なるべく し て なる 意味。 日本でよく使う「なるべく~」どう表現すればいいの?

「一助」の謙遜の意味とビジネス・志望動機での使い方、読み方、類語、英語表現も

なるべく し て なる 意味

「なるはや」の意味は? 「なるはや」の意味は「なるべく早く」の略語 「なるはや」(なる早)は、「なるべく早く」の意味を持つ言葉です。 「なるはや」の正式名称は「なるべくはやく」となります。 「なるべく」は「成る可く」とも書き、動詞「なる(成る)」の終止形と、助動詞「べし(可し)」の連用形の2つから成り立つ「可能な限り」を意味する言葉です。 したがって「なるはや」は詳しく言うと、「何がなんでも早く」ではなく、「その時の状況に応じて可能な限り早く」の意味となります。 敬語に言い換えると「できる限り早く」 「なるはや」を敬語で表現する場合には、「できる限り早く」「可能な限り早く」を使うのがよいでしょう。 「なるはや」を「なるべく早く」と略さずに言ったとしても、「なるべく」は敬語表現ではないため、上司や取引先に対して使う言葉としては適していません。 「なるはや」の使い方と注意点は? 相手に「なるはやで」と依頼をする場合 「なるはやでお願い」とだけ伝えた場合には、相手はどの程度優先して動くべきか判断に迷うこととなります。 また、あくまで相手の優先順位において「可能な限り」とゆだねることになるため、あなたの希望通りの早さで対応してもらえるとは限らず、納期の遅れやトラブルにもつながりかねません。 相手に期日をゆだねる「なるはや」で依頼をする場合にも、「なるはやでお願いしたいが、いつ対応可能か?」といったように、期日も確認するのがよいでしょう 相手から「なるはやで」と依頼を受けた場合 相手から「なるはやでお願い」と依頼を受けた場合には、その場で具体的な期日を確認してください。 依頼の作業にすぐ着手することが難しい場合に「なるはやで対応します」と答えるのはNGです。 「なるはや」は目上・上司の人に使うのはNG 「なるはや」はくだけた表現になるため、上司や取引先など目上の相手や顧客に対して使うべきではありません。 同僚や部下、取引先であっても日頃から敬語を使わずやりとりしているような親しい相手との間に留めて使うのがよいでしょう。 「なるはや」を使った例文• 忙しいところ割り込んで申し訳ないが、これをなるはやでやってもらえるかな?• この資料は来週月曜朝一番の会議で使います。 金曜中には印刷まで終えておきたいので、修正がある場合はなるはやでお願いします。 忙しいのはは承知しているが、明後日までの急な依頼がきて困っている。 なんとか、なるはやで仕上げてもらうことはできないか? 「なるはや」の類語 「可及的速やかに」は同じ意味だが印象が異なる 「可及的速やかに」(かきゅうてきすみやかに)は、「なるはや」と同じ「可能な限り早く」の意味を持っていますが、言葉から受ける印象が異なります。 相手から依頼を受けた場合に、「なるはやで対応します」ではなく、「可及的速やかに対応します」と答えると丁寧な印象となります。 相手に依頼をする場合には、「なるはや」がくだけた印象の表現であるのに対して、「可及的速やかに」は威圧感を感じさせる表現となります。 「至急」「早急」は「非常に急いで」の意味 「至急」(しきゅう)「早急」(さっきゅう)は、いずれも「非常に急いで」を意味する言葉。 「なるはや」が「可能な限り早く」であるのに対して、「至急」「早急」ともに、「急ぎ」の言い合いが強い言葉となります。 「なるはや」の英語表現 「なるはや」の英語は「ASAP(as soon as possible)」 「なるはや」の英語表現は、「ASAP」を使うのが適しています。 「ASPA」の正式名称である「as soon as possible」も同じ意味で、「なるはや」同様の「可能な限り早く」となります。 略語である「ASAP」は上から目線の表現との印象を受ける言葉のため、相手に対して使う場合は「Please」の一言を添える配慮が必要ですが、目上の人や顧客に対しては使うことを避けるのがよいでしょう。 その他の「なるはや」の英語表現 「as soon as you can」「as soon as quickly」 いずれも「可能な限り早く」の意味を持つ言葉で、「as soon as possible」の言い換え表現となります。 「at your ealiest convinience」 「at your ealiest convinience」は、「都合つき次第」「なるべく早く」の意味を持つフレーズです。 「なるはや」の「可能な限り早く」の意味と同じとなります。 まとめ ビジネスの場面において、耳にすることも多い「なるはや」という言葉は、「なるべく早く」の意味を持ちます。 あいまいさを含む言葉であるため、相手に依頼するときには「なるはや」だけでなく具体的な期日も合わせて伝えることが大切です。

次の

「なるべく早く」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

なるべく し て なる 意味

公開日: 2018. 10 更新日: 2018. 10 「一助」の謙遜の意味とビジネス・志望動機での使い方、読み方、類語、英語表現も 「一助」という言葉をご存知でしょうか。 「一助になるべく」「一助を担う」などと使います。 「一助」は日常会話だけでなく、ビジネスシーンでも使うことが多い言葉です。 字面を見れば「何か助けること」を表す語かな、と推測できますよね。 なんとなく意味は分かるものの、具体的にはどのようなことを表しているか、疑問を感じる方が多いかと思います。 よく使う言葉なので、意味をしっかりと理解しておく必要があります。 そこで今回は「一助」の意味や使い方、類語、読み方について解説していきます。 「一助」を適切に知って、上手く使えるようにしましょう! 「一助」の使い方と例文 「家計の一助とする」「理解の一助とする」などと使うのが基本 「〜の足しにする」「〜の多少の助け」といった意味で「〜の一助とする」と使います。 「家計の一助とする」と使った場合は「家計の足しにする」といった意味になります。 「理解の一助とする」と使った場合は「理解するために役に立つ多少の足し(情報、材料)」といった意味となります。 他にも「〜の一助となる」「〜の一助になる」という言い回しもあります。 例文 ・日々の500円貯金を家計の一助とする。 ・図書館で借りた本を理解の一助とする。 ・お年玉を新しいカメラを購入するための資金の一助とする。 ・色々な場所にビラを貼ったことが、迷い猫発見の一助となった。 ・防犯カメラの映像をテレビで流したことが、犯人逮捕の一助になる。 ビジネスで「〜の一助となれば幸いです」「成功の一助となるべく〜」などと使う ビジネスシーンでも「一助」はよく使われています。 特に「一助となれば幸いです」と使い、「少しでも助けになれたら嬉しいです」といった意味合いになります。 その他の言い回しとしては、 一助を担う 一助となるべく 一助としてください 一助となれば幸い/幸甚です 一助になりたいと存じます などがあります。 ちなみに「一助」を相手からの助けに対して使うのは失礼にあたるため、注意しましょう。 例文 ・新しく作成した資料が、計画実施のご理解の一助となれば幸いです。 ・廃れた町の地域活性化の一助を担うため、何かイベントを開催するのはいかがでしょうか。 ・復興を図るため、一助となるべく寄付を募りました。 ・今年から施設の貸し出しを無料で行うので、活動の一助としてください。 ・プロジェクト成功の一助とするべく、スキルが高いメンバーを集めることにします。 志望動機で「一助となるよう努めます」「一助になりたいと思います」などと使う 「一助」は、面接時の志望動機でも使うことができます。 「一助」は謙虚な姿勢を示すことができるので、自己アピールが必要な志望動機で使うには効果的です。 例文 ・商品の素晴らしさを伝える一助となるよう努めます。 ・ボランティアの経験を活かし、地域支援の一助になりたいと思います。 謙遜して「一助」を使う場合もあり 相手のために手伝いをしたり助けたりした場合に、謙遜して「一助」と使うことがあります。。 例えば、何かプロジェクトを手伝うことになったときに『支援しに来ました』『サポートしに来ました』と言うと、「私は助けになる」「支援できる」といった意味合いにもなってしまいます。 そのため 謙虚な姿勢を示すことができる「一助」を用います。 例文 ・成功の一助になればと思い、今日から手伝わさせていただきます。 ・今回のボランティア活動が、被災地復興の一助となれば幸いです。 論文でも「一助」は使われる 「一助」はかしこまった表現のため、論文の中の文章でも使われることがあります。 また「一助」には直接的に問題の解決に結びつくような助けではなく、不足している点を埋め合わせる少しの助けといった意味もあります。 論文の中で「とある情報を論文の結論づけのため助けにする」といった意味で使われることがあります。

次の

「なるべく」の敬語表現は?ビジネスで使える言い換え・類語も

なるべく し て なる 意味

「なるべく」はどう使う?正しい意味 「なるべく」という言葉は、文脈や使い方によっていくつかの意味にとることができます。 詳しい意味から解説します。 「なるべく」には「可能な範囲で」という意味がある 「なるべく」は、「可能な範囲で」という意味です。 相手に何かを依頼する場合などに使うことができます。 たとえば、「なるべく早く作成してください」というのは、「可能な限り早く作成してください」という意味になります。 また、「相手にこうしてほしい」という気持ちを「強調」するような意味もあり、「なるべく出席してください」というのは「可能な限り出席してください」という意味になります。 「なるべく早くお願いします」は「至急」の意味も 「なるべく早くお願いします」という言い方もよくある表現です。 「可能な範囲で早く」という意味ですが、この場合は特に「至急」の意味で使われることも少なくありません。 そのため、「なるべく早くお願いします」と言われた場合には、のんびりと構えるのではなく、至急案件として対応するのが正しい解釈です。 類語は「できるだけ」「可能な限り」「できれば」 「可能な範囲で」という意味の「なるべく」には、できるだけ・可能な限り・できれば・できる限り、などといった類語があります。 どの類語も、そのまま置き換えて使うことが可能です。 また、「なる丈(なるたけ)」という言葉も、「なるべく」の類語のひとつです。 「なる丈」という言葉は、地域によって使用頻度に差があるため誤解されやすいのですが、厳密には方言ではありません。 「なるべく」の類語として、同じ意味で使用することができます。 「なるべく」は敬語表現ではない 「なるべく」という言葉は、「成る」という単語に助動詞の「べし」(連用形)がついたもので、漢字で書くと「成るべく」となり、敬語表現ではありません。 ビジネスシーンで使うこともありますが、目上の人に使う際には配慮が必要だというのは覚えておきたいポイントです。 「なるべく」の敬語表現、ビジネスでのルールは? 「可能な範囲で」「できる限り」といった意味のある「なるべく」という単語は、ビジネスシーンでもよく使われています。 ここでは、ビジネスで使う際の注意点を紹介します。 同僚や部下には使用可能、上司はNG 先述したように、「なるべく」という言葉は敬語表現ではありません。 そのため、仕事で使う際、同僚や部下には使用可能ですが、上司や取引先など目上の人には使わないほうが無難です。 例えば、「なるべく早くお願いします」という言い方は、フランクな印象を与えてしまうだけでなく、場合によっては上から目線ともとられかねません。 「なるべく」という言葉を使うのであれば、部下や対等な関係である同僚にとどめておくのがおすすめです。 ビジネスでは「できるだけ」が適切 ビジネスのかしこまった間柄や上司など目上の人には、「なるべく」ではなく「できるだけ」といった言葉を使うのが適切です。 ほかにも、「可能な限り」といった表現もビジネスシーンでおすすめの表現で、「なるべく」の代わりに使うことができます。 「なるべく」と「できるだけ」の違いに注意 「なるべく」の敬語表現は「できるだけ」ですが、厳密にいうとそれぞれニュアンスが異なります。 たとえば、「なるべく早く作成してください」と「できるだけ早く作成してください」という表現では、「できるだけ」を使った文のほうが「なんとかして早く仕上げないと」という印象を受けます。 これは、「できるだけ」という言葉が「最大限の努力」といったニュアンスを含むからです。 「できるだけ」はビジネスシーンでも使える表現ではありますが、使い方によってはひっ迫した印象を与えかねません。 不要に急かすことのないよう、配慮が必要です。 「なるべく早く」はどう書く?ビジネスメールで便利な言い換え 「なるべく」を敬語にすると「できるだけ」という表現になりますが、特にメールで書く場合には異なる言葉に言い換えたほうが良いケースもあります。 ビジネスメールやビジネスシーンでおすすめの言い換えフレーズを紹介します。 自分が対応する場合は期日を明確に 「なるべく早めにご連絡差し上げます」というように、自分が対応することに対して「なるべく」を使うことは、ビジネスシーンでも問題ありません。 ただし、「なるべく」という表現だけでは、相手とってはあいまいです。 できるだけ期日を明確に示すのがおすすめです。 たとえば、「なるべく早めに対応いたしまして、遅くとも金曜日にはご連絡差し上げます」という言い方をすると、「なるべく」がいつなのかが分かるので、相手も都合をつけやすくなります。 誤解も生じにくく、双方にとってプラスにはたらきます。 「なるべく早くお願いします」は「早急に」が便利 ビジネスメールでも敬語表現の「できるだけ」を使い、「できるだけ早く」や「できる限り早く」と書くこともありますが、特に文字にした場合には「早急に」という表現が便利です。 「早急にご対応頂きますようお願い申し上げます」というように使います。 「早急」は至急よりも緊急性は低いとされていますが、目上の人に急いでお願いしたい案件がある場合に便利な表現です。 「できるだけ早く」というよりも、重要度が伝わりやすいという側面もあります。 まとめ ビジネスシーンで「なるべく早く」という言うこともありますが、敬語としては不向きです。 「できるだけ」や「可能な限り」といった類語に言い換えるのが無難です。 また、ビジネスでは「なるべく」というあいまいな表現ではなく、期日を明確にする表現も好まれます。 誤解が生じにくく、良好な関係につながるのでおすすめです。

次の