ナンバーズ3ミニ専門。 ナンバーズ3ミニ第5482回の抽選結果

ナンバーズ3ミニ第5482回の抽選結果

ナンバーズ3ミニ専門

ナンバーズ3 numbers3 の宝くじネット【公式サイト】ナンバーズ3過去の抽せん結果ページ。 過去の抽せん数字や当せん金額を検索。 ナンバーズ3(numbers3)過去一年の当せん番号から昨年以前の当せん番号まで全ての番号案内ページです。 net ナンバーズ3 過去の予想結果~目次~ ナンバーズ3の過去の予想結果を50回毎にわけて一覧化してあります。 一覧の並び順は回別の降順(新しい順)となっています。 当せん番号案内 ナンバーズ3 ナンバーズ3抽せん数字一覧表. 表示に時間がかかっております。 再度ページを更新するか、しばらくお待ちください。 ナンバーズ3 ナンバーズ4 当選番号・予想結果. ナンバーズ最新回の抽選結果は月曜日から金曜日の抽選後、19:00頃更新。 最新回当選番号速報! ナンバーズ3当せん結果速報。 2019年06月17日 木 ストレート69800円!ボックス14800円 ナンバーズミニ8900円。 renbanはナンバーズ3過去の結果全5229件のデータから傾向と解析、数字の流れが見られる無料のナンバーズアプリサイトです。 ナンバーズ3 抽選結果. ナンバーズ3の過去の抽選結果です。 ナンバーズ3 numbers3 の宝くじネット公式サイト。 ナンバーズ3 過去の予想結果~目次~ ナンバーズ3の過去の予想結果を50回毎にわけて一覧化してあります。 一覧の並び順は回別の降順(新しい順)となっています。 第5233回ナンバーズ3結果速報!2019年08月01日 木 最新ナンバーズ3抽選結果ストレート101000円 ボックス16800円 ナンバーズミニ10100円 でした。 ナンバーズ予想アプリrenbanはナンバーズ3過去の結果全5233件の傾向データが見られる無料サイトです。 numbers3 ナンバーズ3 の当せん速報・過去の当せん数字検索、出現数字確率などのデータ分析、数字選びのための支援サイト。 当せん結果は毎日更新。 ナンバーズ3の次回数字を無料で予想するサイトです。 このページではナンバーズ3における全抽せん結果の目次を掲載しています。 過去データの分析などにお役立てください。 この記事は、ナンバーズ3を攻略してお小遣いを増やせないか?との想いを元に試行錯誤した内容を記しています。 内容にはオカルト、思い込み、希望等、根拠の無い推測も含まれます。 信じる信じないは自己責任でお願いします。 ナンバーズ3攻略過去データの取得 ナンバーズ3 numbers3 予想無料サイト。 過去のナンバーズ4 numbers4 当せん番号で出た回数が多い数字データを無料で提供するサイトです。 ナンバーズ3の出現回数にもとづいたシンプルな予想方法で10組の予想を掲載しています。 当サイトには過去の当せん番号や予想数字の一覧、クイックピックツールなどもありますので、ぜひご利用ください。 ナンバーズ3&ナンバーズ4の過去20回の抽選結果に色を付けて分かりやすくした色付きの出目表です。 0~9までの数字を10色で色分けしているので、すごく見やすい出目表になっていると思います。 ナンバーズ3の予想で十万円をゲットするために作成したサイトです。 サイトでは確率に計算式に検索や速報やデータ一覧など色々なプログラムを全て無料で利用できます。 次回予想数字 過去の予想実績. データ分析について 当サイトではナンバーズ3に関する基本的な累計データをグラフで分かりやすく表示することを心がけています。 私 管理人 は趣味でナンバーズだけではなく、ロト6やミニロトも購入しています。 過去の出現数字分布図はこちらに移転しました 前抽選置換風車枠 期間限定公開 (サーバー容量と相談) (1つ前の抽選から作成される分布図なので、第1回はその前が000と仮定しています。 この記事は、ナンバーズ3を攻略してお小遣いを増やせないか?との想いを元に試行錯誤した内容を記しています。 内容にはオカルト、思い込み、希望等、根拠の無い推測も含まれます。 信じる信じないは自己責任でお願いします。 ナンバーズ3攻略過去データの取得 ナンバーズ3&ナンバーズ4の過去20回の抽選結果に色を付けて分かりやすくした色付きの出目表です。 0~9までの数字を10色で色分けしているので、すごく見やすい出目表になっていると思います。 過去の出現数字分布図 別窓: 偶数と奇数 別窓 各数の相性 別窓. 遡り引張り 別窓. 各数の重複 別窓. 前抽選からの統計 別窓. 出現数字折れ線グラフ 別窓. 偶奇数の両挟み 別窓. 3回前の引数 別窓. 重複出現率 別窓: 桁別: 分割: 各桁各数の出現履歴 別窓 ナンバーズ3の過去の抽選結果を掲載しています。 2019年2月4日~8日の大阪抽せんをクイックピックで買ってみた!! 予想に必ず役に経つと思います 過去のデータがあるから www. toe. lzh ダウンロード ファイルについて ナンバーズ3&4の分かりやすい出目表. 過去100回の出目表 hot! 過去50回の出目表 hot! 過去20回の出目表. 5201~5300 / 5101~5200 / 5001~5100 / 4901~5000 / 4801~4900 / 4701~4800 / 4601~4700 / 4501~4600 過去のデータから未来が予測出来る 8月 3日(土) ダウンロードデータ 更新しました 全体分布図に 注目 してください ウイルス等は ありません 保護ビューが効きますが ナンバーズ3における次回数字の無料予想を掲載しています。 直近50回のケタ毎出現回数とインターバル(出現間隔)の集計結果をもとに軸数字候補を選定し、10組の予想を行っています。 当サイトには過去の予想数字一覧や当せん番号一覧、クイックピックツールなどもありますので、ぜひご このナンバーズ3ミニ攻略の絶対条件は2つ ・ナンバーズ3ミニに賭ける726,000円を用意すること ・絶対に5回連続外さないこと. かなりの高確率で3000円勝つことができる反面、5回連続外すことが一度でもあると、すべて終わる、とても危険な遊びだ。 ナンバーズ3の当選番号・相性表・過去のデータなど見たい範囲を見る事出来ます。 ナンバーズ3の予想や攻略にご利用下さい。 ナンバーズ3 の過去の当選番号です。 ナンバーズ3 過去100回分から算出した出現率・出現回数のランキングです。 各位置ごとの出現と全体に対する出現の、それぞれの出現率を分けて掲載しています。 ナンバーズ3の抽せん方法や数字の選び方などをご紹介します。 過去の予想結果をご覧になりたい場合は、ページの最後尾に設置してある全予想数字一覧のリンクを参照してください。 ナンバーズ3 次回でやすい数字 過去の抽選会で今回と同じ数字(ボックス)で出た抽選回の次の抽選回に出た数字の集計です エクセルで検索しています データは物語る 過去を見れば 未来が見えてくる データで検索 過去と未来はつながっている 予想して楽しもう ナンバーズ3ミニを専門に扱う予想webアプリ。 ナンバーズミニ予想に役立つ各数字の出現傾向を見やすいグラフで解析。 さらに曜日別に出やすい数字を徹底解析。 ミニで出やすい合計数と、当選前後の出現傾向と分布図で、あなたのミニ予想をサポートします。 というわけで購入対象は「ナンバーズ3ミニ」に決定。 ちなみに「ナンバーズ3」は自分が選択した3つの数字を的中させるものなのですが、「ナンバーズ3ミニ」は下2ケタを順番どおり当てるというもので ナンバーズ4過去のすべてのデータから 今回でた数字の 次に出た数字の分析です。 今回出た数字と同じ数字(ボックス)を過去の全抽選から検索して、集計しています。 過去に多く出た抽選回数では、少ない数字が出やすく。

次の

ナンバーズ3 過去

ナンバーズ3ミニ専門

皆様、明けましておめでとうございます。 昨年は同じ数字を買い続ける中で一回も当たらないという最悪のマイナスを記録したこのブログですが、また同じ数字にこだわって何の変化もなければ面白くないので、今年は細かに購入のためのルールを決めることで、ランダムに高配当が出そうな数字を狙う方式に切り替えることにします。 なお、どんな結果が出てもこのやり方は変えないでいくつもりです。 まず、狙い目の数字についてですが、百の位の数字に左右されるミニの数字とは言え、過去のデータによって配当の平均値には違いがあります。 今年は一の位が「0」の数字にはこだわらず、単純に配当の平均が1万1千円台の数字にまで幅を広げて購入していくことにします。 具体的には以下の9つの数字になります。 ・40(11,362円) ・50(11,379円) ・60(11,589円) ・70(11,929円) ・76(11,619円) ・80(11,273円) ・84(11,104円) ・95(11,121円) ・97(11,170円) これらの数字の中からランダムでどの数字を購入するかを決定するのですが、自分の気分で決めてしまうと、自分の判断に迷いが生じ、もし違う数字を買い続けていたらとか、色々な事を考えてすっきりとしない部分があります。 できる限りインチキの起こらないランダムな数字の羅列をゲットすることができれば、その数字を参考にして次回購入の数字を決定することができるようになるのですが、今年の私の場合は「日経平均株価の小数点以下の2ケタの数字」を利用しようと思います。 株の売買には様々な思惑があってもその数値をコントロールすることは不可能ですし、少数点以下の数字なら偏ることはまずありません。 具体的には、昨年12月30日の日経平均株価の終値は「2万3千656円62銭」ですのでこの中の「62」を使います。 「62」そのものを使わずに、あくまで上記で紹介した狙い目の中から一番近い数字とするので、年明け最初の狙い目は「60」になるという事です。 もし全くの中間の数字が出現した場合は、平均の配当が高い数字の方を購入します。 株価もナンバーズも週末や年末年始はお休みです。 唯一気になるのは日本の祝日の際にどうするかということですが、「NYダウ前日終値の小数点以下の2ケタの数字」を利用することにします。 必然的に「40」を購入する割合が高くなることが予想されますが「00」から「39」の間の数字は配当が狙い目とした数字より配当の期待値が低いのですから仕方がありません。 というわけで、私自身が考えるのはここまでで、これからはここまで書いたルールに従って購入していきます。 そんなわけで、今年もどうぞよろしくお願いします。 回別 第5336回 抽せん日 2019年12月24日 抽せん数字 079 ストレート 62口 130,700円 ボックス 405口 21,700円 セット(ストレート) 119口 76,200円 セット(ボックス) 886口 10,800円 ミニ 467口 13,000円 販売実績額 92,816,000円 今回の数字は、今年もしこの数字に決めて買い続けていれば、相当儲かっていたということが過去のデータを見るとわかります。 さらに、当せんする可能性を少し上げ、もし「079」をセットで購入していたらということを考えてみましよう。 セットにして購入すると、上記の配当金額のうち「セットストレート」の配当が適用されますので、セットストレートの部分では199,500円になりますが、これだけではありません。 セット買いの場合は全ての位で同じ数字が来なくても、3つの数字が当っていれば「セットボックス」での当せんになります。 「0」「7」「9」の数字の組み合わせを「079」以外でどれだけ当せんの配当があるか改めて調べてみますと、以下のようになります。 ・097 10,300円 ・709 0円 ・790 0円 ・907 0円 ・970 0円 というわけで、合計は209,800円となり、改めて「079」という数字の今年に偏った出現の仕方が際立つこととなりました。 ただ、ストレートでは一回も出なかった4つの数字でもセットで買っていれば、「079」出現の恩恵を受けられたということはあります。 もし、一回も出現していない4つのうちのどれかの数字で勝負していたとしても、セットボックスが4回当せんしたことになり、その配当の合計は38,700円とトータルでプラスにはなりませんが、十分楽しめる金額になります。 しかし、データを分析し常に6面待ちで買える「セット買い」の数字で「セットストレート」と「セットボックス」の配当が高い組合わせを選んで購入するというのも面白いような気もします。 ただ、その方法でも自分の選んだ組み合わせ(6通り)が全く出現しない可能性も当然あるわけです。 しかしミニをずっと買うよりもうまく行けばここで紹介したように毎回1口だけの購入でも15万円くらいのプラスになる可能性はあります(同じ数字をセット買いしてその数字がセットストレートで複数回当せんした場合)。 このままミニに限定して買うのか、ボックス買いで攻めるのか、そんな事も考えたくなるような今回の結果でした。 回別 第5291回 抽せん日 2019年10月22日 抽せん数字 158 ストレート 56口 95,200円 ボックス 466口 15,800円 セット(ストレート) 174口 55,500円 セット(ボックス) 941口 7,900円 ミニ 707口 9,500円 販売実績額 81,364,000円 今回の数字は前日と同じくストレートの配当が10万円にわずかに届きませんでした。 ただ、ストレートの当せん口数に注目すると、56口とかなり少ないのに、もう少し配当が伸びてくれてもいいのにという感じもしなくもありません。 しかし改めて今回のデータを見てみると、ボックスでの当せん数はそこそこ多いことがわかります。 今回の「1」「5」「8」の数字の組み合わせの中でどの組み合わせが多く買われたのか? というところを推理してみると、このブログで度々書かせていただいている「日付に読める数字」がポイントになりそうな気がします。 そうして導き出した数字が「815」なのですね。 この数字の過去のデータを見てみるとかなり興味深いことが見えてきます。 この時のストレートの当せん口数も相当に多いことが類推でき、恐らく今回も「815」で狙って当せんした方が相当いたのではないかと思われます。 それでも理論値を上回る結果になったのは「815」では当たらなかったということが言えるのではないでしょうか。 ただこの「158」をセットで購入すると数字の並びによっては低配当に沈むことになってしまうでしょう。 ミニの場合は百の位の出方でどうしようもないところはあるのですが、基本的にセットで購入している方については、3つの数字の並びが極力日付に読めなくなる組み合わせを選ぶことが、もし当せんした場合の配当のことまで考えると大切なことになるかも知れません。 回別 第5287回 抽せん日 2019年10月16日 抽せん数字 984 ストレート 48口 120,600円 ボックス 448口 20,100円 セット(ストレート) 150口 70,300円 セット(ボックス) 989口 10,000円 ミニ 473口 12,000円 販売実績額 91,097,000円 今回はぎりぎりストレートの配当が12万円をオーバーし、ミニの配当も高くなりました。 ミニの「84」は配当の平均が1万円オーバーしている数字で、百の位に関係なくそれなりの配当を出してくるのですが、今回の「984」という数字は百の位が「9」ということもあり、配当の平均でも12万円を超える高い数字になっています。 ただ面白いのは、ボックスとセットボックスでの当せん口数が多く、なぜかと思って調べたら、ある事に気付きました。 今回の「984」という数字を並び替えると、その中の一つが「894」になるのですが、この数字は今まで一回も出現していない「未出現数字」になっているのです。 恐らく、この「894」をストレートやセットで購入している人はかなりいると思わなければならないでしょう。 セットボックスの配当よりミニの方が高いというくらいまで配当が下がっている理由は、常に未出現数字を買っている人がそれなりにいるということになるので、もし明日の抽せんで未出現数字が出現したとしても、今度はストレートの当せんが多く出過ぎて全体的な配当を下げてしまう可能性があるということになるわけです。 ちなみに、現状における未出現数字は「120」「467」「541」「688」、それに「894」の5つです。 これらの数字はミニにおいても、もし百の位との組み合わせで未出現数字になってしまった際の配当の落ち込みは激しいものがあると思われるので、購入する際はこうしたリスクを持つ数字があることも理解した上で購入されることをおすすめします。 回別 第5219回 抽せん日 2019年7月12日 抽せん数字 273 ストレート 85口 73,600円 ボックス 785口 12,200円 セット(ストレート) 206口 42,900円 セット(ボックス) 1,648口 6,100円 ミニ 628口 7,300円 販売実績額 87,706,400円 今回のデータを見て、百の位が「2」になったことでストレートでの当せん口数が増えたということを感じましたが、それ以上に感じたのはボックス(セットボックス)での当せん口数の多さということも同時に感じました。 それは、前回と前々回に「7」から始まる数字が連続して出ていたことと無関係だとは思えません。 つまり「732」や「723」という3匹目のどじょうを狙って買った人が相当いたのではないかということですね。 もし前回と前々回に「7」から始まる数字で当たりが出ていなかったら、このようなボックスでの当せん口数はここまで多くなかったのではないでしょうか。 いわゆる購入数字を決めるためにデータをどのように使うかということを考えると、このブログ的には過去直近に出た数字を狙うというよりも、逆に狙い目とするような人がいそうな数字はできるだけ避けて購入することが大事だと思います。 まさしく今回の数字についてもそうで、ストレートで「7」を百の位とする数字は続かなかったものの、3ケタの数字の中に「7」が入った数字を買うことは、こうした狙い目に沿った買い方になり、もしその数字で当たりを出したとしても配当が下がる恐れが出てきます。 そんな事も考えて購入する数字をひねり出すことをおすすめし、来週の抽せんを待ちたいと思います。 回別 第5197回 抽せん日 2019年6月12日 抽せん数字 246 ストレート 148口 63,600円 ボックス 526口 10,600円 セット(ストレート) 295口 37,100円 セット(ボックス) 1,042口 5,300円 ミニ 528口 6,300円 販売実績額 77,462,000円 今回はセオリーを地で行く結果になりました。 今回出現した「246」は全て偶数で、しかも数字の小さい順に増えている選ばれやすい数で、さらに東京在住の方には身近な「国道246号線」を連想させる数字なのですが、実はこの数字はナンバーズ3で初出現の数でした。 初出現の数というのは今回が第5197回になりますが、それまで一回も出ていない数ということになり、多くのサイトや必要法を書いた本などに紹介されています。 今回「234」が出現したことで、残る数字は以下の5つになりました。 「120」「467」「541」「688」「894」 これらの数字はもし次回以降で当たりが来たとしても今回と同じように多くの人の狙い目になっている可能性がありますので、出現したとしても高配当はあまり期待できないと言うしかありません。 ミニについても同じで、百の位の数が変わっても、 「20」「67」「41」「88」「94」 という5つの数字では10分の1の確率で低配当になる可能性が他の数字より高くなるということになります。 ですから、高配当での当せんを狙っている方については、ここまで紹介した数字については逆に狙い目にはしない方がいいということになるわけです。 それにしても売上も今週は低調になってしまっていますね。 こういう時こそ、多くの人が狙って買っていなそうな数字で勝負するのがセオリーになるでしょう。 明日もブレずに自分の狙い目を決めて買っていく中で当せんを狙っていきたいと思います。 回別 第5117回 抽せん日 2019年2月20日 抽せん数字 956 ストレート 30口 163,300円 ボックス 320口 27,200円 セット(ストレート) 103口 95,200円 セット(ボックス) 591口 13,600円 ミニ 469口 16,300円 販売実績額 86,976,400円 このブログを始めて、なかなか出なかったのがいわゆる高額配当というものです。 売上げが少なくなると極端に買われない数字でないと配当が極端に高くならないのですが、ここに至るまでの2月の数字の傾向を見ていけば、今回の高配当は出るべくして出たと言えるかも知れません。 というのも「956」も「56」も今までのデータを見るとだいたい常に10万円と1万円を超えるくらいの配当を出していた数字なのですが、何しろ今月は出現する数字がほとんど「ダブル」であったために、狙い目として何かの数字をダブルにして購入していた方がかなりいたのだろうと思われます。 そこに、全て3つの数字の違うものが出現した場合、普段よりも買われている口数は少なくなるでしょうし、今回ストレートで当せんした口数は30口でした。 30口しか当たりが出ないとなると、なかなかストレートを当てることは難しいですが、ミニの2ケタの数字を当てるのは比較的簡単で、今回は500口弱の当せん者がいい思いをしたのだろうと思います。 自分が狙っていた数字で当たらなかったことは残念でしたが、今回のように「傾向が見える出現の仕方」をしている場合は、その裏を取ってあえて違う方向で勝負に行くと、今回のような高配当を手にするチャンスが出てくるのです。 その点が最初から決まった数字が印刷されている宝くじを買うのと違った「必勝法」と言えるのではないでしょうか。 そんなわけで、まだダブルにこだわっている方は少なくないと思いますので、今月中の狙いとしてはダブルにこだわらないで決めた方が高配当になりやすいのではないかと思います。 私自身は狙いを変えずに次回も地道にねらっていく予定です。 今年に入ってなぜかナンバーズが当たりやすい宝くじとしてテレビに取り上げられる機会が増えてきたように思います。 BSジャパンの「武田鉄矢の昭和は輝いていた」1月19日放送のお題は「宝くじ」で、番組後半に「にしきのあきら夫妻」が宝くじを当てるにはどうすればいいのか? という大変興味深い題材で話をしてくれたのですが、奥様の「風車盤バイオ予想」という理論の説明は難しいからとテレビでの説明は避けられ、実際にテレビで密着している時に「ナンバーズ4」のストレートが当せんした瞬間のVTRを流しただけで終わってしまいました。 その後出た「宝くじに当たるための買い方」というのが以下の4点だったというのにはちょっとがっかりでした。 というのも、 ・人の流れのある駅前の売り場で買う ・笑顔の店員さんから買う ・おつりが出ないようにお金を用意する ・日頃から良い事をするように心がける こんな感じのものだったからです。 最後の「善行」こそが自分に還ってくるという考え方は立派だと本気で思いますが、その前の3つというのは、自分で数字を選ぶことのできない宝くじについてはそんなことも言えるのかなと思いますが、にしきのあきらさんご夫妻が購入している宝くじは「ナンバーズ」「ロト」という自分で数字を選ぶタイプの宝くじで、どこで買ってもその場所や時間によって当選の可能性が変わるということは全くありません。 ナンバーズで買う数字を決めたとしたら、自宅から出なくてもインターネット上からでも購入できるのですから、ネット中継で毎日抽せんの様子を見ている姿が出てきましたが、そこまでネット使っているのになぜわざわざ車でくじを買いに行くのだと思ってしまいました。 というのも、車を出して出掛けるということ自体、交通事故の被害者にも加害者にもなる可能性が出てくるわけで、もし大きな事故を起こした時の金銭的な損失について考えたり、多くの口数を買った場合に当たっていることに気付かず失効する可能性も無いことは無いのですから、なぜわざわざ車で買いに行くのでしょう。 これは、あくまで私の予想ではありますが、ネットで購入した場合にはチケットが発券されず、自分が当せんしたことを知らせるインパクトとしては弱いためにわざわざ宝くじを買いに行っているという事もあるのではないかというものです。 恐らく今回の放送を見た人の中で、先に挙げさせていただいた宝くじが当たる買い方のレクチャーでは満足できない人は、ここでもキーワードとして出させていただいた「風車盤バイオ予想」とは何か? と思ってググってしまうでしょう。 当然私もググってみましたが、そこで出てきたのは、にしきのあきらさんが新年号の表紙になっている号を番組に持ち込んだ宝くじ予想の専門誌の紹介のサイト関連のものしか出てきませんでした。 恐らくその雑誌を買い続けないとこの「風車盤バイオ予想」の回数別の数字を継続して手に入れられないようになっているのではないかと思います。 恐らく、こうした雑誌に予想を書いたり、ネットなどでも自分の予想を出している関係もあり、後々まで当たった証拠として紙の資料として残すことで、当せんの実績だけはつみあがっていくということもあるでしょう。 つまり、自分だけで宝くじを楽しむのではなく、自分の理論を多くの人に伝えたいという使命のもとに「宝くじを当てる」ビジネスを行なうようになっているということですね。 その後、色々調べてみたところ、ネットでの購入はこのような大量買いを防止するためなのか1日100口までという制限があることがわかりました。 もちろん、一口座ごとの制限なので、10の口座を持ってまとめて買えばネットでも「当たった証拠」を狙った回に必ず手に入れることはできますが、当せんの画面を写真に撮ったとしても第三者からすると信憑性に欠けますし、わざわざ売り場まで買いに行く労力は「ビジネス」の要素も含めてナンバーズを買っている場合には必要だということになるのでしょうか。 そこまで分析してみて、改めて思うのは「風車盤バイオ予想」とは何か? ということと、本当にその予想には信憑性があるのか? という事に戻ってしまいます。 もちろん、にしきのさん夫妻はナンバーズだけでなくミニロトも当てていて、今後の目標としてロト7の2等というかなり堅実な目標に向かって頑張っていることはわかりますが、果たしてかなりの当選金を受けているとしても、ハズレ分を計算に入れたトータルでは勝っているのか負けているのかも公表してくれれば、「風車盤バイオ予想」にもさらなる信憑性が出てくると思うのですが。 基本的にナンバーズ3ミニは2ケタの数字を当てるものなので、発表された数字が3ケタでも百の位の数は当選自体には関係ないのですが、当選金は3ケタのストレートにおける配当によって決まるので、同じ2ケタの数字でも10通りの当選パターンがあるわけです。 さらに、ミニの配当金はストレートの配当金のおよそ10分の1なので、ストレートの結果がミニの配当金にも直結してくるため、一つの数字においても、10通りの当選パターンでどのような配当が出ているのかについても見ていけば、その数字を購入したらいくらくらいの当選金がもらえるかをさらに細かく類推しやすくなるでしょう。 個人的には狙い目として日付として換算できない数字を挙げています。 その中でも全ての抽選結果におけるその数字の配当金の平均を導き出すうち、その値が1万1千円以上の数字を紹介しています。 その中で今回は一つの例として全ての当選金の第4633回までの平均値が11,527円と高い「40」という数字を細かく分析していきましょう(以下の数値も第4633回までのデータを基にして計算しています)。 まず、「40」を含む3ケタの数字ですが「040」から「940」までの10パターンあります。 ここでは、その数字ごとのストレートの当選金の平均額を紹介します。 ミニの当選金に換算するには10分の1の値を取ればいいので、1の位を消した残りの数字をそのまま期待できる当選金として読めばいいでしょう。 ・040 124,175円 ・140 107,140円 ・240 97,567円 ・340 154,600円 ・440 103,938円 ・540 117,675円 ・640 118,971円 ・740 125,940円 ・840 127,550円 ・940 127,617円 狙い目として紹介しているだけあって、どの場合でも安定して高い金額をキープしているように見えます。 しかし、ここで気になるのは平均を上げている「340」と、逆に平均を下げている「240」という数字です。 ここからは実際の抽選結果を見ながら、この金額がどうして出てきたのかという点について見ていきます。 まずは「240」です。 ・240 当選回数6回 1351回 112,500円 2022回 102,500円 2298回 89,800円 3488回 109,400円 3541回 88,800円 4162回 82,400円 理論値の90,000円より下がっている回が3回あり、特に過去2回の当選金が低いことで平均が10万円を割ってしまっているような感じです。 この数字からすると、「40」を買う場合にはできるだけ「240」で当たって欲しくないというのが正直なところではないでしょうか。 次に「340」についてですが、こちらの数字はよく選ばれそうな3ケタの数字ではないかと思えるにも関わらず、配当は一番高く、この当選金が全体の平均値を押し上げているのが事実です。 それではこの数字について見ていきましょう。 ・340 当選回数1回 10回 154,600円 ここで注目すべきはこの値は平均値ではなく、今まででたった一度しかストレートで出たことがない値に基づいているということと、ナンバーズが始まってすぐの10回目の抽選で出た配当であるということです。 サービス開始当初はまだ知名度もなかったため、今ではとてもこんな配当が出ないのに高配当が出たというケースもあったそうですが、その一つのケースが「340」に当てはまると言えるのではないでしょうか。 現状で考えると、1000分の1の確率で4000回抽選しても出ない数字ということで、逆に狙い目とされている可能性もあり、もし再びこの数字が出たとしても15万を超えるような高配当は出ないのではないかと考えるのが普通です。 そう考えると、「40」をミニで買う場合は、自分が買っている時には「240」「340」よ出てくれるなと思いながら買うか、別の数字を調べて平均的に高い配当が出ているような数字に変えて購入するかという判断になってくるかと思います。 さらに「40」全体の配当について見ていくと、当選金が8千円を割るようなケースも出てきましたが、この辺は確率の考え方でいけば仕方がないことであり、たまたま買った時に安い配当で当たってしまってもめげずに続けて、改めて高配当を狙うという気持ちの切り替えも必要でしょう。 こうしてデータを読みながら数字の分析をしたり、ハズレが続いても当選金が極端に高かったり低かったりした時の原因はなぜかということを考えることが、当たった時に泣くか笑うかを決めることもあります。 このブログでは毎回の抽選結果とともに、そんな観点に立って自分なりの考えを書いていきたいと思っていますので、よろしかったら参考にしていただければと思います。 前回は結局、本質的な話に行きつく前に終わってしまいましたが、ここでもう一度、ナンバーズ3ミニについて抽選の仕組みをおさらいしてみましょう。 もともと、「ミニ」という区分は3ケタの数字を当てるナンバーズ3と同時に抽選が行なわれ、当選数字のうち下2ケタだけを取り出したものがミニの当選番号になります。 同じ抽選であっても3ケタと2ケタを狙って購入している人が混在しているというのがこのナンバーズ3のナンバーズ4と違って面白いところで、お互いの当選者の数がお互いの配当に影響を及ぼすこともあります。 というのも、ナンバーズ3の当選金というのは売上金の45%に決められています。 その中でミニの当選金はストレートの当選金の10分の1(百円以下切りすて)となっているので、ミニの当選金は3ケタの数字を順番通りに当てるストレートがどのくらい買われていて何口が当たったかによって影響を受けることにもなります。 当選データの中で、それほどミニに当たりがないのに、当選金額が安いというような場合は、ストレートが当たった口数と当選金に注目してみて下さい。 ミニ発表された百の位の数字の違いによってミニの当選金も影響を受けることがあるという点をまずは理解しましょう。 その上でどの数字を買えばいいかということになるわけですが、基本的には「多くの人に選ばれない」数字の方が高い当選金が支払われることが期待できるということは間違いないでしょう。 その際、判断の一つとして広く言われていることに「日付に換算できる数字は避けよ」というものがあります。 これはどういう事かというと、月なら一月から十二月、日なら一日から三十一日まであってその組み合わせで一年があるのですが、その日付をナンバーズ3でも購入の際に選定の根拠とする人が多いのではないかという想定から考えられた法則です。 今日は4月3日だから「403」を買おうとか、子供の誕生日が8月22日だから「822」を買おうと考える人が多いとか、人が3ケタの数字を決める時にはそんな決め方しかしないのではないかという事に注目をしています。 ですから、この考えの逆を突いて、どう考えても月日に換算できない数値をリストアップして、その中で買い続けることによって当選時の高配当を狙おうというものです。 3ケタの数字で考えるといろいろ大変ですが、2ケタの数字で考えるとそれほど難しくないので気軽に攻略用の数字を弾き出すことができるでしょう。 ミニの場合は全て数字を出しても100個なので、以下に全ての数字を書き出してみましょう。 しかし、理論だけで何とかならないのが実際に配当が発生するナンバーズの世界でもあるわけです。 ここで、改めて実際のデータを見る中で、この6つの数字の理論が正しいのかどうかを確かめてみることにします。 私自身がナンバーズをやる中で大いに参考にさせていただいているブログ「ギャンブラーのための数学講座」の中にある「ナンバーズ3高配当 分析データベース」の記事に埋め込まれているデータベースがあります。 これについては、実際に最新の結果から過去のデータを見ることができるので、これからナンバーズを攻略しようと思っている方は必見のサイトです。 データベースへのリンクは以下の通りです。 この中で「1.頻度表示」の中の「ミニ」を選ぶと、各数字の平均賞金が出てきますので、実際に購入した場合の配当が高くなる事が期待される数字を上位から順に書き出してみることにしましょう。 なおデータは2017年3月までの抽選データで、理論値は9,000円です。 1位 70 平均12,057円 2位 60 平均11,648円 3位 40 平均11,527円 4位 50 平均11,378円 5位 80 平均11,360円 6位 97 平均11,319円 7位 95 平均11,088円 「00」と「90」こそ理論通りになりませんでしたが、見事に日付にできない数字の並びが上位配当にまとまっていることがわかるでしょう。 ちなみに「00」の平均は10,891円、「90」でも平均10,290円とそれほど低いわけでもありません。 ちなみに、100個の数字の中で一番平均が低い数字は「25」で、平均7,055円と、最高額と比べると5,000円も差があります。 ただ、ここで紹介した金額は全て平均であることも忘れてはいけません。 毎回の抽選結果を見ていくと、この平均よりさらに高額の配当金が出た回もあり、その高配当が出た理由について類推できれば当然狙い目も変わってきます。 しかし、基本的にはここまで紹介した数字を軸に回して、あとは実際の抽選結果を見ながら修正していけばいいのではないかという感じもします。 繰り返しますが確率はどの数字を選んでも100分の1で同じなので、いかに他人が買わない数字を狙う事が大事かということがご理解いただけたのではないかと思います。

次の

ナンバーズ3 過去

ナンバーズ3ミニ専門

ナンバーズ予想研究所 ナンバーズ予想研究所 ナンバーズ研究所 | | 検索用語を入力 検索フォームを送信 ナンバーズ専門の予想研究所です。 データ分析や予想支援など幅広く研究しています。 過去の当選番号の確認などに便利です。 ナンバーズの当選番号の累計データを表示しています。 各桁別での累計や全桁分合計の累計を表示しています。 ナンバーズの当選番号で同時に出現した数字を集計したデータ表示しています。 数字の相性を確認できます。 ナンバーズの当選番号で「ある数字が出現した次の回に出現した数字」を集計したデータを表示しています。 気になる数字 各数字に対する「累計データ」「同時出現数字データ」「次回出現数字データ」を表示します。 累計値の降順に並べ変えたデータも表示しているので見やすいです。 気になる数字のデータ分析を一度に確認できます。 ナンバーズ3: ナンバーズ4: ナンバーズ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 掲載データは可能な限りチェックしていますが誤りがある可能性がありますので当選番号などのご確認はでもお願いします。 当サイトはリンクフリーですのでリンクしてして頂けるのであれば、ご自由にどうぞ。 また、雑誌などへの掲載も大歓迎です。 検索用語を入力 検索フォームを送信.

次の