積水 ハウス 外壁 塗装。 積水ハウス セキスイハイム外壁塗装の【お役立ち情報】リフォームのポイント

積水ハウスで建てた家を安く外壁塗装する方法は? │ 外壁塗装パートナーズ

積水 ハウス 外壁 塗装

のM様邸です。 日進産業「断熱塗料ガイナ」塗装です。 【営業担当者コメント】 積水ハウスで見積もりをとったが高かったため お見積りのご依頼を頂きました。 現地にて建物の調査をしたところ外壁は色あせ、チョーキングしており 外壁の縦目地に関しては定型パッキンが外れていて風でなびいてる状態でした。 屋根は陶器瓦でメンテナンスは必要ありません。 外壁は艶ありで安っぽく見えるのを避けたいという強いご要望と高耐久を望まれていたので艶なし・マット仕上げの高耐久塗料【GAINA】で塗装を行いました。 定型パッキンがすでに剥がれているところがあったので、既存の定型パッキンをすべて剥がし高耐久シーリング【ジョイントエンペラー】を充填しました。 積水ハウスの定型パッキンの打ち替えの際は新しい定型パッキンを打ち付けるのではなくシーリングで施工します。 理由は外壁は常に伸縮し変形しているため、新築時同様の定型パッキンでは隙間が発生し密閉しきらないためです。 木製の塀も色が褪せてきたので防腐剤入りのキシラデコールで塗装。 塗装する際に植栽が当たっていたため、剪定作業を行いました。 カラーリングについては来社していただきカラーシミュレーションを 行いながら楽しく選定することができました。 奥様、旦那様共に大満足のカラーリングになりました。 施工中もお客様が職人や監督と仲良くお話ししてくださって 楽しく施工ができました! 外壁塗装工事 施工前 足場設置 施工中です。 設置完了です。 設置工事です。 作業の安全性を確保することは勿論のこと 近隣への塗料飛散なども防止するために必要な工事です。 コーキング工事 (外壁の目地のシーリング打ち替え工事です) 施工前です。 既設撤去します。 塗布します。 充填します。 へらで押さえ込みます。 完了です。 最近ではコーキングの性能も向上しており高品質、高耐久のものが販売されるようになりました。 塗料の高耐久化が進んだ昨今では「塗料の耐用年数」と「コーキングの耐用年数」アンバランスが問題となっていました。 一般的なコーキング(シーリング)はJIS規格では7020または8020という規格のものが多用されています。 これらの規格のものですと高耐久塗料と比較した場合、耐用年数が短くなってしまい塗料の劣化の前にコーキングが先に劣化してしまうという現象が起こります。 これを解消するために高耐久シーリングを使用する必要が出てきました。 そこで今回使用したシーリング材が「ジョイントエンペラー」です。 当社とメーカーが直接契約を結び提供して頂いている建材です。 このジョイントエンペラーJIS規格で規格では9030というもので実に耐用年数が20年と非常に長寿命です。 大手ハウスメーカーの新築工事にも同等のシーリングが使用されていますね。 バイオ洗浄 (特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします) バイオ洗浄原液混入。 バイオ洗浄原液撹拌。 バイオ洗剤塗布です。 します。 人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。 水洗いのみ()で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。 完了です。 現在ではほとんどの場合で施工します。 外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。 吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。 ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。 3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。 ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。 回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。 付帯部塗装 (軒天塗装) です。 完了です。 の仕上げ塗装工事です。 (あげうら)とも表現します。 外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。 塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力がありや釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。 付帯部塗装 (雨樋塗装) です。 完了です。 雨樋等の付帯部にも外壁に塗装した塗料と耐用年数を合わせる事で長持ちさせます。 劣化がひどくひび割れや歪みがひどい場合には塗装ではなく交換が必要になる場合があります。 の勾配が悪くなるとそこに水やホコリが溜まり、苔や雑草などが生えてくる場合もありますので必要に応じて勾配調整を行いましょう。 雨樋の内側は塗装することができないため紫外線劣化が進みやすく築20年以上経過している場合は交換が望ましいですね。 種類によっては樹脂の中に鉄板が入っているものも有りますのでそうした耐久性の高いものがおすすめです。 付帯部塗装 (破風塗装) です。 完了です。 切妻の建物の妻側を(ハフ)と言います。 文字とおり風を破ると書きますのでそれだけ風当たりが強く風雨、紫外線にさらされるため劣化も著しい場合が多く見受けられます。 築年数の古い建物には木製のものが多く最近では窯業サイディング系や金属系もあります。 木製の場合造膜系の塗料ではすぐに剥がれてしまうため専用の塗料で塗装する必要がありますがそれでも劣化が早いためガルバリウム鋼板などで包むことをお薦めします。 付帯部塗装(シャッターボックス塗装) です。 完了です。 15年以上前の建物には雨戸が多く使用されてきましたが最近では洋風の建物にはシャッターが多用されるようになりました。 シャッター本体は上げ下げの際にシャッター表面がこすれ合うため現場での塗装は基本的には行いません。 しかしながらシャッターボックス事態は金属製のものがほとんどですのでこの部分については塗装を行います。 ハウスメーカーに見られる塩ビ鋼板と言って鋼板の表面に塩化ビニール処理が施されているものに関しては専用のプライマー処理が必要となるので注意が必要です。 付帯部塗装 (庇塗装) です。 完了です。 庇は鋼板製のものが多く、やシャッターボックスと同様に塗装します。 中には雨だれが庇の上に落ちて「トントン」という音が気になる場合は特殊な塗料を使用することで不快な音を軽減することが可能です。 時々ハウスメーカーに見られる を使用している場合は通常の下処理では剥離の原因となるため専用のプライマー処理をした後に塗装をします。 付帯部塗装 (木部塗装) です。 完了です。 付帯部塗装(煙突部塗装) です。 塗布です。 完了です。 付帯部塗装(屋根棟板金塗装) です。 完了です。 棟板金部分の塗装です。 棟は陶器などで出来ている棟瓦と金属製のものとあります。 外壁塗装工事、塗り替えの際に忘れがちな場所でもあります。 特に屋根材がコロニアルやカラーベストといったスレート瓦ではない場合にも金属製の棟板金が施工されているケースがあります。 こうしたところも外壁塗装の際に一緒に塗装することが大切ですね。 また外壁部分より屋根は紫外線や直射日光、雨風に晒されますので劣化の度合いがひどい場合が見受けられます。 通常釘で打ち付けられている場合がほとんどですが抜けかかっている場合もありますので打ち直しが必要とあるケースが多く見られます。 材料検収 (実際に使った材料を残します) です。 木部保護剤です。 使用前です。 使用後です。 官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。 実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積もりと相違がないかを確認します。 また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。 みよし市M様邸では断熱塗料ガイナ塗料を使用しました。 みよし市M様邸 外壁塗装工事 完成 外壁塗装完成です。 みよし市積水ハウスの M様、お世話になりました。 ありがとうございました!.

次の

積水ハウスの外壁塗装は高いのは当然?失敗しない業者選びは比較?

積水 ハウス 外壁 塗装

塗装前の点検 各部がかなり黒ずんでいます。 セラミック塗装は塗りたてはきれいですが、表層のクリア塗装が劣化すると、コケや雨垂れ汚れが付きやすくなります。 陽当たりの良い面は塗装の劣化が著しい。 手でサッとなでただけで表面がボロボロと崩れてきます。 下地調整&下塗りに気が抜けません。 前回塗られた雨どい。 塗装が盛大に剥離しています。 塩ビ製の雨といはきれいなら塗らない場合もありますが、こうなってしまっては塗るしかありません。 できるだけ塗膜を落とします。 電動工具では雨樋に穴が開くので手作業になります。 他にも、通常は塗らないアルミの部材(手すりなど)まで塗装されているので塗装が劣化して汚れてしまってます。 これも再塗装するしかありません。

次の

積水ハウスで築後17年が過ぎ、2年前から目地及び壁の塗装を積水ハウスリフ...

積水 ハウス 外壁 塗装

積水ハウスの外壁ボードにアートフレッシュを塗装 積水ハウスで建てたI様邸のお家の外壁は、積水オリジナルのボード材です。 一般的なサイディングボードとは厚みが違いますが「パネルを壁に貼る」工法と言う意味では同じ種類になります。 今回塗装をしたアートフレッシュという塗料はジョリパッド等のモルタル外壁に使うことが多く、通常はサイディングの外壁には使いません。 しかし、今回のI様邸の外壁は ジョリパッド風の下地をパネルにしてあったため、アートフレッシュも選ぶことができました。 隣の葉っぱで雨樋があふれるのが悩みでした。 世田谷区のI様邸は 築19年にして初めての塗装でした。 お隣の庭の樹木が大きく、落ち葉で雨樋が詰まってしまうのがお悩みとのことで、雨樋の詰まりをしっかりと直してほしいとお願いがありました。 足場の設置後に高圧洗浄を行うと、横樋で集めた雨水を縦樋に流す集水器に金属製のネットが取付けられていることに気が付きました。 落ち葉が一番多く流れる場所に落ち葉よけネットを取付けてあったものの、笹の葉のような細い葉や小枝がネットをすり抜けてたまってしまったようです。 落ち葉避けネットでたまるスピードは遅くなっていると思いますが、万能ではないことが分かります。 雨樋のつまりも高圧洗浄ですっきりと流れるようになりました。 施工前(外壁・屋根のチェック).

次の