トイプードル 吠える。 トイプードルの子犬のしつけについて解説します

トイプードルのしつけ方、時期はいつから?トイレ・吠える・甘噛みの対処法

トイプードル 吠える

Sponsored Links 吠える原因や理由は?なぜ吠えるの? 犬が吠える原因は、何かに警戒して吠える時と要求を叶えてもらう為に吠える時の2つがあります。 いずれにしても、吠えることをただ「うるさい」と叱り、止めさせるのではなく、なぜ吠えているのかを考え、その原因を取り除いてあげる事が、吠えることをやめさせる近道になります。 トイプードルのような小型犬は特に警戒心が強くよく吠えますが、人間から見て「ムダ吠え」でも犬は決してムダに吠えているわけではありません。 何かを訴えています。 人間が喋るように、犬は吠えることによってコミュニケーションを図るのです。 なので、犬からコミュニケーションを図る手段を完全に遮断するのではなく、原因を考え、なるべく吠えなくても済む環境を整えてあげましょう。 吠える犬の正しいしつけ方! もし、何かの音に警戒して吠えているのならば、その音に慣れさせてしまうのも 一つの手です。 よく、インターホンの音に反応して吠える犬がいますが、インターホンの音を録音するなどして何度も何度も聞かせる事によって、その音に慣れてしまい、吠える事もしだいに減っていきます。 尚、警戒して吠える事に関しては、子犬時代の社会化の育成が重要になってきます。 どんな犬も最初は本能で警戒をします。 それが彼らの生きて行く術なので。 しかし、育っていく中で色々な物に触れるうちに段々とそれに慣れていきます。 つまり社会化の育成とは、犬を人間社会に慣れさせる事を言います。 社会化の経験は早ければ早いほど良く、生後6か月以内が犬の社会化の一番大事な時期だと言われ、その月齢に様々な刺激を与える事で、脳が健全な成長をし、刺激に対して強い警戒感を示さない子が育つ為の、言わば土台作りです。 それが出来る絶好の機会がお散歩です!吠えるから大変だと言わず、積極的に連れ出しましょう。 なるべく色んな所へ連れて行ってあげて下さい。 小さな子供や大人の男性女性、そして散歩している他の犬など、色んな人や犬などに会わせる事が大事です。 他の犬を見て吠えれば口を押え「ダメ」と叱り、吠えなければたくさん褒めてあげましょう。 (その際、怖い思いをさせない事が大事です。 子犬の時期に怖い思いをさせてしまうと トラウマになり、その怖い思いをした特定の音や物を警戒するようになります。 ) しつけ教室や、パピークラスに参加するのも他の犬に触れ合わせる良い機会ですね。 犬の要求吠えに関しては、「ご飯が欲しい」「ケージから出して欲しい」などですが、一度でも要求に応えてしまうと、吠える事で自分の要求が通ったと思ってしまい、ますます吠えるようになります。 食事中に犬が「ちょうだい」とワンワン鳴く度にお裾分けしていませんでしたか?要求吠えを直すには、無視が一番です。 吠えても要求が通らないと理解すれば、諦めて吠えるのをやめます。 ただし何度も要求に応えていた子を諦めさせるのは結構大変です。 可哀想だと思わず、根気よく無視を続けましょう。 まとめ トイプードルはあまり吠えないと言われていますが、どんな賢い犬だって、しつけをしてあげなければ何も分かりません。 そしてしつけには、まず犬との信頼関係が必要です。 信頼関係の構築は難しい事ではありません。 おトイレの始末、ごはんのお世話、お散歩。 様々なしつけの練習。 それらを毎日することによって信頼関係は生まれていきます。 信頼関係が生まれると、犬は自然に貴方のいう事を聞きたくなります。 貴方の笑顔を見るのが喜びになっていきます。 ドッグカフェで静かにお座りして、お客さんや店員さんから「良い子だねー」と褒めてもらっている未来の我が子を想像しながら、ゆっくり着実に信頼関係を築いていって下さいね。 Sponsored Links.

次の

トイプードルが吠えるのはなぜか?吠える原因と対策を探ろう!

トイプードル 吠える

頭がいいからこそ起こる「問題行動」 トイプードルはとても頭がよく、しつけがしやすい点から初心者に飼いやすい犬種といわれています。 頭が良いからこそ、きちんとしつけを行わなければ「自分の方が上位である」と思ってしまい、飼い主のいうことを聞かなかったり、何かと吠えたりするようになってしまうからです。 そのため、正しいしつけさえ行えばトイプードル本来の利口さを最大限に引き出すことができ、吠え癖に悩むこともなくなるでしょう。 では実際にトイプードルによく見られる吠え癖のしつけ方法や、吠える原因についてご紹介したいと思います。 ワンちゃんが吠えることを「無駄吠え」といいますが、ワンちゃんからすると無駄なことは1つもありません。 吠えていることには全て意味があり、私たちに何かを訴えかけているのです。 ただ、人間の世界で生きていく上で「吠え」というのはほとんど必要ありません。 むしろご近所と騒音トラブルに発展する恐れもありますので、飼い主からすれば吠えないでほしいというのが一番の願いでしょう。 吠え癖をなおすためには吠えている原因を追求し、それに合った方法を行うのが理想的です。 とはいうものの、原因が何か分からないという方もいるはず。 そんなときは、まず「無視」をしてみましょう。 そもそもトイプードルたちは吠えると ・構ってもらえる ・自分に意識が向く ・思い通りになる と学習しています。 つまり、この概念を取り払えば自然と吠え癖は改善していくと考えられます。 そのためには、「無視」をすることが効果的です。 しかし、愛犬が可哀想になって目を合わせてしまう人もいるかもしれませんね。 厳しいようですが、それでは完全な無視とはいえません。 無視する際は、以下のことを徹底しましょう。 ・声をかけない ・目を合わせない ・触らない ・話しかけない これにプラスして、愛犬と違う部屋へ移動できればなお良いでしょう。 ただし、この方法には1つ注意点があります。 それは、「無視し続けない」ということ。 吠えたからといって無視し続けると、トイプードルがストレスを抱えてしまいます。 さらに、そのストレスが噛み癖や物を破壊するなど、別の問題行動へと繋がる恐れもあるのです。 そのため、無視する時間は15分ほどを目安にしましょう。 そして、吠えることをやめたらたくさん褒めてあげてください。 褒め方としては「明るい声で褒める」「たくさん撫でてあげる」「おやつを与える」などを参考にしてみてください。 もし15分経ってもおさまらない場合は部屋を出ていくなどして、別の場所へ移動しましょう。 無駄吠えがやんだら部屋に戻り、再び吠え始めたら「ダメ」と言葉に発し首をつかんで制止します。 そうすると無駄吠えをしなくなるので、すぐに褒めてあげましょう。 このように「無視」と「制止」を繰り返し行うことでコントロールすることができるようになります。

次の

【トイプードル子犬の飼い方】トイレ・甘噛み・無駄吠えのしつけは?

トイプードル 吠える

長時間吠える原因と対処法 犬は出かけ際は吠えていたとしても、5分もすると飼い主がいないことに慣れて吠えるのを止めます。 ボイスレコーダーやカメラを設置したり、出かけたふりをして犬がどれくらいの間吠えているか確認してみましょう。 確認してみて、犬が長時間吠えている場合、次の2つの原因が考えられます。 留守番に慣れていない。 仔犬の頃から少しずつ留守番の練習をしていないと、飼い主が外出したときに「もう帰ってこないのでは……」と犬が不安になって遠吠えをしたり、長時間吠えたりしてしまいます。 これを抑えるには、飼い主が出かけても必ず帰ってくる、ということを覚えさせなければいけません。 最初はゴミ捨てや郵便物の確認といった短い外出で慣らしていき、少しずつ留守番させる時間を長くしていきましょう。 また、留守番中に犬が退屈しないよう、玩具で遊ぶ習慣をつけてあげると良いです。 しかし、どれだけ練習しても長時間吠えるというときには、分離不安症になっている可能性が考えられます。 分離不安症になっている。 飼い主と離れることで犬に精神的なストレスがかかり、不安を感じていつまでも吠えるといった問題行動を起こします。 分離不安症を治していくには、専門家の指導を受けるのが一番です。 動物病院の先生に相談して症状を軽くしていきましょう。 トイプードルが留守番しやすい環境作り 長時間留守番できるようになるためには、トイプードルが安心できる環境作りが大切です。 留守番中、犬をゲージに入れる場合は、ベッド、水、トイレを完備してあげましょう。 ベッドやゲージの中に飼い主の匂いが付いたタオルや着古した衣服を入れておいてあげると、その上で丸くなったりして、大人しく留守番できるようになります。 ゲージから出して留守番させている場合は、誤飲・誤食防止のために、犬が噛みそうなものは届かない所へ置いたり、仕切りを作って動く範囲を制限したりしましょう。 トイプードルは小型犬なのでそれほど高い位置にあるものへは手が届かず、あまりのも固いものは噛みません。 しかし、30cm程度のローテーブルなら届いてしまい、ティッシュやノートといった紙類、えんぴつ、消しゴムといった小さなものを噛んだり、飴やガムといったお菓子類を食べたりしてしまいます。 少し体の大きなトイプードルだと電源コードを噛んだりすることもあります。 感電の恐れがあり、大変危険なので電源コードはコンセントから抜く、コード類は高い位置へ引っ掛ける、または物陰に隠すなどしましょう。 そして、温度環境にも気をつけなければいけません。 犬は汗腺が少ないため体に熱がこもり、夏は熱中症や脱水症状を起こしてしまいやすいのです。 また、トイプードルは毛がふわふわで寒さに強いイメージがあるかもしれませんが、実は寒さが苦手な犬種です。 夏や冬は長時間の留守番中も快適に過ごせるよう、冷暖房のタイマー機能を活用すると良いでしょう。 まとめ トイプードルが飼い主の留守番中に長時間吠える原因には、主に次の2つがあります。 留守番に慣れていない。 分離不安症になっている。 時間をかけて適切に対処すれば、トイプードルは上手に留守番してくれるようになります。 上手く留守番できるようになれば、飼い主のストレスもトイプードル自身のストレスも軽くすることができるので、家に人がいなくなることがあまりない、というご家庭でも、いざというときのために留守番練習には取り組んでおくと良いでしょう。

次の