英語 発音 フォニックス。 フォニックスの基礎と正しい習得方法

大人の英語勉強にフォニックス!驚きの発音上達術

英語 発音 フォニックス

フォニックスって聞いたことありますか? アブクドゥ読みというのはどうですか? どこかで聞いたことがあるような無いような・・・ フォニックスは英語上達、特に読み書きをする上でとても役立つものです。 また、 フォニックスを習えば英語発音がカタカナ英語にならない、という大きな利点もあります。 実際に子供の英語教育では様々な媒体でこの学習方法が取り入れられています。 始めるタイミングはいつがいいのか、そもそも本当に必要なのかなど疑問の声も聞きます。 判断するにはまずフォニックス自体を正しく理解する必要がありますね。 今回はフォニックスとはどんなものなのか、覚えるとどうなるのか、基本的なルールなどをわかり易くお伝えします。 また、フォニックスを学べるおすすめの無料アプリや、Youtube動画、教材等も紹介します。 もくじ• フォニックスとは何? フォニックス(Phonics)とは英語圏の幼稚園・小学校などで広く使われている学習方法です。 文字(つづり字)と音を結びつけてルール化し、正しい読み方を学びます。 英語圏では5,6歳から皆勉強します。 また、英語圏以外の国や地域の人が英語を学習する手段としても広く用いられています。 アルファベットを組み合わせて綴る言語は英語以外にもありますが、英語の場合同じ文字でも音がワンパターンではないものが多く複雑です。 そこで、 英語発音のルールを覚えて正しく読めるようになる、というのがこの フォニックスなのです。 英語と日本語はまったく別物!? フォニックスを理解する上でまず知っておきたいのは、 日本語と英語の言語の違いです。 最近では幼稚園でも日本語の読み書きを教えるところが増えているようですが、早いお子さんなら3,4歳でひらがなを覚えることができます。 興味を持てば覚えるのは早いですね。 日本語はひらがな・カタカナを覚えれば意味はわからずとも、文字は読めますね。 「り・ん・ご」と1文字ずつ音が決まっていますから。 ふりがながあれば新聞だって読めます。 日本語のひらがな・カタカナは1つの文字の音は1つしかないのです。 一方、英語ではアルファベット26文字を使います。 ひらがなを覚えるより簡単? いいえ、アルファベットを覚えたからと言って、英単語は読めません。 ABCD・・・というのは文字、それぞれの名前がエー・ビー・シー・ディー・・・とついています。 アブクドゥ読みというのはここからきています。 つまり、「A」という文字の名前が「エー」で、発音は「ア」ということです。 さらに音は1つだけではなく、前後の文字によって変化するのが英語です。 英語は文字を組み合わせたかたまりで単語が成り立ち、音が変化する言語なのです。 便宜上、音をカタカナで書いていますが、本当はカタカナで表せないのが英語の音。 母音も日本語より多いですし、日本語には無い発音も沢山あります。 フォニックスを覚えるとどうなるの? フォニックスは不要と言う意見もあります。 英語が得意な人でもフォニックスを意識しないで習得した人は沢山います。 昔学校でやったように単語を丸暗記して覚えていくことも可能です。 学習法のひとつなので、絶対にやらなければいけないというものではありません。 英語上達は 「聞く・話す・読む・書く」のバランスが大事です。 自然な英語を聞いて、自分で発話することで会話力はつきます。 そこにフォニックスを併用することで、さらに理解が深まります。 具体的にどうなるかと言うと、• 知らない単語を読めるようになる• 聞いて書けるようになる• 発音がカタカナ英語にならない(自然な発音ができる) ルールを覚えるとそれに則って単語が読めるようになります。 正しい発音がわかると聞いて文字に書けるようになります。 そして、読み書きだけでなくヒヤリング能力がアップすることで、発音もとてもきれいになるのです。 お子さんにフォニックスを教えるときの注意点と考え方 フォニックスの考え方自体は19世紀半ばからありましたが、英語圏で広く取り入れだされたのは2000年代に入ってからです。 当初は、「フォニックス」よりも「ホール・ランゲージ whole language:文章全体や文脈から意味を理解できることが大事 」を重視する考え方もあり、様々な研究・調査や議論が長い期間行われてきました。 現在では、フォニックスが英単語の読み方を教えるのに効果的な方法として確立されています。 また、ホール・ランゲージにおいても 初期にフォニックスを学んでいることが大きなアドバンテージになると結論付けられています。 英語を理解し使えるようになるために、初期にフォニックスを学んでいれば英単語の綴りにとらわれることなく、英語の意味や文脈により集中できるようになるということです。 ただし、全ての英単語がフォニックスのルールに沿っているわけではなく例外も多くあること。 ルールを教えることが目的ではないこと。 お子さんに教えるときには、この2点を意識してください。 大人はともかく小さいお子さんには ルールそのものを教えるのでなく、教える大人(ママ)が理解し、同じルールの単語をひとまとめにして教えていくなど、 自然とルールが身につくことを意識しましょう。 押さえておきたいフォニックス基本ルール フォニックスのルールはとても多く、例外もあるので完全に覚えるというのは大変です。 ネイティブスピーカーでも綴りを間違っている人もいますし、日本語でもそれは同じでしょう。 b ブッ p プッ d ドゥ t トゥ f フッ v ヴッ s ス z ズ c ク・ス g グ k ク j ジュ m ム n ンヌ l ル r ウル h ハ q クウ w ウ x クス y イヤ 「子音二重音」・・・子音2文字で1音 gh・ph = f フッ ch チ sh シュ th ス・ズ 歯と歯で舌を軽く噛む wh フウ ng ング 鼻に抜ける音 「子音混合音」・・・子音が2文字3文字つながったもの sp st sc sk sm sw sc sl bl pl fl cl gl br pr dr tr fr cr gr spl spr str 他にも l や c 、g など無音となる文字が沢山あります。 綴りの条件によっても異なります。 *簡単なルールだけをピックアップしましたが、どのルールにも例外があります。 お子さんが知っている単語が増えてきたら、同じルールの単語をまとめて覚えるなど工夫しましょう。 フォニックスおすすめYoutube動画(歌)・無料アプリ・教材等 フォニックスは文字を覚えてルールを理解しなくてはいけないので、小さいお子さんには難しいです。 アルファベットから初めて楽しみながらやっていきましょう。 初めは少し早いと感じるかもしれませんが、テンポ良い楽しい歌ですので繰り返し聞いて真似してみてください。 MamaGyutte編集部 少し言葉足らずかなと感じましたので補足します。 ruiさんのご指摘が間違っているということではありません。 a はエとアの間位の音ですので「エア」 i はイとエの間位の音ですので「エ」 と表記されるのも有りだと思います。 そうすると、hat は「ヘアット」 is は「エズ」になるかと思います。 正確な発音を考えた場合、hat を「ハット」 is を「イズ」とカタカナ読みするのが違うように、「ヘアット」「エズ」のカタカナ読みも正確ではありません。 この記事はフォニックスの概要をお伝えするのが目的です。 記事中にも断りを入れているとおり、分かりやすく説明するために、あえてカタカナ表記を利用しています。 ですが、英語の音を日本語で表すことはできません。 フォニックスを学ぶ際には、ネイティブの音を聞きながら覚えるのが一番ですね。

次の

フォニックスで英語の発音が良くなるのはなぜ?/練習の仕方とポイントを解説

英語 発音 フォニックス

フォニックスは、アルファベットを実際の発音に近い音で読む フォニックスは、英語の音声と文字の関連性から英単語を覚える学習法です。 もともと、英語圏の幼児が英語を学ぶために用いられた学習法です。 フォニックスでの発音のルールは、アルファベットを実際の発音に近い音で読むことです。 例えば、 「a」を「ア」、「b」を「ブッ」、「c」を「ク」と読みます。 従来の英語教育では、「cap」を「シーエーピー」と書き「キャップ」と発音すると教えます。 フォニックスの発音指導では、「cap」を「クアプ」と書き「キャップ」と発音すると教えます。 英単語の綴りと発音が似ているため、英単語が覚えやすいという特徴があります。 フォニックスを使って読む英単語の例 小学校で習う英単語の一部は、フォニックスを用いて覚えられます。 フォニックスを用いた dog の読み「ドゥェオグ」や、 big の読み「ブッイグ」は、実際の英語の発音と似ています。 dog ドゥェオグ(ドッグ)• big ブッイグ(ビッグ)• for フオゥル(フォー)• red ゥルエドゥェ(レッド)• hot ハオトゥ(ホット)• up アプ(アップ)• day ドゥェアイィ(デイ)• from フゥルオム(フロム)• yes イィエス(イエス)• park プアゥルク(パーク) フォニックスを使えない英単語の例 フォニックスは、全ての英単語に適用されるわけではありません。 一部の英単は、フォニックスを使ってうまく発音できません。 英単語の語末に「e」がある英単語はフォニックスに当てはまらない場合が多く見受けられます。 これらの英単語は、英単語の綴りと発音で覚えるしかありません。 you (ユー)• I(アイ)• new(ニュー)• are(アー)• like(ライク)• active(アクティブ)• cute(キュート)• dance(ダンス)• live(リブ)• nice(ナイス) フォニックスを習得すれば、習っていない英単語も発音できることがある フォニックスでは、アルファベットの綴りと発音が関連付けられています。 フォニックスを学べば、英単語の綴りを見て、英単語を発音できるようになります。 習っていない英単語も、ある程度発音できるようになるでしょう。 英単語の発音から、英単語の綴りを連想することも可能になります。 例えば、 luck という英単語を初めて見たとき、フォニックスを理解していれば luck を「ルア(ラ)クク」と読めます。 実際、luck は「ルック」というより「ラック」に近い音として発音されます。 フォニックスの読みを知っていれば、英単語を発音と結び付けて比較的簡単に覚えることができます。 関連サイト — 文部科学省 — 文部科学省 — 文部科学省 小学校の英語教育にはweblio英会話がお薦め.

次の

9週間で完結!子供のフォニックスの教え方【無料教材満載!】

英語 発音 フォニックス

フォニックスは、アルファベットを実際の発音に近い音で読む フォニックスは、英語の音声と文字の関連性から英単語を覚える学習法です。 もともと、英語圏の幼児が英語を学ぶために用いられた学習法です。 フォニックスでの発音のルールは、アルファベットを実際の発音に近い音で読むことです。 例えば、 「a」を「ア」、「b」を「ブッ」、「c」を「ク」と読みます。 従来の英語教育では、「cap」を「シーエーピー」と書き「キャップ」と発音すると教えます。 フォニックスの発音指導では、「cap」を「クアプ」と書き「キャップ」と発音すると教えます。 英単語の綴りと発音が似ているため、英単語が覚えやすいという特徴があります。 フォニックスを使って読む英単語の例 小学校で習う英単語の一部は、フォニックスを用いて覚えられます。 フォニックスを用いた dog の読み「ドゥェオグ」や、 big の読み「ブッイグ」は、実際の英語の発音と似ています。 dog ドゥェオグ(ドッグ)• big ブッイグ(ビッグ)• for フオゥル(フォー)• red ゥルエドゥェ(レッド)• hot ハオトゥ(ホット)• up アプ(アップ)• day ドゥェアイィ(デイ)• from フゥルオム(フロム)• yes イィエス(イエス)• park プアゥルク(パーク) フォニックスを使えない英単語の例 フォニックスは、全ての英単語に適用されるわけではありません。 一部の英単は、フォニックスを使ってうまく発音できません。 英単語の語末に「e」がある英単語はフォニックスに当てはまらない場合が多く見受けられます。 これらの英単語は、英単語の綴りと発音で覚えるしかありません。 you (ユー)• I(アイ)• new(ニュー)• are(アー)• like(ライク)• active(アクティブ)• cute(キュート)• dance(ダンス)• live(リブ)• nice(ナイス) フォニックスを習得すれば、習っていない英単語も発音できることがある フォニックスでは、アルファベットの綴りと発音が関連付けられています。 フォニックスを学べば、英単語の綴りを見て、英単語を発音できるようになります。 習っていない英単語も、ある程度発音できるようになるでしょう。 英単語の発音から、英単語の綴りを連想することも可能になります。 例えば、 luck という英単語を初めて見たとき、フォニックスを理解していれば luck を「ルア(ラ)クク」と読めます。 実際、luck は「ルック」というより「ラック」に近い音として発音されます。 フォニックスの読みを知っていれば、英単語を発音と結び付けて比較的簡単に覚えることができます。 関連サイト — 文部科学省 — 文部科学省 — 文部科学省 小学校の英語教育にはweblio英会話がお薦め.

次の