グレッチェン モーガン。 プリズンブレイク死んだ人一覧 シーズン4 + ファイナルブレイク

人気キャラクターランキング!1位〜25位まで発表!

グレッチェン モーガン

パナマの無法刑務所SONAに収監されているジェームズ・ウィスラーと恋人関係で、彼を心配して度々刑務所を訪れます。 同じく刑務所に面会しに行っていたリンカーンとは徐々に親しくなり、 最終的にはリンカーンJr. と共に保護されることになるのです。 ソフィアの彼氏で長らくパナマの無法刑務所SONAで隠れていました。 当初はただの漁師と言っていたのですが、実は裏でグレッチェン・モーガンや組織と関わっていたのです。 スキュラ探しの手がかりとなるある重要な本を持っており、マイケルと共に刑務所を脱獄することになります。 そして、シーズン4でスキュラを奪いに来た組織の殺し屋に殺されてしまいます。 23位 リンカーン・バローズJr. (Lincoln Burrows Jr. リンカーン・バローズの一人息子で、父親が収監されて以来非行に走るようになり、逮捕されてしまいます。 そして、父親リンカーンをおびき寄せるために、ケラーマンや組織から度々追われる羽目になります。 シーズン3からはソフィアといることが多くなります。 だいぶ前に死んだと思われていたマイケルとリンカーンの母親で、彼女もマイケルと同じ天才でIQが高く、その代わりに遺伝性の脳の病気を抱えていたのです。 ずっと組織のもとへ働いていたのですが、その後は組織の最高機密であるスキュラを確保しようと実の息子とも戦うことになるのです。 最後はサラ・タンクレディによって銃で撃たれて死んでしまいます。 野球カードを盗んだことが原因で途中からフォックスリバー刑務所にやってきた囚人で、アボカドという大男と同じ房に入れられてしまいます。 それが嫌で刑務官のべリックに度々マイケルらの情報を流していました。 マイケルのおかげで彼も刑務所から脱獄することに成功するのですが、ユタ州でFBI捜査官のマホーンに捕まってしまい、その後嘘をついたとして彼に銃殺されてしまうのです。 パナマにある無法刑務所SONAを仕切っている人物で、当初は皆から恐れられていたのですが、次第にその権力を失うことになります。 そして、そのまま居ては殺されてしまうため一度は刑務所から脱獄するのですが、マイケルに騙されて失敗。 その後はティーバッグによって殺されてしまいます。 リンカーンの元恋人で弁護士をしている彼女は、リンカーンの無実を証明すべく外部で色々と調査をするのですが、そこでシークレットサービスらに度々命を狙われる羽目になります。 最終的には死んだとされるテレンス・ステッドマンの隠れ家を見つけるのですが、そこで閉じ込められてしまい不幸にも銃殺されてしまうのです。 自由と引き換えに組織のスキュラを奪う目的でマイケル達にチームを組ませた国土交通省の職員。 スキュラ探しには積極的に協力するのですが、彼らがスキュラを確保したことがわかると直ぐに裏切り、高値で他の者へ売ろうとするのです。 アメリカ合衆国副大統領で組織に裏で操られており、リンカーンの死刑を執行するべく自分のシークレットサービスに悪事を働かせます。 シーズン2では大統領が死んでしまい急遽大統領に就任するのですが、組織とマイケルの両方から脅され結局辞任することに決めるのです。 組織の人間でマイケルとリンカーンを捕らえるべくFBIの捜査官マホーンにあれこれ指示を出します。 組織のトップである将軍とも話せる立場にあり、自ら現地へ赴くこともあるのですが、汚れ仕事はあまりやろうとしません。 最終的にはマイケル達をボートに追い詰めるのですが、サラによって銃で殺されてしまいます。 組織のトップで、本部であれこれ部下に指示を出しています。 マイケルらに最高機密であるスキュラを奪われてしまうものの、ティーバッグらを味方につけてマイケルからスキュラを奪い返そうとします。 最後はティーバッグと同じ刑務所で服役しており、死刑のため電気椅子に座っていました。 フォックスリバー刑務所の所長で、妻へ模型をプレゼントするためにマイケルに特別に模型を作る時間を与えていました。 その結果、マイケルに裏切られて脱獄する時間を与えてしまったのです。 マイケル達が脱獄した後、ベリックと共に解雇されてしまいますが、マイケルらに助けてほしいと頼まれ一度だけ協力することになるのです。 昔500万ドルを持って飛行機から飛び降りたD. クーパー事件を起こした張本人。 刑務所ではもっとも長くいる受刑者で特別に猫を飼っています。 当初はマイケルからの脱獄の誘いを断っていたのですが、娘のことを想い急遽脱獄に参加することに。 作業小屋の穴がベリックに見つかった時には彼ともみ合いにとなり、お腹をガラスの破片で切ってしまいます。 脱獄まであと一歩のところでマイケルに大金の在り処を伝えて、診療所で死んでしまうのです。 フォックスリバー刑務所の精神科病棟の囚人。 一時期はマイケルと同じ房にやってきて、彼のタトゥーが脱獄の道だと突き止めるのですが、マイケルによって再び精神科病棟へと送られてしまうのです。 彼も一応マイケルらと脱獄することに成功するのですが、早々と皆に裏切られ一人置き去りにされてしまいます。 その後はあちこち転々とするのですが、FBIのマホーンに追い詰められ高台から自殺することになるのです。 フォックスリバー刑務所の刑務長で、所内ではかなり幅を利かせています。 入所早々からマイケルに目をつけており、所長に気に入られているマイケルのことがどうも気に食わない様子。 脱獄前に作業小屋の穴を見つけるものの、ウェストモアーランドに手足と口をテープで封じられてしまい、穴の下で動けずじまいになってしまいます。 脱獄後は彼らの捜索を頑張るのですが、元同僚に色々とチクられて刑務所をクビになってしまいます。 その後は大金を探すべく行動し、シーズン3ではパナマの刑務所SONAに収監。 シーズン4ではマイケルらと共にスキュラを探すのですが、その過程で自らの命を犠牲にして死んでしまいます。 なんとも憎めないこのベリックは、個人的なランキングではもっと上位なのですが、残念ながら10位以内に入ることができませんでした。 アブルッチマフィアのボスで、彼を告発した元従業員のフィバナッチを知っているマイケルと共に脱獄しようとします。 一度はティーバッグによって首を剃刀で切られて病院へと運ばれるのですが、彼は戻ってきて再び脱獄チームに参加。 脱獄後は自分の家族の元へ戻るのですが、結局嵌められてしまいFBIのマホーンらに追い詰められてしまいます。 ギリギリトップ10に入ったのはマフィアのボスです。 ティーバッグにやられて刑務所に戻ってきてからは「神が私を助けてくれた。 人生をやり直す」的なことを言っていたのですが、やっぱり根は変わらず悪でしたね。 組織の手先であるグレッチェンは、パナマの刑務所SONAに隠れており重要な本を持っているジェームズ・ウィスラーを脱獄させるよう、サラとLJを誘拐してリンカーンを脅します。 シーズン4ではスキュラを手に入れるべくティーバッグやドナルド・セルフと組むのですが、その過程で警察に捕まってしまい刑務所で服役する羽目に。 ファイナルブレイクでは、サラと同じ刑務所に入っており、最後彼女が脱獄できるように協力することになります。 家族想いのシーノートが8位にランクイン! 元々はアメリカ陸軍としてイラクに派遣されており、そこで上官に嵌められて服役する羽目になってしまいました。 刑務所内では調達屋としてマイケルに薬を渡したりしますが、彼が裏でこそこそ動いているのを見つけ、脱獄メンバーに加えてもらうことになるのです。 脱獄後は家族のもとへ戻るのですが、マホーンらFBIに捕まってしまいます。 しかし、取引をして自由の身にしてもらい、シーズン4の最後にはマイケルとポール・ケラーマンを繋ぐ役割をするのです。 FBIの敏腕捜査官で、脱獄したフォックスリバー8の捜索に全力を尽くします。 当初は組織らに雇われていたのですが、次第に精神不安定になりシーズン3ではパナマの刑務所SONAに入れられてしまいます。 結局マイケルと一緒に脱獄し、彼らとスキュラ探しに協力することに。 そして、ファイナルブレイクでもサラを脱獄させるためにマイケルらに協力して色々動いてくれるのです。 マホーンは日本では人気が高く、おそらく3位以内にランクインしていてもおかしくないのでは??本国アメリカではそこそこの人気のようです! 新作シーズン5に出演しないのはちょっと残念ですね…。 元々は副大統領のシークレットサービスとして、リンカーンを死刑にするために様々な悪事を働いてきました。 裏切られたと悟と急にマイケル達に協力し出すのです。 シーズン4では、マイケル達が持っているスキュラを国連に渡す代わりに彼らに自由を与えるのです。 そして、その後は議員になったようです。 マホーンよりも上位にランクインしたケラーマン! 彼もシーズン5にはマイケルの敵(?)として登場するそうですので、再び彼の姿が見れるのは楽しみですね。 フォックスリバー刑務所の女医で、定期的に診療室を訪れるマイケルと恋に落ちてしまいます。 そして、マイケルに脱獄に協力してくれと頼まれ、熟考した末協力することに。 その後は父上の所持品を持っていると思われ命を狙われる羽目になりますが、マイケルと再会してやり直そうとするのです。 シーズン3ではグレッチェンによって誘拐されてしまい、その後逃げ出します。 シーズン4ではマイケルらとスキュラを見つけるために奮闘し、最終的に自由の身になるのです。 しかし、マイケルの母親クリスティーナを殺した罪で急遽刑務所に収監。 マイケルらが脱獄作戦を実行してくれて共に脱獄するのですが、最後マイケルが自らの命を犠牲にして脱獄させてくれます。 フォックスリバー刑務所でマイケルと同房だったことから、脱獄計画に加わることになります。 マイケルの良き理解者で、常に彼を助けてくれる非常にいい奴。 ずっと恋人マリクルーズのことを溺愛しています。 彼も最終的に国連やポール・ケラーマンとマイケルを繋ぐために動き、自由の身になるのです。 彼の父親を探し出すために、組織や副大統領に嵌められてフォックスリバー刑務所の死刑囚として収監されています。 度重なる困難にも関わらず、弟のマイケルと共に脱獄することに成功。 その後は黒幕を暴こうと動き回ることになります。 シーズン3ではマイケル脱獄を外部から支援し、シーズン4ではスキュラを探し出し自由を手にすることに成功するのです。 フォックスリバー刑務所で服役している兄リンカーンを助け出すために、自ら刑務所に飛び込みます。 過去に建築設計に携わったことや自身の高いIQを駆使して、完璧なプランで無事脱獄することに成功するのです。 その後は計画通り大金を持って国境を越えるはずだったのですが、邪魔が入り結局はパナマの無法刑務所SONAへと入れられ、そこでも脱獄することに。 本物の自由を手にするために、組織の機密情報が詰まったスキュラ探しに奮闘することになるのです。 ファイナルブレイクでは妻のサラを脱獄させようとするのですが、最後扉が開かず自らの命を犠牲にして彼女を脱獄させるのです。 1位と2位で意見がわかれるところ。 惜しくも1位を逃してしまった天使のマイケルちゃん!彼をこう呼んでいる人物に1位の座を奪われてしまいました。。。 第1級殺人を何度も犯してフォックスリバーに収監されており、差別主義者で変態野郎。 最初からマイケルに嫌悪感を抱いているものの、なんとか脱獄メンバーに加えてもらうことに。 脱獄後もマイケルらを騙して大金を持ち去り、一度も捕まることなく逃げ回っていました。 シーズン3でパナマの刑務所SONAに収監されるものの、すぐにボスのルチェロの媚を売り生き延びます。 シーズン4では彼もスキュラを探しますが、最終的にマイケルらの賛成多数で刑務所へと送り戻されてしまうのです。 堂々の1位に輝いたのは、危険な目に遭いながらもしぶとく生き残っているティーバッグ! 主人公のマイケルを抑えての1位です! 彼もシーズン5には登場しますのでとても楽しみです。

次の

プリズンブレイクのキャストと声優一覧

グレッチェン モーガン

プリズン・ブレイク シーズン3のあらすじと人物相関図 SONA刑務所の出入り口は軍が見張り、脱獄により射殺されるところを目の当たりにする。 受刑者の身分制度、受刑者同士の死ぬまでの決闘があり、ルチェロが囚人のボスであった。 SONA刑務所の囚人• ルチェロ(ノーマン・セント・ジョン) SONAのボスで麻薬王• サミー ルチェロの手下• ジェームス・ウィスラー パナマ市長の息子殺害・ある物の在処の情報を持つ• マクグレディ(ルイス・ガレゴ) 17歳の窃盗犯 フォックスリバーからのSONA刑務所の囚人• ベリックの身分は最下位層• Tバックはルチェロの下につく SONA刑務所の指揮官• ザバラ ウィスラー脱獄計画指揮• スーザン(グレッチェン・モーガン) ウィスラー脱獄計画協力者• ソフィア・ルーゴ ウィスラーの恋人• リンカーン• スクレ ジェームズ・ウィスラーの脱獄依頼 組織の女性スーザンからマイケルにウィスラーの脱獄依頼がある。 ウィスラーはパナマ市長の息子を暗殺したことから、ウィスラーを殺した囚人は釈放されることになっていて、ウィスラーはそれを目当てとする囚人たちから隠れていた。 サラとLJが人質に取られていることを知り、マイケルはウィスラーの脱獄依頼を受ける。 ウィスラーに手を出さない約束 刑務所内の水不足の問題が勃発し、ルチェロはリーダーの座から脱却。 そこで、マイケルが配管を爆発させ、水不足問題を解決し、ウィスラーに手を出さないように約束を取り付ける。 SONA刑務所からの脱獄の手順1度目• わざと停電させ、電気系統の修理を行う。 スクレを墓堀人に仕立て、腐敗臭を抑える薬品で刑務所のフェンスの一部を溶かす。 監視が手薄になる時間を見つける。 TVの映像を乱す装置を作る。 監視員に見つかって、道具の入った部屋を封鎖される。 入所者が殺され、ウィスラーが疑われるが、ルチェロが1人を殺すことで解決する。 脱獄継続のためサラが生きているか確認する。 リンカーンはサラの首が送られてきたことをマイケルに話す。 マホーンが司法取引に応じ、移送される。 決闘騒動中に脱獄する計画で、ウィスラーに決闘を申し込む。 サミーの部屋から脱獄する予定だったが、太陽が雲に隠れ、監視員に梯子を発見される。 脱獄は失敗に終わる。 SONA刑務所からの脱獄の手順2度目 梯子の発見により、ルチェロは囚人たちからの信頼が失われたと思い、マイケルの脱獄計画に加わる。 マホーンは薬物中毒のため司法取引に失敗し、SONA刑務所に戻る。 組織は独自に脱獄計画を進め、ヘリコプターでSONAを攻撃するが、失敗する。 刑務指揮官ザバラはマイケルを問いただし、マイケルはすべてを話す。 そしてウィスラーは脱獄計画の指揮者スーザンがグレッチェン・モーガンであることを話す。 ルチェロはマイケルにSONAの地下通路を見せ、地下にトンネルを掘り脱獄する計画を立てる。 Tバックが計画に加わる。 サミーも計画を知り、加わろうとするが、マイケルがトンネル内を崩壊させ死亡する。 マグレディ、マホーン、ベリックも計画に加わる。 リンカーンが電柱を倒して、停電にすると同時に脱獄する。 ウィスラーにナイフを突きつけて、ルチェロ、ティーバッグ、ベリックが先にトンネルから出る。 電気が復旧し、ルチェロは撃たれる。 その間、マイケル、ウィスラー、マホーン、マグレディが脱獄に成功するが、ウィスラーは鳥類図鑑を落とす。 リンカーンと4人は海岸からボンベを使い海の中へ。 ボートで迎えに行くはずだったスクレが捕まってしまう。 マグレディが時間になっても現れないことで、マグレディの父がレンタルする予定だったボートで迎えに行く。 ウィスラーの脱獄計画・刑務所外での出来事 サラとLJの救出 マイケルがルチェロの電話でサラに連絡を取り、サラとLJの居場所を特定が、リンカーンが行った時は2人は居なかった。 リンカーンの元へサラの首が送られてくる。 ウィスラー脱獄計画指揮• スーザン(グレッチェン・モーガン)• 脱獄の理由 ウィスラーが持っている情報を得るため(あるものの隠し場所) サラとLJを人質に取り、スーザンという偽名でマイケルにウィスラーの脱獄を依頼する。 リンカーンがサラとLJの救出に行くと、リンカーンにサラの首を送り付ける。 マイケルが脱獄に失敗すると、ヘリコプターでSONAを攻撃し脱獄させる計画を立てるが、その攻撃は失敗に終わる。 SONAの刑務官ザバラがスーザン(グレッチェン)を問いただし、LJの場所を聞くが、その場所に行ったザバラはスーザン(グレッチェン)に殺される。 ウィスラーから情報を得るため、ソフィアを誘拐する。 SONA刑務所脱獄後.

次の

【プリズン・ブレイク】キャストとその後の現在の姿についてまとめてみました!

グレッチェン モーガン

グレッチェンとは? グレッチェンは、ブリズンブレイク・シーズン3から登場したキャラ。 シーズン3の第1話が彼女の着替えシーンから始まるので、印象に残っている人も多いのでは? 本名は、「グレッチェン・ルイーズ・モーガン」で、偽名は「スーザン・B・アンソニー」。 シーズン2の後半で少しずつ明らかになってきたカンパニーの正体…。 シーズン3ではウィリアム・キムに代わり、グレッチェンがカンパニーからの刺客として送り込まれ、マイケルたちの前に立ちはだかる。 カンパニーの工作員としては、それなりの地位を持ち、SONAでのウィスラー奪還計画の指揮を取る。 クランツ将軍のお気に入りでもあり、娘のエミリー・モーガンは、クランツとの間に生まれた子供。 エミリーは、姉のリタ・モーガンとカリフォルニア州のリバーサイドで一緒に暮らしており、親権はリタが持っている。 エミリーはグレッチェンが母親である事を知らず叔母だと思っている。 母親は既に亡くなっているようだ。 マイケルを相手に失態を重ねるうちにクランツ将軍からも見限られ、金に目がくらみカンパニーを裏切る。 紆余曲折を経て、娘のためにマイケルたちに協力するが、スキュラを巡る銃撃戦の末に負傷し、警察に捕まってしまう。 生年月日は1977年3月29日生まれ。 父親は他界している。 その際にクランツ将軍のお眼鏡にかないカンパニーに迎え入れられる。 クランツ将軍とは、出会った頃より愛人関係を続けており、特別扱いされていた事から、クランツの実の娘であるリサ・タバックからは煙たがられている。 なお、姉のリタには国税庁に勤めていると仕事を偽っている。 グレッチェンいわく、実際には人質交換だったが、自身の勘違いで脱走を試みたのが原因のようだ。 過去には、コッパーヘッド作戦に参加しており、部下の失敗をカバーした事があるようだ。 プリズンブレイクの舞台は、少なくとも9. 11の後なので、もしそうなら彼女は何歳?という事になってしまう。 グレッチェンは女性キャラ最強!? 武器の使用できる戦闘では女性キャラ最強と名高いグレッチェン。 そんな彼女の強さの秘密を分析。 兵器に精通 傭兵としての経験からか、兵器の扱いに長けている。 ウィスラー奪還計画の強行作戦では指揮官をしており、その際の会話から少なくとも将校クラスと対等に話せる階級のようだ。 また、叩き上げで実践経験豊富のため、現場の状況を踏まえた上で、作戦を立案できる優秀な指揮官である。 ゲート社の地下でスクレが対人地雷を踏んだ際も、一目で兵器の特性を見抜き、決死の爆発物処理を試みようとした。 兵器や武器を使った格闘能力にも長け、手錠をかけられた状態から仕込みナイフ1本で、銃を所持したパナマ軍人3人を瞬く間に圧倒する。 アレン・シュワイツァーさんも顔負けだ(笑) 強靭な精神力 彼女の強さを支えているのは、強靭な精神力。 感情欠落で警察学校を退学処分になっただけあり、苦痛などのネガティブな感情に屈しない。 パナマでエスカミージャ大佐に捕まった時には、水攻めによる拷問をされるも、全く意に介さなかった。 拷問の問いに対して、力強くノーを突き返す姿が印象的。 ヒットマンであるワイアットにすら肉体的苦痛による拷問をあきらめさせた。 屈強な男性に負けない体術 女性なので、リンカーンやマホーンなどの男性最強クラスとの白兵戦においては後れを取ってしまう可能性はあるが、それでも屈強な男性と真正面から戦える体術を備える。 脇腹に傷を負った状態とは言え、スクデリに軍人と間違われる程たくましい肉体を持ったスクレに不意打ちを喰らっても、白兵戦で勝利をおさめる。 状況判断能力と迅速な対応力 瞬時にその場の状況を判断し、的確な行動で窮地を脱する対応力も強さの秘訣だろう。 特に、命がかかった場面では、抜群の瞬発力を発揮する。 これは傭兵としての豊富な経験と感情欠落という特異性が同居した彼女だからこその持ち味と言える。 その一方で、感情欠落からくる異常性を見せる事もあった。 LJの前で遺体を解剖するという狂気に満ちた行動をして、酷く恐れられる。 女を武器にする狡猾さ ある意味では、これが彼女の最強の矛かもしれない。 プリズンブレイクのキャラの中でも上位の美貌の持ち主で、そのルックスやスタイルを狡猾に利用する。 リンカーンとの顔合わせでは挨拶程度に逆ナンパをしてみせる。 その色香を前にすると、カンパニーを束ねる将軍閣下すらも、危険を顧みず会いに来るほど!? コスプレ姿による悩殺ポーズには、ティーバッグもたじたじ(笑)。 ただし、妻帯者は苦手なようで、ドナルド・セルフには色時掛けをするもの、見事に玉砕した。 グレッチェンの名言 私のボスはわたし自身 シーズン4の第6話で姉のリタに言い放った台詞。 グレッチェンは属さない ノーおぉ!! シーズン3の第9話。 拷問中のエスカミージャ大佐からの「YESか?Noか?」という問いに対して。 まさに鉄の精神力。 めちゃくちゃカッコいい。 あのカウンターで私とやる方が可能性は高い シーズン3の第3話でのリンカーンとの一幕。 ある意味グレッチェン最強の啖呵だと思ったり。 リンカーンに断られても、咄嗟に「条件だといったら?」と切り返すのも流石。 あんな自信満々な顔でこの台詞を言われたら、男なら誰でも一瞬思考停止に陥るんじゃないかな? グレッチェンは、マイケルとは違った意味でユーモアのセンスがあって、他には「住所はシカゴのSOS通り、殺さないで番地(シーズン第10話)」とかも好き。 どーすんだよっ。 何ができんだよっ(憤怒) シーズン3の第10話で協力関係を結んだ(表面上)スクレに対する台詞。 劇中でグレッチェンが最も声を荒げたシーン。 多分、駆け引きで怒鳴ったのだと思うけど、物凄い迫力。 この台詞の後の「車から降りて」も、トーンこそ落としてるものの、凄まじい圧力がある。 また、その緩急も恐怖感を際立たせている。 脊椎を切って神経を分断すれば痛みは感じない シーズン3の第6話のリンカーンとマイケルに裏をかかれて、人質のLJに言い放った台詞。 リンカーンに対してのブラフだと思うけど、顔が怖いです。 (笑) これにより、リンカーンが完全に怖気づいて、グレッチェンの言いなりになってしまう。 Hulu フールー なら無料期間中にグレッチェンが活躍するプリズンブレイク・シーズン3~4を視聴可能です。

次の