トランペット 初心者 マウスピース。 トランペット用マウスピースのおすすめ人気ランキング10選

【初心者におススメのマウスピース】トランペットビギナーはこれから選べ!

トランペット 初心者 マウスピース

管楽器の華!トランペットとは? オーケストラなどでよく聴くトランペットの音はとても透き通っていて素敵な音色ですよね。 ここでは、トランペットの歴史やトランペットの種類など、基本となる情報をご紹介していきます。 エジプト時代から続く?! トランペット トランペットは、約3000年前から存在するといわれています。 約3000年前といえば、エジプト王朝時代。 この時代では、ホルンとトランペットの区別がついていなくラッパと呼ばれる時代でした。 1760年にドイツ人のケールベルが4穴式のクラッペントランペットを発明し、「トランペット協奏曲」が作曲されました。 その後、1839年にペリネにより現在のトランペットが作られました。 どれを選べばいい? トランペットの種類 トランペットにはさまざまな種類があります。 ここでは、種類について説明します。 ポップス、ジャズなポピュラーな管楽器といえます。 C トランペット クラシックのオーケストラやソロの演奏に使用されることが多いです。 世界中のオーケストラのオーディションなどではプロプレイヤーたちの必須アイテムとなっています。 トランペットを始める前に知っておきたい6つのこと トランペットを趣味として始めるとどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。 楽器を趣味とすること自体、費用や時間がかかるというイメージを持っている方も少なくないと思います。 しかし、楽器によって特徴が大きく異なりますので、まずは自分の生活スタイルに合っているかや、魅力を感じるかを知るところから始めましょう。 トランペットの4つのメリット まずは様々な楽器がある中で、どの楽器を趣味にしようか迷っている方にトランペットを趣味にするメリットを4つご紹介します。 維持費が安く済む トランペットを吹く上で、定期的に購入が必要なものはメンテナンス用品です。 メンテナンス用品といってもいくつも必要なわけではありません。 専用クロスとブラシや、管に挿して滑りをよくするオイルとグリスの4つがあれば、問題なくトランペットをお手入れすることができます。 メンテナンス用品は数百円のものから、高くても1,000円程度で販売されています。 さらに、オイルやグリスは一ヶ月以上もちますので、リードが必要な木管楽器などと比べると維持費が安く済みます。 持ち運びが楽 トランペットの重さはおおよそ1キロです。 ケースはソフトケースやハードケースがありますが、その中に入れてもおおよそ3キロ程度なので、とても持ち運びがしやすい楽器と言えます。 ケースの大きさも、持ち運びしやすいため様々な場所で練習、演奏が可能です。 主旋律やソロが多い楽器 トランペットは楽曲の中でもメインとなるメロディーを担当することが多いです。 トランペットの音色はメインでなくても高音で、印象に残りやすいですよね。 オーケストラなどでも主役になりたい!と思う方にはぴったりの楽器です。 様々なジャンルの音楽に向いている トランペットには古くから歴史があり、世界中の様々な音楽と共に時代を歩んできました。 今や、トランペットはオーケストラや吹奏楽、ジャズやポップスにも欠かせない楽器です。 趣味にしていくと数多くのジャンルの曲を演奏することができるので、楽しみも多いと思います。 「トランペットで吹いてみたい!」という曲を見つけたら楽譜を探して、練習してみましょう。 トランペットの2つのデメリット トランペットを趣味としたときに感じるデメリットを2つご紹介します。 デメリットについてはコツコツと練習すれば乗り越えられるも内容です。 初めは慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、諦めないでください。 ゆっくり練習していけば必ず練習の成果がでます。 焦らず自分のペースで練習しましょう。 音を出すのが難しい 初心者の方がトランペットを始めるときに最初に苦戦するのが、「音を出す」ということです。 当たり前だと思う方も多いと思いますが、トランペットは唇を振動させて音を出す独特の方法なので、他の楽器と比べると難しいと感じるかもしれません。 音のコントロールが難しい トランペットは同じ運指(指使い)で息の速さを変えることで音を変える楽器です。 例えば、ドの音とソの音はピストンを押さない運指ですが、息の速さを緩めるとドの音になり、反対に速めるとソの音になります。 初めはどのくらいの息の速さでどの音が出るのか、感覚を掴むまでに時間がかかります。 トランペットを吹いて試したい!という方にはレンタルがおすすめ 「続けられるかどうか不安だからまずはお試しで吹いてみたい」「将来的にはYAMAHAなどのスタンダードモデルを購入したい」と思っている方は、トランペットをレンタルするのもおすすめです。 費用を抑えて始めることができ、入門セットをレンタルすれば演奏に必要なものまでついてきます。 ReReレンタルでは初心者の方におすすめのトランペットを数多く取り揃えています。 ネットで注文して宅配で届き返却をする流れですが、往復の送料は無料です。 また、3泊4日からレンタルでき、100泊101日まで自由に期間を設定できるので、ある程度練習をしてから購入をすることができます。 続けられるかを判断したい方にぴったりですね。 ReReレンタルでレンタルが出来る初心者の方におすすめのトランペットをご紹介します。 」という願いで作られたメーカーです。 また入門セットには教本、教則DVD、マウスピースやお手入れセットもついているので届いたその日から練習することができますよ。 こちらも演奏に必要なものがそろっています。 値段も手頃なため、手軽に試すことができますよ。 吹奏楽、オーケストラ、ジャズ、ポップス、ロックなど、幅広い音楽ジャンルで活躍します。 入門セットなので、教則本・DVD・メンテナンス用品なども付属しています。 そのため、届いてすぐに練習を始めることができます。 michael TR-380 J. michaelはリーズナブルな価格でありながら品質が高く、初心者の方におすすめのメーカーです。 世界中のプレイヤーの声からできており、品質改良を重ね続けています。 音を鳴らしやすく、音程も安定しやすい初心者の方に最適な造りです。 リバースタイプチューニングスライドを採用しているため、通常のモデルより吹きやすく、音が響きやすいです。 初心者の方にはとても吹きやすいモデルだと思います。 購入前にお試しとしてレンタルしてみてもいいですね。 お手入れグッズ ピストンオイルとスライドグリス まずは ピストンオイルと スライドグリスを用意しましょう。 トランペットは金属なので、各パーツの滑りをよくしておかないと固まってしまったり、動かしづらくなります。 このオイルとグリスを使うと複雑に絡み合っている管の滑りがよくなるので、必ず用意をしておきましょう。 特に新しくトランペットを購入すると、オイルもグリスも付いていない状態です。 この状態だと管が動かず、音が出ませんので注意してください。 最後に金や銀の塗装に影響が出ない 専用クロスと、楽器内の掃除に使う 専用ブラシも準備しておくと便利です。 楽器の外側には埃や手垢などの汚れが付着し、楽器の内部も定期的に掃除しておかないと音が出にくくなります。 メンテナンス用品を1つずつ購入するのは費用がかかるし、面倒という方は、ヤマハから出ているお手入れセットを購入すると便利だと思います。 お値段もお手ごろなので検討してみてはいかがでしょうか。 初心者におすすめの教則本|まずはこれから始めよう 演奏するのに必要なものが揃ったら、教則本を使って練習を開始しましょう。 教則本とは、ピアノでいうと「バイエル」や「バーナム」が有名ですよね。 いわゆる練習曲集やエチュードといったものです。 トランペット初心者の方おすすめ且つ定番の教則本をご紹介します。 アーバン アーバンの歴史はとても古く、1800年代半ばより存在しており、世界的にも有名な教則本です。 演奏するのに必要な 様々なテクニックを、徹底的に練習できるというのが特徴になります。 中を見てみると、様々なリズムでのシングルタンギング、リップスラー、音階、半音階などといったテクニックがいくつかの練習曲になっています。 自分が苦手としているテクニックをマスターする際に使いたい教則本です。 トランペットの練習方法|上達のコツと個人練習 さて、ここまででトランペットを練習する道具は全て整いました。 最後にトランペット上達のコツと1人で練習できる場所のご紹介をします。 レッスンに行こう 楽器の練習は独学でもできますが、経験のある方に見てもらうと上達の近道になりますよ。 初めのうちはレッスンに行ってみてもいいと思います。 体験レッスンを無料で受けることができるので、安心ですよね。 社会人の方などは、夜間までレッスンをしている教室もあるので、ぜひ通いやすい教室を探してみてください。 個人練習ができる場所を探そう レッスンもいいけど1人で練習する場所も欲しいという方、もちろん自宅だと楽器の練習は難しいと思います。 すぐに思いつくところだと、防音室や音楽スタジオをレンタルするなどありますよね。 ただ、利用したことがないと少しハードルが高く感じてしまう方もいるのではないでしょうか。 実は防音室やレンタルスタジオ以外に、身近な利用したことがある場所でトランペットの練習ができます! こちらの記事では、いくつか楽器の練習に適した場所をご紹介していますので、読んでみてください。 トランペットを習うならおすすめの音楽教室 は、東京都内200か所でマンツーマンレッスンを受講可能な音楽教室です。 各地のスタジオでレッスンが受講できるため、自分の都合の良い場所でレッスンを受けられます。 講師陣は経験のある方ばかりなので、安心して受講できます。 無料の体験レッスンもあるので、ぜひ一度無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか? おすすめポイント• 200か所以上のスタジオで受講可能• 経験豊富な講師陣• 60分の体験レッスンが無料• 生徒様一人一人にあったペースとレッスン内容 入会費 レッスン費用(月2回60分レッスン) 10,000円 10,636円 税抜 レッスン予約制度 教室所在地 相談の上決定 東京 約200か所 神奈川 埼玉 千葉.

次の

トランペットのおすすめ人気ランキング10選【初心者必見!】

トランペット 初心者 マウスピース

前回に引き続き、マウスピースだけの練習についてお届けします。 ここでもう一度注意しておきたいのは、マウスピースを使った練習は ウォーミングアップが終わって、身体があたたまってから行うものだということ(理由はを参照)。 さて、マウスピースを使った練習をしていく中で、色々わからないことがあると思います。 1つずつ解説していくので焦らずゆっくりやっていきましょう。 マウスピースだけで吹く意味は? 色々あるんですが、今回の練習で注目したいのは大きく分けて2つあります。 1つは、 耳の訓練。 ピストンに頼らずマウスピースだけで音程を変えるために、頭の中に吹きたい音程を強くイメージしながら吹く必要があるので、結果的に耳のトレーニングになるのです。 もう1つは、 唇の柔軟性(フレキシビリティー)を養うことです。 マウスピースの構え方 まずは基本的な構え方をおさらいしましょう。 左手(利き手ではない方の手)の人差し指と親指でマウスピースのバックボア付近を持つ様にします(右写真参照)。 何故、利き手で持たないかというと、慣れない手で持つことで変に唇に押し付けてしまったり、余計な力を入れたりできないようにするためです。 もし音程がキツければもっと低い音から始めてもかまいません。 上がったら元の音にグリッサンドでゆっくり戻って来る。 これをゆっくりとしたテンポで、4拍かけて1オクターブくらいのイメージで練習してみましょう。 注意点は、音程が上下するときにガクッと音が変わらないこと。 イメージとしては、甲子園の試合開始時によく聴く「ぁぁあああああああーーーーー」という サイレンみたいに滑らかに音が繋がる様に、上がって下がりましょう。 さらに注意してほしいのは、始めの音からきっちりちゃんとした音に到達し、元の音に戻って来ること。 途中で音程が変わらない様に注意しましょう。 音程がわからない場合はチューナーやピアノなどで確認すること。 実際にこれらの練習フレーズをやり始めると、どうしてもマウスピースだけで鳴らせない、という方もいると思います。 そういう時は、両手でマウスピースを覆う様にして、抵抗感をつけるようにしてみてください(右写真参照)。 どれくらい覆うかで抵抗感が変わるので、調整しながらやってみてください。 また、練習用アイテムを使って練習される事もお勧めです。 特にバープは楽器を演奏してるように楽器を構えて練習できるので、感覚を掴みやすいと思います。 BERP バープ ワーバートンのBuzzzMaster(バズマスター) 来週もマウスピースだけを使った練習フレーズをご紹介しますので、お楽しみに! 本名・中山浩介。 1985年03月10日 大阪生まれ。 トランペットを15歳から始める。 尚美学園大学音楽表現学科Jazz&Popsコース Trumpet科卒業。 トランペットを、ERIC MIYASHIRO、西村浩二、木幡光邦、松島啓之、奥村晶、辻本憲一、生川耕次郎、各師に師事。 在学中よりスタジオワークを中心にライブ、作、編曲、ミュージカルやTVなどジャンルにとらわれずにオールマイティに活動中。 数多くのTVCMや映画音楽、ジャニーズやJ-Pops、演歌、クラシックなどの録音に参加。 ライブ活動では自己のバンドを始め、エリック宮城EMBIGBAND(サポート)、木幡光那923BigBand、メジャーアー ティストのツアーなど、他にも様々なジャンルのバンドに参加し、SAX&BRASSマガジンへの執筆や、個人でのレッスンや高校に招かれてレッスン、ゲスト演奏などクリニシャン、プレイヤーとして、 後世の音楽家の育成にも積極的に取り組んでいる。 トランペットの他に、口笛、ホルンなども演奏している。 オフィシャルサイト:• Facebook:.

次の

トランペットのマウスピースの選び方

トランペット 初心者 マウスピース

私は高校の吹奏楽部で3年間、トランペットを吹いていました。 吹奏楽部では、中学の頃から楽器をやっている人も多くて、高校からスタートの私は焦ることが多かったです。 特に初心者の頃は、きちんとした音が出せるようになるまでが一苦労。 それを乗り越えてもすぐ次の壁にぶち当たりました。 私は、初心者レベルのうちから焦って、マウスピースでどうにかしようと色んな種類を試しました。 でも、結果的に無駄でした。 3年間みっちりやった今だからこそ言える結論は『初心者は初心者向けのマウスピースでしっかり基礎を固めるのが一番』。 どんなに焦っても高音は、基礎がきちんとできていないと出ません。 初心者のうちから合わないマウスピースで始めてしまうと、上達できないばかりか口を壊してしまうことも。 明るく楽しいはずのトランペット生活がトラブル続きになっちゃうんですよ。 今のを聞いてちょっと怖くなってしまったかもしれませんが、心配はご無用です! 安心して練習に励める初心者向けのおすすめマウスピースをご紹介しますので、練習の休憩タイムに読んでみて下さいね。 初心者のマウスピースメーカーの選び方 まず、画像のカエルちゃんは私と高校3年間、吹奏楽部で苦楽を共にした仲間だということをお知らせしておきます 吹奏楽部の友人とヴィレッジヴァンガードで買いました。 話はそれましたが、インターネットでトランペットのマウスピースを検索すると、聞き慣れない名前のメーカーや数千~数万円するものまで、本当に沢山のマウスピースが出てきます。 でも初心者は迷うことなかれ。 ヤマハ YAMAHA かバック Bach 製を選びましょう。 この2つのメーカーは、トランペットで有名なメーカーでもあります。 ではヤマハとバックについて、どんなメーカーなのか簡単に教えますね。 yamaha. html 楽器をやったことがない人でも、学校で音楽室のピアノの「YAMAHA」というロゴは見たことがある! というくらい、楽器メーカーとして超有名なヤマハ。 明治時代から日本で楽器を作っている老舗メーカーなので、日本人に合わないワケが無いんです。 ヤマハより価格が高め 6,200円~• 癖がないので誰にでも合う こちらもヤマハ同様に世界中で使われている人気メーカーなので間違いはありません。 実は、練習して少し慣れてくるとヤマハの『初心者向け』で『みんなと同じ』点がなんとなくつまらなくなってきて、カッコつけてバックに変えようとする人が多いんです。 でも私は、ヤマハとバックのどちらがおすすめかと聞かれたら、ヤマハって答えることにしています。 なぜなら、初心者が使うトランペットはヤマハが多いから。 学校の部活として持っているものもヤマハが多いし、楽器屋に行って新しくトランペットを購入するにしても、店員さんが初心者にすすめてくれるのはやっぱりヤマハです。

次の