最も 画数 が 多い 漢字。 No.066 画数の多い漢字たち

日本一画数の多い漢字を知っていますか?世界一画数が多い漢字は○○○画

最も 画数 が 多い 漢字

066 画数の多い漢字たち No. 066 画数の多い漢字たち この世には数万の漢字が存在します。 もちろん、私たちが知っている漢字はごく一部のものだけです。 漢字にはそれぞれ画数があります。 一番画数が多い漢字は何なのでしょうか? まずは小学校で学習する教育漢字1006字からです。 小学一年生で習う漢字で、最も画数が多いのは「木」がトリプルで並んでいる「 森」(12画)です。 小学二年生では「 顔」(18画)と「 曜」(18画)。 小学三年生では「 題」(18画)。 小学四年生では「 議」(20画)と「 競」(20画)。 一気にレベルが高くなりました。 答えはもちろん「競」なのですが、私はすごく疑問に思っていました。 なぜなら、「競」の左下の部分は正確には「兄」ではないからです。 「兄」の部首は「儿」(ひとあし)です。 しかし左下のはカタカナの「ル」のようになっています。 人が言い合って競ってるんです。 小学五年生では画数に進歩はなく「 護」(20画)です。 小学六年生では画数が減って「 警」(19画)と「 臓」(19画)です。 中学生からは特に何年生でどの漢字を習うかは決まっていませんので、漢字検定で見ていきます。 漢検4級(常用漢字1300字程度)では、「 鑑」(23画)。 漢検3級(常用漢字1600字程度)では、少し減って「 顧」(21画)と「 魔」(21画)。 漢検準2級、2級(全常用漢字1945字)では、「 艦」(21画)。 つまり、 常用漢字の中で最も画数が多いのは「鑑」なのです。 人名用漢字(285字)では、「 鷹」(24画)と「 麟」(24画)がトップです。 しかし、人名用漢字は旧字体も許容されているので、 旧字体を入れた場合は「庁」の旧字体の「 廳」(25画)がトップになります。 漢検準1級(3000字程度)では、画数が多くて有名な「 鬱」(29画)がついに出てきます。 音読みは「ウツ・ウチ」、訓読みは「こもる、ふさがる」 この漢字を使った言葉はたくさんあります。 例えば「憂鬱」です。 ちなみに英単語の「blue」には「憂鬱な」という意味があります。 チューリップは漢字で「鬱金香」と書きます。 血がたまることを「鬱血」、胸にたまった憤りを「鬱憤」といいます。 漢検1級(6000字程度)では、「鹿」がトリプルで並んでる「 」(33画)がトップです。 互いの間がすけたまま、ざっと集まっているという意味の漢字です。 音読みは「ソ・ス」、訓読みは「あらい、うとい」 しかし、「鹿」ばっかり書いてると疲れるので、普通は「 麁」(13画)と書きます。 あまりこんな漢字使いませんけど、一応、熟語は存在しています。 【 麁枝大葉】 そしたいよう あらい枝に大きな葉っぱという意味から転じて、 細かいところにこだわらないで自由に書いた文章のこと。 【 麁言細語】 そげんさいご おおまかな言葉と、つまらない言葉。 【自 麁入細】 じそにゅうさい 文章を作るときの心得。 初めは規則にとらわれないで自由に書き、 熟達するにつれて細かいところに気を配って書いていくべきであるということ。 【 麁糲】 そろう 玄米のこと。 【 麁玉村】 あらたまむら 明治22年 1889 から明治29年 1896 まで、静岡県には存在した村。 明治29年に引佐郡に編入され、昭和31年 1956 の合併で浜北町の一部になり、 そして、平成17年 2005 に浜松市の一部になった。 しかし、当時の名残として、今も「麁玉小学校」「麁玉中学校」がある。 【物部 麁鹿火】 もののべのあらかひ 日本書紀に記述が見られる継体天皇の頃の豪族。 生年は不明、没年は535年。 大和朝廷で大連 おおむらじ という役職にあたっていた。 527年には、筑紫国造磐井 つくしのくにのみやつこいわい を征討する将軍に任ぜられ、 磐井の大和朝廷に対する反乱を平定した。 磐井の乱 なお、古事記では物部荒甲と表記されている。 JIS漢字(6879字)では、「 鸞」(30画)と「 驫」(30画)がトップです。 「鸞」の音読みは「ラン」です。 歴史好きの小学生なら知っているはず。 浄土真宗の開祖「親鸞」でこの漢字が使われています。 ちなみにこの漢字は漢検1級です。 「鳳凰の一種の想像上の鳥」と「天子の乗り物につける鈴」という意味があります。 「驫」の音読みは「ヒョウ」です。 意味は「多くの馬」です。 漢検にすら出てこない漢字なのですが、 青森県西津軽郡深浦町には「驫木」(とどろき)という地名があります。 驫木にはJR東日本五能線が通っています。 駅名はもちろん「驫木駅」。 1面1線のホームを持つ木造の無人駅です。 1934年12月13日に開業しました。 諸橋轍次たちが数十年かけてつくった大漢和辞典(約5万字)は、 全13巻と補巻2巻から成る大規模な漢和辞典です。 この漢和辞典での、画数トップは「 」(64画)と「 」(64画)です。 「龍」が4つの漢字の音読みは「テチ・テツ」です。 「口数が多い」という意味です。 「興」が4つの漢字の音読みは「セイ」。 意味は不明です。 最近、話題になっている漢字が「 」(84画)です。 大漢和辞典どころか、中国の書物にすら載っていない国字です。 この存在は確かではありません、噂として流れている漢字です。 音読みは「おとど」「たいと」「だいと」。 2002年4月15日の熊本日日新聞にこの漢字が載せられました。 記事によると、40年ほど前に、とある証券会社にこの漢字を姓として、 「たいと」と読む人が訪れ、名刺を残していったそうです。 もちろん今はこんな漢字は名字に使えませんが、 もしこんな名字だったら、書くのが面倒くさいのなんの。

次の

世界一難しい漢字一文字108画の読み方

最も 画数 が 多い 漢字

【追加雑学】普段使う漢字で画数が一番多いのは? 「たいと」も「おういちざ」も、 必要となる場面はおそらく一生こない。 では、 普段使えるもので一番画数が多い漢字とは、どんなものなのだろう? カテゴリーごとにまとめてみたぞ! 「教育漢字」で画数が多い漢字 小学校で習う教育漢字では、 「競」・「議」・「護」の3つがもっとも画数の多い漢字となる。 うん、普通に書ける。 画数は20画だ。 小学校の上限が20画までとは、思ったより少ないな…。 「常用漢字」で画数が多い漢字 常用漢字は 現代における漢字の標準。 「法令・公用文書・新聞・雑誌・放送など、一般の社会生活において、現代の国語を書き表す場合の漢字使用の目安」として、内閣告示の「常用漢字表」で示された漢字だ。 小難しい説明になってしまったが、つまりは 「社会人の一般教養として、最低限押さえておきたい漢字」ということである。 常用漢字でもっとも画数が多いのは「鑑」で、23画だ。 うん、これも別に難しくない。 普通に暮らしていくぶんに、そこまで難しい漢字は必要ないということか。 「薔薇」は薔が16画、薇が16画だから、実はそんなに画数は多くないんだよ。 もっと多いものだと 33画の「麤(そ)」がある。 「あらい・粗雑」という意味をもった漢字だ。 これも一見難しそうに見えるが、よく見ると 「鹿」を3つ重ねただけである。 このほかにも画数の多いものを探していくと、 龍が4つの「てつ」や、 興が4つの「せい」など、同じ漢字を重ねるものに絞られてくる。 これらは どちらも64画となり、かなり「たいと」に近づく。 ちなみに山形県の「」は、龍が4つで 「てつ」という名前のお酒を出しているぞ。 これはインパクトがある! さて、新春くらい、うすはりが使える(自分規定)お酒呑もうと、午前中に酒屋に駆け込んで買ったお酒開けます~。 山形県 東の麓酒造「龍龍龍龍(てつ)」 龍を四つ並べたこの漢字は「おしゃべり」の意味だそう。 楽しくわいわい語らいつつ呑んで欲しいとの願いが込められている。 30画以上は同じ漢字を重ねたものになりがちで、難易度なら29画ぐらいが高いということか。

次の

世界一難しい漢字一文字108画の読み方

最も 画数 が 多い 漢字

漢字の画数とは? 筆画(ひっかく)とは、漢字の字体を構成する要素の一つで、もっとも最小の単位です。 筆を下ろして書き始め、再び離すことでできる漢字の線または点です。 筆画の数を画数(かくすう)といい、1画、2画と数えます。 また筆画を並べていく順序を筆順といいます。 筆画の種類 古くは永字八法という「永」の字を使った書法で筆画の基本を説いていました。 側(ソク、点)、勒(ロク、横画)、努(ド、縦画)、? (テキ、はね)、策(サク、短い右上がりの横画)、掠(リャク、左斜めはらい)、啄(タク、短い左斜めはらい)、磔(タク、右斜めはらい)。 ただし、これはあくまでも書法の説明であって筆画を分析したものではありません。 現在の中国では約30ほどの筆画が設けられています。 (ヘツ)(丿 左斜めはらい)、捺(ナツ)(? 右斜めはらい)、鉤(コウ)(? ・亅 かぎ:横画または竪画からのはね)、折(? おれ)の8つを基本とし、 あとはその応用で説明されます。 例えば、「乃」の右の筆画は、横折折折鉤。 筆画を組み合わせて、偏旁が作られます。 最も画数の多い漢字とは? 漢検準1級の漢字全ての中で一番画数が多いのは憂鬱の鬱 29画 です。 これは難しい漢字として結構有名ですね。 例えば、「教養の漢字学」(阿辻哲次)のまえがきにも、「この漢字はなぜこう書くのかな、とか、「鬱」なんて難しい字はいったいだれがどのようにして作ったのだろう、とか、文字を習得した段階ではいろいろと素朴な疑問も感じたはずなのだが」と書かれていて、「鬱」は複雑な漢字の代表格のようです。 ちょっとここで漢字検定(漢検)から離れて、JIS漢字全体の中で一番画数が多い漢字を見てみます。 親鸞の鸞と、青森県にある驫木(とどろき)駅の驫の2字、30画です。 「鸞」の方は小学生も塾で習ったりしますが、漢字検定(漢検)1級です。 「驫」は漢字検定(漢検)には出ない漢字です。 で、ここで再び漢字検定(漢検)の方に戻ってきます。 合格率は7分の1以下という漢字検定(漢検)1級の出題漢字の中でのトップは33画です。 音読みは「ソ」・訓読みは「あら(い)」のこの漢字。 「枝大葉」という四字熟語もあって、「細かい規則にこだわらず、自由に筆を振るって文章を書くこと」を意味するそうです。 東京堂出版の「名乗辞典」にもこの漢字は出ていました。 三沢郎(あらお)という名前が「全日本紳士録」という本に付いているということです。 いろいろな字書でのトップを見てみましょう。 小学館の「新選漢和辞典」では、 36画 です。 音読みは「ノウ」、鼻がつまるという意味です。 講談社の「新大字典」。 音は「トウ」「ドウ」、龍が行くの意味で48画のが最高です。 その後に「名乗 ひろ」と書いてあったのが気になったのですが、 この字で「ひろ」と読む名前を持つ方がいたということでしょうね。 今は人名に使える漢字が制限されているからこんなことはできないなぁ…。 清の康煕帝が作らせた「康熙字典」には47035字が収められていますが、その中で一番なのは、 52画 です。 音読みは「ホウ」「ビョウ」、意味は「雷聲」です。 (大漢和辞典には「いかづちのおと」と書いてあります) さて、いよいよ諸橋轍次の「大漢和辞典」です。 大漢和辞典での最大の画数は、実に六十四画という漢字です。 実は2つあって、1つはです。 「テツ」「テチ」の音で、意味は「言葉が多い。 」と書いてあります。 この字は結構有名のようで、いろいろなところに知られていますね。 もう1つは、。 音読みは「セイ」ですが、意味は残念ながら未詳だそうです。 テツ、テチ 言葉が多いさま。 セイ 義未詳。 国字になると、 読み:おとど、たいと、だいと(八十四画)があります。 小学生の漢字画数 小学1年生の漢字の中で一番画数が多い漢字は、森です。 1年生の漢字の平均5画の2. 4倍もある12画です。 2年生の漢字になると、18画というのが出てきます。 顔と曜。 「森」の1. 5倍になり、2年生にとっては十分複雑な漢字でしょう。 3年生の漢字になると、同じく18画の題。 画数に変化はありません。 4年生の漢字になると、議と競で20画。 5年生の漢字はやはり、最高は20画の護です。 6年生の漢字は、逆に減って19画の警・臓となります。 中学校では何年生でどの漢字を習う、と明確には決められていませんので、漢字検定の級で考えていきます。 4級でいきなりこれまでの記録を大きく上回る 鑑 が出てきます。 3画も増えて23画です。 3級になると、21画の 顧と魔 がトップ。 2級も 艦 の21画までしかありません。 結局、2級まで(常用漢字範囲内)では23画が最高だということになりました。

次の