パッタイ 意味。 バンコクでパッタイならこの10店舗|2017

タイ料理で「パッタイ」以外にも知っておくべき焼きそば風メニュー7選【音声付】

パッタイ 意味

タイ式炒め物といった感じでしょうか。 米粉から作られた麺を鶏肉やえび、固めのタイ豆腐、大根の漬物のような物、もやしなどの沢山の具材と一緒に炒めて、ナンプラーやタマリンドと言ったタイならではの調味料で味付けをした焼きそばのような料理です。 タイ全土で愛される定番のタイ料理ですが、それほど昔からある料理ではありません。 第二次世界大戦下のタイは、近隣諸国が植民地化される中、唯一独立を保っていました。 その混乱の中、時の首相が国民の気持ちをひとつにまとめて、国家の安定を図るために「国民食コンテスト」が開催しました。 そこで優勝したのが、この「パッタイ」なのです。 当時、戦時下の混乱期でコメ不足だったタイでは、少ない米を加工して麺にすることで、米の消費量をコントロールしようという苦肉の策を編み出しました。 ちょうど時期を同じくして、「サイアム」から「タイ」に国名が変更されました。 戦後の苦しい生活のなか、米麺の製造で生計を立てる国民が多く、不況を乗り切る原動力にもなりました。 こうして、今の「タイの国民食」としての地位を得たのです。 現在では、道端の屋台から最先端のタイ料理レストランまで幅広く提供される人気料理になりました。 パッタイ作りに挑戦してみよう! タイの国民食「パッタイ」。 そんな本格的な料理を自宅で作るのはなんだかハードルが高い・・・。 でもご心配なく。 実は、パッタイは「タイ風焼きそば」と言われているように、日本人にも馴染みのある作り方で簡単に作れてしまう、お手軽料理なんです。 日本で手に入るパッタイの材料と分量 早速日本で手に入る食材で作るレシピの分量を見ていきましょう。 こちらでご紹介するのは2人分の分量です。 まずは一番大切な米麺です。 本場タイでは「センレック」と呼ばれる中細麺で、その中でもパッタイに使うのは平麺です。 日本でも一般的なスーパーで米麺は手に入るので、乾麺を手に入れてくださいね。 *米麺(乾麺)・・・120g 次に具材と調味料を準備します。 味見しながら、お好みを見つけてくださいね。 *ライム(タイ産ライム、マナオの代用です)・・・適量 *桜えび・・・小さじ1 *ピーナツ・・・大さじ1 *グラニュー糖・・・お好みで 合わせ調味料を作る 梅干しの種を取り除いて、ペースト状になるまで包丁でたたいておきます。 小鍋に材料をすべて入れて、焦がさない様に5分程火を通してパームシュガーを完全に溶かしてください。 梅干しが甘めであれば、パームシュガーを少なめにして構いません。 ほんのり酸味を感じられるようにしましょう。 合わせ調味料は、冷蔵庫で保存できるので多めに作って、他の料理に活用もできますよ。 材料の下ごしらえをする まず初めに、米麺を人肌より少し熱いくらいのお湯にひたひたになるように浸けて戻しておいてください。 太さによって戻し時間が違うので、様子を見ながら20分程置いておきましょう。 戻した麺はきっちりと水分を拭き取っておいてくださいね。 もやしは根を取り除いておき、えびは背開きにして、ワタを取り除きます。 たくあんと厚揚げはサイズ感を揃えた、細かめの短冊切り、にらはひと口大のざく切りにします。 ピーナッツは細かく砕いて、オーブントースターで香ばしい香りになるまであぶっておいてください。 もやしとにらは炒める時、最後に加えるので別皿に分けておきましょう。 炒める 熱したフライパンにサラダ油を入れ、厚揚げに色が付くまでしっかり炒めます。 フライパンを傾けて、油で揚げるようにして卵をふんわりと炒めます。 そこにたくあんとえびを入れて、えびの色が変わったら米麺を加えます。 米麺は戻すとくっつき易いので、炒めながらしっかりとほぐしましょう。 ある程度ほぐれたら、合わせ調味料を加えて、まんべんなく全体に調味料が行き渡ったら火を止めてもやしとにらを加えます。 タイの炒め物は、基本的にスピード勝負!中華の炒め物に近いです。 サッと強火に通して、野菜などのしゃきしゃきした食感を楽しむ料理が多いです。 パッタイも例にもれず、もやしのシャキシャキ感が大切なので、予熱で火が入る程度で十分です。 炒め始めてからもたもたしていると、台無しになってしまうので材料は事前にしっかりと準備を整えてから火をつけましょう。 パッタイは手際の良さが味の決め手です。 出来上がったら器に盛り付けて、桜えびと炒りピーナッツをトッピングしましょう。 ライムは食べる直前にお好みで絞れるように、カットして添えておくのがおススメです。 タイでは、更にお酢やナンプラーを足して自分好みにアレンジするのが一般的です。 中でも、日本では受け入れがたいですが、グラニュー糖をかけるのも実はスタンダードです。 是非試してみてください。 まとめ 下ごしらえの時間を除けば、5分程で作ることが出来るパッタイ。 実際タイのフードコートでは、注文してからお箸やお水の準備をしている間に出来上がってしまいます。 簡単で美味しいパッタイはタイの国民食になるのも納得の味で、癖になること間違いなしです。 ただ、レシピでうすうす感じているかもしれませんが、砂糖と油がたっぷりなのでかなりのハイカロリーです。 食べすぎには注意してくださいね。

次の

タイ語で「炒める/煮る/焼く」は何と言う?タイ料理を知るための調理ワード7つ【前編】

パッタイ 意味

作り方• 米麺はたっぷりのぬるま湯に30分ほど浸して戻し、ざるに上げて水気を切り、よく水洗いして再び水気をよく切ります。 えびは尾を残して殻をむき、背側に切り目を入れて背わたを取り除き、塩、こしょう各少々をふります。 厚揚げは短冊切りにします。 もやしはひげ根を取り除き、にらは4cm長さに切ります。 卵は溶きほぐして塩、こしょう各少々を加えて混ぜます。 干しえびは分量のぬるま湯に5分ほど浸し、汁気を切って粗く刻みます。 戻し汁に 【A】を加えて合わせ調味料を作ります。 フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、卵を入れて箸で大きく混ぜ、半熟状になったら取り出します。 5のフライパンに残りのサラダ油を中火で熱し、 2のえびと厚揚げを並べ入れ、厚揚げにいい焼き色がついたら干しえびを加えて炒め、 1の米麺を入れてほぐすように炒めます。 4の合わせ調味料をまわし入れ、味がなじむように炒めたら、もやし、にら、 5の卵を加え、さっと炒めます。 器に盛り付け、ピーナッツを砕いて散らし、ライムを添えます。 1234567890.

次の

パッタイは簡単に作れる!日本で本格的なパッタイを作るレシピをご紹介!

パッタイ 意味

パッタイ 本来の名称は「・パッ・タイ」で、ライスヌードルのタイ風炒めという意味である。 ライスヌードルの種類(太さ)によって、センヤイ・パッ・タイ、センレク・パッ・タイ、センミー・パッ・タイといった呼び分けもされる。 ライスヌードルの代わりにを用いた場合は「・パッ・タイ」となる。 のライスヌードルを戻したものに、および小さく切ったを加えて中華鍋その他の大鍋で炒め、果肉、、、または、およびで調味し、および刻んだを添えて提供される。 、、またはの漬物、の花といった他の野菜が加えられたり、生エビ、、、その他のタンパク質系食材が加えられたりすることもある。 また、赤唐辛子、ライム、ローストピーナッツ、モヤシその他の生野菜など、として多数の食材が添えられる。 好みで、ナンプラーや酢などの卓上調味料でさらに味を付けてから食べることもある。 鶏卵は具材の一つとして炒められることが多いが、薄焼き卵でライスヌードルとその他の具材を包んだバージョンもある。 エビを省いて、ナンプラーの代わりにを用いた向けのパッタイも存在する。 パッタイに用いられる食材や調理法には、やの文化の強い影響が認められる。 例えば豆腐や干しエビは中国由来の食材であり、またパッタイに用いられるセンチャンというライスヌードルはベトナムのに類似している。 しかし、パッタイに用いられる調味料はタイ由来のものであり、これがパッタイをタイ料理として特徴付けている。 歴史 [ ] ライスヌードルを炒めた料理は、時代に、中国またはベトナムの商人によりに持ち込まれていたが 、パッタイが現在のような形で確立したのは1930年代に入ってからのことである。 1930年代、タイではの戦乱および洪水のためにに陥った。 タイ政府は当時の(ピブーン)の指揮のもと、国民に対し、国内でのコメの消費量を抑えるため、コメを粒食するのではなく、より入手しやすいライスヌードルを食べることを奨励した。 同時期に、ピブーンは、愛国主義的文化改革政策を実行し、文化・経済における華人の影響力を弱め、ナショナリズムを高揚させようと試みていた。 ピブーンはそのような政策の一環として 、国民食コンテストを開催しており、このコンテストで優勝した料理は現在のパッタイに非常に似た形のライスヌードル料理であった。 このコンテストでライスヌードル料理が優勝したのには、華人文化の影響の強い小麦麺の消費を抑えたいという政府の思惑もあった。 1945年の11月7日、タイ政府は、パッタイをタイの新たな国民食であると宣言した。 第二次世界大戦後、タイは不況による高い失業率に苦しむこととなった。 ピブーンは失業対策として国民がライスヌードルの製造・調理に従事することを奨励し、レシピを配布することさえした。 これ以降、パッタイは、都市部・農村部を問わず、タイ全土において国民の間に広く定着した。 世界的な普及 [ ] パッタイ 1960年代から1970年代にかけて、の間に多数の米軍兵士が休養地としてタイを訪れたことにより、外国人顧客を対象としたタイ料理レストランが作られはじめ、タイ料理が外国人にも知られるようになった。 その後2002年から、当時の首相は、タイ料理を観光資源として用いるため、タイ料理レストランの出店を奨励する政策を取るようになった。 この政策の一環として、タイ政府は良質なレストランに賞を与えるようになった。 受賞したレストランは政府が売り出したいタイ料理のイメージに沿った料理を提供することを求められ、そのような料理にパッタイも含まれていた。 2010年代現在、パッタイはタイ国外のタイ料理レストランでも広く提供されており、タイ料理初心者の間でも人気がある。 カセサート大学およびジョージア大学の研究者らがアメリカの消費者を対象に行った調査では、パッタイはに次いで人気のあるタイ料理である。 CNN Goが2011年に実施したWorld's 50 most delicious foodsの読者人気投票においても、パッタイは5位にランクインしている。 日本での生産 [ ] 炊飯米を硬くするの含有量が多い米の品種「 」は、冷めると硬くなりやすいため、それが欠点となり、生産量が年々落ち込んでいたが、逆に、米の麺として加工した場合、茹でても溶けにくく、麺離れが良いという利点となり、パッタイなど米の麺の原料として、新たな需要が喚起されている。 関連項目 [ ]• 出典 [ ] []• 食べるアジア. 啓旅社. 2017年12月30日閲覧。 2017年3月20日閲覧。 3rd ed. September 2005. 要購読、または。 (英国公立図書館のメンバーシップまたは購読が必要)• thaitable. com. 2013年7月28日閲覧。 luxevoyageasia. com. 2017年5月29日閲覧。 Independent. 2017年12月30日閲覧。 BBC. 2017年12月30日閲覧。 Ec-padthai. com. 2013年2月18日時点のよりアーカイブ。 2017年12月30日閲覧。 2017年11月7日閲覧。 玉田, 芳史 6 1996. 日本語. 東南アジア研究 京都大学東南アジア研究センター 34 1 : 138. 2017年12月30日閲覧。. 2017年11月7日. 2017年11月7日閲覧。 Ronald Ranta 2015. pdf. World Policy Journal: 36-37. 2017年12月30日閲覧。. Sujinda Sriwattana, Anna V. Resurreccion, Vichai Haruthaithanasan and Penkwan Chompreeda 2002. pdf. Kasetsart J. Soc. Sci 23 2 : 139-150. 2017年12月30日閲覧。. 2011年10月11日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 日本国内で入手しやすい素材を用いるようアレンジしたパッタイのレシピ• (キリンレシピノート)• (エスビー食品).

次の