マリン トラフィック 無料。 社内LANのネットワークトラフィック調査

マリントラフィック使い方を日本語解説!無料で船の航跡位置確認

マリン トラフィック 無料

マリントラフィック 使い方を 日本語でわかりやすく解説していきたいと思います。 マリントラフィック(MarineTraffic)は、 無料でアプリなどインストールすることなく 船舶の航跡や現在位置の確認をすることが可能です。 マリントラフィックとは、日本のみならず世界中のある程度の大きさの船舶であればいつどの時間帯にどのルートを通って今現在どこにいるのか、そして船体の詳細情報や所属国や製造年などの情報を調べる事ができるシステムです。 マリントラフィックの使い方としては気になる豪華客船の数日間通ってきたルートを調べたり、船便での輸送している場合には該当の船舶の現在位置を確認したりすることができます。 また、台風などによって大型船舶やタンカーなどが座礁あるいは衝突してしまった場合なども、マリントラフィックで該当する船舶の航跡を確認することで、事故の原因調査をすることもできます。 マリントラフィック使い方を日本語で解説 マリントラフィック(Marine Traffic)の使い方は、世界中にある調べたい船舶を指定してその現在位置や最大2日間の船の航跡を無料で観覧することができます。 調べたい船舶のおおまかな所在地がわかっている場合には、マリントラフィック上部の 「Live Map」という項目を選択することで私たちが日常的に使っているGoogleMapのように地図を表示することができます。 マリントラフィックのワールドマップから徐々に地図を拡大して地域を絞っていき、調べたい船舶を選択すると船舶の詳細がホップアップされます。 このマリントラフィックの使い方の画像説明の場合は、船名が 「KOBE EXPRESS」であることが分かります。 そして、マリントラフィックで「KOBE EXPRESS」が直近2日間でどのルートを通って神戸ポートターミナルまで移動したのかその航跡をホップアップの 「Past Track」の項目から確認できます。 マリントラフィックで「KOBE EXPRESS」の船舶の航跡を調べると、宮崎県を出発して兵庫県の神戸市にある神戸ポートターミナルまで来ていることが分かります。 また、マリントラフィックでは最大2日間の航跡を分刻みで船舶の移動履歴を調べることができ、上記画像の下部にある 「Hide Track Options」の項目から調べたいスタート日時と終了日時を入力することで、その船舶の航跡位置のセグメントをかけることも可能となっています。 マリントラフィックで船舶の現在位置がわからない時の船の位置特定の仕方 これまでマリントラフィックの地図から船舶を探してから、その船舶の航跡を調べるという使い方を日本語解説してきました。 しかし、調べたい船舶の船名は分かるけどその船舶の現在地がわからないときには、マリントラフィックの 「Live Map」では探すことが困難であることがわかるかと思います。 その場合には、マリントラフィックの船名検索をすることによって、その船舶が今どこの海のどの場所にいるかを直ぐに確認することができます。 例えば、「」の記事でもご紹介しておりますとおり、台風被害で全長80メートル重量3,434トンの「第拾八久栄丸(KYUEI MARU NO. 18)」が西宮ケーソンの防波堤に乗り上げてしまいました。 その「第拾八久栄丸(KYUEI MARU NO. 18)」と防波堤復旧作業などに対して活動している海難防除船「六甲丸(ROKKOMARU)」という船舶があります。 「六甲丸(ROKKOMARU)」は、第拾八久栄丸が西宮ケーソンに座礁してしまってからその周辺を行き来しています。 ここで位置がわからないけど船名を知っている場合にはマリントラフィックの 「VesselsのALL Vessels」を選択してから検索窓に船名を入力します。 ここではマリントラフィックを使って海難防除船「六甲丸(ROKKOMARU)」を調べたいので、「ROKKOMARU」と入力すると該当する船舶が出てくるのでそれを選択すると船舶スペックが出て来ます。 マリントラフィックの画面の該当船舶スペック下に画像ハイライト部分 「Past Track」を選択すれば、「六甲丸(ROKKOMARU)」の現在位置が表示され作業を行っている航跡をリアルタイムで確認することができます。 この記事でマリントラフィックの使い方を説明している今現在での「六甲丸(ROKKOMARU)」の移動ルートは以下のようになっていました。 これは、「六甲丸(ROKKOMARU)」の3時間の航跡履歴となっています。 マリントラフィックの使い方は、場所が特定できる船舶をマップ上で選択してその航跡を調べるか、船名を検索してから該当船舶の航跡を調べるかの2つの方法があります。 また、船舶が座礁してしまったり、何かに衝突してしまったり、または行方が分からなくなった船舶などをマリントラフィックを使えば即座に位置特定やどういう経路で座礁したのかをリアルタイムで調べることもできます。 マリントラフィックの仕組み 船舶は航海するときや停泊している時も、周りの船がどの位置にいるのかを安全のため把握しています。 このように聞くと、船舶の乗組員が船のてっぺんの監視室から双眼鏡などで回りを確認していると想像しがちですが、船舶には現在位置確認ができる が取り付けられていて機械処理をしています。 があることによって、海上にある船の位置を自動的に発信しそして受信処理をしているので、どの国のどの船が今どこにあるのかが分かります。 マリントラフィックでは、この「AIS自動船舶識別装置」の位置機能をマップ上にアウトプットすることによってリアルタイムに船舶の移動ルートを視覚化する仕組みとなっています。 記憶に新しいですが、大型台風の影響により関西国際空港へ繋がる連絡橋に大型タンカー船「宝運丸」が衝突してしまい、道路が封鎖されてました。 そして、関西国際から出られなくなったことによって、関西国際から神戸空港までの渡し船が臨時運行されました。 その船舶の往復の動きなどもマリントラフィックで確認することができます。 ちょうど、マリントラフィックの上記画像にある「UMI」という名前の船舶が往復移動していることがわかります。

次の

マリントラフィック使い方を日本語解説!無料で船の航跡位置確認

マリン トラフィック 無料

MarineTraffic(マリントラフィック)の使い方 MarineTraffic ライブ船舶マップ とは MarineTraffic マリントラフィック・ライブ船舶マップ とは船舶自動識別装置(AIS:Automatic Identification System の情報を元にしてGoogleMapに船舶の位置がプロットされているサイトです。 簡単に言うと、飛行機ファンの方にはお馴染みの フライトレーダー24の船舶版です。 船舶を地図から探す MarineTraffic ライブ船舶マップ のWebサイトから海域を選びます。 どんどん絞り込んでいくと地図上にマークがプロットされます。 例えば船舶が密集する東京湾を見てみましょう。 まずは世界地図レベルで海域を選びます。 ざっくりと関東近辺を選んだらこんな感じに。 GoogleMapで拡大していくと… 船舶がうじゃうじゃ。 さすがにこの東京湾内はプロの水先案内人が操縦のサポートをしないとぶつかりますね。 ちなみにAISの搭載が義務付けられている船舶は国際航海に従事する300総トン以上の全ての船舶、国際航海に従事する全ての旅客船舶、国際航海に従事しない500総トン以上の全ての船舶とのことですので、東京湾にはこれよりももっと多くの船舶が密集しているようです。 船舶の情報を見る 地図上のマークをクリックすると船舶の情報を見ることができます。 船舶の名前、国籍、種類、スピードなどの状態が分かります。 船舶名から探す MarineTraffic ライブ船舶マップ では船舶名から船の位置を検索することもできます。 画面上部の「船舶」をクリックして船舶ページに行き、検索窓に船舶名を入れます。 MarineTrafficはiPhoneアプリもある iPhone用アプリも用意されています。 このアプリのレビューはまた追って。 フライトレーダー24とMarineTraffic(マリントラフィック)を両方使って楽しみたい このブログでも何度か紹介している羽田空港近くのに行くと大型船舶もみることができます。 今度城南島海浜公園に行った時はフライトレーダー24とMarineTraffic ライブ船舶マップ 両方使って空と海を楽しんでみようかなと。 w ぜひお試しを!.

次の

LAN環境でのビジー発生について

マリン トラフィック 無料

iPhone版マリントラフィックは、パソコン版のマリントラフィックをiPhoneの画面でも操作しやすいようにアプリにした物です。 アプリ版のマリントラフィックは、最初の一回だけ、アプリの購入代金として600円(2018年3月現在)を支払います。 今回は、この600円のiPhone版アプリの使い方をご紹介していきます。 その前に「なぜ、マリントラフィックは、船舶の位置を表示できるのか?」という仕組みの部分と、iPhone版マリントラフィックでできることをご紹介します。 マリントラフィックの仕組み マリントラフィックのアプリを起動すると、一秒もたたないうちに、海上船舶の運行状況を地図上に表示できます。 これらの位置情報は、ほぼリアルタイムで表示されるため、何だか不思議な感じがします。 そもそもなぜ、このようにリアルタイムでの表示が可能なのでしょうか? その秘密が「AIS」です。 AISとは、日本語で「自動船舶識別装置」といいます。 船舶から発信される電波の中に「船名、位置情報、進路や目的地」などの情報を加えて置き、それを地図上に反映するものだそうです。 マリントラフィックの説明によると、このAISの情報が一日当たり17万件も処理されているため、広範囲かつ様々なルートの船舶情報を表示できるそうです。 マリントラフィックでできること マリントラフィックは、とてもたくさんの船舶情報を処理しているため、船舶に関係する仕事をしている方にとっては、とても貴重な存在です。 例えば、貿易をする人であれば、常に船舶の動向が気になります。 輸出者から案内されている「」通りに船積みされているのか? 出航した船は、今、どのあたりにいるのか?が気になることが多いです。 これらの本船動向は、港への入港日、ひいては、 客先への納品日に関係してくるからです。 貿易をする方がマリントラフィックを使うのであれば、次の部分が優れています。 船舶、ヨットなどのリアルタイムな位置を表示できます。 ほとんどの主要な港湾やルートをカバーしているから、情報を探しやすいです。 風向き、船の軌跡(過去、未来)を表示できます。 自分だけの 船舶リスト(MY FLEET)を作成して船の動向を追跡可能です。 ブッキングする船が、いつ建造されたのかがわかります。 (古さ・船舶事故率)• レイヤー機能としてウェザー(天気情報)が提供されています。 (本船入港の遅れにつながる要素はないのか?)• 有料拡張機能「AUGMENTED REALITYツール」を使えば、iPhoneのカメラを地平線に向けるだけで、港湾情報、船速、自分と船の距離がわかります。 有料拡張機能「ROUTE PLANNERツール」を使えば、ルートを計画してETA(到着日)を計算できます。 以上がマリントラフィックの仕組みと、できることでした。 次にマリントラフィックを使うときは、どのような準備をすれば良いのかをご紹介します。 何度も申し上げる通り、マリントラフィックは、パソコンでも利用できます。 パソコンの場合は、特に準備をすることなく、そのまま使えます。 準備すること iPhone版のマリントラフィックを使うときは、アプリをダウンロードします。 アップストアまたは、グーグルプレイなどで「マリントラフィック」または「MARINETRAFFIC」と入力して、アプリをインストールしましょう! もし、船舶リスト機能(MY FLEET)を使いたいときは、マリントラフィックへの会員登録も必要です。 (後ほど説明) iPhone版マリントラフィックの使い方 それでは、マリントラフィックの使い方を説明していきます。 以下の写真がマリントラフィックの操作画面の全景です。 下に緑色や青色のマークが書かれていますね? これらが船舶の位置を示しています。 緑色、赤色、四角、船型など、すべてに意味があります。 色々とお試しください。 この中にある船舶をクリックすると…… 船舶に関する情報が表示します。 この画面は、画面上から赤枠部分、緑枠部分、青枠部分の3部分に分かれています。 赤枠の部分と緑枠部分は、連動して動きます。 赤枠部分の「Voyage」を選択しています。 以下の画面から、尼崎・西宮から名古屋までの航路。 出航してから1日と7時間が経過していることがわかります。 赤枠のPositionを選択しています。 このボタンを押すと、現在の船の位置を示します。 ステータス部分が現在の船の状況を示します。 今度は、画面の下にあるボタンに注目してみましょう。 中央にある「MY FLEET」が船舶リストです。 追跡したい船などを登録できます。 登録するときは、マリントラフィックへの会員登録が必要です。 FLEEとは、自分のまとめたいグループのような形で使うと良いです。 例えば、FLEETとして中国ルート、北米ルートなどを作成しておき、それぞれに「SITC(中国路線の船)」や「APLペルー(アメリカ方面)」という船名を登録します。 アプリ上の操作ボタンとしては、次の通りです。 add to Fleet=作成済みのグループへの船舶の登録• add to new Fleet=グループの新規作成 Fleetへの登録ボタンを押したときに、会員登録をしていないと、以下の画面が表示されます。 未登録の場合は、下にある「Register」から登録していきましょう! 登録方法は、次の記入例を参考にしてください。 特に間違いやすいのが一番下にある「I have read…. 」へのチェックです。 なぜか、この部分がとても薄くなっているため見落とす可能性が高いです。 また、パスワードの条件は、全体が6文字以上、かつ1文字以上のローマ字+1文字以上の数字が入っていることです。 船の軌跡も見ることができます。 画面下にある「一番左側にあるボタン」を押します。 Past Track=過去の軌跡。 Route Forecast=未来の軌跡を表示します。 こちらが過去の軌跡です。 こちらが未来の軌跡です。 どのように船が進んでいくのかも一目瞭然です。 ここからは、船の詳細画面から出て、アプリのトップ画面の説明をしていきます。 画面左上にある船のマークを押すと、iPhoneの画面一杯に地図が表示されます。 (フルスクリーンモード) 虫眼鏡のマークを押すと、港名、船の名前などから様々な情報を検索できます。 検索結果をさらに表示したいときは「show all results」を押します。 画面の一番右側にある三本線のマークを押すと、様々な機能が表示されます。 正直、すべてのボタン機能を説明するのは疲れるため、一部のみをご紹介します。 この部分は、マップ上に表示できるレイヤーのコントロールができます。 レイヤーとは、ある情報を重ねて表示する機能ことです。 下の図であれば、地図上に船の情報ではなく、港や灯台?の情報を重ねて表示しています。 マップ情報がゼロの状態、それに透明なレイヤー(特定の情報)を重ねて、上からのぞくと一つの情報として表示されるイメージです。 レイヤーの仕組み 登録したMy Fleetは、こちらのボタンで確認します。 以上、iPhone版のマリントラフィックの使い方でした。 まとめ マリントラフィックをiPhoneで使うときは、有料版のアプリを使います。 マリントラフィックのアプリは、同種のアプリと比べて表示できる情報数が圧倒的に多いです。 アプリの中では、若干、高いものですが、ここまで高機能であれば、十分、購入する価値はあると思います。

次の