公務員 ボーナス 新卒。 【1年目はボーナスなし?】新入社員のボーナス事情を解説します

【2019】新卒公務員の夏冬ボーナスはいくら?12月は6月の3倍支給!?

公務員 ボーナス 新卒

【大卒公務員】の「給料」「年収」「ボーナス」「手当」「貯金額」大公開!!! 今回は、大卒公務員(1~2年目)の給料・ボーナス・貯金額を公開したいと思います!公務員になりたいと考えている方は、参考にしてください 自己紹介:公務員2年目で超早期退職しました まず、簡単に自己紹介させていただきます。 私は、大卒で公務員となり、2年間務めたのち、2019年3月で超早期退職しました! 仕事を辞めてからは、ブログやYouTubeで好きなこと(読書)を発信するだけで稼げるのか実践中です! 本当は30歳までに 1000万円を貯めてから仕事を辞めようと思っていましたが、待ちきれませんでした。 笑 私が上司に退職を告げてから、辞めるまでの経緯について詳しく知りたい方は、関連記事をご覧ください。 実際のところ、どうなのかというと、 「薄給」です!!!笑 具体的には、大卒の1年目の月収は 18万円でした! 公務員は、毎年1月に昇給するので、詳しくは以下のとおりです。 4月~12月(1年目):18万円 1月~12月(1・2年目):18万5千円 1月~3月(2年目):19万5千円 お世辞にも高いとは言えませんね、、、 間違いなく民間企業に就職した人の方が給料が高いです。 大卒公務員(1~2年目)のボーナス:手取り33万円 続いて、ボーナスの額について発表します! 先に言ってしまいますと、1年目で手取り33万円でした! ボーナスが支給されるのは、6月と12月の年2回です。 具体的な金額については以下のとおりです。 1年目 6月: 9万円 〃 12月:33万円 2年目 6月:32万円 〃 12月:35万円 1年目の6月のボーナスの額が低い理由について。 また、夏よりも冬のボーナスの方が支給額が若干高いです。 景気に左右されず必ずボーナスが支給されることは、公務員の大きなメリットだと思います。 しかし、ボーナスの額も民間企業と比べても多いとは言えません。 大卒公務員(1~2年目)の年収:源泉徴収票公開! 月収とボーナスの額が分かれば大体の「年収」が分かると思いますが、計算が面倒という方のために、源泉徴収票を公開します! 1年目(4月~12月分):217万円 2年目(1月~12月分):315万円 手当:それほど恩恵を感じませんでした! 公務員は「手当」が充実していると言われますが、実際のところはそんなに恩恵を感じませんでした。 後ほど説明しますが、「公宅」は安く借りられたので、それはありがたかったです。 住居手当:およそ家賃の半額程度 一番身近な手当は、 住居手当だと思います。 住居手当は、およそ家賃の半額程度支給されます(限度あり)。 出張手当:1泊1万円程度 また、 出張手当も出ます。 ホテルに泊まる場合は、1泊あたり1万程度支給されます。 なので、5千円のホテルに泊まれば、5千円(1万円ー5千円)をポケットマネーにすることができます。 配偶者手当など、他にも手当はありますが、私にはそれほど恩恵はありませんでした。 2年間で貯めた貯金額:250万円 続いて、貯金額を発表します。 2年間で貯めたお金は250万円でした。 ここまでで、 ・月収 ・ボーナス ・年収 ・手当 について説明しました。 ご覧いただいたとおり、世間でウワサされているように「薄給」であることが分かっていただいたと思います。 では、その給料で生活していけるのか、また、貯金はできるのかと心配になった方もいるかと思います。 結論から言いますと、生活も貯金もできます! 冒頭で書きましたが、私は2年間で 250万円貯めることができました。 これは、私が公務員だったから貯めることができたというわけではありません。 貯金できるかどうかはその人次第です。 ひと月あたりの生活費の内訳:生活費は8万円程度 私のひと月における生活費の内訳は以下の通りです。 それは、「家賃が格安」であったことと「お金を使わなかった」からです。 2年間で250万円貯められた最大の要因は、家賃が格安だったからです。 公宅に入れるのかどうかは、自治体によって違いますので、公務員が全員格安の公宅に入れるわけではありません。 また、公宅によっても値段が違います。 新しいところならもっと高いです。 そして、もちろんですが、家賃が安いだけではお金は貯まりません。 お金があればある分だけ使ってしまう人であれば、お金はすぐになくなります。 私は、 最大の趣味である 「本」には、お金を使いますが、それ以外のものはほぼ全く買いません。 最近流行りの ミニマリストに近いかもしれませんね。 結論:固定費を下げてムダを省けばお金は貯まる 結論、お金を貯める方法は、「固定費を下げる」ことと「お金を使わない」ことです。 先程の例から、家賃などの固定費を下げて、お金を使わなければ、お金が貯まることがわかります。 お金を使わないというのは、全く使わないのではなく、 「ムダなものには」です。 私は、先程も申し上げたように、自己投資として本にはお金を使っています。 月によっては本に2万円以上費やすこともありました。 しかし、 使うところ絞って、それ以外は使わないと決めれば、自然とお金は貯まります。

次の

新入社員のボーナス!!公務員はいくら!?いつからもらえる!?

公務員 ボーナス 新卒

あなたは、 新卒1年目がいつから ボーナスをもらえるのか気になって調べているでしょう。 就活生や新社会人にとって、ボーナスは働く楽しみにもなりますよね。 ボーナスは夏と冬に支給されますが、 新卒の場合は夏はもらえず、冬のボーナスから支給されることが通常です。 就職してからもらえるまでの期間は空きますが、果たしていくらぐらいもらえるのか気になりますよね。 それでは、新入社員のボーナスの平均額はどのぐらいなのでしょうか。 実は、企業や業界ごとに異なるのです。 そこで、この記事では「新卒1年目の初ボーナス支給時期と平均額」について• 新卒初年度のボーナスは冬からもらえる!• 新入社員の場合は査定期間があるため、夏の支給は寸志程度• 冬に支給される新卒の初年度のボーナスは平均いくら?• 新卒1年目ボーナスのおすすめな使い道は? 民間の企業での新卒の夏のボーナスは大手企業で寸志程度であることをご紹介しましたが、公務員の場合はどうなのでしょうか? 民間企業では夏のボーナスが出ない場合もありますが、 公務員の場合は新卒1年目の夏でもしっかりとボーナスが出るのです。 ボーナスの金額ですが、勤務期間が浅く、貢献度も低いため、公務員でも夏のボーナスの 支給額は平均的に低くなるのが一般的です。 金額は 給料2か月分の3割程度と言われています。 普通の公務員の夏のボーナスが給料2ヶ月分と言われているので、これを考えるとかなり少なく感じてしまうかもしれませんね。 公務員の夏のボーナスの査定期間は12月2日から6月1日までです。 新卒では査定期間のうち働いているのは4月からとなってしまうため、普通の公務員と比べると支給額が低くなってしまうのです。 産業 平均支給額 建設業 513,600円 製造業 515,779円 電気・ガス業 779,700円 情報通信業 679,098円 運輸業・郵便業 367,721円 卸売業・小売業 339,683円 金融業・保険業 607,594円 不動産・物品賃貸業 447,396円 学術研究等 660,402円 飲食サービス業 62,688円 教育・学習支援業 505,637円 医療・福祉 276,147円 このように、 業界によってボーナスの額にはかなり大きな差があります。 ボーナスの多い業界としては、• 製造業• 金融業• 電気・ガス業• 通信情報業 などが挙げられます。 以下でそれぞれの業界についてご紹介したいと思います。 電気・ガス業界もボーナスの多い業界の一つです。 令和元年度の冬のボーナス平均支給額は、 779,700円とかなり多いものでした。 電気業は発電した電力を各家庭や会社に供給する事業です。 ガス業は各家庭や会社にガスを供給する事業で、オール電化などが増えてガス業界のボーナスが高いのが不思議に感じる方もいるかもしれませんが、電力を発電する際に多い火力発電は、ガスによって行われています。 そのため、電気業もガス業も同じようにボーナスの多い業界となります。 今現在はボーナスの支給額が多い業界ですが、国 の政策に影響を受けてしまう事も多い業界となるため、ボーナス目当てで就職などを考えている場合は国の政策にも目を向けておくことをおすすめします。 いかがでしたか?ここでは新卒1年目のボーナスについてご紹介しました。 ここでご紹介したことは、• 新卒1年目は冬のボーナスから出ることが多い• 夏のボーナスが出ても寸志程度• 冬のボーナス平均額は、多くて月給額の2ヶ月分程度• 高卒よりも大学卒・大学院卒の方が多く貰える• 業界によってボーナスの相場に差があり、多い業界としては、製造業 金融業 電気・ガス業 通信情報業がある• 新卒のボーナスのおすすめの使い道は、自己投資・家族へのプレゼント・貯蓄 になります。 新卒の方はボーナスがいつ貰えるのか、どのくらい貰えるのかが気になると思います。 業界によって相場があるので、一度調べてみてもいいかもしれません。 使い道は人それぞれですが、無駄遣いすることは控え、自己投資をしたり、親へのプレゼントを買ったりし、将来のために貯蓄しておくようにしましょう。 ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。 興味のある方はぜひ参考にしてください。

次の

【2019】新卒公務員の夏冬ボーナスはいくら?12月は6月の3倍支給!?

公務員 ボーナス 新卒

あなたは、 新卒1年目がいつから ボーナスをもらえるのか気になって調べているでしょう。 就活生や新社会人にとって、ボーナスは働く楽しみにもなりますよね。 ボーナスは夏と冬に支給されますが、 新卒の場合は夏はもらえず、冬のボーナスから支給されることが通常です。 就職してからもらえるまでの期間は空きますが、果たしていくらぐらいもらえるのか気になりますよね。 それでは、新入社員のボーナスの平均額はどのぐらいなのでしょうか。 実は、企業や業界ごとに異なるのです。 そこで、この記事では「新卒1年目の初ボーナス支給時期と平均額」について• 新卒初年度のボーナスは冬からもらえる!• 新入社員の場合は査定期間があるため、夏の支給は寸志程度• 冬に支給される新卒の初年度のボーナスは平均いくら?• 新卒1年目ボーナスのおすすめな使い道は? 民間の企業での新卒の夏のボーナスは大手企業で寸志程度であることをご紹介しましたが、公務員の場合はどうなのでしょうか? 民間企業では夏のボーナスが出ない場合もありますが、 公務員の場合は新卒1年目の夏でもしっかりとボーナスが出るのです。 ボーナスの金額ですが、勤務期間が浅く、貢献度も低いため、公務員でも夏のボーナスの 支給額は平均的に低くなるのが一般的です。 金額は 給料2か月分の3割程度と言われています。 普通の公務員の夏のボーナスが給料2ヶ月分と言われているので、これを考えるとかなり少なく感じてしまうかもしれませんね。 公務員の夏のボーナスの査定期間は12月2日から6月1日までです。 新卒では査定期間のうち働いているのは4月からとなってしまうため、普通の公務員と比べると支給額が低くなってしまうのです。 産業 平均支給額 建設業 513,600円 製造業 515,779円 電気・ガス業 779,700円 情報通信業 679,098円 運輸業・郵便業 367,721円 卸売業・小売業 339,683円 金融業・保険業 607,594円 不動産・物品賃貸業 447,396円 学術研究等 660,402円 飲食サービス業 62,688円 教育・学習支援業 505,637円 医療・福祉 276,147円 このように、 業界によってボーナスの額にはかなり大きな差があります。 ボーナスの多い業界としては、• 製造業• 金融業• 電気・ガス業• 通信情報業 などが挙げられます。 以下でそれぞれの業界についてご紹介したいと思います。 電気・ガス業界もボーナスの多い業界の一つです。 令和元年度の冬のボーナス平均支給額は、 779,700円とかなり多いものでした。 電気業は発電した電力を各家庭や会社に供給する事業です。 ガス業は各家庭や会社にガスを供給する事業で、オール電化などが増えてガス業界のボーナスが高いのが不思議に感じる方もいるかもしれませんが、電力を発電する際に多い火力発電は、ガスによって行われています。 そのため、電気業もガス業も同じようにボーナスの多い業界となります。 今現在はボーナスの支給額が多い業界ですが、国 の政策に影響を受けてしまう事も多い業界となるため、ボーナス目当てで就職などを考えている場合は国の政策にも目を向けておくことをおすすめします。 いかがでしたか?ここでは新卒1年目のボーナスについてご紹介しました。 ここでご紹介したことは、• 新卒1年目は冬のボーナスから出ることが多い• 夏のボーナスが出ても寸志程度• 冬のボーナス平均額は、多くて月給額の2ヶ月分程度• 高卒よりも大学卒・大学院卒の方が多く貰える• 業界によってボーナスの相場に差があり、多い業界としては、製造業 金融業 電気・ガス業 通信情報業がある• 新卒のボーナスのおすすめの使い道は、自己投資・家族へのプレゼント・貯蓄 になります。 新卒の方はボーナスがいつ貰えるのか、どのくらい貰えるのかが気になると思います。 業界によって相場があるので、一度調べてみてもいいかもしれません。 使い道は人それぞれですが、無駄遣いすることは控え、自己投資をしたり、親へのプレゼントを買ったりし、将来のために貯蓄しておくようにしましょう。 ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。 興味のある方はぜひ参考にしてください。

次の