に じ さん じ スプラ 杯。 朝日杯将棋、「東大対決」を天野倉アマが制して2連勝:朝日新聞デジタル

週間VTuberランキング☆3月1日号☆ にじさんじスプラ杯や星街すいせい3Dライブが上位に

に じ さん じ スプラ 杯

こんにちは、小嶋です。 昨日はスプラ杯が行われ、応援していたDチームが無事、優勝いたしました!! いえい!いえい!! 応援していたチームだったこともあり、大興奮の大感動でしたねええ!! せっかくなので、この熱が冷めないうちになんであんなに熱中できたのかを考えてみました! 理由はたくさん出てきたのですが、特に熱中に貢献したものとしては以下の3つが挙げられます。 敵味方含めて全員知っていたこと 2. 試合中の会話が全て聞こえたこと 3. 4人という少人数のチームだったこと 【1. 敵味方含めて全員知っていたこと】 これは良くあるスポ根漫画なんかを想像してもらえればわかると思うのですが、相手もをしり、味方も知っているとより一層楽しめるんですよね。 相手のエースが誰々で、こういう攻撃に気をつけてなくてはいけない。 という前提があると、それを阻止できた、阻止できなかったというドラマが生まれます。 エース級の人を倒した時なんかにはよっしゃああですよね! 今回は全員がで自分もそれなりにライバーさん達を知っていたし、エビオが解説してくれたので、数々のドラマを楽しむことができました。 試合中の会話が全て聞こえたこと】 これは特に普通のスポーツとは違った良さでした。 状況も刻々と変わっていく中に飛び交う指示だしと誉め合いは、息する暇もない熱い戦いを演出していました。 試合前の緊張も、終わった後の感動も一緒に楽しむことができたのもまた良かったです。 さらに言えば、事前の練習風景も見れているので、感情移入度が桁違いです。 これがエモだ! 【3. 4人という少人数のチームだったこと】 これも意外と大きな要素だと思いました。 大人数同士のぶつかり合いでは、声も入り混じれるし、それぞれの役割、個性が発揮しづらいので、4人という数はとてもちょうどいいものでした。 一人一人が役割をこなし、協力し合わなければいけないし、会話も聞きやすい本当にちょうどいい数! 数が少なければ少ないほど、一人への深入り度も増すので、応援したい気持ちも増していきます。 今回の経験を踏まえて、 「応援したい」という気持ちは、知っている人がたくさんいるという量的なことよりも、一人一人への期待や好感度といった質の部分が大きな比率を占めているのだということがわかりました。 以上が、僕が特に熱中した理由として挙げられたものでした。 他にも、というゲームの素晴らしさや、コメントとの一体感、生配信など、他にも様々な要素がありましたが、とても書ききれないので割愛させていただきます! 最近はeスポーツが注目されていて、ほとんどの方がゲームのプロ達による大会のみに目を向けていますが、 今回のようにゲームがめちゃめちゃうまいというわけでなくても、ドラマがあればこんなに楽しめるんだということがわかったのは大きな発見でした! どのようにドラマを作っていけるか。 というところに注目していけば、これからは一般人によるゲーム大会の需要も生まれてくるような予感がします。 これからが楽しみですね!!!!!! 今後も、では様々なゲーム大会が開かれると思いますが、これからも応援していこうと思います!いつも楽しませてくれてありがとう! それじゃ今日はこの辺で!! またね!!! スプラフィッシュ(Dチーム)最高!!! coinrokka102.

次の

J1鳥栖でクラスター発生 新たに選手ら9人の感染判明 12日の広島戦中止

に じ さん じ スプラ 杯

やよ以外でスプラ上手いにじさんじおったっけ 「にじさんじプロジェクト」は、月ノ美兎、樋口楓、静凛らの人気バーチャルライバー Vtuber を始めとして、個性を存分に活かした多種多様なインフルエンサーが所属するバーチャルライバープロジェクト。 (いちから株式会社公式サイト-事業紹介より) 当初「にじさんじ」は一般公開予定のスマートフォンアプリとして発表され、バーチャルライバーグループはアプリの広報担当としての登場だった。 やがてアプリ審査の難航による開発長期化を背景に、急激に人気上昇したバーチャルライバーグループの運営・サポートを主としたプロジェクトとしての総称に変遷した。 所属ライバーは上述のスマートフォンアプリを使用してLive2Dモデルを操作し、動画制作やライブ配信を行う。 Live2Dモデルは有名イラストレーターによるオリジナルキャラクターとなっている。 3Dモデルを操り動画を収録・投稿するスタイルが一般的であった当時のバーチャルYoutuber界隈において、Live2Dモデルかつライブ配信中心のにじさんじバーチャルライバーの活動は短期間で広く浸透し、以後のライブ配信の活発化やLive2Dモデルを使用したバーチャルYoutuberの増加のきっかけとなった。 アプリの概要としては、iPhoneX以降のiOS搭載機種に提供されているAnimoji(Face Tracking with ARKit)システムにより、カメラで認識した表情や動作をLive2Dモデルに反映し、スマートフォン上で表示する機能が主となっている。 スマートフォン専用の映像配信サービスにLive2Dモデルで参加できることや、スマートフォンで描画処理を完結しているため収録・配信時のPC負荷を抑えられることが強み。 アプリは外部提供も行われており、その例として「有閑喫茶あにまーれ」や「Honeystrap」においても非公開ながら「にじさんじ」アプリが使用されている(いちから株式会社の制作協力という形であり、運営には関わっていない)。 一部ライバーは3Dモデルによる収録や配信への出演も可能となっており、3Dモデルを持つ所属ライバーに対しては、3Dモデルを搭載した「にじさんじ」アプリの発展型である「にじ3D」の提供も始まっている。 また海外展開として、「にじさんじ台北」や「にじさんじ上海」といった海外グループも存在する。 運営は現地企業と提携する形で行われており、公式には「にじさんじプロジェクト」所属バーチャルライバーとして数えられていない。 2018年12月13日、「にじさんじ」「にじさんじゲーマーズ」「にじさんじSEEDs」の3グループの順次統合が発表された。 統合完了は同12月末を目処とする。 人気記事• 2,058 views 10 comments• 1,987 views 6 comments• 1,844 views 5 comments• 1,741 views 5 comments• 1,506 views 18 comments• 1,365 views 8 comments• 1,358 views 0 comments• 1,170 views 1 comment• 1,070 views 0 comments• 1,046 views 0 comments• 976 views 4 comments• 959 views 0 comments• 870 views 0 comments• 856 views 6 comments• 789 views 0 comments• 785 views 6 comments• 714 views 5 comments• 689 views 3 comments• 633 views 0 comments• 567 views 0 comments.

次の

長友佑都、「西野さん。。バレバレやん。。」 西野監督の“小さい選手”に反応

に じ さん じ スプラ 杯

によるARKホロライブサーバー設置をきっかけに、Vtuber界隈に大きく広がったサバイバル・文明開化ゲーム 「ARK: Survival Evolved」。 ホロライブではサーバー設置直後から、配信内外問わず長時間プレイヤー( ARK廃人)を生み出すまでにメンバーを虜にしてしまった。 「マインクラフト」や「Raft」、「Atlas」などのような開発・サバイバルゲームだが、「 恐竜を飼う(テイム)」という要素が特徴的。 2018年8月ごろに 静凛()が、2019年1月ごろに がプレイしていたことがある。 特に本間ひまわりについては 総プレイ時間8000時間を超えるプレイヤーであった。 ARKのけいけんは 公式PVP5200時間 非公式PVP3000時間 公式PVE20時間ぐらい ・ヮ・ 参考にしてたも~ — 本間ひまわり honmahimawari 1月のSONYイベント後、ARKのブームを受けた本間ひまわりが を立てることに。 すると、にじさんじグループでも ARK廃人が生まれ、日々テイムと開発、探検が行われるようになった。 その一端を振り返ってみよう。 最初にARKにじさんじサーバーに立ち入ったのは 本間ひまわりと ラトナ・プティ。 続いて 椎名唯華と 夜見れなが参加した。 また アルファと呼ばれる強化された恐竜の強襲も見どころだ。 ある時、 アルファ・カルノタウルスが村近辺に登場し、社築・花畑チャイカ・加賀美ハヤトらが犠牲となってしまう。 これに対し、 渋谷ハジメ、 本間ひまわり、 による討伐作戦が展開され、一進一退の攻防の末に勝利を勝ち取るシーンもあった。 の実況付きを視聴すると分かりやすいだろう。 他にも加賀美ハヤトが「」といったユニークな配信タイトルでプレイしたり、は水路を巡って他ライバーと商売人的な交渉はじめたり、が釣りでのんびりしたり、が孤軍奮闘で高レベル個体をテイムしたりと、参加しているライバーは数多い。 マインクラフト配信などと同様に、ながら作業をしながら視聴すると良いだろう。 深夜コンビニで起きる怪奇現象がテーマのホラーゲーム「 夜勤事件」。 コンビニバイトの女子大生(プレイヤー)が、バイトをしているときに起こる奇妙な出来事に巻き込まれ……というシナリオ。 ホラーゲームではあるが、ドッキリ系で驚かせるようなポイントはそこまで多くない。 しかし、コンビニの上司が飛び出すシーンや監視カメラ視聴中の怪奇音など印象に残りやすいギミックがあり、悲鳴をあげるライバーは少なくない。 魔使マオの配信では、「 懐中電灯を客に向けとったんか!?」とプレイヤーの挙動にツッコミを入れたり、したりと、ホラーというよりは漫談のような雰囲気になっていた。 今回の大会で最も目覚ましく輝いたのは Dチーム「インクフィッシュ」だろう。 エクス・アルビオが的確に指示を出し、 夕陽リリが後方をカバー、 魔界ノりりむと 魔使マオが前進するという連携が生きていた。 決勝、 ひとり前線に向かった の号令に3人が的確に応えるシーンは必見だ。 星川サラや フレン・E・ルスタリオなど初心者も多かったにも関わらず、どの試合も接戦となったのは、ライバーたちが 全力で練習を積み重ねている証左だろう。 こういった勝負に対するライバーの真剣さには拍手を送りたい。 全国Zeppツアー「Shout in the Rainbow! 」スタート 本日は「 」Zepp Sapporoをご覧いただき、ありがとうございました!! 2020. 09、冬。 北の大地に舞い降りたにじさんじの真っ白な足跡は、ここ札幌に刻まれました。 2020. 13、次は福岡へ。 このツアーで、 童田明治や 加賀美ハヤトらの3Dがお披露目となった。 ニコニコチャンネルでは 氏をMCに、 ベルモンド・バンデラスや 黛灰が参加ファンインタビューを実施。 早瀬走や 星川サラらが控え室インタビューやライブ後インタビューを担当しており、前後盛りだくさんのイベントとなっている。 さらに 本間ひまわり、 椎名唯華、 花畑チャイカらが同時視聴枠を設け、ライブを共に楽しむ配信を行っている。 御伽原江良の「ファンサ」でコールする本間ひまわり&ドーラや、アンコール固定の 「Viturl to Live」を一緒に口ずさむなど、思い思いにライブを楽しんでいる姿が見られた。 この度の【 開催中止のお知らせ】について ツイートの文字数制限を大幅に超えてしまったため、画像で失礼いたします。 ベルモンド・バンデラスを始め、、、、らは悔しさを露わにした。 ファンを思っての決断である。 いつかこの5人でステージに立って欲しい。 (3月5日にとして企画配信を行った。 ) 2月のまとめ 2月は他にも、 グウェル・オス・ガールが ましろ・来栖夏芽・奈羅花(まななつ)と行った「」が、丁寧な進行で話題となった。 また スプラトゥーン+「ウミガメのスープ」(、)や 水中ゲーム(、)など、ゲームと「何か」を組み合わせたコラボ内容も注目された。 話題になったものといえば、2019年2月6日に現れた生主「 でびっち」の1回忌配信もある。 順調に追悼式が進行していくと思いきや、でびでび・でびるの2ndチャンネルで突如として「」が配信開始。 途中からはでびでび・でびるとでびっちが通話する流れに。 その後、でびっちのが創設され、単独で配信をするようになり、いよいよ存在感を増している。 このドラマがどこに向かうかにも期待したい。 運営より「 暴言が怖い」との理由からゲーム「Grand Theft Auto」のプレイ実況を禁止されていたライバー・樋口楓が、2月5日に遂にプレイ解禁。 「 」を始めるも、上限3回はあっさりと終了。 その後、上限が、とあげられていった。 お嬢様言葉の崩れた回数がトータル18回かどうかは、推して知るべしである。 最近の投稿• 最近のコメント アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の