煽り運転 宮崎 その後。 【あおり運転&暴行】宮崎文夫容疑者を逮捕!親族の不動産を受け継ぎ、裕福な生活!有名私大を卒業後、大手メーカーに勤務の過去も!

あおり運転男・宮崎容疑者 4度目再逮捕で裁判にブレーキ|NEWSポストセブン

煽り運転 宮崎 その後

写真はイメージ(右下は宮崎容疑者。 自身が経営する企業のHPより) 昨年3月、京都市内で乗り込んだタクシーの運転手に対し、「降りたら殺す」などと脅し、そのままタクシー運転手を監禁したとして逮捕された男がいた。 その男こそ、今回、一連の煽り運転で社会的騒動を巻き起こした宮崎文夫容疑者であった。 著者にコンタクトがあった宮崎容疑者を知る同級生によれば、彼は公認会計士の家庭に生まれ、裕福な環境で育っている。 しかしそんな環境にありながらも、小学生時代の宮崎容疑者のわんぱくぶりは目に余るものがあったようだ。 小学生時代のエピソードの中のひとつには、こういったものまであった。 小学生時代の宮崎容疑者は、近所の商店街を通行する、見ず知らずの女性のスカートをめくったり、お尻を触って逃げたりするなどして遊んでいたというのだ。 それが大阪市生野区内の市立中学へと入学すると、一転することとなる。 クラブ活動には所属せず、帰宅後は家に帰って勉強三昧の日々を送っていたというのだ。 その甲斐あって、成績は常に学年トップ3に入っていたといい、高校は大阪府内でも優秀校として知られる天王寺高校へと入学し、卒業している。 その後、塾の講師なども務め、大手企業へと入社。 現在は、自ら不動産関連会社を起業し、経営者となっている。 宮崎容疑者は、エリート街道ともいえる道を歩んでいるように思われた。 だが、徐々に宮崎容疑者の根に潜んでいた、凶暴で自分本位の性格の片鱗が鎌首を持ち上げ、表面化していったようだ。 いわゆる社会の勝ち組と呼ばれる人種に入っていた宮崎容疑者は、高級車に惹かれ、特にハンドルを握ると、その凶暴性が表出し、無鉄砲な振る舞いを起こすようになってしまったのでないかと前出の知人は指摘する。 それが、一連の煽り運転や傷害事件へとつながっていったのかもしれない。 近年、問題視されている煽り運転。 だが、特殊詐欺のように、時代が生み出した産物かといえば、決してそうではない。 呼び方こそさまざまであったが、運転時のトラブルや争いは昔から少ならからずあったものだ。 「監視カメラもドライブレコーダーも少なく、誰もが携帯で録画などもできない時代にも、煽り運転は多発していた。 ただ、犯行の記録が残されない中、それが見過ごされるケースが多かった。 対して、宮崎容疑者のケースは一部始終が記録されていたため、解決につながった。 こうした映像や事件が表沙汰になることは、煽り運転やそれに起因する事件への抑止力になるでしょう。 また、現在、煽り運転には、道路交通法違反のほか危険運転致死傷罪が適用されることになりますが、当局が積極的に取り締まっていたかといえば、そうではなかった。 今回の事件をきっかけに厳罰化が進んでいくことになるでしょう」(犯罪事情に詳しい専門家) 恵まれた環境で育ち、秀才となった宮崎容疑者は、すべてが自分の思い通りにでもいくという錯覚に陥っていったのかもしれない。 その傲慢さが、エリート街道を駆け抜けて行こうとしていた宮崎容疑者を自ら失落させ、奈落へと突き落とすこととなったのだ。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新刊は、元山口組顧問弁護士・山之内幸夫氏との共著『山口組の「光と影」』(サイゾー)。

次の

【悲報】煽り運転でおなじみの宮崎さん、4度目の逮捕!!!

煽り運転 宮崎 その後

関係者によると、同容疑者は関西の有名私大を卒業後、大手センサー企業『キーエンス』に新卒入社。 「入社早々、ガングロで眉を細くして出社。 どこの半グレかと思うほど浮いた存在でした。 傾奇者を気取ったんでしょうが、そのくせ商品知識を覚えられないなど研修成績が悪く、同期約40人中、ダントツのビリッケツでした」(同男性) 従業員の平均年収が2000万円超といわれる同社でその手のパフォーマンスが通用するはずもなく、即浮いた存在に。 研修を終えると名古屋支社に配属され、顕微鏡やレーザー測定器を販売する営業マンになった。 会社の経費で宮崎容疑者の自家用車を、実家のある大阪から新居の名古屋まで運ぶ段取りで進めていたところ、ヤツがそれをめっちゃ嫌がって担当者に噛みついた。 宮崎容疑者は学生時代から乗り回し、「丸目の5シリーズが好きで、中古車店を何軒も回ってようやく手に入れたんや」と自慢していたという。 茨城県警は15日、宮崎容疑者があおり運転時に乗っていたBMWを押収しており、強いこだわりがうかがえる。 「当時の愛車は思いっきりシャコタン(車高を低くした改造車)でした。 たいてい新入社員でも1台は売れるんですけどね」(前出・同) 全国に指名手配されて悪名だけはビッグになった宮崎容疑者。 詳しい犯行動機の解明や余罪の捜査が待っている。

次の

常磐道あおり運転、宮崎容疑者に薬物検査 茨城県警

煽り運転 宮崎 その後

「危険な運転をしたつもりはない」と供述 「車をぶつけられ、頭にきて殴った」。 報道によると、傷害の疑いで逮捕された宮崎容疑者は、常磐自動車道で停車させた車の男性ドライバーの顔を殴ってケガをさせた動機について、こう供述したという。 しかし、宮崎容疑者とのもみ合いでドライバーの足がブレーキから離れたとも報じられており、元々の原因は宮崎容疑者にあるとみられている。 煽り運転については、ドライバーの車が遅く、妨害されたと感じたとし、暴行容疑での立件もありうるとされているが、「危険な運転をしたつもりはない」と供述したという。 一方、交際相手の喜本容疑者は、宮崎容疑者をかくまった犯人蔵匿・隠避の疑いで逮捕され、殴る様子を携帯電話で撮影するなどしていたことから、傷害ほう助容疑での立件もあると報じられている。 ニュースのコメント欄などでは、「悪事を働いたものには厳罰を」と宮崎、喜本両容疑者への非難が相次いでおり、中には、「殺人未遂が適用されてもいい」との意見もあった。 両容疑者は、いくつかの罪に問われる可能性があるが、量刑の見通しはどうなのだろうか。 元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は8月20日、J-CASTニュースの取材に次のような見方を示した。 3つの罪で懲役2年前後... でも執行猶予? 「被害者の方が1~2週間ぐらいのケガの場合、執行猶予中でなければ、普通は罰金で終わります。 しかし、世間で騒ぎになり、警察や検察も懲役刑を視野に捜査しているでしょう。 『殺すぞ』と言っていたので、ほかに脅迫罪が考えられ、期限を越えて代車を乗り回していた横領罪もありうると思います。 この3つの罪で、懲役2年前後になる可能性があります」 NHKなどの報道によると、宮崎容疑者は2018年3月、タクシー運転手に対する監禁容疑で逮捕されたが、起訴猶予になっている。 また、その内容ははっきりしないが、10年前に別の監禁事件を起こしたという週刊誌報道もある。 こうした点について、若狭弁護士は、「起訴猶予は、前科ではなく前歴なので、裁判官の心証に若干関わる程度。 懲役・罰金刑の前科が多いと量刑に響きますが、普通は執行猶予が付くでしょう」と言う。 つまり、宮崎容疑者は、実刑にならない可能性があるということだ。 煽り行為による暴行罪は、極端な幅寄せなどの要件が必要でハードルが高く、殺人未遂はもちろん、危険運転致傷罪の可能性も低いという。 現状では、罰金の可能性も高いとし、実刑になるかどうかは余罪次第だとみている。 喜本容疑者については、逮捕容疑の犯人蔵匿・隠避は、懲役3年以下と重い罪になるが、宮崎容疑者より重い刑罰になることはないのではないかとした。 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の