ブクログ 読書メーター 比較。 【決定版】年間100冊読む僕がおすすめする読書管理・記録アプリ5選

「読んだら記録」のすすめ。読書管理のための2大Webサービス比較

ブクログ 読書メーター 比較

読書記録サービスともう1度向き合ってみる。 このまえ参加した読書会で対話した中で「読書記録をどうしているか?」というテーマがあって、ボクは「色々WEBサービスは試したけど、めんどくさくてやめちゃった」とか言った記憶がある。 言ってしまってから、これじゃあ全然話が広がらないじゃないかと反省したけど、事実なんだからしょうがない。 でも、振り返ってみると、 ブログに書評っぽいことを書きたくなって何の手がかりも残ってないから、めんどくさくなってやめるってことがよくあるなーと気づいてしまったから、もう一度読書記録サービスを比較検証して、コレだ!と決めたモノに向き合ってみることに決めた。 いや、向き合うべきは読書記録サービスじゃなく、本の内容じゃないか?ともう1人の自分が囁くけど、もう走りだしたボクの耳にはそんな声は聴こえちゃいない。 5つの読書記録サービスを試してみる。 それでは、さっと調べて目についた読書記録サービスをいくつかとりあげて、自分が求める機能を満たしてるかどうか検証してみる。 試してみる読書記録サービスは5つ。 ちょっと多すぎる気はするけど、こりゃ自分には合ってないなと思うものは、消去法でさっさとはずしていこう。 ブクログ 91万人が使ってるってのはすごい。 もうそれだけ使ってる人が多いってことはきっといいものなんだろうとか流されてしまいそうになる。 使ってる人が多いと洗練されていくスピードが早いのも事実。 ぱっと見の印象は可もなく不可もなく。 読書メーター これも感覚的に周囲では使ってる人が多い印象がある。 読書量がグラフで見える化されるってのが読書習慣を取り戻したいボクにはよさげだなー。 メディアマーカー これは何回か使おうとして挫折したんだよなぁ。 Evernoteと連携して読書記録をとるには便利なサービスだったはず。 性懲りもなく、もう1回試してみる。 読書ログ これはまだまだ新しいサービスなのかな。 マイページにタイムラインなんかが表示されていて、読書記録を残すだけじゃなく、読書好きな人たちとコミュニケーションをとりたいならよさげ。 ブクレコ これもまだ新しそう。 ソーシャルブックレビューとうたってるだけに、SNS感満載なマイページの外観だな。 機能とは関係ないけど、4文字の名前は覚えやすくていい。 ボクのブログも「いずれも。 」だしね。 読書記録サービスに求めるもの。 さて、じゃあさっそく検証していく。 ボクが読書記録サービスに求める機能はシンプルに3つなので、それをきっちり満たしてくれるものを選び抜こう。 合わないモノはばっさり切っていっちゃうよ。 1.さっと本を登録できる。 やっぱりまずはこれが大事。 本を買ってきたとき、読みたい本を見つけたとき、さっと登録できなかったらめんどくさがりなボクが続けられるはずがない。 パソコンでさっと本を登録できるか? これはすべてのサービスで特にストレスを感じることなくできる。 検索して登録したい本が見つかったら、カテゴリ分けして登録する。 まぁこの機能が使えないとサービスとして成立しないもんね。 スマートフォンからさっと本を登録できるか? ここで「読書ログ」と「ブクレコ」が脱落。 読書ログはスマートフォンアプリはあるものの、バーコードを読み取って登録する方式なので電子書籍に対応していない。 読書ログのサイトにアクセスしてみても、スマホに最適化されてなくてツラい。 ブクレコはアプリがあるのに、なぜかどうがんばってもTwitter IDで連携できなくてエラー。 こちらも サイトがスマホに最適化されてなくて残念無念。 残るは「 ブクログ」「 読書メーター」「 メディアマーカー」の3つになってしまった!ということで、次のテスト、いってみようかー。 2.さっとメモがとれる。 ただ持っている本を管理するということじゃなくて、やっぱりやるからには読書記録を残したい。 本を読んで感じたことをさっとメモがとれたらいいなー。 パソコンでさっとメモをとれるか? メモをとるまでのステップについてはどれも似たりよったりだけど、「メディアマーカー」は引用に加えて自分のコメントも残せるようになっているのが素晴らしい。 「読書メーター」はつぶやくっていう機能でメモがとれるけど、あまりにも目立たず、ひっそりと設けられていてわかりにくい。 スマートフォンでさっとメモがとれるか? 「ブクログ」はアプリで「メディアマーカー」はスマホに最適化されたWEBサイトで、どちらもさっとメモがとれる。 「読書メーター」はつぶやくへのリンクがページの最下部に設けられているので やたらスクロールしないとメモをとることができなくて、非常にツラい。 残念ながら読書メーターはここで脱落かなぁ。 さぁ「 ブクログ」と「 メディアマーカー」の一騎打ち状態で最後のテストにいってみましょー。 3.読書記録をさくさく検索できる。 本のタイトルだけじゃなく、引用とかコメントとかも検索したい。 ブログを書いてると「アレってどっかで読んだ気がするけど、どこで読んだんだっけ?」と思うことが多いもんな。 確認してみると、いきなり「ブクログ」が脱落してしまった。 残念なことに ブクログでは引用やコメントを検索することはできない。 「メディアマーカー」はコメントを検索することができる。 ただ、引用についてはコメントも含めて検索できないみたい。 にしても、コメントを検索できないブクログは残念だ。 デザイン的にはなんだか見づらいメディアマーカーよりブクログのほうがスキだもんなー。 なんにせよ、ボクが読書記録サービスに求めるものをすべて満たすのは、メディアマーカーしかないってのはよくわかった。 読書記録サービスって、マジメに使うと記録量は膨大になってくるし、途中でやっぱり他のに乗り換えよう!ってのがやりにくいからすげー悩む。 でも、他のサービスもしっかり見てから決めたから、今度は他のにしようかな・・・とフラフラすることはないだろう。 さぁ、ツールは決まったし、しっかり読書習慣取り戻していこう。 koh0605.

次の

5つの読書記録サービスを比較して、メディアマーカーを使うことに決めた!

ブクログ 読書メーター 比較

読書管理サービスとして名の知れた存在だった「メディアマーカー」が、2019年1月をもってした。 これまで何百冊、何千冊という本を同サービスで管理していたユーザーは、早急に移行先を探さなくてはいけない事態に直面している。 一般的に読書管理サービスと言えば、本の読了日や感想を記録する役目に加えて、これから購入する本を登録して購入予定を立てる用途にも使えるほか、コミックなどで同じ巻を重複して買ってしまわないためのチェックツールとしても有用だ。 スマホを使ってバーコードを読み取り、書影を含む書誌情報を自動入力する機能も、もはやデフォルトといってよい。 今回は「メディアマーカー」の移行先となりうる、読書管理ツールを集めてみた。 メディアマーカーは本以外にCDやDVDの管理にも対応するが、今回は本の管理に使えること、またCSVインポート機能を搭載していることを選定の条件とし、読書管理によく利用されているがCSVインポートができない「Evernote」や、アプリ版のみの「読書管理ビブリア」は除外している。 読書メーター は、メディアマーカーおよび後述のブクログとともに、「3強」といっていいサービスのひとつで、歴史も長い。 サービス名からも分かるように、読書量をグラフで表示できることが大きな特徴となっているほか、読んだ本をもとに傾向の似たユーザとつながるコミュニティ系の機能も強力。 バーコード読み取りに対応したスマホアプリも用意される。 インポート機能は用意されているものの、現時点でエクスポート機能がなく、他ツールへの移行が難しいのがネック。 読書メーター ブクログ も読書メーターとともに老舗にあたるサービスで、本棚を模したライブラリ画面が印象的。 所有する本を登録する用途のほか、ランキングや新刊情報からいま話題の本を見つける機能に重きを置いており、シンプルに蔵書管理をしたい人にはやや機能が過剰すぎる面も。 スマホアプリはiOSのみで、Androidアプリは2016年に提供を終了しているため、Androidスマホからバーコード読み取りで本を登録したい場合には向かない。 ブクログ ブックフォワード は、2015年リリースと比較的新しいサービスで、読書メーターやブクログに比べるとコミュニティ機能よりも蔵書管理に重きを置いていることが特徴。 インターフェイスもスマホ向けに寄せられており、装飾のないシンプルなデザインは、ある意味で本サービスの特徴となっているが、本棚のような派手めのスキンを好むユーザにはやや物足りなく感じる可能性も。 SNSアカウントでのログインを除けば、新規ユーザ登録はスマホアプリからに限られる。 ブックフォワード Memento Database は、Android向けの汎用データベースアプリだが、「Book」というテンプレートを用いることで読書管理に対応する。 さまざまなデータベースを自作できるので、お仕着せの読書管理サービスでは項目が足りない場合も対応が容易。 iOSアプリがないことからiPhoneユーザには不向き。 海外アプリだが日本語にも対応。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

【速読】読書の管理アプリ「読書メーター」「ブクログ」「ビブリア」を比較まとめ!

ブクログ 読書メーター 比較

本を読んでも、読んだ内容を忘れてしまう。 読んだ本のタイトルを忘れてしまって、同じ本をまた買ってしまう。 そんな経験がある方は、読書管理のためのWebサービスを利用してみるといいかもしれません。 読書管理のためのWebサービスはいくつかありますが、今回は大手サイト「ブクログ」と「読書メーター」を主観的に比較してみました。 読書メーター 読書メーターは、読んだ本を記録出来るだけでなく、本の冊数やページ数をグラフしてくれたり、読書傾向が似ている読書家の方のおすすめ本を見ることができるWebサービスです。 読書記録がグラフになる 読書メーターは、読んだ本の冊数やページ数をグラフにしてくれます。 自分がどれくらいの頻度で本を読んでいるのかがひと目で分かるようになります。 また、カレンダーに、今日本を読んだよ。 というチェックをつけることができる「読書チェッカー」があるので、本を読むモチベーションを保つことができるかもしれません。 ブクログにも本の冊数を表示するグラフはありますが、ページ数はないようです。 簡単な読書記録 読書メーカの記録はとても簡単です。 「読んだ本に追加」をクリックして、感想をかくだけ。 感想は書かなくてもOKなので、簡単に登録できます。 逆にいうと簡単にしか登録できないので、「本を読んだから、登録しなきゃ。。 」というプレッシャーがありません。 「読んだ本」以外にも「読んでる本」「積読本」「読みたい本」が登録できるので、読書メーターで読みたい本を見つけた時も、次に「読みたい本」として簡単記録。 忘れて頭を抱える必要もありません。 同じ読書傾向の人がみつかる。 わたしは読書メーターを利用しているのですが、その最大の理由がここ。 自分と好きな本の傾向が似ている読書家さんたちをピックアップしてくれます。 読書好き、といっても好きな本の趣味はそれぞれ。 好きな傾向が似ている人をお気に入りに追加することで、その人が読んだ本、読みたい本が自分のタイムラインに表示され、次に読む本の参考になることも。 好きな本の傾向が似ている人の読む本は、好きな本である確率が高いのです。 コミュニケーションも取れるので、同じ趣味で盛り上がれるかもしれません。 読書メーターまとめ・その他機能 読書メーターは• 自分の読んだ本の冊数・ページ数がグラフで表示されます。 よんだ本を簡単に登録できるので、登録しないといけないというプレッシャーがありません。 読書傾向が似ている読書家さんたちをピックアップしてくれます。 (コミュニケーションも取れます) その他の機能• 他の人の感想に「ナイス」を押すことができます。 献本プレゼントがたまにあります。 コミュニティーがあって、他の読書家さんたちと交流できるます。 イベントのコーナーがあって、オフ会とかも頻繁に行われている模様です。 自分とおなじ本を読んだ人の感想を見ることができます。 好きな読書家さんをお気に入りに登録でき、その人たちのつぶやきや読んだ本などが自分のタイムラインに表示されます。 自分が読んだ本をまとめることができ、それをソーシャルメディアに書くことができます。 自分の本を分類して、本棚を作ることができます。 ブクログ ブクログは、本の記録だけでなく、CDやDVD・雑誌・ゲームも登録できます。 感想は星の5段階評価で簡単に評価・管理でき、非公開メモなどもつけることが出来ます。 きちんと読書記録 ブクログは、簡単に記録することも出来ますが、より詳細な記録が可能です。 星で簡単な5段階評価ができたり、カテゴリーやタグを付けることが出来たりします。 また、「非公開メモ」で自分だけのメモが入れれたり、「引用」として、好きな言葉を登録できたりします。 CDやDVDなどの登録も可能です。 読書メーター派の私は、「非公開メモ」がちょっと欲しいな、と思ったりします。 名言・引用が見れる 名言好きの私には、魅力的。 みんなが記録した好きな言葉、気になる部分を一覧で見ることが出来ます。 新刊通知機能 好きな作家や、本のタイトルなど、登録したキーワードが含まれる新刊の情報をメールやTwitterで発売日に知らせてくれます。 私は、新刊のお知らせは別のサービスを利用しているのですが、読書管理とまとめて一つのサイトできるのは魅力的。 ブクログまとめ・その他機能 ブクログは• 本だけでなく、CDやDVD・雑誌・ゲームも登録できます。 非公開メモがあったり、引用文が登録できたりします。 星で簡単な5段階評価をつけることが可能です。 新刊情報のお知らせをしてくれます。 その他機能• データのエクスポートが出来ます。 読書目標設定が作れます。 レビューに花丸をつけることが出来ます。 談話室でコミュニケーションがとれます。 本棚を作ることができ、その本棚のデザインを変えることができます。 ブクログは日常的に利用しているものではないので、 他にも便利な機能がありましたら教えて下さい。 (個人的にはデザインが好きだったりします) まとめ きちんとした書籍の管理をしたい、CDやDVDまで管理したいなどがあったらブクログ、他の人とのコミュニケーションをとって、本の幅を広げていきたいなら読書メーターというイメージです。 私は、他の読書家さんたちとのつながりで読みたい本が見つけやすいということと、できる(登録できる項目)ことが多いとプレッシャーに感じてしまう性格なので、今のところ読書メーターを利用していますが、続けることが大事なので、自分にあった読書管理サービスを探してみてくださいね。 コムログクラウドは中小企業に特化した、自分で更新できるホームページ作成サービスです。

次の