ハクビシン タヌキ 違い。 アライグマとタヌキとハクビシンの違い、見分け方は!?比較してみた!!

アライグマとタヌキとハクビシンの違い、見分け方は!?比較してみた!!

ハクビシン タヌキ 違い

ハクビシンの生態 1分でわかる タヌキとハクビシンを見分けるポイント5つ 「ハクビシンってどんな顔してる?よく間違われるタヌキとどう違うの??」 「そもそもタヌキ自体も、キャラクターやイラストでしかわからないよね。 」 今回はハクビシンとタヌキの違いをクローズアップして見ていきましょう! タヌキとハクビシンの違いその1 顔 正面からの見分け方 ハクビシンの顔で一番特徴的なのは、頭上から鼻先まで伸びた白い線状の模様。 遠くから見てもわかります。 その他は目の下や耳の前に白い斑紋がある場合もあります。 ではタヌキは?タヌキのイラストは、よくアイマスクのような眼のまわりを囲ったかんじに描かれますが、実際は目と目の間はつながっていません。 タヌキとハクビシンの違いその2 鼻先の違い ハクビシンの鼻は一般的にはピンク色、タヌキは黒という違いがあります。 中には黒っぽい鼻のハクビシンもいるようですが、ネコの鼻と同じような感じで、だいたいピンクだけど黒っぽいのもいる、と覚えてはどうでしょう?タヌキはイヌ科なので犬と一緒の黒、と考えると覚えやすいです。 形は犬のように鼻先が長いのが特徴です。 タヌキとハクビシンの違いその3 体つきから見分ける! 実際小動物にでくわす時って、遠くで横切ったのを目撃した、とかそんな感じですよね。 スリムな体にスッと伸びるシッポが特徴です。 シッポはイラストのようにふわっとしています。 よくあるタヌキのイラストで、シマシマ模様になっていますがそれはアライグマですよ~。 脚はハクビシンはやや短め。 タヌキの脚は意外としっかりしていてネコやイヌ位あります。 毛がふっくらしている秋冬は短く見えますが、夏のスリムボディの頃は柴犬のようにがっしりした黒い脚です。 毛の色や模様は、一概に言えませんが、肩から前足にかけて黒い模様があればタヌキである確率が高いです。 フォルムの違いで見分けるなら、タヌキの場合は季節によって大分見た目が変わるので要注意です! ぽちゃっとしたかわいいタヌキは冬の姿、夏はびっくりするくらい細くて犬と間違うようなフォルムのタヌキもいます。 写真のタヌキだけでもかなり違いますよね。 積もった雪の上に小動物の足跡を見つけるチャンスです! ハクビシンは5本足、タヌキは4本足(5本目は地につかない)跡が残ります。 タヌキの足跡は、下の図のように表しましたが、じつはイヌとネコにとてもよく似ているものもあります。 タヌキとネコを見分けるポイントはツメ跡があるかどうか。 ネコは普段はツメを引っ込めているので跡がつかないそうです。 タヌキとイヌの足跡はほとんど同じだそう。 そういう場合は場所で見分けるといいそうです。 道など犬が通るところは判別がつかないので、敷地内などで探してみてください。 タヌキとハクビシンの違いその5 フンの見分け方 最後はフンをチェックしましょう。 ハクビシンは屋根裏に巣をつくり、糞尿を一か所にまとめてすることが多いです。 これがハクビシンの一番の問題点。 糞尿が病原菌のもとになったり、天井を腐敗させたりします。 雨漏りでもないの天井にシミがあったり、縁の下に小動物の気配があったら早めにチェックしましょう。 見分けるポイントは、ハクビシンの糞はあまり臭いがしません。 筆者も何度かハクビシンの糞を見ましたが、そんなに臭いはありませんでした。 ハクビシンは果物や植物のタネをよく食べるので、その残骸が糞に含まれていることが多いそうです。 タヌキは屋外にタメフンと言って、皆でまとめて1箇所で糞をします。 そして臭いがとても強いでのが特徴です。

次の

ハクビシンとタヌキとアナグマの違い

ハクビシン タヌキ 違い

ハクビシンの生態 1分でわかる アナグマとハクビシンを見分けるポイント4つ 日本で見かけるアナグマはニホンアナグマで、他のアナグマとは見た目も変わってくるので、ネットで検索する場合は「ニホンアナグマ」で検索がおすすめです! アナグマはハクビシンとよく間違われる動物の一つです。 どんな違いがあるのでしょう? タヌキとハクビシンの違いその1 顔 正面からの見分け方 ハクビシンの顔で一番特徴的なのは、頭上から鼻先まで伸びた白い線状の模様。 遠くから見てもわかります。 その他は目の下や耳の前に白い斑紋がある場合もあります。 ・顔の模様で見分ける! ・アナグマは体のわりに顔が小さく、耳も小さい。 ・ハクビシンは鼻がピンク色。 アナグマは大きく黒い鼻。 スリムな体にスッと伸びるシッポが特徴です。 シッポは短い。 ハクビシンとアナグマは対象的な体つきをしてますね。 ・ハクビシンもアナグマも5本指で爪痕がつく。 ・アナグマは長く鋭い爪をもつため、指跡と爪痕の間が空いている。 ・アナグマはやや横幅が大きい足跡。 アナグマとハクビシンの違いその5 フンの見分け方 最後はフンをチェックしましょう。 食べるものが似ているところがあるので糞だけで見分けるのは難しいかもしれませんが、ハクビシンは高いところが好きで、アナグマは低いところが好きなので、屋根の上などはアナグマの確率は低そうです。 ・アナグマはためフンをする。 (タヌキほど大規模ではない) ・アナグマは低いところを好むので高いところにある糞はハクビシンの可能性が高い。 ・ハクビシンの糞は植物の種などが多い。 アナグマの糞は土が含まれていることが多い。

次の

1分でわかる タヌキとハクビシンを見分けるポイント5つ

ハクビシン タヌキ 違い

ハクビシンとはどんな動物? タヌキとハクビシンの違いを知るために、まずあまり知られていないハクビシンの説明からはじめます。 そこで、ハクビシンの特徴について簡単に説明していきます。 ハクビシンは元々日本にいる動物ではなく外来種 タヌキとハクビシンの生息地は異なります。 ハクビシンの分布域はインド、ネパール、マレー半島、インドネシア、フィリピン、中国南東部などに生息します。 ジャコウネコ科に属し、頭が縦に長く、胴長短足です。 私たちのよく知るネコとは似ても似つかない姿形をしています。 ハクビシンは肉食性が強い ハクビシンは肉食性が強く、蛇や鳥、魚、ネズミ、リスなどの小型動物を食べます。 しかし雑食性も持ち合わせているので、果実や種も食べることもあります。 そのため、人里に降りてきてしまったハクビシンに果実や穀物を食べられてしまう農業被害、人間の残飯を荒らして食べてしまう被害が問題とされています。 タヌキとハクビシンの違いはこんなところ! タヌキとハクビシンの違いは、はっきりとはわからないですよね。 しかし、違いがわからないと、被害にあったときにどんな対策をとればいいかわかりません。 害獣の種類によって対処が変わってくることもあるからです。 そこで、タヌキとハクビシンの違いについて理解しておきましょう。 タヌキとハクビシンを比べてみると、ハクビシンのほうがスリムな体形をしています。 ・習性 ハクビシンは外敵から攻撃を受けると、肛門腺からスカンクのようにくさい液体を放ちます。 これによって、外敵を追いはらうことが可能です。 そして、ハクビシンはその発達した肛門腺を生かし、自分の縄張りに尿や糞などでにおいを付ける習性があります。 比べてタヌキはくさいにおいを使って敵を追いはらったり、縄張りをつくったりはしません。 ただし、糞をする場所を決める習性があるので、いつも同じ場所で排泄をします。 タヌキもハクビシンも害獣と言われている理由 農作物の被害 タヌキ、ハクビシンは先ほど述べたように雑食で、人間が捨てた残飯でも食べてしまいます。 タヌキとハクビシンは人間の健康状態に影響を及ぼす可能性も…… 野生の生き物は決して清潔ではありません。 ノミやダニはもちろん、とくにハクビシンは縄張りに糞尿をまくので万が一、屋根裏に住み着かれてしまったらひとたまりもありません。 ノミやダニ、糞の被害で人やペットの健康に直接被害をあたえる可能性もあります。 皮膚をノミ、ダニに噛まれたり、ノミ、ダニの死骸を空気と一緒に吸い込んだりすると、さまざまな症状が起こる可能性があります。 大人でも発症する可能性があるので、小さなお子さんがいるご家庭では十分に警戒する必要があるといえるでしょう。 タヌキとハクビシンへの対策法は? タヌキとハクビシンは違う動物ですが、対策法は共通する部分があります。 ひとつひとつ確認していきましょう。 ・生ゴミを放置しない。 収集日まで日があるときは蓋のあるゴミ箱を利用する ・タヌキ、ハクビシンが侵入してきそうな経路、通り道を遮断する ・タヌキやハクビシンが嫌う音やにおいを利用する ・大きな音を使って追い出す このような対策がありますが、とくに下の二つについて詳しく説明します。 タヌキやハクビシンは、市販で買える害獣用の忌避剤、スプレー、害獣駆除剤のにおいを嫌うので効果があるとされています。 しかし、そのにおいは人間の体にも危害をおよぼすことがあるので、利用する際は注意が必要です。 においが消えてしまうと同時に効果がなくなってしまうので、タヌキ、ハクビシンに近寄らせないためには定期的に繰り返すことが重要です。 また、大きな音も嫌がるので発砲音は効果的です。 しかし、どちらも鳥獣保護法で守られているので空気銃やガスガン、電動ガンを使用し危害を加えたり、捕獲することはできません。 威嚇音を使用するのであれば録音した音や、ブザーを使用しましょう。 ・ハクビシンの対策法 ハクビシンはタヌキと比べとても体が小さいので、金網は有効ではありません。 ハクビシンはごくわずかな隙間からでも侵入できてしまいます。 加えてジャンプ力があり木登りが得意で、細い電線の上も渡ることができます。 また、垂れた木の枝が屋根に面していれば簡単に侵入することができます。 そのため、ハクビシンはタヌキと違い金網が有効ではありません。 電気柵の方が有効的かもしれませんね。 ハクビシンには家に侵入されないことが重要です。 屋根に木の枝が垂れて触れてしまっている、飛び移れそうな木の枝などがある場合は取り除きましょう。 侵入できそうな隙間があれば、侵入されてしまう前に塞ぐことをおすすめします。 知らない間に家に侵入され、普段目に留まらないところに住み着かれてしまうと、見つけにくくなってしまうのでとても厄介です。 まとめ 農作物への被害、雑食であることなど、タヌキとハクビシンには共通点がありました。 しかし相違点もあります。 タヌキとハクビシンには体格に差があるので、侵入経路と侵入の仕方が異なるのです。 すると、私たちがとるべき対策の方法も自然と違ってきます。 各種類の特徴を理解し、被害を受ける前に対策を練りましょう。 定期的に怪しいと思われる箇所を偵察することもとても大切なことです。 すでに害獣被害が発生してしまっていたら、被害が大きくなってしまう前に害獣駆除のプロに相談することをおすすめします。 害獣駆除を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の