業務委託 石川。 ●かほく市上下水道事業包括的民間委託の受託者募集について●【平成30~34年度】

業務委託とは?他の契約との違いから契約書作成までのポイントを網羅|バーチャルオフィス・シェアオフィス@東京都千代田区

業務委託 石川

注目 業務委託契約書の種類:請負と委任の違いとは 業務委託契約書を作成する際、業務内容や目的に合わせて「 請負契約」か「 委任契約・準委任契約」のいずれかと法的に評価されることになります。 外部へ業務を委託する点では同じですが、 最終的な目的や負うべき責任が異なるため、意識して契約書の内容を書き分けられるようにしましょう。 ここでは、請負と委任の違いについて紹介します。 請負契約と委任契約・準委任契約とは 請負契約とは、業務の完成を目的とした契約です。 そのため、主に工事や各種コンテンツ作成、清掃など 具体的な成果物を委託するケースがこれに当たります。 他方の委任契約・準委任契約では、業務の遂行を目的としており、 受託者が誠心誠意尽くしても確実な結果を約束できない業務 裁判、指導、管理、その他サービス業など を委託する際に利用します。 そのため、前提として、原則、 受託者は結果に対し責任を負いません。 請負契約と委任契約・準委任契約の違い 請負契約と委任契約・準委任契約では以下のような違いがあります。 請負契約 委任契約 準委任契約 目的 業務の完成 業務の遂行 法的行為を委託に限定 業務の遂行 法的行為以外の業務を契約 結果と報酬 結果 成果物 に対し報酬を支払う 結果にかかわらず報酬を支払う 結果にかかわらず報酬を支払う 責任 請負人の担保責任 成果物にミスがあった場合は、請負人に修正・損害賠償を行う必要がある 受任者の注意義務 善管注意義務があるものの、業務を完遂すれば結果に責任が生じない 受任者の注意義務 善管注意義務があるものの、業務を完遂すれば結果に責任が生じない 業務例 工事・資料やコンテンツ制作・清掃業など 弁護士への依頼などの法的行為 情報管理・技術指導・コンサルティングなど 法的根拠 民法第632条 民法第634条 民法第656条 システム開発などの場合、システムの構築やメンテナンスなど工程ごとに切り分けて請負契約と準委任契約の両方を交わす方がいいケースもあります。 業務委託契約書へ記載すべき9の事項 トラブルを起こさない業務委託契約書を作成するには、一般的に以下のことを記載します。 業務内容と目的• 報酬を支払う条件• 業務の契約期間もしくは納期• 報酬金額と支払い時期・方法• 業務の手順や遂行方法に関するルール• 禁止事項と損害賠償責任• 反社会勢力の排除条項• 知的財産の帰属• 秘密保持 具体的に紹介します。 業務内容は報酬と対価関係になり、行うべき業務の内容を決めるものですので、重要です。 トラブルを避けるため、 内容はできる限り明確にしましょう。 あまりにも低質な成果物を提出されたときに、契約書に記載してあれば修正を求めやすくなるからです。 委託・準委託契約を結ぶ場合、 支払い方法には期間や回数、成果などがあります。 業務内容に合わせて条件を決めましょう。 双方の認識にズレが生じてしまうと支払いトラブルに発展しますので、注意が必要です。 このような契約でもトラブルを避けるため、報酬支払いの前提として、毎月の報告書の作成を求めるなど一定の成果物を義務づけることも考えられます。 期間が短い場合には更新するかどうか、方法含めて決めておきましょう。 また、 再委託の可否や注意事項についても明記しておきましょう。 再委託について何も規定しないまま契約してしまうと、再委託先とのトラブルが発生したり、低品質な成果物が提出されたり、などのリスクが考えられます。 ただし、秘密保持契約書 NDA が別にあり、そちらで契約をする場合は、 追加で記載する必要はありません。 【弁護士監修済】業務委託契約書のひな型 業務委託契約書のひな型を紹介しますので、作成する際の参考にしてみてください。 なお、ここで紹介する業務委託契約書は、 あくまで見本ですので、業務内容や状況に合わせ修正しましょう。 第1条 委託業務 乙は、業務の拡大及び他社との差別化を目的とし、以下の業務を甲に委託し、甲はこれを受託し提供する。 第3条 契約期間 本件業務の委託期間は令和~~年~~月~~日より令和~~年~~月~~日とする。 委託期間満了の1ヶ月までに、甲及び乙のいずれからも、相手型に対し本契約を持続しない旨の通知がない場合、委託期間の末日の翌日から1年間を新たな委託期間として自動的に更新されるもの歳、以降もこの例による。 報酬は月末締めの翌月支払いとする 第5条 秘密情報保持 甲及び乙は、本件業務で開示した情報等を、相手方の承諾なしに第三者へ公開・譲渡してはならない。 第6条 契約解除 甲及び乙のいずれかにおいて、次の各豪のいずれかに該当する場合、相手方は通知、催告を要せず、即時に本契約の全部または一部を解除できるものとする。 本契約の違反したとき 2 営業または資産状況の悪化、または悪化する恐れがあると認められる相当の事由があるとき 3 仮差押え、差押え、仮処分、競売等の申立てを受けたとき 4 破産、民事再生、会社更生、特別清算等の手続き申立てを受けたとき、又は自ら申立てをしたとき 5 その他各号に類する不信用な事実があるとき 第7条 損害賠償 甲及び乙は、本契約の履行に関し、相手方の責めに帰すべき事由により、損害を被った場合、損害賠償を請求することができる。 第8条 再委託 甲は、本件業務の一部を第三者に委託できるものとする。 第9条 反社会勢力排除 1. 甲及び乙は相手方に対し、本契約締結以前及び本契約期間中において自己(役員及び従業員を含む)及び自己が実質的に経営を支配している会社が次の各号に該当し、かつ各号を遵守することを表明し、保証し、誓約する。 1反社会的勢力(「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」に定義する暴力団及びその関係団体又はその構成員。 総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロなど暴力、威力、脅迫的言辞や詐欺的手法を用いて不当な要求を行い、経済的利益を追求する団体若しくはその構成員又は個人。 以下「反社会的勢力」という。 )でないこと。 2 役職員又は実質的に経営に関与する者が反社会的勢力でないこと。 3 反社会的勢力を利用しないこと。 4 反社会的勢力に財産的利益又は便宜を供与しないこと。 5 反社会的勢力と親密な交際や密接な関係がないこと。 甲及び乙は、子会社及び関係会社についても、前項を遵守させるものとする。 相手方が本条第1項及び第2項に違反した場合、又は違反するおそれがあることが判明した場合には、催告その他何らの手続も要することなく、直ちに甲及び乙間において締結しているすべての契約を解除することができるものとする。 本条に基づき契約を解除した者は、当該解除により生じた一切の損害について相手方に対し賠償請求をすることができるものとし、また、本条に基づき契約を解除された者は、当該解除により生じた一切の損害についても相手方に対し損害賠償をすることができないものとする。 本契約締結の証として本契約書2通を作成し、甲、乙各自が記名捺印の上、各1通を保管するものとする。 甲 住所 代表者名 印 乙 住所 代表者名 印 業務委託契約 請負契約 基本的に委託契約の書面と同じです。 請負契約の場合、業務完了が目的のため、 「完成」に関する定義や修正対応に関する記載を必ずしましょう。 IT関連のコンテンツ・システム開発の契約であれば、「 甲は乙の修正要求に速やかに応じる」等の一文を記入しましょう。 その他にも、不動産工事の契約であれば、設計図を厳守する旨や、検査を行う旨、設計図との相違があった場合の対応について記載します。 北海道・東北• 中国・四国• 九州・沖縄• 業務委託契約書を交わす際の注意点 業務委託契約を交わす際の注意点を紹介します。 業務内容や損害賠償条項などはできるだけ明確化する 業務内容や損害賠償条項についての記述は、具体的かつ明確にしましょう。 「 相手もわかるだろう」と委託する業務内容や損害賠償条項があいまいな場合、 受託者だけでなく委託者にも不利益が生じるリスクがあります。 システム開発の業務委託契約の場合など損害額が高額になることがありえますので、受託者の立場からは、損害額の上限を設定すべきです。 起こりうるトラブルを回避できるか確認する 契約書を作成しても、記載漏れ等でいざという時に利用できないのであれば、意味がありません。 業務内容や状況ごとで起こりうるトラブル内容は大きく異なります。 インターネット上のひな型はあくまでも、 中立的な立場から記載しているものが多いです。 委託者の立場で契約する場合と、受託者の立場で契約する場合とでは、求める内容も異なってきます。 ひな型を参考にする場合でも、契約書を作成した後には企業法務が得意な弁護士にリーガルチェックを依頼しましょう。 法的な観点から確認してくれるため、 今まで気づかなかった落とし穴が見つかる可能性があります。 弁護士費用は契約書の量や内容、契約金によって変わります。 相場としては、3~10万円ですが、依頼する前によく確認しましょう。 関連記事: 収入印紙の費用や支払い方法について 業務委託契約書は、書面は偽造や加筆防止のため2通作成し、うち1枚には印紙税法所定 の収入印紙を貼ります。 収入印紙は契約金が 5万円以下の場合は必要ありません。 契約金が5万円より多い場合、金額は以下の通りです。 契約金額 収入印紙額 5万円より多く100万円以下 200円 100より多く200万円以下 400円 200万円より多く300万円以下 1,000円 300万円より多く500万円以下 2,000円 金額が500万円より多い場合>> 収入印紙をどちらが支払うのか法的な規定はありませんが、 作成した側が支払うのが一般的です。 まとめ 業務委託契約は契約書がなくても結べますが、トラブルが起こる可能性が非常に高いため、 信用できる相手であっても書面で契約をおすすめします。 契約書は、お互いの合意の内容を確定させると同時にその確たる証拠となるとともに、トラブル発生時の解決指針となります。 また、契約書は、業務内容や目的、双方の事情を考慮した上で作成する必要があるので、 立場が不明なテンプレートやひな型をそのまま参考にするとかえって不利になる場合もあります。 業務委託契約書の内容に漏れがあると、いざという時に利用できませんので、記載した後は相手方に確認してもらう前に、弁護士に確認してもらいましょう。

次の

石川県/契約約款の改正について

業務委託 石川

1 はじめに AがB Bの社員をCとします に仕事を依頼するという場合、請負、委任、業務委託は、何らかの仕事を依頼してそれを行ってもらうという意味では共通しているのですが、それを請負とするのか、委任とするのか、業務委託とするのかで迷うことも多いのではないでしょうか。 これは反面からいえば、例えば依頼した仕事をちゃんと完成させてもらいたいし、その完成がない以上報酬を支払うことはできないとAが考えているのか、Cに対してAが仕事上の指揮命令権を保持しておきたいと考えているのかなど、Aの求める契約内容の実現にどの契約態様がもっとも適しているかどうかの判断の問題といえるでしょう。 そこで、請負、委任、業務委託について、それぞれはどのような契約であって、どのような法的効果が発生するものかを正確に理解しておくことが必要となります。 2 請負とは? 請負とは、当事者の一方 請負人B が、ある仕事を完成させることを約束して、相手方 注文者・A がその仕事の結果に対して報酬を支払うことを約束する契約です。 請負人Bは仕事を完成させる義務を負担し、注文者Aは請負人Bが仕事を完成させない以上報酬を支払う必要はありませんし、完成させた仕事の結果に瑕疵があれば、請負人Bは瑕疵担保責任を負担します。 また、注文者AはCに対して指揮命令権を持ちません。 3 委任とは? 委任とは、当事者の一方 委任者・A が法律行為をすることを相手方 受任者・B に委託し、受任者Bがこれを承諾するという契約です。 また、委任は法律行為をすることの委託でなくとも 法律行為でない事務であっても 準委任として委任の一つとされています。 この準委任こそが、請負などとの分岐点で問題となります。 受任者Bは善良なる管理者の注意義務に従って法律行為ないしは事務を処理しなければなりませんが委託された法律行為ないしは事務について、その完成義務を負担するものではありません。 また、委任者AはB 又はC に対して指揮命令権を持ちません。 なお、民法上の委任は無償が原則ですが、現実には有償とされることがほとんどです。 4 業務委託とは? 請負と委任が民法上に規定された契約であるのと異なって、業務委託契約は民法上に直接規定されている契約態様ではありません。 そこで、その定義自体も確定的でないといって過言ではありません。 ただ、ここでのテーマである企業法務に関係していえば、他人の労働力を利用する形態の一つとして把握することが適切だろうと思われます。 そこで、業務受託者 B が委託者 A に対して、その一定業務の処理を受託し、受託業務を遂行するために、自己の雇用するCを委託者Aの事業場において、自己の指揮命令下に労働させることと定義することにします。 業務委託は、請負の一種なのか、準委任の一種なのかは契約の表題で決まるものではありません。 そのいずれであるかは契約内容によって決せられるからです。 5 それぞれの異同 請負と準委任 請負の特徴は、請負人Bに仕事完成義務があること、したがって請負人Bは瑕疵担保責任を負うこと、注文者Aは仕事が完成していない以上報酬支払義務がないことです。 これに対して準委任では、受任者Bに仕事完成義務がなくしたがって瑕疵担保責任を負うこともありません。 つまり、請負と準委任との決定的相違は、仕事完成義務の有無ということになります。 ですから、Aが仕事を完成させてくれない以上報酬を支払いたくないということを欲していれば、請負契約とすべきことになります。 もっとも、Aの意図が仕事完成義務を求めていたものであるとしても、請負なのか準委任なのかで争われるケースも少なくありません。 請負であることを確定するためには、「検収合格後に報酬を支払う」といったような文言を記載することもお勧めです。 これによって請負であることが明確になります。 業務委託と請負・委任 前にも説明をしましたように、業務委託は委託者Aの事業場でCに仕事をさせるものですから、その点で請負や準委任と区別されます。 しかし、どのような法的効果が発生するのか、つまり、業務委託契約の実質的性質が請負であるか準委任であるかは形式的に決まるものではなく、その契約内容、仕事完成義務の有無によって決まるものです。 なお、いずれの契約もCに対する指揮命令権はBにあって、Aにはありません。 この点では共通しています。 そこで、注意をすべき点は、Aが指揮命令権を行使しないことです。 もし行使してしまったら、偽装請負とか派遣業法違反になりますので注意をしてください。

次の

業務委託とは?他の契約との違いから契約書作成までのポイントを網羅|バーチャルオフィス・シェアオフィス@東京都千代田区

業務委託 石川

起業から段階に合わせた支援が利用可能 石川県は伝統工芸や観光資源を生かした食品や繊維産業をはじめ、サービス産業が全国的にも高いと言えます。 企業の誘致に力を入れていることもあり、上場企業の誘致にも成功しています。 その中で、ベンチャー企業などの起業を創出する取り組みとして、財団法人石川県産業創出支援機構を設置。 ここでは、起業に関する情報提供をはじめ、経営相談や製品開発における助成・資金援助、人材育成など、さまざまな段階に合った積極的な支援を実施しています。 また、産学官の交流も盛んで、インキュベーション施設「いしかわクリエイトラボ」では、実際に研究成果が事業につながるなど、成果をもたらしています。 さらに特別区制度を利用し、産業活性、都市農村交流、農業、教育分野などでも産業の発展を目指しています。 北陸新幹線の開業によるビジネスチャンスも期待できるでしょう。 開業資金総額とは? アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。 開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。 また、 広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください。

次の