ツイステ 称号。 【ツイステ】蝶ネクタイの効率良い集め方と使い道! 【ツイステッドワンダーランド】

【ツイステ】蝶ネクタイの効率良い集め方と使い道! 【ツイステッドワンダーランド】

ツイステ 称号

ツイステキャラの一人称一覧 ツイステッドワンダーランドのキャラクターの 一人称は以下のとおりです。 リドル:ボク• エース:オレ• トレイ:俺• レオナ:俺• ジャック:俺• ラギー:オレ• アズール:僕• ジェイド:僕• フロイド:オレ• ジャミル:俺• カリム:オレ• ヴィル:アタシ• ルーク:私• イデア:僕• オルト:僕• マレウス:僕• セベク:僕• リリア:わし• シルバー:僕• グリム:オレ様 ボク・僕とオレ・俺ならオレ・俺派が多く、 全体としてはカタカナよりも漢字派が多いですね。 ツイステキャラの二人称一覧 ツイステッドワンダーランドのキャラクターの 二人称は以下のとおりです。 エース:お前• デュース:お前• ケイト:君• ジェイド:貴方• フロイド:お前• ヴィル:アンタ• エペル:君• ルーク:キミ• イデア:君• オルト:君• マレウス:お前• セベク:お前• リリア:お主• シルバー:あなた• グリム:オマエ 相手の年齢や関係性によって 二人称を使い分けているキャラクターが多いです。 一人称が漢字なら二人称も漢字、 一人称がカタカナなら二人称もカタカナが多いですが 一部例外となっているキャラクターもいます。 サバナクロー寮のキャラクターは 比較的二人称のバリエーションが豊富です。 名前を呼ぶ場合は 呼び捨てやくん付け、あだ名など キャラクターによってさまざま。 名前の呼び方やあだ名は別記事でまとめていますので、 そちらをご参照ください。 ストーリー関連• カード・育成・バトル関連• 授業・試験関連• イベント関連• 世界観・キャラクターなど• グッズ関連•

次の

【ツイステッドワンダーランド】キャラクターの一人称/二人称まとめ!

ツイステ 称号

おはこんばんにちは、はね子です。 今回はツイステッドワンダーランド 以下ツイステ のネタバレ感想 +考察 を書きたいと思います。 紹介記事ではありませんので悪しからず。 ネタバレを好まない方は以前に書いた記事を読んでもらうか、公式ホームページにレッツゴー。 本記事は全編通してネタバレ有りなので、『続きを読む』を設定させていただきます。 こちらを開いた時点で『ネタバレ上等!!』であることを了承していると判断しますので、宜しくお願い致します。 はじめに 私はツイステをプレイする際、 Not恋愛 的に楽しんでいます。 なので、当然の如く主人公の顔グラを作成したため、女主人公の『ユウ』が存在します。 こちらの感想まとめでも以前Charatにて制作した主人公のイラストが登場しますのでご注意下さい。 Prologue : Welcome to the Villains' world. 追い剥ぎ狸 目が覚めると不思議な棺の浮いた鏡の間にいた主人公。 なお、後にこの場所がプレイヤーにとってはガチャ爆死の間に変わるわけです。 悲しいですね。 初手、追い剥ぎにあいます。 しかも制服を渡さなければ丸焼きにすると脅す狸…もといグリム。 ここで彼のおバカっぷりが炸裂。 彼は服を奪って一体どうするつもりだったのでしょうか。 その後、学園長によって鏡の間に連行され、的感覚で寮の組み分けをされました。 まぁ、どこにも属してませんけどね。 鏡による鑑定によって魔法が使えないこと、帰る場所が存在しないことが分かり、主人公がに来てしまったことが判明します。 元の世界へ帰る方法を探す、それが主人公の目的となるわけでした。 ちなみに暴れたグリムはリドルの魔法で。 叩き出されました。 呼ばれないディアソムニア寮長 初めて読んだとき、私は「マレウスさん、嫌われてるんかな…」とアホな感想を抱いた訳ですが、後ににて入学式に呼ばれなかったのは原典『眠れる森の美女』のが呼ばれなかったことをモチーフにしていると聞き、マジか…となりました。 拗ねるらしいマレウスの代わりに、色々と悟ったリリアが新寮生を迎えに来てくれる形で落ち着きます。 ところで、この時の寮長の反応は見ものです。 特にアズール。 お前絶対にわざとだろ。 居候先のオンボロ寮 お優しい 学園長の気遣いで、雨漏りしまくりのオンボロ寮に滞在することになった主人公。 優しさをアピールするなら、「もっと配慮しやがれ…」と内心抱きながらも不屈の精神で忍び込み直したグリムと再会します。 そして襲いかかるゴースト達。 彼らは何度見ても『ミッキーのお化け退治』を彷彿させますね。 ここのグリムと主人公のやりとりは必見もの。 特に「絶対こっち選んでまうわ…」という吸引力のある選択肢。 なお、こんなこと言ってるが、主人公は身一つでツイステ世界に来たためツナ缶など当然持ってない。 ツナ缶で釣れてしまう自称未来の大魔導士… その後、見事ゴーストに勝利したことで学園長に『猛獣使い』の素質を認められます。 ひとまずグリムと2人一組で『雑用係』を担うことになりました。 グレート・セブン エースと初対面の瞬間。 気さくな彼はとても丁寧にナイトレレッジの『グレート・セブン』について教えてくれます。 まぁ、ものはいいよう…、悪役をちょっとばかし良い風に捉えてます。 間違ってはないよ、ほんとにな。 特にハデスは割といい奴だと思ってた端もある。 ゼウスのがひどい。 でも、こいつらズだからなぁ…! エース曰く規律違反は即打ち首の自寮クイーンオブハートは「クールじゃん! 俺は好き」らしいです。 カッコいい。 めっちゃ好き。 まぁ、この後罵られるし煽られるんだけどね! そういうところもズらしくて私は好感を持ちました。 これくらいガンガン言ってくれる方が良き。 しかし、この後に彼は狸の挑発を受け流せず、ハートの女王の石像をともに破壊するのであった。 おまぬけさんだね。 大釜職人、 石像破壊の罪で放課後に窓拭き100枚を命じられた主人公、グリム、エースの3人。 エース、早速トンズラをます。 いや、絶対素直に罰則受けるとは思ってなかったけどさぁ!!! 逃げるエースもエースだけど、追いかけるグリムもやっぱりグリム。 「オレ様もサボりたいんだぞ!!」と言って追いかけます。 いや、そゃんとやれ。 エースを追いかける中、デュースと遭遇。 掃除をサボる悪い人を捕まえるように頼むと、デュースはエースに大釜を落として足止めをしてくれるのでした。 咄嗟に足止め頼まれて、重たいもので押しつぶそう!という発想もさることながら、出てくる物も大釜というチョイス…。 本人も予想外そうだったけど、デュースの深層心理はどうなってんだ。 ちなみに味をしめた大釜職人 デュース はこの後も事あるごとに大釜を召喚するようになります。 その結果、称号はこれ。 はじめて見た時二度見した。 ところで、デュースがガチャで全然出てこないのはのせいなの?? センサー探知機有能すぎて草。 鉱山で魔法石探し エースを捕まえたのも束の間、今度はグリムが逃亡。 主人公、を問われる案件多発してますね。 エーデュースによる捕獲作戦後、食堂のシャンデリアに登ったグリムを捕まえようとした結果はシャンデリア破壊という大惨事を起こしてしまいました。 そりゃそうなるわな。 どれだけ優しい 学園長でもそうなりますわ。 とはいえ慈悲もあり、鉱山でシャンデリアを輝かせる源の魔法石をとってくれば退学免除してくれることに。 慈悲といえば…ここにアズールいたら秒で解決してくれそうだけど対価は酷そうだよね、と読み返して思った。 こいつにだけは頼みたく無い。 荒廃した鉱山 そして、この鉱山。 まず間違いなく舞台は『白雪姫』ですね。 の小屋も出てきますが、中の様子からかなり荒れ果て人が住んでいない様子が伺えます。 7人分の家具があることがエースから語られることからも、あの小人たちであると分かります。 ツイステの時代背景は実際にどのくらいの時期なのかが気になるところですね。 グレートセブンが伝説のように語られているところからも随分と時間が経過していることは伺えますが、ディズニーキャターが回想以外でなかなか出てこないこともあって詳細は不明です。 ただ鉱山の名残から、少なくともディズニー作品が『過去』として存在していることは確定していると思って良いでしょう。 後々に実際に原典キャラの血を引く子孫が登場してきても面白いですが、ちょっとディセンダントみたいになってしまいますかね? ちなみに、ゴーストの台詞から少なくとも鉱山は10年は使われていないことは分かります。 ただこれだけでは鉱山が廃坑になったのが10年前であると確定するには弱い情報ですね。 今回の3バカ達のように、たまたま用があって来た人間もいるかもしれませんから。 鉱山の怪物 鉱山で出会った怪物。 原典『白雪姫』の7人の小人のおこりんぼ に1番デザインが似ています。 怪物が着ている服の色と被っている帽子の色、どちらもおこりんぼと同じです。 手に持っているものはツルハシとランタン。 これも小人達が宝石採掘する時の道具になります。 また、顔はインク瓶が割れてしまったような無機物です。 そのため、名前も『顔のない怪物』。 一章以降では、オーロット こちらの説明は一章のネタバレ感想にて行います する前にインクを落としたような染みが広がる演出が必ず入るわけですが、この怪物はオーロットした成れの果てなのでしょうか? 溢れ出るインクは戦闘演出でも漏れまくっています。 そもそも瓶自体が割れてますからね。 オーロットとインクの関係は未だ分かりませんが、ディズニーは手描きアニメーションにこだわりを持っている 最近はCG作品も多いですが、どの作品でも手描き技術を用いた工夫があります。 絵コンテやスケッチなどの作品に出てこない部分では伝統的な手描き技法を使っている場合もあるくらいです ので、このことが何か関係しているのではないかなと予想しています。 インクが零れると紙が真っ黒に染まって、せっかく描いたものが黒く塗りつぶされるわけですよね。 汚れてしまった作品の末路は描き直すか廃棄されるかの2択。 オーロットは廃棄される作品を表しているのかな…なんて思ったり。 分かんないですけどね!! 妄想!! 個人的には怪物が魔法石を必死で渡そうとしない姿を見ていると悲しく感じました。 また、この怪物に限っていえば魔法石を必死に守っていたようにも見え、退学回避のためとはいえ奪うのが少し可哀想でした。 なんの理由で魔法石にこだわっていたのかは分かりませんが、魔法石を持つことで最後の存在証明をしているように思ったので。 怪物にとって、主人公達は立派にズでしたでしょうね。 雨降って地固まる 協力出来なさそうな3人が、主人公の作戦通りに協力した結果、怪物から魔法石を奪うことに成功。 この息のぴったり具合が最高でした。 ズが協力し合うことはなかなか無い ハウスオブマウスの話とか見てると仲良しやな…なんて思ったこともあるけど ため、3人の息を合わせた勝利は見事の一言です。 特に大釜職人は大活躍です。 めっちゃ笑った。 その後、怪物が落とした謎の石を拾い食いする狸。 見事なグルメレポート。 こいつの語彙力どうなってんだ。 エピローグ 魔法石を取って帰って来たこと、生徒同士を協力させて怪物に勝利したこと、グリム自身も魔法の腕を認められたことなどから主人公とグリムは2人で一人前としてナイトレレッジの正式入学が認められました。 また、魔法が使えない主人公だから監視役兼記録者として『ゴーストカメラ』が与えられます。 このカメラを使ってナイトレレッジの『記憶の断片 メ 』を遺すことになります。 さて、このカメラの元ネタって何かあるんでしょうかね? 今のところ私は『ゴーストカメラ』の元ネタは検討がつきません。 というかディズニーでカメラといえば、マルチプレーン・カメラしか思い浮かばなかったわ。 もしくはパークのDオタ標準装備の一眼レフ。 未だ本編中でカメラ撮っている描写はないので、単純にカードのイラストのことを指しているのかな…メとはパーソナルストーリーのことかな…などと思ってもいます。 ともあれ、めっちゃ笑顔のグリムを見ていると嬉しくなるエンディング。 一緒に鉱山を攻略したエースとデュースも主人公達を認めていることが会話の節々から感じ取ることも出来ます。 危機をみんなで乗り越えて仲良くなるって展開は王道ですが良いものです。 まとめ 分かりやすいディズニー要素は少なめながらも、ディズニー好きを恐ろしい勢いで吸引できるプロローグだと感じました。 主人公が何故ツイステッドワンダーランドに呼ばれてしまったのかやが存在する訳、グリムが食べてしまった謎の石についてなど気になるところも盛り沢山で、その世界観に引き込まれる作品だと思います。 ディズニーズは確かに悪役ではあるけれど、ただの悪役とは言えない魅力を持ったキャターであることが良さだと思います。 ツイステでもディズニーらしい悪役さを、非常に上手にキャター達の性格に反映しています。 序章のエースとデュースを見ていれば、彼らは決して善人では無いと分かりますからね。 また、この後は各寮にまつわるエピソードが展開されていくわけですが、エースとデュースに限っていえば序章で初めに仲良くなった生徒である故か主人公とグリムとの強い絆ができています。 ハーツラビュル寮生ではありますが、さながら主人公のオンボロ寮生ともいえる域です。 私はひっくるめて主人公組と呼んでます。 個人的な意見ではありますが、各寮のエピソードが終わって終章になったらまた主人公組のお話が展開されれば嬉しいですね。 はじめと終わりを彼らで締めくくってくれるとなんとなく滾ります。 では、大変長くなりましたがお付き合いしていただきありがとうございました! haneko873.

次の

【ツイステ】アズールSSR闇堕ちの評価は?

ツイステ 称号

オーバーブロットの考察 考察1:オーバーブロットとは そもそもオーバーブロットとは、魔法士が魔法を使用した際に排出される不純物「ブロット」が、魔法石の許容量を大きく超えてしまった状態のことです。 別名に 「闇落ち」「狂戦士(バーサーカー)」があり、ユーザーの間では 「オバブロ」と略されることもあります。 排出されたブロットは休養すれば減少しますが、過度に連続で魔法を使うとオーバーブロットしてしまいます。 考察2:オーバーブロットの原因 オーバーブロットしてしまう根本的な原因は、 強い過去のトラウマではないかと考えられます。 たとえば1章のリドルオーバーブロットでは、幼少期から過酷な環境下で育てられたリドルが、同じ寮生の反発を「自分の過去を否定された」と感じ、寮生に向かってユニーク魔法を連発してしまいました。 オーバーブロット化した彼らを倒した後のストーリーで、詳しい心情などが明かされています。 考察3:公式ホームページに隠された秘密 のトップに大きく表示されているイラストに、 オーバーブロットするキャラのヒントが隠されているかもしれないという話があります。 ホームページトップのイラストの下部をよく見ると、ブロットのような黒い液体が描かれていますよね。 さらにその液体に映り込んでいる絵は、今までにオーバーブロットしたキャラを連想させるようなモチーフも確認できます。 筆者は ヴィル、イデアと予想します。 今のところオーバーブロットする順番は寮の順番と一致しているので、次にオーバーブロットするのはポムフィオーレ寮のヴィルかもしれません。 ヴィルのキャラクター紹介のセリフに「鏡」という言葉が出てきますが、これが ヴィルのユニーク魔法で、何かの理由により使いすぎてしまうのではと考えました。 鏡は白雪姫の中でもかなり印象の強いモチーフですが、ツイステの物語中でもたくさん出てくるものなので、予想が外れる可能性も大いにあります。 また、イグニハイド寮は 暗い性格のイデアに1番闇落ちの可能性を感じましたが、裏をついてオルトがオーバーブロットする可能性も否定できません。 ディアソムニア寮はまだ情報が少なく、誰がオーバーブロットするのかまったく予想がつきませんでした。 今後のストーリー展開を楽しみにしましょう! オーバーブロット状態のキャラ一覧 闇落ちリドル 1-24「暴走プリーフェクト!」にて、魔法士の中で一番最初にオーバーブロットするのはリドルです。 「ハートの女王」を模したおどろおどろしい姿へと変わり、その背後には バラの木を手に持ったモンスターがいることも確認できます。 闇落ちレオナ 2-26「咆哮ディザイアー!」にて2番目にオーバーブロットするレオナは、 隻眼を宿した獅子のような姿に変わります。 レオナの背後のモンスターも、巨大な獅子の姿をしていますね。 闇落ちアズール 3-33「動転ヒステリック!」にて3番目にオーバーブロットするアズールは、 タコをメインとした海洋生物のような異形に変貌します。 アズールの背後にいるモンスターも、大きなタコの姿です。 闇落ちジャミル 4-32「強奪スローン!」にて4番目にオーバーブロットするジャミルは、 ランプの魔神やメデューサを連想させる邪悪な異形に変貌します。 ジャミルの背後のモンスターは、ランプの魔神を模した赤い姿をしています。

次の