絆2 2スルー 期待値。 バジリスク絆2 スルー回数別BT当選率・ゾーン実戦値|スルー天井は恩恵あり!

バジリスク絆2 見える化マガジン|天井期待値(ゲーム数×スルー回数別)も公開|期待値見える化だくお|note

絆2 2スルー 期待値

今回は、バジリスク絆2の設定2濃厚台と設定4濃厚台を実践して感じたことと、実際の解析値を踏まえてそれぞれの設定について考察してみたいと思います。 初代絆と似ている判別ポイントもあれば、絆2で変更された判別ポイントもあるので、これらをしっかりと頭に入れて判別の精度をアップしましょう! バジリスク絆2と言えば、既に撤去された初代バジリスク絆に続いて6号機のメイン機種として扱われている機種ですね。 そのため、高設定が投入される頻度も高く、設定狙いをする機会も多いと思います。 また、今作は設定2以上確定演出や偶数設定確定演出があるので、今まで以上に設定2と設定4を打つ機会が増えると思います。 そこで、今回の記事では設定2と設定4を見分けるためのポイントについて考察してみたいと思います。 当ブログ公式Twitterアカウントです。 気軽にフォローして絡んでください! なまままも。 スポンサーリンク まずは設定2と設定4の実践データを比較 それでは、あるホールの月イチイベントで実践した設定2っぽい台 偶数設定確定が出て挙動が悪かった台 と設定4っぽい台 終日ぶん回されて偶数挙動で初当たりが設定4の近似値だった台 のデータを比較してみましょう。 9 <BT初当たり関連のデータ> ・1スルー: BT直撃 低確? ・4スルー: BT直撃 モードDまで上がった? ・3スルー: BT直撃 超高確 ・5スルー: BT直撃 ゲーム数天井赤同色 ・5スルー:BC中の巻物でBT当選 ・7スルー:スルー天井からBT当選 データを見てみると、実際は設定2よりも設定4の方がBC・BTの初当たりが共に重くなっています。 どうやら、ここに設定差がありそうなので、そうなる要因について解析値を見て掘り下げて行きたいと思います。 解析値から設定2と設定4の違いについて考察 ここからは、解析値を見て設定2と比較して設定4がBT直撃しやすい理由について考察して行こうと思います。 奇数設定と偶数設定で差がある点 まずは、奇数設定と偶数設定で差がある点についてです。 言い換えると、偶数設定同士の設定2と設定4ではそこまで差が大きくない点ですね。 テーブル選択率 1つ目は、テーブル選択率ですね。 絆2には全部で16種類のテーブルがあり、テーブル1~7は下位テーブル、テーブル8~16は2スルー目までにモードC以上が出てくる上位テーブルです。 テーブル10だけは全設定共通で選ばれますが、それを除いたテーブル8~16の選択率は偶数・高設定ほど優遇されていて、特に奇数と偶数で見ると差が大きいです。 <テーブル10を除いた上位テーブルの選択率> テーブル8~16 10は除く の選択率 設定1 12. そのため、そこそこ良いテーブルが選択されやすい偶数設定は、高確に上がりやすいので設定2でもそれなりにBC確率が軽くなりやすいと言う側面があります。 シナリオ選択率 2つ目は、シナリオ選択率です。 基本的に、奇数設定では荒いシナリオを選択しやすく、偶数設定では安定したシナリオを選択しやすいです。 低設定と高設定で差がある点 ここからは、低設定と高設定で差がある点についてです。 言い換えると、設定2と設定4で差がある判別ポイントと言うことです。 異色BC当選時のAT当選率 設定2と設定4を見分けるために重要なポイントは異色BCが当選した時のAT直撃当選率です。 今作は、異色BCと同色BCで抽選の内容が異なっています。 同色BCは奇数設定・偶数設定でAT直撃当選率が共通なので、ここでは省略します。 通常状態で当選した異色BCでは、前作と異なりモードに関係なく単純に高設定ほどATに直撃当選しやすくなります。 それに対して、高確以上で成立した異色BCでは前作と同様にモードと状態を参照してAT直撃当選を抽選します。 ここでは、現実的な確率でATに直撃するモードC滞在時のAT直撃当選率を見てみましょう。 そのため、設定2だと前作の奇数設定並みにAT直撃しません。 これが、設定2と設定4でAT直撃当選に差が出る主な理由ですね。

次の

【バジリスク絆】0スルー狙いの期待値・狙い目考察

絆2 2スルー 期待値

天井情報 サブ液晶 リールの右側にあるPUSHボタンを押すと、サブ液晶で「TOTALGAME」と「スルー回数」を確認することが可能。 0スルーで800G到達時はエピソードBC or プレミアムBC確定? BCの消化ゲームは天井までのゲーム数に含まれない。 ゲーム数天井は途中でBCを引いても継続。 累計800G到達で同色BC確定 or 途中でBTに突入で有利区間リセット。 BCスルー回数天井 スルー回数 BC7スルー後にBC当選 恩恵 バジリスクタイム確定 狙い目 0スルー:350G〜 1スルー:330G〜 2スルー:300G〜 3スルー:200G〜 4スルー:0G〜• モード5以外は6スルー目に天井到達。 BCスルー回数天井はBC8回目でバジリスクタイム突入。 BC8回 or 途中でBT突入 or 800G消化で有利区間リセット。 データランプで確認する際は前回のBTから何G経過しているかを計算しないと、スルー回数を間違える可能性があるので要注意。 BT終了後• ゲーム数天井でのBC終了後 やめどき ヤメどき基本パターン BTorG数天井消化後、有利区間ランプが「-」になったらやめ 即ヤメ厳禁パターン• 有利区間が「. BT終了画面でサブ液晶画面をタッチ バジリスクタイム終了後の「パチスロは適度に楽しむ遊びです。 」が表示された時に、リール左横のサブ液晶画面をタッチするとボイスが発生。 レア小役の判別方法• 液晶リールにチェリー1個 or 2個:弱チェリー• 液晶リールにチェリー3個:強チェリー• 液晶リールに巻物揃い:チャンスリプレイ• メインリール中段に「紫・黄・ANY」:チャンス目• メインリールに中段に黄色図柄揃い:共通ベル 中押し 「中リール上段に赤BARを狙う」 以下停止形で打ち分け。 BC+BT当選濃厚? 次回予告 通常時の次回予告はエピソードBC濃厚? カットイン演出 レバーON時に弦之介 or 朧 or 天膳のカットイン発生でBC当選の可能性UP。 名台詞演出 名台詞出現でBC当選の可能性UP。 開眼カットイン演出 通常時のレバーON時やボタンから瞳術を狙え演出が発生。 BC+BT当選濃厚? 閃光ルーレット演出 ルーレットで発展先を決定。 確かにチェリーを引いてモードを上げて、巻物で刺す。 バジリスクチャンスも絆を継承した、弦之助で設定示唆、朧でモード示唆、天膳で継続率示唆。 演出も通常、高確、超高確や成立役の変わらなさという部分では確かに変わらないです。 AT中は大きな変更点として、継続率はシナリオ管理に変化している変更点はありました。 確かに多少の変更点はあり、打感も初代絆に似ていて「完全継承」なのかもしれません。 たださぁ~、やっぱりしっくりこないです。 そこにはどうしても越えられない「出玉」の壁があると思います。 個人的に初代絆を好きだった理由は大きな出玉を出す「トリガー」が多くあったことだと感じます。 隣で打っている方が真瞳術チャンスを気持ちよさそうに消化していると心の底から「いいなぁ~」って思っていました。 絆2に関しては「出し方が分からないなぁ~」と感じてしまいます。 6号機特有の作為的に打たされている感覚も感じてしまいました。 ただ、実践値が低く、高設定をツモれてない状態の最初の感想です。 一つ言えることは「完全継承」という呼称はやめたほうがいいと感じます。 「魔法少女まどかマギカ 叛逆の物語」が発売された時も感じたのですが、比較対象が5号機になると後継機は不利になりがちです。 しかし「6号機のまどマギです!」という気持ちで打てると遊べる機種だと感じることができます。 この割り切り方によって、後から面白くなった機種です。 投資スピードも他の6号機に比べて安定して回るし、通常時は耐えて耐えてが続くけど、跳ねてくれます。 同じように「完全継承」ではなく「6号機の絆です!」と思うことができるようになれば楽しくなるかなあと。 6号機ということでコイン持ちが良く、音も良い、コンテンツも良いから打ち手の捉え方だと感じます。 出玉、出玉と言っていますが、「投資は?」と聞かれると初代絆はかなり投資スピードが速かった。 それに比べ、6号機はベース1kで40回は回るので、投資の抑制という効果をメリットだと、感じる感覚を培いたいです。 ユニバさんの機種がダメだというわけではなく。 6号機は出ないとかパチスロ業界終了みたいな空気感にも問題があると思うし、高射幸性遊技機があるうちはそちらを打ってしまうのかなと感じます。 私は4号機の技術介入全盛期からパチスロを始めて、5号機の始まりの空気を感じた側面があります。 正直、5号機の始まりはもっと機種自体がつまらなかった。 ストックがないパチスロって怖いなとかボーナス中にボーナス図柄が無駄引きで揃ったり、ボーナス中に良いRTフラグ引いて、後で安いRTフラグを引いて格下げ(保通協に連絡したくなりました)と理不尽、設計が雑な時代がありました。 その時代に比べたら今の時代のほうがパチスロとしてのデキはかなり良いと感じています。 ただ、このままだとパチスロは終わってしまうと感じます。 そこには「救世主」の存在が必須です。 目に見える情報として「アイムジャグラーEX」という救世主は絶対に失敗してはいけないし、成功する機種だと感じます。 出玉面でいうと5号機のジャグラーシリーズとそこまで差異がないと感じます。 BBが252枚というのは今まで打ってきたAタイプの中で「ちょっと少ないかな」と思うくらいです。 (対象:クランキーセレブレーションBB250枚)BBが220枚だと「かなり少ないなぁ」と感じました。 (対象:ドンちゃん2 BB222枚) 演出面に関しては期待を裏切らない踏襲だと感じます。 また、機械割も上がるので人気が出ると思います。 目に見えてない感覚として、5号機時代に出た「新鬼武者」のような救世主が出なければいけないと思っています。 あの時に感じた感覚は今でも覚えています。 「5号機面白いじゃん!」と本気で思えた機種でした。 「ゲーム数を乗せる」という状態の可視化。 今では当たり前になったものにもパイオニア的な機種があります。 (ゲーム数上乗せシステムは忍魂の方が少し先です。 ) だからこそ、既存の5号機のシステムや上乗せに限らず、6号機の内規でこそ生み出された「6号機面白いじゃん!」と思える性能をメーカーさんには期待しています。 (パチンコみたいに頭をぶつける台枠の開発はいらないです。 ) また、簡単な話でリールを止める、レバーを叩くことに対して「楽しいな」と思っている既存のユーザーを失ってはいけないと思います。 絆2に関しては出る前から「流石にキツいんじゃないのかな?」と言われていたし、私も思っていました。 ただ、「もう一度打ってみようかな」と感じたのは想定の範囲かそれ以上の仕上がりだったからと感じます。 高揚感があるシチュエーションに辿り着けてなく、当分は主軸となる機種なので触る機会は増えることは間違いないです。 まとめ おすろおぱち です。 ついにバジリスク絆2の登場ですね! まどマギ叛逆、北斗天昇の稼働が落ちているので、6号機の最後の砦として頑張ってもらいたいところ。 天井のシステム的に、6スルー有利区間リセット、5スルー有利区間リセット、みたいなことが続くとBC連続地獄でとんでもないマイナスを食らうこともありそう…。 高設定はほぼないでしょうが、稼働が落ちる3〜4週間後はおそらく低設定祭り。 やっと天井を拾える状況になってもBC連続地獄でドマイナスってことも… 笑 天井は少しわかりづらい仕組みなので、ハイエナ台かと思いましたが、サブ液晶でゲーム数もスルー回数も確認可能…。 情報が広がる前ならなんとか狙えるかもしれません。 AT中の中押しは中段に赤BARで弱チェ、4コマ滑りで強チェ、下段赤BARで巻物となっていて、AT中の高確時にやると面白そうですね!6号機はぶん回す機会が多いので楽しみ要素が増えることは嬉しい 笑 BCは今作も弦之介、朧、天膳から選択可能で、天井狙いは次回のモードを示唆してくれる朧BCが良さそう!と思いましたが、BTに当選するか、有利区間が切れるまで打ち切るので、モード判別よりも弦之助を選択して、天井狙いしつつ設定判別をした方が良さそうですね。 モード狙いをする場合は、他の人が打っている台で月or赤い月でやめられている台を狙うことならできそう。 6号機はリセット恩恵が強い台が結構豊富で、美ら沖、呪怨再誕、沖っ娘、ガルパンG、スーパードラゴンなど、瞬間的に設定56並の出玉率になる台があります。 もしも、大量導入する絆2のリセット恩恵が強力なら…大リセット狙い時代の突入ですね 笑 ということで「バジリスク~甲賀忍法帖~絆2」の天井狙い記事でした。 設定狙い記事も随時更新しているのでよかったら見てみてください。 追記 バジリスク絆2を実践してきました。 気になったのは800G天井からバジリスクタイムに突入した時の「ATの強さ」。 体感的に1スルー目にバジリスクタイムに当選した場合よりも 「シナリオ」「絆玉獲得率」「高確点灯」などが優遇されているように感じました。 たまたまかもしれませんが、追想の刻中の押し順ベルで絆玉を獲得したのは、ハマった時のATだけでした。 結果的にAT性能が高くなり出玉が伸びるといった感じです。 まだサンプルが少ないのでなんとも言えませんが、リゼロのA天井のようにハマればAT性能が優遇されているのかもしれません。 1万Gほど絆2回してみたけど、800G天井からのBTはリゼロのA天井的に優遇されてそう。 サンプル少ないんであれですけど、テーブル、絆玉獲得、高確点灯のどれもが1スルーで入ったときよりも強い感じ。

次の

【バジリスク絆2】実践値と解析値から見る設定2と設定4の違い

絆2 2スルー 期待値

天井情報 サブ液晶 リールの右側にあるPUSHボタンを押すと、サブ液晶で「TOTALGAME」と「スルー回数」を確認することが可能。 0スルーで800G到達時はエピソードBC or プレミアムBC確定? BCの消化ゲームは天井までのゲーム数に含まれない。 ゲーム数天井は途中でBCを引いても継続。 累計800G到達で同色BC確定 or 途中でBTに突入で有利区間リセット。 BCスルー回数天井 スルー回数 BC7スルー後にBC当選 恩恵 バジリスクタイム確定 狙い目 0スルー:350G〜 1スルー:330G〜 2スルー:300G〜 3スルー:200G〜 4スルー:0G〜• モード5以外は6スルー目に天井到達。 BCスルー回数天井はBC8回目でバジリスクタイム突入。 BC8回 or 途中でBT突入 or 800G消化で有利区間リセット。 データランプで確認する際は前回のBTから何G経過しているかを計算しないと、スルー回数を間違える可能性があるので要注意。 BT終了後• ゲーム数天井でのBC終了後 やめどき ヤメどき基本パターン BTorG数天井消化後、有利区間ランプが「-」になったらやめ 即ヤメ厳禁パターン• 有利区間が「. BT終了画面でサブ液晶画面をタッチ バジリスクタイム終了後の「パチスロは適度に楽しむ遊びです。 」が表示された時に、リール左横のサブ液晶画面をタッチするとボイスが発生。 レア小役の判別方法• 液晶リールにチェリー1個 or 2個:弱チェリー• 液晶リールにチェリー3個:強チェリー• 液晶リールに巻物揃い:チャンスリプレイ• メインリール中段に「紫・黄・ANY」:チャンス目• メインリールに中段に黄色図柄揃い:共通ベル 中押し 「中リール上段に赤BARを狙う」 以下停止形で打ち分け。 BC+BT当選濃厚? 次回予告 通常時の次回予告はエピソードBC濃厚? カットイン演出 レバーON時に弦之介 or 朧 or 天膳のカットイン発生でBC当選の可能性UP。 名台詞演出 名台詞出現でBC当選の可能性UP。 開眼カットイン演出 通常時のレバーON時やボタンから瞳術を狙え演出が発生。 BC+BT当選濃厚? 閃光ルーレット演出 ルーレットで発展先を決定。 確かにチェリーを引いてモードを上げて、巻物で刺す。 バジリスクチャンスも絆を継承した、弦之助で設定示唆、朧でモード示唆、天膳で継続率示唆。 演出も通常、高確、超高確や成立役の変わらなさという部分では確かに変わらないです。 AT中は大きな変更点として、継続率はシナリオ管理に変化している変更点はありました。 確かに多少の変更点はあり、打感も初代絆に似ていて「完全継承」なのかもしれません。 たださぁ~、やっぱりしっくりこないです。 そこにはどうしても越えられない「出玉」の壁があると思います。 個人的に初代絆を好きだった理由は大きな出玉を出す「トリガー」が多くあったことだと感じます。 隣で打っている方が真瞳術チャンスを気持ちよさそうに消化していると心の底から「いいなぁ~」って思っていました。 絆2に関しては「出し方が分からないなぁ~」と感じてしまいます。 6号機特有の作為的に打たされている感覚も感じてしまいました。 ただ、実践値が低く、高設定をツモれてない状態の最初の感想です。 一つ言えることは「完全継承」という呼称はやめたほうがいいと感じます。 「魔法少女まどかマギカ 叛逆の物語」が発売された時も感じたのですが、比較対象が5号機になると後継機は不利になりがちです。 しかし「6号機のまどマギです!」という気持ちで打てると遊べる機種だと感じることができます。 この割り切り方によって、後から面白くなった機種です。 投資スピードも他の6号機に比べて安定して回るし、通常時は耐えて耐えてが続くけど、跳ねてくれます。 同じように「完全継承」ではなく「6号機の絆です!」と思うことができるようになれば楽しくなるかなあと。 6号機ということでコイン持ちが良く、音も良い、コンテンツも良いから打ち手の捉え方だと感じます。 出玉、出玉と言っていますが、「投資は?」と聞かれると初代絆はかなり投資スピードが速かった。 それに比べ、6号機はベース1kで40回は回るので、投資の抑制という効果をメリットだと、感じる感覚を培いたいです。 ユニバさんの機種がダメだというわけではなく。 6号機は出ないとかパチスロ業界終了みたいな空気感にも問題があると思うし、高射幸性遊技機があるうちはそちらを打ってしまうのかなと感じます。 私は4号機の技術介入全盛期からパチスロを始めて、5号機の始まりの空気を感じた側面があります。 正直、5号機の始まりはもっと機種自体がつまらなかった。 ストックがないパチスロって怖いなとかボーナス中にボーナス図柄が無駄引きで揃ったり、ボーナス中に良いRTフラグ引いて、後で安いRTフラグを引いて格下げ(保通協に連絡したくなりました)と理不尽、設計が雑な時代がありました。 その時代に比べたら今の時代のほうがパチスロとしてのデキはかなり良いと感じています。 ただ、このままだとパチスロは終わってしまうと感じます。 そこには「救世主」の存在が必須です。 目に見える情報として「アイムジャグラーEX」という救世主は絶対に失敗してはいけないし、成功する機種だと感じます。 出玉面でいうと5号機のジャグラーシリーズとそこまで差異がないと感じます。 BBが252枚というのは今まで打ってきたAタイプの中で「ちょっと少ないかな」と思うくらいです。 (対象:クランキーセレブレーションBB250枚)BBが220枚だと「かなり少ないなぁ」と感じました。 (対象:ドンちゃん2 BB222枚) 演出面に関しては期待を裏切らない踏襲だと感じます。 また、機械割も上がるので人気が出ると思います。 目に見えてない感覚として、5号機時代に出た「新鬼武者」のような救世主が出なければいけないと思っています。 あの時に感じた感覚は今でも覚えています。 「5号機面白いじゃん!」と本気で思えた機種でした。 「ゲーム数を乗せる」という状態の可視化。 今では当たり前になったものにもパイオニア的な機種があります。 (ゲーム数上乗せシステムは忍魂の方が少し先です。 ) だからこそ、既存の5号機のシステムや上乗せに限らず、6号機の内規でこそ生み出された「6号機面白いじゃん!」と思える性能をメーカーさんには期待しています。 (パチンコみたいに頭をぶつける台枠の開発はいらないです。 ) また、簡単な話でリールを止める、レバーを叩くことに対して「楽しいな」と思っている既存のユーザーを失ってはいけないと思います。 絆2に関しては出る前から「流石にキツいんじゃないのかな?」と言われていたし、私も思っていました。 ただ、「もう一度打ってみようかな」と感じたのは想定の範囲かそれ以上の仕上がりだったからと感じます。 高揚感があるシチュエーションに辿り着けてなく、当分は主軸となる機種なので触る機会は増えることは間違いないです。 まとめ おすろおぱち です。 ついにバジリスク絆2の登場ですね! まどマギ叛逆、北斗天昇の稼働が落ちているので、6号機の最後の砦として頑張ってもらいたいところ。 天井のシステム的に、6スルー有利区間リセット、5スルー有利区間リセット、みたいなことが続くとBC連続地獄でとんでもないマイナスを食らうこともありそう…。 高設定はほぼないでしょうが、稼働が落ちる3〜4週間後はおそらく低設定祭り。 やっと天井を拾える状況になってもBC連続地獄でドマイナスってことも… 笑 天井は少しわかりづらい仕組みなので、ハイエナ台かと思いましたが、サブ液晶でゲーム数もスルー回数も確認可能…。 情報が広がる前ならなんとか狙えるかもしれません。 AT中の中押しは中段に赤BARで弱チェ、4コマ滑りで強チェ、下段赤BARで巻物となっていて、AT中の高確時にやると面白そうですね!6号機はぶん回す機会が多いので楽しみ要素が増えることは嬉しい 笑 BCは今作も弦之介、朧、天膳から選択可能で、天井狙いは次回のモードを示唆してくれる朧BCが良さそう!と思いましたが、BTに当選するか、有利区間が切れるまで打ち切るので、モード判別よりも弦之助を選択して、天井狙いしつつ設定判別をした方が良さそうですね。 モード狙いをする場合は、他の人が打っている台で月or赤い月でやめられている台を狙うことならできそう。 6号機はリセット恩恵が強い台が結構豊富で、美ら沖、呪怨再誕、沖っ娘、ガルパンG、スーパードラゴンなど、瞬間的に設定56並の出玉率になる台があります。 もしも、大量導入する絆2のリセット恩恵が強力なら…大リセット狙い時代の突入ですね 笑 ということで「バジリスク~甲賀忍法帖~絆2」の天井狙い記事でした。 設定狙い記事も随時更新しているのでよかったら見てみてください。 追記 バジリスク絆2を実践してきました。 気になったのは800G天井からバジリスクタイムに突入した時の「ATの強さ」。 体感的に1スルー目にバジリスクタイムに当選した場合よりも 「シナリオ」「絆玉獲得率」「高確点灯」などが優遇されているように感じました。 たまたまかもしれませんが、追想の刻中の押し順ベルで絆玉を獲得したのは、ハマった時のATだけでした。 結果的にAT性能が高くなり出玉が伸びるといった感じです。 まだサンプルが少ないのでなんとも言えませんが、リゼロのA天井のようにハマればAT性能が優遇されているのかもしれません。 1万Gほど絆2回してみたけど、800G天井からのBTはリゼロのA天井的に優遇されてそう。 サンプル少ないんであれですけど、テーブル、絆玉獲得、高確点灯のどれもが1スルーで入ったときよりも強い感じ。

次の