小松島競輪 バス。 バス停「競輪場前」

横須まつり花火大会

小松島競輪 バス

概要 [ ] 小松島競輪場は(25年)に開設された。 ()として「阿波おどり杯争覇戦」が毎年7月に開催されている。 過去には(18年)に、(平成22年)に(共に)が開催された。 マスコットキャラクターはの「金長たぬき」をモチーフとした「ポンスター」、それにちなんで「ポンスターカップ」および「金長たぬき杯争奪戦」が開催されている。 他にも現役時代「スッポン」の異名をとったを称え「笹田伸二杯争覇戦」が開催されている。 (平成16年)からによる動画実況放送が行なわれていたが2010年(平成22年)に終了した。 はを採用している。 については、女子選手用の控室が設けられていないため開催実績はない(他に開催実績がないのは、小松島同様に女子選手用の控室がないのみ)。 なお、小松島競輪場をホームバンクとするガールズケイリン選手は、118期のがいる。 今後は、小松島市議会で承認を得られたことから、7月の開設記念開催終了後、同年内にかけて照明設備の設置など施設改修を行う予定。 施行者間のミッドナイト競輪連絡協議会の承認を得られれば、を開催する意向である。 バンク [ ] 400mを使用している。 直線の長さは標準的だが、かつて500mバンクだったものを改修した名残で、カントがやや緩いのが特徴。 なおバック側は建築物の裏が岸壁という全国の競輪場で最も海に近い立地となっているため、常に海風の影響に対する注意が必要となっている。 アクセス [ ]• 下車、徒歩で約10分。 かつてはは()から、以降でもより、橘西停留所よりによるが運行されていたが、(平成23年)に廃止された。 また前述廃止に伴い、から小松島市営バスによる無料送迎バスが運行されていたが、(平成24年)に廃止された。 ただし開設記念の開催時のみ、徳島駅から無料送迎バスが運行されているようである。 ((平成25年)、(平成26年)、2015年(平成27年)、2016年(平成28年)) 場外車券売場 [ ]• サテライト鴨島 - 字西條前2194-1((平成20年)に鴨島サービスセンターより改称)• エピソード [ ]• 2006年(平成18年)9月、小松島市の元競輪局次長が時効(返還期限が過ぎた)となった払戻金を着服したとして業務上横領の容疑で逮捕された。 注釈 [ ].

次の

小松島市運輸部

小松島競輪 バス

もくじ• 小松島競輪場の基本情報(歴史&施設)紹介 まずは「小松島競輪場」基本情報と施設の紹介をしていきます! 小松島競輪場の概要&歴史 「 小松島競輪場」は1950年(昭和25年)7月14日に開設されました。 小松島競輪場は開設当時は500mのバンクでしたが、1965年に400mに短縮されました。 その結果、小松島競輪場の特徴である角度の緩いバンクを生み出しました。 最近では、2011年に次世代トータリゼータシステム(公営競技システム)の導入されて、サイクルシアターにおける大型マルチビジョンの設置などがなされています。 特別競輪は• ふるさとダービー:2006年• 共同通信社杯春一番:2010年 が開催されてました。 小松島競輪場の入場料 小松島競輪場の入場料です。 入場料 <本場開催>• 一般入場料:50円• メインスタンド特観席:300円 <場外開催>• 一般入場料:無料• メインスタンド特観席:300円 小松島競輪場の施設 小松島競輪場の施設についてはこんな感じです。 施設案内• メインスタンド• メインスタンド特観席• ラウンジ&オッズモニター• ポンスターランド• サイクルシアター 小松島競輪場へのアクセス(行き方)は? 小松島競輪場へのアクセスです。 車でのアクセス• 徳島ICから国道11号を南へ直進(国道11号は徳島市内で国道55号に変わります)約20分、日開野町の交差点を左折し、県道33号を直進約8分、小松島市役所の前を直進し、「小松島競輪場」と書かれた黄色のアーチのすぐ近く 電車でのアクセス• JR牟岐線・南小松島駅から徒歩で約10分 バスでのアクセス• ポンスターにちなんで「ポンスターカップ」および「金長たぬき杯争奪戦」が開催されています。 小松島競輪場の特徴・バンクデータ 続いて、小松島競輪場の特徴とバンクのデータについて紹介していきます! 見なし直線距離 55. 3m バック増員 9. 3m センター幅員 8. 3m 小松島競輪場のバンクは、1周400メートル。 かつて500mバンクだったものを改修した名残で、カントがやや緩いのが特徴。 逃げも捲りもあまり有利不利がないバンクで、先行選手と追い込み選手なら先行選手が有利という感じです。 イン待ちや競りもそこそこ効果的で、全体的に大きく数値が偏っていない競輪場です。 小松島競輪場の決まり手 決まり手はこんなところです! 1着決まり手• 逃げ:27%• 擦り:30%• 差し:43% 2着決まり手• 逃げ:15%• 擦り:16%• 差し:26%• 阿波おどり杯争覇戦• ポンスターカップ• 金長たぬき杯争奪戦• 笹田伸二杯争覇戦 小松島競輪場の地元選手 「 小松島競輪場」での有名な地元選手です!• 室井 健一 選手(S級1班・69期)• 堤 洋 選手(S級1班・75期)• 小倉 竜二 選手(S級1班・77期) まとめ 小松島競輪場の観覧席から紀伊水道を望む眺めは、全国でも1、2を争う程の絶景です! 晴れた日には、大鳴門橋から遥か淡路島までもが一望できます。 あと小松競輪場には、少し変わった作り方をする名物の焼きそばがあるので、食べながら観戦するのも楽しそうですね!.

次の

小松島競輪場の特徴とバンクデータを分析!【最新情報や歴史も紹介】|競輪タイムズ

小松島競輪 バス

概要 [ ] 小松島競輪場は(25年)に開設された。 ()として「阿波おどり杯争覇戦」が毎年7月に開催されている。 過去には(18年)に、(平成22年)に(共に)が開催された。 マスコットキャラクターはの「金長たぬき」をモチーフとした「ポンスター」、それにちなんで「ポンスターカップ」および「金長たぬき杯争奪戦」が開催されている。 他にも現役時代「スッポン」の異名をとったを称え「笹田伸二杯争覇戦」が開催されている。 (平成16年)からによる動画実況放送が行なわれていたが2010年(平成22年)に終了した。 はを採用している。 については、女子選手用の控室が設けられていないため開催実績はない(他に開催実績がないのは、小松島同様に女子選手用の控室がないのみ)。 なお、小松島競輪場をホームバンクとするガールズケイリン選手は、118期のがいる。 今後は、小松島市議会で承認を得られたことから、7月の開設記念開催終了後、同年内にかけて照明設備の設置など施設改修を行う予定。 施行者間のミッドナイト競輪連絡協議会の承認を得られれば、を開催する意向である。 バンク [ ] 400mを使用している。 直線の長さは標準的だが、かつて500mバンクだったものを改修した名残で、カントがやや緩いのが特徴。 なおバック側は建築物の裏が岸壁という全国の競輪場で最も海に近い立地となっているため、常に海風の影響に対する注意が必要となっている。 アクセス [ ]• 下車、徒歩で約10分。 かつてはは()から、以降でもより、橘西停留所よりによるが運行されていたが、(平成23年)に廃止された。 また前述廃止に伴い、から小松島市営バスによる無料送迎バスが運行されていたが、(平成24年)に廃止された。 ただし開設記念の開催時のみ、徳島駅から無料送迎バスが運行されているようである。 ((平成25年)、(平成26年)、2015年(平成27年)、2016年(平成28年)) 場外車券売場 [ ]• サテライト鴨島 - 字西條前2194-1((平成20年)に鴨島サービスセンターより改称)• エピソード [ ]• 2006年(平成18年)9月、小松島市の元競輪局次長が時効(返還期限が過ぎた)となった払戻金を着服したとして業務上横領の容疑で逮捕された。 注釈 [ ].

次の