たけのこ の 茹で 方。 たけのこ~茹で方・あく抜き・レシピ・保存方法~全部紹介

実は簡単!たけのこのアク抜き&保存のコツ

たけのこ の 茹で 方

作り方 1、たけのこは背中側に包丁で切れ込みを入れる。 この時、根元は浅めに、先端に行くにつれて深く切り込みを入れます。 2、切れ込みに指を差し込み、皮を手で剥く。 先端の部分は食べてみて、硬くなくなるまでむきます。 3、鍋にたけのこと、かぶるくらいの水を入れる。 4、沸騰したら40分ほど茹でたら完成です。 こちらは採れたての新鮮なものをゆでる場合の方法です。 少し時間がたっていて、あく抜きが必要な場合はこちらを参考にしてください。 以上『 たけのこの簡単な茹で方』のご紹介でした。 是非試してみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』ではたけのこを使ったレシピも多数ご紹介しています。 よろしければご覧ください。

次の

【簡単】失敗しない「たけのこ」のゆで時間とゆで方

たけのこ の 茹で 方

たけのこのあく抜きのゆで方 たけのこは上の工程で火にかける前に水を加えた通り、水からぬかと唐辛子とゆでていきます。 鍋を中〜強火にかけ、沸くのを待ちます。 沸く少し前から鍋の中を確認しながら作業しましょう!• 鍋の中が沸いてきたら、落し蓋をして火を弱めます。 ここで、火加減を微調整して煮汁の沸き方を安定させるのですが、 煮汁が吹きこぼれない程度に、鍋肌がグツグツ沸いている状態にします。 その状態でゆでるのですが、 1本300〜400gくらいの小サイズは 1時間半ほど、500〜750gくらいの中サイズであれば 2時間ほど、ずっしりと重たい1本1㎏以上のものであれば 3時間ほどが目安になります。 木の落とし蓋でなくても、別の鍋の金属製の蓋でも、丸いお皿でもOKなので使ってみてください(鍋の口径の7割くらいの大きさのものを使うとよいです)。 たけのこをゆでている間、30分に1回くらい水の量を確認します。 蒸発して水が減りすぎるといけないので、適宜水を足し入れます。 時間がくれば、たけのこの太い部分に串を刺して念のため火通りを確認します。 たけのこがゆで上がったら、 すぐにたけのこを鍋から出すのではなく、鍋ごとゆで汁に浸かった状態で冷まします。

次の

たけのこを皮をむいて茹でると簡単!米ぬか以外の代用品でもOK

たけのこ の 茹で 方

たけのこのゆで方 最近のスーパーにおいてある生たけのこにはぬかがついている場合があります。 わざわざぬかを買わなくても、楽にゆでることが出来るので、ぜひ挑戦してみてください。 <材料> たけのこ 米ぬか・・・ たけのこ1本に対して1つかみほど (ない場合は、米のとぎ汁または米。 たけのこ中1本に対して、米大さじ3ほど) 唐辛子・・・ 1~2本 (なくても大丈夫ですが、入れるとぬかの臭みを軽減させる効果があります。 ) 1.外皮を2~3枚剥ぐ。 2.実の部分を切り落とさないように、穂先を斜めに切り落とす。 3.実を傷つけないよう、皮に垂直に切り目を入れる。 こうすることで、皮の中まで水が入り込みアク抜きしやすくなります。 4.大き目の鍋にたけのこを入れ、米ぬかと唐辛子を加えて、たけのこが完全にかぶる水を入れる。 5.鍋を中火にかけ、沸騰したら弱火~中火にして落し蓋をする。 たけのこが浮いてこないように、蓋をします。 6.ぐつぐつとさせたまま、じっくり1時間ほど煮る。 (大きいものなら2時間ほど) 途中で水が減ってきたら水を足し、ぐつぐつした状態を保ち続ける。 7.たけのこの根元部分に竹串を挿して、すっと串が通ることを確認し、茹で汁に入れたまま自然に冷ます。 8.完全に冷めたら、米ぬかを洗い流して、皮を外す。 まるごと保存したい場合は、皮がついた状態で水に漬けて密閉します。 水がすぐに濁るようなら、水が濁らなくなるまで水を代え、一日おきに、水が濁るので取り換えて保存しましょう。

次の