる際のシャンパンに困った際は、以前このサイトで紹介したシャンパンも検討してみてくださいね。 8、シャンパンをベースとした贅沢カクテル『ミモザ』 シャンパンが飲み切れなかったときにつくってみよう! いかがでしょう? ワインカクテルって、写真を見るだけでも華やかですよね。 ワインカクテルを知っていれば、家でつくれるのはもちろん、バーなどに行ったときにも、さりげなく注文できるようになります。 それは・・・。 カクテルの正しい飲み方を知っておくこと!です。 家でカクテルをつくる際はとくに気にしなくていいのですが、バーなどでカクテルを注文した際、飲み方を間違えると恥ずかしい目に遭うことも・・・。 (とくに恋人とのデートでカッコイイところを見せたいときなどはなおさら) そうならないためにも、最後に、ワインカクテルを飲む際に注意したいマナーについてお教えしておきます! カクテルを飲む際に知っておくべきふたつのマナー カクテルの中には見た目が華やかなものが多くあります。 フルーツが飾ってあったり、オシャレなストローが添えてあったり、パチパチっと花火が飾ってあるカクテルなんかも。 そんなカクテルですが、中には「これってどうやって飲んだらいいの?」と思うものはありませんか? せっかくオシャレなカクテルも、飲み方を間違えてしまうと恥ずかしい目に遭ってしまいます。 グラスに飾ってあるフルーツは食べていい• カクテルに付いてくる細いストローは、かき混ぜるためのもの それぞれについて詳しく解説していきますね。 1、グラスに飾ってあるフルーツは食べていい オシャレなカクテルに添えてあるフルーツ。 とても美味しそうでつい食べたくなっちゃいますよね。 このフルーツ、「飾りなんだから食べるのはマナー違反かも・・・」と心配して食べない人が多いようです。 でも、実は、 食べちゃっていいんです。 いえ、むしろ、 食べちゃってください。 添えられたフルーツは飾りではありますが、カクテルと一緒に食べることで、フルーツも楽しんでほしいという思いがあります。 たとえば、レモンやライムは、グラスの中に絞って入れると、カクテルの味の変化も楽しめるのでオススメですよ。 ちなみに、食べたあとの種や皮などは、ペーパーナプキンにくるむと、食べた跡が見えず上品です。 一緒に飲みに行った人に、「こやつ、バーのマナーをわかっておるな」と思わせることができちゃうかも。 2、カクテルに付いてある細いストローは、かき混ぜるためのもの カクテルを頼むと、たまに細いストローが付いてくることがありますよね。 ストローが付いてくると、「このストローを使って飲まなければならないのかな・・・?」と悩む人も多いと思います。 結論からいうと、 あのストローを使って飲む必要はありません。 なぜなら、あのストローは、カクテルをかき混ぜるために用意されたものだからです。 ストローがついてくるカクテルの多くは、フローズンタイプのカクテルで、氷が溶けて分離してしまったカクテルをかき混ぜるために添えられています。 細いストローが2本ついてくる場合も同じで、混ぜるために使うんです。

次の