デュエルリンクス 速報。 『遊戯王 デュエルリンクス』に本日から新BOX「クロニクル・オブ・グローリー」が登場!(2020年7月14日)|BIGLOBEニュース

『遊戯王 デュエルリンクス』に本日から新BOX「クロニクル・オブ・グローリー」が登場!(2020年7月14日)|BIGLOBEニュース

デュエルリンクス 速報

最新情報! 遊戯王デュエルリンクスのアップデート情報や最新イベント情報、速報をまとめた記事です。 新キャラ、新パックの情報や開催中のイベント情報もまとめているので、参考にして下さい。 攻略Point! 規制カードをメインに使ってるプレイヤーは予め次のデッキを決めるなど対策を取ろう。 今回のレギュレーション変更では、合計 11枚のカードの変更がありました。 かつて環境トップで活躍していた《》が規制緩和となっています。 「 真崎杏子 DSOD 」が入手できるキャラゲットミッションや新規ウィッチクラフトカード《》の入手目指してイベントを攻略しよう! 目玉報酬カード 新規カード2枚の情報が先行公開されている。 「通知をする」の設定を「ON」にして スペシャルギフトの出現時にアプリから通知が届くようにしよう! 通知方法の確認はこちら 1. 時期的にもカードトレーダーやKCグランドトーナメントの詳細も発表されそうだ。 攻略Point! アンデット族モンスターを主体とする今回のパックでは「」の強化も期待できる。 新テーマの「魔妖」「剛鬼」は サーチカードも豊富な安定性の高いデッキを構築可能だ。 KCカップ銀アイコンボーダーと同じとなっている。 攻略Point! 狭き門となっているが、通常のKCカップと比べると本戦への出場権は100名となっている。 変更内容を確認して変更までに準備を行おう。 レギュレーション適用内容 リミット1へ追加 リミット1 リミット2へ追加 リミット2 リミット3へ追加 リミット3 攻略Point! 今回のレギュレーション変更では、 環境トップのデッキが軒並み規制された印象です。 中でもリミット3に指定されたカードが3種類採用されている「」は大打撃を受けるでしょう。 根性 ライフポイントが4000以上で開始したターン、自分のライフポイントは1度だけ1未満にならない。 このスキルを適用した場合、 次の自分のターンの終了時まで、自分はモンスターを1度しか特殊召喚できない。 このスキルはデュエル中に1度しか適用されない。 インチキドロー 自分の レベル7以上のモンスターが戦闘で破壊された場合、次の自分ドローフェイズの通常のドローは2枚になる。 このスキルはデュエル中1度しか適用されない。 現世復帰の制約 ライフポイントが相手より 2000以上少ない時に使用できる。 このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。 受け継がれる宝玉 3ターン目以降に手札を1〜3枚墓地へ送って使用できる。 墓地へ送っと枚数と同じ数の宝玉獣をデッキから魔法&罠ゾーンに置く。 このスキルはデュエル中に2度まで使用できる。 自分は手札を1枚デッキに戻し、デッキ外から「融合」を手札に加える。 また、墓地のレベル4以下の「E・HERO」通常モンスター1体を手札に加える事ができる。 デッキマスター能力[コマンダー] 自分フィールド上に「コマンダー」がいる場合、自分フィールド上の戦士族・機械族のモンスターの攻撃力・守備力は300ポイントアップする。 また、ドローフェーズ時に通常ドローを行うかわりに、デッキから「コマンダー」をドローできる。 変更後の環境予想 サンダードラゴンは環境外が濃厚 環境トップを誇る「サンダー・ドラゴン」は大幅な弱体化が顕著に見られる。 デッキ回りを良くするためのサポートカード《》と《》がリミット3へ。 また、主要パーツの《》もリミット3となってしまったため、 今まで通りの動きは難しいだろう。 不知火は影響が少ない!? 下方修正はされたものの、「」は影響が少ないように感じる。 キーカードの《》はリミット3となったが、 苦手としていた「現世復帰の制約」が同時に下方修正されたため、環境トップに残ると予想される。 攻略Point! 「」を採用した不知火が主流となるのではないでしょうか? ブラック・マジシャンはほぼノータッチ 今回のレギュレーション変更で一番影響がなかったテーマは「」ではないだろうか?リミット2に指定された《》はもともと採用される枚数が少なく、採用しなくともデッキは成立する。 苦手とする「サンダー・ドラゴン」や「クリストロン」が衰退するなら 相対的に環境トップへと上がってくるだろう。 攻略Point! 主力級のカードが軒並みリミット3となったことで、苦手としている《》が環境から少なくなると予想されます。 Dキャッスル」が登場する。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の

‎攻略ブログまとめニュース速報 for 遊戯王デュエルリンクス(デュエリン) on the App Store

デュエルリンクス 速報

最新情報! 遊戯王デュエルリンクスのアップデート情報や最新イベント情報、速報をまとめた記事です。 新キャラ、新パックの情報や開催中のイベント情報もまとめているので、参考にして下さい。 攻略Point! 規制カードをメインに使ってるプレイヤーは予め次のデッキを決めるなど対策を取ろう。 今回のレギュレーション変更では、合計 11枚のカードの変更がありました。 かつて環境トップで活躍していた《》が規制緩和となっています。 「 真崎杏子 DSOD 」が入手できるキャラゲットミッションや新規ウィッチクラフトカード《》の入手目指してイベントを攻略しよう! 目玉報酬カード 新規カード2枚の情報が先行公開されている。 「通知をする」の設定を「ON」にして スペシャルギフトの出現時にアプリから通知が届くようにしよう! 通知方法の確認はこちら 1. 時期的にもカードトレーダーやKCグランドトーナメントの詳細も発表されそうだ。 攻略Point! アンデット族モンスターを主体とする今回のパックでは「」の強化も期待できる。 新テーマの「魔妖」「剛鬼」は サーチカードも豊富な安定性の高いデッキを構築可能だ。 KCカップ銀アイコンボーダーと同じとなっている。 攻略Point! 狭き門となっているが、通常のKCカップと比べると本戦への出場権は100名となっている。 変更内容を確認して変更までに準備を行おう。 レギュレーション適用内容 リミット1へ追加 リミット1 リミット2へ追加 リミット2 リミット3へ追加 リミット3 攻略Point! 今回のレギュレーション変更では、 環境トップのデッキが軒並み規制された印象です。 中でもリミット3に指定されたカードが3種類採用されている「」は大打撃を受けるでしょう。 根性 ライフポイントが4000以上で開始したターン、自分のライフポイントは1度だけ1未満にならない。 このスキルを適用した場合、 次の自分のターンの終了時まで、自分はモンスターを1度しか特殊召喚できない。 このスキルはデュエル中に1度しか適用されない。 インチキドロー 自分の レベル7以上のモンスターが戦闘で破壊された場合、次の自分ドローフェイズの通常のドローは2枚になる。 このスキルはデュエル中1度しか適用されない。 現世復帰の制約 ライフポイントが相手より 2000以上少ない時に使用できる。 このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。 受け継がれる宝玉 3ターン目以降に手札を1〜3枚墓地へ送って使用できる。 墓地へ送っと枚数と同じ数の宝玉獣をデッキから魔法&罠ゾーンに置く。 このスキルはデュエル中に2度まで使用できる。 自分は手札を1枚デッキに戻し、デッキ外から「融合」を手札に加える。 また、墓地のレベル4以下の「E・HERO」通常モンスター1体を手札に加える事ができる。 デッキマスター能力[コマンダー] 自分フィールド上に「コマンダー」がいる場合、自分フィールド上の戦士族・機械族のモンスターの攻撃力・守備力は300ポイントアップする。 また、ドローフェーズ時に通常ドローを行うかわりに、デッキから「コマンダー」をドローできる。 変更後の環境予想 サンダードラゴンは環境外が濃厚 環境トップを誇る「サンダー・ドラゴン」は大幅な弱体化が顕著に見られる。 デッキ回りを良くするためのサポートカード《》と《》がリミット3へ。 また、主要パーツの《》もリミット3となってしまったため、 今まで通りの動きは難しいだろう。 不知火は影響が少ない!? 下方修正はされたものの、「」は影響が少ないように感じる。 キーカードの《》はリミット3となったが、 苦手としていた「現世復帰の制約」が同時に下方修正されたため、環境トップに残ると予想される。 攻略Point! 「」を採用した不知火が主流となるのではないでしょうか? ブラック・マジシャンはほぼノータッチ 今回のレギュレーション変更で一番影響がなかったテーマは「」ではないだろうか?リミット2に指定された《》はもともと採用される枚数が少なく、採用しなくともデッキは成立する。 苦手とする「サンダー・ドラゴン」や「クリストロン」が衰退するなら 相対的に環境トップへと上がってくるだろう。 攻略Point! 主力級のカードが軒並みリミット3となったことで、苦手としている《》が環境から少なくなると予想されます。 Dキャッスル」が登場する。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の

『遊戯王 デュエルリンクス』に本日から新BOX「クロニクル・オブ・グローリー」が登場!(2020年7月14日)|BIGLOBEニュース

デュエルリンクス 速報

最新情報! 遊戯王デュエルリンクスのアップデート情報や最新イベント情報、速報をまとめた記事です。 新キャラ、新パックの情報や開催中のイベント情報もまとめているので、参考にして下さい。 攻略Point! 規制カードをメインに使ってるプレイヤーは予め次のデッキを決めるなど対策を取ろう。 今回のレギュレーション変更では、合計 11枚のカードの変更がありました。 かつて環境トップで活躍していた《》が規制緩和となっています。 「 真崎杏子 DSOD 」が入手できるキャラゲットミッションや新規ウィッチクラフトカード《》の入手目指してイベントを攻略しよう! 目玉報酬カード 新規カード2枚の情報が先行公開されている。 「通知をする」の設定を「ON」にして スペシャルギフトの出現時にアプリから通知が届くようにしよう! 通知方法の確認はこちら 1. 時期的にもカードトレーダーやKCグランドトーナメントの詳細も発表されそうだ。 攻略Point! アンデット族モンスターを主体とする今回のパックでは「」の強化も期待できる。 新テーマの「魔妖」「剛鬼」は サーチカードも豊富な安定性の高いデッキを構築可能だ。 KCカップ銀アイコンボーダーと同じとなっている。 攻略Point! 狭き門となっているが、通常のKCカップと比べると本戦への出場権は100名となっている。 変更内容を確認して変更までに準備を行おう。 レギュレーション適用内容 リミット1へ追加 リミット1 リミット2へ追加 リミット2 リミット3へ追加 リミット3 攻略Point! 今回のレギュレーション変更では、 環境トップのデッキが軒並み規制された印象です。 中でもリミット3に指定されたカードが3種類採用されている「」は大打撃を受けるでしょう。 根性 ライフポイントが4000以上で開始したターン、自分のライフポイントは1度だけ1未満にならない。 このスキルを適用した場合、 次の自分のターンの終了時まで、自分はモンスターを1度しか特殊召喚できない。 このスキルはデュエル中に1度しか適用されない。 インチキドロー 自分の レベル7以上のモンスターが戦闘で破壊された場合、次の自分ドローフェイズの通常のドローは2枚になる。 このスキルはデュエル中1度しか適用されない。 現世復帰の制約 ライフポイントが相手より 2000以上少ない時に使用できる。 このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。 受け継がれる宝玉 3ターン目以降に手札を1〜3枚墓地へ送って使用できる。 墓地へ送っと枚数と同じ数の宝玉獣をデッキから魔法&罠ゾーンに置く。 このスキルはデュエル中に2度まで使用できる。 自分は手札を1枚デッキに戻し、デッキ外から「融合」を手札に加える。 また、墓地のレベル4以下の「E・HERO」通常モンスター1体を手札に加える事ができる。 デッキマスター能力[コマンダー] 自分フィールド上に「コマンダー」がいる場合、自分フィールド上の戦士族・機械族のモンスターの攻撃力・守備力は300ポイントアップする。 また、ドローフェーズ時に通常ドローを行うかわりに、デッキから「コマンダー」をドローできる。 変更後の環境予想 サンダードラゴンは環境外が濃厚 環境トップを誇る「サンダー・ドラゴン」は大幅な弱体化が顕著に見られる。 デッキ回りを良くするためのサポートカード《》と《》がリミット3へ。 また、主要パーツの《》もリミット3となってしまったため、 今まで通りの動きは難しいだろう。 不知火は影響が少ない!? 下方修正はされたものの、「」は影響が少ないように感じる。 キーカードの《》はリミット3となったが、 苦手としていた「現世復帰の制約」が同時に下方修正されたため、環境トップに残ると予想される。 攻略Point! 「」を採用した不知火が主流となるのではないでしょうか? ブラック・マジシャンはほぼノータッチ 今回のレギュレーション変更で一番影響がなかったテーマは「」ではないだろうか?リミット2に指定された《》はもともと採用される枚数が少なく、採用しなくともデッキは成立する。 苦手とする「サンダー・ドラゴン」や「クリストロン」が衰退するなら 相対的に環境トップへと上がってくるだろう。 攻略Point! 主力級のカードが軒並みリミット3となったことで、苦手としている《》が環境から少なくなると予想されます。 Dキャッスル」が登場する。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の