花札の遊び方。 花札の歴史。遊びと見せかけて実は…?

簡単で盛り上がる!花札「花合わせ」の遊び方

花札の遊び方

もくじ• 花札の簡単ルール まずご存知の方も多いとは思いますが札(カード)には数字が書かれておらず すべて絵で表しています。 1月から12月まで各4枚ずつ計48枚の遊戯札で構成されており 月ごとに1つの花が描かれているため花かるたとも呼ばれています。 下の画像は左から12月・11月・・・と1月まで1年間の月を表しています。 花札の札(月別) 花札は月別で背景の模様が違います。 月ごとに4枚あり12月まであるので全部で48枚で構成されています。 例えば1月なら松が4枚全てに描かれていますよね。 この月別で覚えることはゲームを進めていく上で重要になってくるのでとても簡単なので覚えておきましょう。 11月の一番右にある札だけは何を描いているのか見ただけではサッパリ分かりませんね。 少し不気味な感じもします。 花札のルール 一概に花札と言っても 「こいこい」「おいちょかぶ」「花合わせ」など様々な種類があります。 またローカルルールも多数存在しており、点数の付け方も地域によって違いがあります。 今回はポピュラーな花合わせのルール紹介です。 まず親(1人)と子が存在し親が札を配り こういった形で親と子の札は裏向き場に配る札は表向きで どちらも見えるようにしておきます。 最初は親から始めます。 まず持ち札から1枚出して場札と合わせ、 絵柄(同月札)が一致すればそれは自分の分としてもらうことができます。 無ければ手札を1枚場に捨てます。 そして山札の一番上をめくり、場札に同月札があれば同じく合わせてとり、 無ければ場に捨てます。 手札が無くなるまで行い最後に出来た役によって点数を数え勝敗を決めます。 スポンサーリンク 役の種類と点数計算 簡単に役の種類をしていきます。 そんなに難しいことは無いので軽く目を通しておいてください。 頑張って画像を編集しながら作ったので見ていっていただければ嬉しいです! 役の種類 五光(10点) 四光(8点) 雨四光(7点) 三光(5点) 花見で一杯(5点) 月見で一杯(5点) 猪鹿蝶(5点) 青短(5点)青の短冊札3枚 赤短(5点)赤の短冊札4枚 タネ(1点)10点札5枚、1枚増えるごとに1点プラス タン(1点)短冊札5枚、1枚増えるごとに1点プラス カス(1点)カス札10枚、1枚増えるごとに1点プラス 五光や月見で一杯・花見で一杯などさすが日本のゲームだなって感じですよね。 僕はカスばかり昔集めていたような気がします。 ゲームでしかしたことないのですが、場にあるタネ札を取るときすごく気持ちいいんです。 やったー!みたいな。 言葉で説明するの難しいですね・・・。 点数の計算方法 計算方法としては 役の点数+札の点数を加算していきます。 <例> 猪鹿蝶+赤短+カス札11枚+10点札2枚 5点+5点+2点+10点+10点 これにさらに各々の札の点数を足していきましょう。 これを親と子で点数が多い方の勝ちです。 また点数もさまざまなので目安として覚えておきましょう。 実は花札でも任天堂の花札がとても人気があり 大統領札というものも存在します。 グレードが違い値段が高くなるにつれて 紙質がよく鮮やかな色になっています。 任天堂ではオリジナルのマリオの花札も発売しているので 興味のある方は見てみてください! 役の名前も風情のあるものばかりですね。 ルールも簡単で小さい子供でもすぐ覚えられると思います。 さいごに 僕がブログを始めたばかりの時に書いた記事なので読みづらい、見づらい部分は多いと思いますが数少ない訪問者様がこの記事をよく読んでいただいています。 なので今回は少しでも見やすくなるよう画像を変更しています。 文を読む時間が無い方でも役の写真を見ればすぐ分かるように作ってみました。 どうでしょうか? 見やすくなっていれば嬉しいです。 いろいろなカードゲームが流行の中花札で遊んだことが無いって方は慣れてくると結構面白いのでぜひ一度遊んでみてください! スポンサーリンク.

次の

簡単で盛り上がる!花札「花合わせ」の遊び方

花札の遊び方

人数 2人で遊びます。 3人以上の時は、親の決めかたと同じ方法で2人にしぼります。 親の決めかた 裏向きの札を1枚ずつめくり、月の早いほうが初回の親となります。 できれば、ジャンケンやサイコロで決めるのは控えてください。 使用札 1組48枚。 2組(黒・赤)を交互に使うとスムーズに進行します。 プレイの開始• 残りは山札として裏を向けて積んでおきます。 まず、親から順番に手札の1枚を場に出し、同じ月の札があれば合札とし、ない場合は捨て札となります。 次に山札から1枚をめくり、同様に同じ月の札があれば合札とし、ない場合は捨て札となります。 合札は自分の札となり自分の前に、表を向けて並べておきます。 このように進めていき、手札がなくなる前に、出来役ができればプレイを止めます。 また続けて勝負することもできます。 勝ったほうが親となり、次のゲームが始まります。 親は先手なので有利です。 どちらも役ができない場合は、ノーゲームとなり親が交代します。 勝負、こいこい 出来役ができ、さらにもっと大きな役が期待できそうな場合、「こいこい」と言って、ゲームをさらに続けることができます。 ただし、自分に次の役ができる前に相手に役ができた時は、得点の倍返しとなります。 ゲームのコツ とにかく出来役を早くつくることです。 後はかけひきです。 得点計算 7点以上は倍の得点となります。 12回戦で終了し、合計点の多いほうが勝ちです。 手札の役 最初に配った手札8枚に、次の役ができていた場合は、その得点をもらい、次の回となります。 手四(てし): 同じ月が4枚あるとき…… 6点 くっつき: 同じ月が2枚ずつ4組…… 6点 特別な札 「菊に盃」は、10点札とカス札としても通用します。 出来役一覧 ところによっては、役・点数ともに異なることもありますので、プレイの前に打ち合わせをしてください。

次の

約200年も禁止されていたのに、日本中から愛され広まった花札!その歴史に迫る

花札の遊び方

ゲームのルール ゲーム開始前 < 参加者の決め方 > 花合わせにおいて、参加人数の3人よりも多く参加希望者がいる場合は、手札を配った後にゲームに参加する3人を決めます。 決め方は、親の右隣から順に参加する=「出る」か参加しない=「下る」を宣言してもらい、それでもまだ参加者が多い場合は親から右に3人目までがゲームに参加して、4人目以降は強制的に「下り」ます。 これを「追い込み」といい、ゲームによっては参加者から「追い込み賃」がもらえることもあります。 また、ゲームを「下る」場合には「下り賃」を支払う場合があります。 それ以外にも「しばり」というものがあり、たとえば花合わせで5人のメンバーがいたとして、最初の2人が「下り」を宣言した場合、残りの3人は強制的に参加することになってしまうので、それを防ぐために「下り」を禁止することがあります=「しばり」。 < 親を決める > 札を配ったり、ゲームの進行を担当する親を「めくり札」で決めます。 めくり札では、山札から1人1枚ずつめくり、めくった札の月の数字が最も少ない人が親になります。 また、めくった札が同じ月の場合は札の点数が高い人が親になります。 < 席順を決める > 親の次に月の数字の少ない札をめくった人が「胴二」となり、残りの1人が「ビキ」となります。 席順は、親の右隣が「胴二」、左隣が「ビキ」です。 < 札を配る > 花札に特有の札の混ぜ方である「くる」は、トランプの「切る」と同じ意味です。 まず「ビキ」が花札をすべてまとめてくり、次に「胴二」がまとめた束を2つに分けて上下を入れ替えます(=のぞみ)。 その後、親が手札各7枚、場札6枚の「手七場六」を配ります。 < 手札による特殊な役の確認 > ゲーム開始前に、手札に特殊な役がある場合は役を公開して役代をもらえます。 公開された札は、他の2人にとっては場札となり、公開した人は場札として使えません。 また、公開した札が他の2人に合わせ取られた場合は、手札が減ることになり、手札がなくなれば山札を場札と合わせていきます。 手札による特殊な役は下の2つです。 自分の番になったら、手札を1枚出し、場札の同じ月札と合わせます。 その後、さらに山札から1枚めくり、場札に同じ月札があればまた合わせとります。 これを順に手札の7枚がなくなるまで繰り返していきます。 ゲーム終了後 親から順に7巡して手札がすべてなくなり、場札もなくなった時点でゲームは終了です。 ゲームが終了したら、「取り札による特殊な役」と「出来役」があるかどうかを確認し点数計算に移ります。 取り札による特殊な役は下の2つです。 点数計算 取り札の合計点に出来役の役代の支払いを換算した得点から、基準点である88点を引いたものがそれぞれの点数になります。 少しややこしいので、ここでは例を図で表したものを下に掲載しておきます。 点数計算が終われば次のゲームを始め、12回戦したら合計点数を出して試合の勝敗を決めます。 順番はこちらから先に始まる。 自分が持っている札のこと。 別名「鬼札」。 関連リンク.

次の