ファブル最終回。 ザ・ファブルのネタバレ(結末、最終回)と感想!あらすじや無料試し読はココ!

考察【ザ・ファブル】疑問を投げかける~♪

ファブル最終回

〜「ザ・ファブル」最終22巻のあらすじここから〜 怪人・山岡vs. 無敵の第1部大完結と相成ります。 続いて本題でもある、最終回(最終話)のネタバレを見ていきます。 【漫画】ザ・ファブル最終回22巻のネタバレ 「ザ・ファブル」は単行本全22巻をもって最終回を迎えました。 最終回22巻では、果たしてどのような結末が描かれているのか? さっそく最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう。 〜ザ・ファブルの最終回ネタバレここから〜 ボスからもらったキャンピングカーを運転する洋子。 運転席から見える景色を眺めながら、 「ペ・ダイヨチャ…またね」 と呟きました。 これまでの思い出が脳裏をよぎります。 後部座席に座っている明も、太平市内の景色を見つめています。 男をナンパするためにお酒をたくさん飲んだお店、ミサキと出会った駅前、鼻血を出した道…などなど。 「別れは慣れない」 と話す洋子に対し明は、その分新しい出会いもあるから楽しみだ、と返答。 そして洋子は明に尋ねました。 「ボスとどんな話をしたの?」 と。 明は無言のまま一点を見つめ、ボスとの会話を振り返りました。 ボスが最初に尋ねたのは、山岡を殺らなかった理由。 明はこう言いました。 「殺るつもりで乗り込んだけど、この町で出会った人や優しくしてくれる人が頭をよぎって、殺る以外の選択肢を考えた」 この回答にボスは、プロ失格と言いましたが… 明の心境の変化を感じ取り、合格だよと言いました。 ボスいわく、自分たちの世界もやり方を変える時が来ているとのこと。 そして明は組織として用無しになりつつある、と言いました。 とはいえボスは、明のスキルを無視することができませんでした。 そこでボスは明に、1年間の休養を与え様子を見ることにしたのです。 「スキルを落とし、心境がどのように変わるか?」 観察するために。 さらにボスは明を観察する中で、もう一つ感じ取ったことがあります。 明の優しさに気付いたボスは明に言いました。 「お前のその能力を使って人助けをしろ」 大小問わず、年配の方のお手伝いや組織の壊滅など、何でもいいと。 そして明の手には、チップが埋め込まれているとのこと。 一般社会には出回ることのない、ナノテクノロジーで作られたチップが。 この話を聞いた洋子は、チップをどうするのか?と尋ねました。 自分で取り除くことも可能のようですが、このままにしておいても組織は一切関与しないとのこと。 「ボスはいいけど、組織は信用できない」 と話す洋子。 ここで再び明とボスの会話のシーン。 会話の最後にボスはこう言いました。 「山岡の感情は山岡にしかわからない。 あいつは恐怖のない人生に飽きたんだろう。 お前を知って最期の花火を上げたかったんだろ」 1週間後…。 お風呂の浴槽で眠っていたクロちゃんが、インターホンの音で目を覚ましました。 インターホンを鳴らしたのは高橋。 裸で出てくるクロちゃんを見て、驚きを隠せない高橋なのでした。 海老原は愛銃を箱に閉まっています。 オクトパスオフィスでは田高田が鼻歌を歌っていました。 そんな田高田にアザミがイラストを提示。 ヘルニア患者のイラストとのことですが、独特の雰囲気のあるイラストだったため、田高田は思わず吹き出してしまいます。 するとそこへ、配達を終えたユーカリが戻ってきました。 そんなユーカリにミサキは、コーヒーを淹れてあげるのでした。 ここでミサキが明に向けて気持ちを綴ります。 こっちはあれから本当の平和• 例の二人は元の顔を忘れるくらい普通に暮らしている• アザミに預けていたお金は借金の返済に充てた• 実家に行き、その話と結婚の報告をした• 私、なんか強くなっちゃった そんなメールを読んでいた明。 この日の食事は幼虫の素揚げ。 「普通のご飯が食べたい」 と言う洋子に明は、明日買い出しに行こうかと言いました。 そんな時、夜道を走る怪しい車を発見。 「ちょっと行ってくる」 と明が言ったシーンで、第一部(全22巻・全240話)は完結となりました。 〜ザ・ファブルの最終回ネタバレここまで〜 以上が「ザ・ファブル」の最終回(最終話)ネタバレです。 【漫画】ザ・ファブル最終回22巻をお得に読む方法 「ザ・ファブル」の単行本は全22巻となっています。 先ほどは「ザ・ファブル」の最終回(最終話)のネタバレをご紹介してきました。 とはいえ、最終回(最終話)を読むなら、イラスト付きの漫画の方が何倍も楽しめます。 そこで活用したいサービスが「U-NEXT(ユーネクスト)」です。 U-NEXTは無料会員するだけで600円分のポイントをもらえます。 さらに、31日間の無料お試し期間もあります。 お試し期間中に解約すれば、費用は一切かかりません。 なので、「ザ・ファブル」の最終回22巻を読んでみたいという方は、この機会にU-NEXTを活用してください。 冒頭部分の試し読みが出来たり、電子書籍サービスの特典を使って一部の巻をお得に読むことはできるものの、全22巻を無料で読むことはできません。 ですが、全巻半額で読むことができます。 変わっていく世界と闇に共存してた人間たちの心情の移り変わりが描かれていて、去るものの姿が染みる感じでよかった。 そしてーー、一部完かよ!!!まだまだ見れるんかよ!!!ありがとうな!!!となっている。 アキラかっこ良い。 第二部もあるんですか…????? 大歓喜 — タナカ cbute99 ファブル22巻読んでるけど、や~しみじみおもしれ〜〜〜〜 改めてメインの2人だけでなく、周りみんなのキャラがいいよね。 それぞれに特徴あって。 個人的には高橋がもっと活躍してもよかったかなとも思うけど、まぁクロちゃんもいるしね。 第一部完お疲れさまでした。 第二部楽しみにしてます! — G-sato Gsato7 【漫画】ザ・ファブル最終回22巻のネタバレと感想まとめ 週刊ヤングマガジンにて連載されていた「ザ・ファブル」は、単行本全22巻・話数全240話で第一部最終回を迎えました。

次の

ザ・ファブル 最終240話 ネタバレ ふつうの男… プロ失格だな、合格だ

ファブル最終回

スポンサーリンク ザ・ファブル最終話のネタバレ 1年間 アキラとヨウコは慣れ親しんだ人や場所を車窓から見ながら、旅に出る。 別れはいつまでたっても慣れないーーー…でもまた会う楽しみもあるのだ。 外を眺めるアキラに、ヨウコはボスとどんな話をしたのかを聞くのだったーーーー…。 『なんで山岡を殺らなかった?』 キャンピングカーの中で、ボスが初めに問うたのはこれだった。 殺さなくても何か他に方法があるんではないかーーー…他の選択肢が考えればあるんじゃないか…と、アキラは考えていたのだ。 「休業中に心境も変わったようだな…合格だよ!」 これはプロとしては失格の行為ーーー…しかしボスにとって、このアキラの行動はよいものだった。 ヤクザの世界もやり方を変える時がきている…どういう方法かはまだ定まっていないが、アキラは組織として用無しになりつつあった、とボスは話す。 しかしアキラの持つ殺人スキルは無視できないーーー…いっその事消す事も考えたがボスにだって情はある。 それなら…と1年休業を与えて様子を見ることにしたのがこの1年。 殺しのスキルを落とし、どう心境が変わるか…一社会になじめるならそうしてやりたい…というボスの親心なのだ。 監視 そしてボスにはもう一つ、アキラを監視していて思ったことがあった。 ボスはこんな稼業をしているが善悪を考えたりするーーー… 何かひとつ良い行いを残しても悪くない…と正義にも興味があるそう。 「おまえのその能力を使って人助けをしろ!」 小さな事でも、悪徳ヤクザの組丸ごと潰して、なんでもいい。 そうすれば育てたボスもどこか救われるのだ。 「あと…」と、ボスはアキラ達の盗聴やGPSは携帯ではなく、手にチップを埋めてあると最後に告げるのだった。 一通りの話を聞いたヨウコは、自分の掌を見て驚く。 これは一般には出回る事のないナノテクノロジー…必要なエネルギーは心臓の鼓動や血流、細胞に含まれる化学エネルギーから得られるそうだ。 チップは自分で取り除いてもいいし、このままでも組織は一切関与しない…とボスはいうが、ヨウコは山岡の例もあるし信用できないと話す。 山岡は死にたがっているように見えたアキラ。 ボスは 『山岡の心情は山岡にしかわからねえ…』としたうえで、どんな良いゲームや映画もずっとやっていれば飽きる… 恐怖なき人生にウンザリしてたんだろうな…と考える。 「おまえを知って最期の花火をあげたかったんだろーー」 ボスの言葉を思い出しつつ、2人は街を離れていくのだったーーーー…。 1週間後ーーー… 真黒組はいつもと変わらず過ごしているように見える。 しかし海老原は1人、銃を箱につめて奥底に眠らせるのだった…。 オクトパスーーーー…、アザミは仕事のイラストを仕上げ、ユーカリは配達を頑張っていた。 ミサキはあれから本当に過ごしている、と実感していた。 アザミとユーカリは驚くほど真面目で、元の顔を自分も忘れるくらいふつうに暮らしているーーー…知らないのは田高田だけなのも、今となっては少し笑える。 アキラがアザミに預けてくれたお金は、ミサキの借金の返済にあてた。 その話と結婚の報告をしに実家にいったミサキーーー…ミサキの母はとても感謝してくれたそうだ。 そんなことを考えている帰りの電車ーーー…ミサキは横の男性にお尻を触られた。 横を見ると、男性は息を荒くしているーーー… 「あいたッ!!」 ミサキは持っていた鍵につけている小さい刃で男性を刺してやった。 佐藤くんーーなんかアタシーー強くなっちゃったーー ミサキはここ1週間のことをアキラにメールをする。 アキラは少し優しい顔でそのメールを眺めていた。 「ヨメからメール?」 アキラの様子に気づいたヨウコは、そう声をかけ、出来たご飯をアキラの元にもっていくーーー…それは幼虫の素揚げだった。 もう3日もこの場に滞在ーーー…ヨウコはふつうのゴハンが食べたいと嘆いた。 この場にとどまっていたのは、レイプ魔を捕まえるためだ。 「今の車怪しいなーー」 アキラは外の車の光を見て、なにかを察知する。 「ちょっと行ってくるーー」 そういってアキラは自分の力を何かに役立てるため、立ち上がるのだったーーー…。 アキラは試されていたんですね。 本当にそんなものあるんですかね…? いや、できてもおかしくない…それくらい技術発展してそうですもんね。

次の

ザ・ファブル 第一部・最終回【第240話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

ファブル最終回

まだ始末できていないターゲット・・・・。 名前の無い男達・・・・。 色々出番があるのに名前が出てこないどころか、作中のキャラからの「ムエタイの…」とか言われる始末・・・・。 鉄工所からミサキと逃げ出した時、「何かあったら」と言って渡した電話番号はその後、連絡なしか~? 高橋のパシリをしたり、クロに鉄工所であった事を報告したり、キックボクシングは辞めてそっちの道に進もうとしているのか~? それにしては覚悟が足りない感じもするが・・・・。 ちなみに、この時に一緒に呼ばれた金髪のチンピラも名前が出ていない・・・・。 でも名前が出てこない・・・・。 周りもまさか「武器商人」とは呼んでいないだろうが・・・・。 今後、名前が出てきそうな気配はするが・・・・。 再会がまだの男と女・・・・。 でも日本で直接仕事を受ける契約をしている所は現在6ヵ所ほど・・・・。 それと組織が出来た経緯も気になるなぁ~。 デスノートの主人公の月は、自分の勝手な基準で人を殺し自分の正体を探る人を殺したりと私情に走ってしまった結果、最後には死んでしまった・・・・。

次の