鬼 滅 の 刃 カナヲ イラスト。 【鬼滅の刃】ファンは炭カナ希望!?栗花落カナヲと竈門炭治郎の恋愛はありえる?2人が絡むエピソードをご紹介!

【鬼滅の刃】ファンは炭カナ希望!?栗花落カナヲと竈門炭治郎の恋愛はありえる?2人が絡むエピソードをご紹介!

鬼 滅 の 刃 カナヲ イラスト

コンテンツ• 対童磨の時のような表情をする 今日アニメカナヲちゃん楽しみ😊 — こうり OxktQ5rmRjbOe2f 「頑張ったね、カナヲ。 梅雨入の頃=栗の花が落ちることから栗花落らしいので、梅雨に濡れたカナヲちゃんと迎えにきたアオイちゃん。 アオイはカナヲを苦手に思っていたが、しのぶにはある考えがあって…蝶屋敷の絆の物語がここに。 そんな中で、何話か見逃していませんか? または、最初から見たいなと感じていませんか? そこでおすすめなのが、 「U-NEXT31日間無料トライアル」です。 31日間、 無料でお試しできる動画配信サービスです。 UーNEXTにはレンタル作品と見放題作品があります。 レンタル作品は、別途お金がかかります。 しかし鬼滅の刃は、全話見放題作品なので、 追加料金はかかりません。 また、期間内に解約すれば無料です。 実際に試してみましたが、本当に期間内は無料でした。 解約方法も実に3分ほどで終わります。

次の

#鬼滅の刃 #栗花落カナヲ カナヲのお尻ペンペン (炭カナ)

鬼 滅 の 刃 カナヲ イラスト

プロフィール 名前:栗花落カナヲ(つゆり かなを) 年齢:16歳 身長:156cm 体重:46kg 声優:上田麗奈 鬼殺隊の入隊試験に残った5人のうちの一人ですね! カナヲは炭治郎達とは同期ということになります。 基本的には薄っすらと微笑んだ表情をしていることが多いですが、実際は感情がほとんどありません。 言われたことをするだけという女の子でした。 その後は 炭治郎の熱意などもあって少しづつ人間としても成長していきます! そしてなんと、 カナヲは蟲柱の胡蝶しのぶの継子なのでした! カナヲの強さはどのくらい? 初期の時点で、 すでにカナヲの強さは同期たちから比べれば圧倒的なものでした! 全員が死にものぐるいで何とか生き残った試験に対して、カナヲだけはほぼ無傷。 楽勝ムードで合格というほどの差がありましたね〜。 後にわかったことですが、カナヲは蟲柱の胡蝶しのぶの継子だったんです。 「柱」というのは鬼殺隊で言うところの最強クラスの幹部ですね。 「継子」というのは、その柱から才能を認められた存在のことを言います。 ) 上弦の鬼相手に勝利 カナヲは鬼滅の刃でもトップクラスの強さを持つ上弦の弐・童磨を相手に勝利しました! 実際は伊之助とのタッグでの勝利なので自力というわけではないのですが。 そこらの鬼殺隊が何人束になっても、柱一人だけでも勝てない相手です。 そんな相手に鬼殺隊員二人で勝利したのは、かなりの快挙なのではないでしょうか? (もっと詳しく言うと、しのぶさんの術と合わせて三人での勝利ですね。 ^^) 鬼滅の刃作中でもトップクラスの強さの一人といえると思います〜! スポンサーリンク カナヲの能力や技は? 上記まででも軽く紹介しましたが、 カナヲの師匠は蟲柱の胡蝶しのぶです。 それじゃあ胡蝶しのぶの継子のカナヲ蟲の呼吸を扱うのかというと、そういうわけではありません。 ^^ 一応、蟲の呼吸と花の呼吸のどちらも水の呼吸からの派生ということは同じとなっています。 ものすごく便利な半面、自身に対する負荷も半端ないもので、失明の危険すらある、まさに捨て身の技ですね。

次の

【鬼滅の刃】栗花落カナヲの全プロフィールと考察【年齢・呼吸・刀】

鬼 滅 の 刃 カナヲ イラスト

相当に腹を立てたアオイが、伊之助のお尻をペンペン!と叩こうと手を伸ばした。 しかし伊之助にかなう筈もなく、スルリと逃げられた。 「カナヲ!捕まえて!!」 カナヲは追っかけっこを始めた。 「アオイを困らせないで!」 なほ、すみ、きよも追っかけてきて、5人で伊之助を追っかけ回した。 カナヲが隙をついてヘッドロックする。 「機能回復訓練では、私のほうが上だったでしょ!!」 カナヲは伊之助を後ろ手に縛り、思いきりお尻をペンペン!!!!と叩いた。 伊之助は猪頭の目から涙をこぼし、 「クソ!コイツ強え!!」と逃げて行った。 なほ、すみ、きよとアオイとカナヲは、腹を抱えて大笑いしていた。 台所での大騒ぎに、炭治郎と善逸が何事かと顔を出してきた。 女子5人+伊之助が腹の底から大笑いしている。 炭治郎の目に、カナヲの大笑いが新鮮に映った。 (カナヲが大笑いしてる! あんな顔もするんだ。 いつも俺と一緒にいる時は、頬を染めてモジモジしているか、すずらんの花のように小さく清楚に笑う顔しか見た事がないのに。 驚いた。 ) 「ウガアァァ!!!何すんだよ!!!!」 伊之助は笑われて、逆ギレして怒ってきた。 伊之助がバッと猪頭をはずすと、カナヲの目の前に超絶美男子が現れた。 「ハナヲのメシは取ってねえって言ってんじゃねーか!」 カナヲはその美男子っぷりに目を奪われた。 拗ね顔の美男子は、鍛え上げられた筋肉でカナヲを押し倒そうとする。 お尻ペンペンの仕返しをするつもりだ。 思わずカナヲは赤面してしまった。 「やめろ伊之助!」 止めに入ったのは炭治郎だった。 「カナヲが困ってるだろう。 それにオカズを取った伊之助が悪い。 カナヲとアオイさんに謝るんだ!」 「なんだよ権八郎!! ハナオ、スッゲー強いんだぞ?!」 「強いのは知ってる」 「炭吾郎は知らねーと思うけど、カナヲすっげー怖えーからな! 俺しか知らねーけど。 無限城で・・」 「伊之助!! その話は、炭治郎の前ではしないでって言ったでしょ!!」 カナヲは赤面しながら、伊之助の口を押さえた。 2人ともすごく楽しそうにわちゃわちゃしている。 ーーーーなんだこの距離感。 炭治郎には見せない顔を、カナヲは次々と伊之助の前で見せている。 炭治郎の心の中にモヤが広がって、固まる。 炭治郎は、いつもの我慢している顔に、少し目尻に涙が浮かんでいた。 隣にいた耳のよい善逸は、はぁ?という顔になっていた。 夕食の時間になった。 「権八郎、天ぷらよこせ!ガハハ!」 いつものように伊之助が炭治郎の皿を狙う。 炭治郎はムッとして一瞬、伊之助を睨んだ。 天丼の器を伊之助に取られないようヒョイと避ける。 「?!?何でだ?!いつもはくれてただろ?!」 「今日は食べたい気分なんだ!」 眉間にムッとシワを寄せて、ガツガツと天ぷらを食べる炭治郎。 「なんだよ!! 権八郎、昼からおかしいぞ!? オレは何にもしてねえぞ?! 天ぷらくれねえなら、オレは一緒に食わねーからな!」 伊之助もプンスカと怒りだしてしまった。 ずっとやりとりを聞いていた善逸は、耳を押さえて思った。 炭治郎は、自分の布団を二人から少し離れたところにひいていた。 善逸は堪らず炭治郎を縁側に誘った。 「炭治郎どうしたんだよ。 悩んでることがあるなら聞くぞ?」 炭治郎はバツの悪そうな顔をした。 二人は縁側に腰掛けた。 炭治郎は顔を赤くして、拗ねた顔をしている。 友人にこんな事を話すのは初めてだ。 善逸は、コイツこんな顔すんだなと思った。 「カナヲは、伊之助といる時のほうが素直な顔をしてるから。 「まあ気にすんなよ」という善逸の声も聞こえていないようだった。 炭治郎は身体が冷えるまで、縁側に座って庭を眺めていた。 (俺は、今までいろんなことを努力で会得してきた。 でも元来の顔の良さはどうにもできないじゃないか)と心の中で愕然としていた。 「炭治郎、風邪ひくぞ。 戻ってこいよ」 と善逸が呼ぶまで、炭治郎は縁側で悩んでいた。 次の日の鍛錬で、炭治郎達とカナヲは出会った。 鍛錬は真剣にやらないと意味がない為、誰も集中して行った。 昼食は弁当が配られ、好きな所で食べることができた。 炭治郎は弁当を持ってカナヲに近づいた。 「カナヲ、ちょっと話があるんだ。 いいかな?」 カナヲはいつものようにニコニコして隣を明け渡した。 しかし、炭治郎は不機嫌そうに横を向いてこう放った。 伊之助の尻を叩くのは平気なの?」 カナヲは意外な所を突かれ慌てふためいた。 炭治郎が怒ってカナヲに詰め寄る。 そんなことは初めてで、カナヲは驚いて、しどろもどろになっていた。 炭治郎は大声でカナヲを怒鳴りつけてしまった。 弁当の包紙をグシャッと握り潰し、涙目で腹を立てて走り去った。 カナヲは半べそでワナワナと震えていた。 (あ〜もうグチャグチャだよ。 半分愚痴も入っていた。 話をしてみましょう」 優しくしのぶは答えた。 「ただ、カナヲの気持ちには一つ心当たりがあるんです。 善逸くん、これはカナヲの同期として聞いてくれますか?」 「?」 「カナヲは子供の頃、一度も子ども同士で遊んだことがないんです。 伊之助君との遊びを楽しく思うのは、子供の頃のカナヲの心なんでしょう。 カナヲの本来の性格は、あちらなのかもしれませんね。 でも、閉じた心を開いたのは炭治郎くんですから。 カナヲの心がどちらを選んでも、同期として仲良くしてくれますか?」 善逸は頭を抱えた。 「それをいちばん望んでいるのが、渦中の炭治郎なんだけどなあ〜」 「うふふ。 善逸くんは優しいですね」 しのぶに褒められて、ニヘッと善逸は笑った。 しのぶはまずは伊之助を呼んだ。 「あらあら〜」 しのぶはもう少し心を探ってみた。 「伊之助くんは、炭治郎くんとカナヲどちらが好きですか?」 伊之助は、何言ってんだという顔をしていた。 「はぁ?カナヲに好かれても、権八郎に嫌われたら嬉しくねえし。 カナヲを見てポーっとしてホワホワしてる権八郎を見るのは面白え。 カナヲを見てる時、アイツのホワホワは桃色なんだぜ。 なんでなんだろうな!ガハハ!」 大好きな兄を語るように誇らしげに、満面の笑みで伊之助は答えた。 「わかりました。 伊之助くん、ありがとう」 しのぶは次は炭治郎を呼んだ。 「伊之助くんとケンカしてるんですか?」 炭治郎は(何故それを!)と心臓を突かれた顔をした。 しのぶはゆっくりと椅子とお茶を勧めた。 お茶を啜りながら、炭治郎は観念したのかポツポツと喋りだした。 夕食のおかずとか、遠征のおむすびとか。 俺が我慢すれば、伊之助は喜んで、俺も喜ぶ伊之助を見れて嬉しくて、丸く収まってたんです。 しのぶの目を見てキッパリと言った。 「カナヲだけは、譲りたくないんです!!! それを考えたら、伊之助に今までと同じように接することができなくて。 でも伊之助とも喧嘩をしたくないんです。 どうすればいいですか?」 眉間にシワを寄せた泣きそうな顔で、炭治郎はしのぶに頼ってきた。 「あらあら〜」 しのぶは困った顔で、お茶のおかわりを淹れてくれた。 しのぶは次はカナヲを呼んだ。 「炭治郎くんとケンカしたんですか?」 カナヲは今いちばん悩んでいることを師範に訊かれて、泣きそうになった。 カナヲは安心して姉に心を許した。 「伊之助のお尻をペンペンしたら、炭治郎に怒られちゃったんです。 『俺のことが好きなんじゃなかったのかよ!』って。 でも、すぐに答えられなくって。 正直、伊之助にもちょっとドキッとすることがあったし」 「あらあら〜」 「伊之助といるとホッとするんです。 本音をだせるって言うか。 何も飾らなくていい。 なほ達と遊ぶようにおもしろいんです。 「炭治郎くんとは、どうなんですか?」 しのぶは完全に興味半分で、かわいい妹の心を聞きたかった。 本当の自分を見せたら嫌われちゃうかな?って不安になっちゃうし。 炭治郎が笑ってくれたら嬉しいし、炭治郎にかわいいって言って欲しいんです。 頭を撫でて欲しいし、もっとキスもして欲しい。 でも、炭治郎に触るのは躊躇してしまって。 炭治郎に触ったら、触れてるところが熱くなるんです。 もし炭治郎のお尻を触ったら、離れられなくなりそうで。 だからお尻ペンペンするなんてできないんです」 カナヲは顔も耳も全身真っ赤だ。 目尻に涙を浮かべている。 「あらあら〜」 カナヲの熱い想いを聞いて、しのぶは (あのカナヲがこんなに心の声を言ってくれるなんて!やっぱり好きな男の子ができたら変わるのね!かわいい! キスはしたのね?いつの間に!炭治郎くん許しませんよ? ああー私も冨岡さんとこんな時期があったなぁ。 かわいいなぁ) とキュンキュンしたが、それはうち隠して、ゆっくりと首を傾げ、カナヲに問うた。 「結局、カナヲは炭治郎くんと伊之助くんのどちらが好きなんですか?」 カナヲは心の臓の的を撃ち抜かれた気がした。 ギュッとスカートを握り、涙目で姉に助けを求める。 「決められないんです。 カナヲの心の中には一人しか現れなかった。 「よしよし。 炭治郎くんに、謝っておいで。 そうだ、炭治郎くんのお尻もペンペンしちゃったらどうかしら〜?!」 次の日の稽古の休み時間。 「た、炭治郎!!お尻ペンペンさせて!」 「えっ!俺は何も悪い事してないぞ?!?!」 「したんじゃねーの」と善逸。 「そうだ!権八郎もペンペンされろ!」と伊之助。 同期四人が笑っておしゃべりして、炭治郎がおとなしくお尻ペンペンされている姿を見て、しのぶは大笑いを堪えきれなかった。 (やっぱり仲が良いのが一番ですね).

次の