大川慶次郎の地方競馬。 競馬予想サイト【大川慶次郎】。

【大川慶次郎の地方競馬】を検証・ランク付けしてやったぞ!押忍!

大川慶次郎の地方競馬

大川慶次郎の地方競馬が軍資金5万円で稼げる競馬予想サイトか試してみる どうも。 競馬戦線の管理人ボクです。 競馬戦線は 5万円を軍資金に競馬予想サイトを検証するサイトです。 なぜ5万円なのか? 5万円あれば最低でも4〜5回は予想を購入することが可能。 競馬予想サイトなら5回あれば半分以上は当たる予想を提供してくれますし、5万円も負ける競馬予想サイトなど利用価値はありません。 それと、コレは経験上になりますが・・・ 無料予想で5万負けた後に挽回した競馬予想サイトが1つもないからです。 ということで、今回ボクが5万円チャレンジする競馬予想サイトは・・・ シャキーン(効果音) 大川慶次郎の地方競馬です。 ちゃんと5万円用意しました。 地方競馬に力を入れている大川慶次郎の地方競馬。 ほとんどの競馬予想サイトは中央競馬の予想を提供している中、地方競馬の予想を提供するのは珍しいと思います。 ましてや「競馬の神様」と呼ばれた大川慶次郎が予想を提供・・・? いや、注意して下さい。 競馬評論家の大川慶次郎が予想を提供している訳ではありません。 パーフェクト競馬を筆頭に数々の伝説を残してきた大川慶次郎は1990年12月 11日にこの世を去っています。 早速、胡散臭い感じがしてきましたが・・・まずは特徴を見ていきましょう。 大川智絵監修• 大川慶次郎の馬券メソッドを活用 大川慶次郎の地方競馬の監修者は大川智絵という人物。 大川智絵は正真正銘「大川慶次郎」の娘で、選馬眼の遺伝子を引き継いでいると言われています。 彼女も競馬評論家として競馬新聞や・スポーツ番組で活躍して馬券メソッドが完成したようですが・・・。 あくまで大川智絵は監修者です。 監修者とは指揮を取り指示する人を表しているので、大川智絵が予想を提供しているわけではありません。 それに疑いたくはありませんが、中には有名な人物を勝手に利用して競馬予想サイトを運営している悪徳業者も存在します。 現状、決めつけれないので真相を確かめるためにも競馬戦線が実際に利用して判断したいと思います。 稼げるなら「本物」。 稼げないなら「利用する価値はないサイト」。 どちらかに認定します。 大川慶次郎の地方競馬の会員登録と利用までの流れ 適当なフリーアドレスを用意して大川慶次郎の地方競馬に登録してみました。 フリーアドレスで登録できます。 迷惑メール 特に気になりません。 登録完了後から送られてくるメールを確認しましたが、届いたのは1日に2〜3通程度。 ストレスに感じる事は無さそうです。 続いて、有料予想を利用する際どれくらいの軍資金が必要なのか。 大川慶次郎の地方競馬の料金プランについて調べてみました。 プラン名 料金 目標金額 投資効率 SAPPHIRE 3万 180万 60 EMERALD 4万 220万 55 RUBY 7万 330万 47 MASTER 10万 550万 55 ボクが確認できたのは全部で4つ。 最も安いプランはSAPPHIREプランで料金は3万円、最も高いプランでMASTERプランの10万円です。 全てのプランを対象に、先着7名まで1〜5万円程割引をしているので早い段階でプランを購入すれば少しは安くなりそうです。 ただ、いち早く参加して安くなったからといっていきなり有料予想に参加するのは非常にリスキー。 精度もわからない状態で参加するのは無謀と言えます。 理想は 無料予想に参加して稼いだお金で有料予想へ参加すること。 無料予想で有料予想の料金以上稼げれば有料予想を試してみたいと思います。 大川慶次郎の地方競馬の有料予想で最も安価なのは先程伝えたSAPPHIREプランの3万円。 従って、3万円稼ぐ事を目標にしたいと思います。 大川慶次郎の地方競馬が稼げるサイトなのか、白黒つけましょう! 大川慶次郎の地方競馬の無料予想を使って軍資金5万円で勝負 大川慶次郎の地方競馬に無料の予想があれば下記のルールに従って検証したいと思います。 ちなみに、用意した 馬券代は自腹です。 4回の参加で一定額以上稼ぐことが出来なければアウト。 予想が的中しても利益が基準を上回らなければアウトとします。 もちろん軍資金の5万円がなくなっても即終了です。 ギャンブルには流れがあり、普段は調子が良くても自分が参加した時だけ負けてしまう、なんてことも普通にあり得ます。 毎回負けるサイトは論外。 しかし、 安定して稼げない予想を提供しているサイトという時点で、それ以上は見込めません。 本当に稼げるサイトを見つけるならこの方法が一番です。 大川慶次郎の地方競馬の提供内容 大川慶次郎の地方競馬は名前にある通り「地方競馬」のみの予想を提供すると思っていましたが、中央競馬の予想も公開しているようです。 京都で開催される秋華賞(G1)や東京ハイジャンプ(J・G2)など重賞レースの予想を公開するそうです。 地方競馬も盛り上がっていますが、中央競馬もかなり盛り上がっています。 これから2019年後半のG1戦線が始まります。 皆様も中央競馬の方が参加しやすく親しみやすいでしょう。 検証時は中央競馬の予想力を確かめてみようと思います。 それに、地方競馬なら平日開催されているので稼げるサイトなら毎日機会が訪れます。 無料予想で中央競馬の予想が公開され次第、参加します。 大川慶次郎の地方競馬の無料予想について 未確認 大川慶次郎の地方競馬の無料予想が確認出来たら、上記のルールに従って実際に馬券を購入したいと思います。 予想の公開時刻、買い目の詳細など細かいところまで説明しますので、大川慶次郎の地方競馬に興味があるというユーザーの方々は是非チェックしてみてください。 競馬戦線は本当に稼げるかどうかを皆さんに変わって検証するサイトです。 もし無料予想が確認出来ても自分で利用しないようにして下さい。 無駄金になる可能性が高いので非常に勿体ないです。 もし、利用してしまった場合は口コミなどで教えて頂けると嬉しいと思います。 大川慶次郎の地方競馬の検証結果を発表 下記が大川慶次郎の地方競馬の無料予想の結果です。 0円 今のところ大川慶次郎の地方競馬は 検証中とさせて頂きます。 先程も申し上げましたが、大川慶次郎の地方競馬の無料予想を確認できたユーザーは口コミでもなんでも良いのでその買い目と予想を教えてください。 大川慶次郎の地方競馬が稼げるかどうかは皆さんで検証するのではなく、競馬戦線に任せてからその結果次第で利用を考えましょう。 まだ大川慶次郎の地方競馬を利用したことがない方々は、 検証が終了するまで大川慶次郎の地方競馬の利用・登録は控えるようにしてください。 大川慶次郎の地方競馬の検証はこれで一旦終わりますが、新たな情報や予想の結果報告があれば追記しますのでチェックしてみてください。 ここまでの検証で大川慶次郎の地方競馬で稼ぐことは難しい。 大川慶次郎の地方競馬を使うくらいなら他の競艇予想サイトを利用した方が良いとわかってもらえたと思います。 では、稼ぐためにはどうすれば良いのか。 ボクがいつも使っている競馬サイトを参考にお伝えすると・・ まずは、手元の1万円を3万円に増やすために の無料予想を使いましょう。 次に、その3万円を手元に の有料情報で10万円に増やします。 ここで一旦様子を見るも良しですが、更に稼ぎたい方はもう一勝負! 10万円を30万円に増やすのなら安定感のあるですし。 10万円を100万円にするなら高配当に定評のあるを使いましょう。 これまでに色々な方法を使って何度も試して来ましたが、この使い方が一番安定して稼ぐことができます。 1ヶ月も使えば成績は安定するので是非試してみてください。

次の

水沢競馬予想 地方競馬指数予想 水分ボンバーオンライン(SBO)

大川慶次郎の地方競馬

経歴 [ ] 幼少期・戦前 [ ] のでを生産するであった(高千穂製紙社長、通称「タイヘイ氏」)の二男として、王子町(現在の)に誕生した。 実業家の曽孫にあたる。 また「日本の製紙王」は祖父である。 幼少のころより大平牧場や東京の外厩で競走馬を間近に見て育った。 また、義雄に連れられて競馬場にも足繁く通い、のを実際に観戦した 最も古いレースとして晩年まで記憶していた。 終戦・大学時代 [ ] 父の跡を継いでオーナーブリーダーとなることを志したが、終結後に行われたの影響で大平牧場は人手に渡ることとなり、一競馬ファンとして生きることを余儀なくされる。 に附属中学校(現・)を卒業した。 同期生に、、、などがいる。 にに入学する。 翌、競馬サークル「いななき会」を設立 、同会のメンバーであった学生の父親がの支援者であった縁から河野を顧問に迎える。 これを期に、中であった河野はしばしば大川とともに競馬場に通うようになり、政界復帰後に馬主・競走馬生産者として活発に活動するきっかけとなった。 サラリーマンを経て新田新作の競馬秘書に [ ] に慶應義塾大学を卒業し、高千穂製紙(後にを経て現在の)に就職する。 しかし会社員生活は性に合わず、考えるのは競馬のことばかり。 毎週土曜日になると営業に出るふりをして会社の裏にあるに馬券を買いに行ったという。 結局入社から3年 たったに同社を退社し、社長だったの競馬担当秘書となる。 新田と親交のあったは、戦前に(副幹事長で生井一家の貸元)の若い衆であった新田は戦後に足を洗って土木建築業のを興し、連合軍ともコネがあり羽振りがよかったとしている。 大川のおもな仕事は新田が競走馬を預託するとの連絡役であった。 秘書となった年、新田所有の4歳馬はの有力候補であった。 しかしを目前に控えた時期になってメイヂヒカリのに肉腫ができていることが判明。 無理をせずに休養をとらせたい藤本の意を受けた大川は無理にでも皐月賞に出走させようとする新田の説得にあたり、「未来がある馬だから出走させないでくれ。 それに大金を投じて馬券を買うファンに迷惑がかかる」と土下座までしてみせた。 新田は大川の説得に渋々応じたが、療養の甲斐もあってメイヂヒカリは立ち直り、ではこの年の馬・を10馬身突き放す圧勝。 その後、翌には・を制しに、さらににはに選ばれるほどの活躍をした。 日本短波放送の競馬解説者に [ ] に新田新作が死去し、また同時期に別の馬主の依頼で務めていた生産牧場(東北牧場)の牧場長を辞したため無職となる。 から上京した大川は、はじめに請われて『』の予想家となったがまもなく同紙から離れ、手刷りの予想紙(『レーシング・ヒント』)を売る生活を送る。 やがての助力を得て、から の解説者となる。 このときの恩から大川は河野一郎を「心の師匠」と慕い続けた。 パーフェクト予想達成、「競馬の神様」に [ ] ラジオ出演で知名度が上がったのをきっかけに『』を発行するホースニュース社と予想家契約を結ぶ。 9月 3日、同紙上で予想家としては初となるパーフェクト予想を達成。 たまたま同席していた『』の記者がこのことを「競馬の神様のご請託」と題うって記事にし、それに『週刊文春』などほかの雑誌が追従、予想家としての知名度は飛躍的に向上した。 大川の妻によると「競馬の神様」という呼称について大川自身は、「競馬の神様だなんて、とんでもない。 単に人がつけたニックネームだ。 べつに俺は神でもなければ才人でもない、ただの大川慶次郎だ」としばしば口にしていたという。 しかしながら、パーフェクト予想達成後に予想を外すことを恐れるあまり無難な予想しかできなくなり、極度のスランプに陥ってしまう。 本人の述懐によると、このスランプから完全に脱したのは『』『』を経て『』の予想家となった以降のことであったという。 に『ケイシュウNEWS』を去った後はもっぱら『』の解説者・専属評論家として活動した。 またにみずから設立した・の総監督も亡くなるまで務めた。 21世紀の競馬を見ることなく死去、最後の予想は的中 [ ] 晩年は「21世紀初めての競馬を見ることが目標」とたびたび口にしていた。 しかし 、での調教取材を終え 、を楽しんだあと 、寿司屋で会食後に店内で倒れ入院。 、性で死去。 享年71 満70歳没。 倒れてから意識を取り戻すことはなかったが、家族が競馬中継やのを聞かせると脳波が強く反応したという。 なお、入院後の検査でかつて癌を患った肺の状態も悪化していたことが判明。 診察した医者は「よくこの状態で普通に呼吸ができていたものだ」と言ったという。 「神さまになんか要らない」という家族の意向により、大川に戒名はつけられなかった。 死の2週間前、ジャーナリストによる取材で「大川さんにとって、競馬とは? 」と問われた大川は、次にように答えている。 それは、僕の『天職』です。 けっして運命論者じゃなく、むしろごりごりのリアリストである僕が……、これだけは運命論者になっちまう。 競馬ははじめから(僕の前に)天職として用意されていたとしか思えません。 — 、249頁。 この取材で大川は、「暮れのを当てて、2000年の第1レースを的中させて……」とも答えていた。 大川が予想した優勝馬はだった。 大川の死から5日後、グラスワンダーはを際どいハナ差で退け優勝、大川の「生前最後の予想」は見事的中した。 数日後、大川家に差出人「グラスワンダー」の花束が届いたという。 翌に内で「大川慶次郎さんの思い出を語る会」が、・・・らが参加して行われた。 同年には大川所縁のタイヘイ牧場に記念碑が建立された。 競馬評論家としての大川慶次郎 [ ] 妻の和子によると、大川は「予想屋」と呼ばれるのを嫌い、「」であることに強い自負を抱いていた。 その理由について大川は、「予想屋というのはねえ、訊かれる前から予想してみせる連中のことです。 評論家は、訊かれてから初めて唇を開くものです」と説明したという。 競馬評論家として以後も活動を続けようと決意したきっかけの馬は(1952年の春の優勝馬)だったと自身の本で述べている。 ミツハタはと同世代にあたるが、トキノミノルに毎回後塵を拝しながらも他馬には常に先着していたが、トキノミノルの急死以後は同世代の中心となっていくであろうというほかの競馬評論家の論評に疑問を呈した。 それは「2400メートル以上の長距離戦になるとイツセイの血統では持たない。 逆にミツハタは距離が伸びるとイツセイよりも強い」という自負があったからだったが、に開催された(2400メートル、。 その3週前にが開催され、イツセイは3着に敗れた)において、断然人気のイツセイはミツハタに3馬身の差をつけられて完敗し、大川の言う通りの結果となった。 それ以後、ミツハタは上記の通り春の天皇賞を制したほかレコード勝ちを4回も果たすなど同世代の最強のステイヤーの称号を得ることになるが、イツセイが勝利を挙げたレースは2000メートルまでのレースに限定された。 予想と言えば馬そのものとその関係者からもたらされる情報だけが対象であった時代に、レースの「展開」をファクターとして取り入れた のは画期的とされる。 馬体の好みの問題 と、調教代わりにレースを使う陣営への反発もあって、五冠馬に一度も本命印を打たなかった。 に対しては三冠最後ので本命印を打った。 そのほか、「私は関西馬のことはよく知らないんですが…」が口癖だった。 この言葉は、大川自身が実際にほとんどの関西馬について、自分の目で調教やレースを見ていないことに起因する。 また、関西の秘密兵器と言われた馬たちを総じて軽視していた。 (としての)競馬ではなく「(動物の)」が好きでこの業界に入ったこともあってか、馬の体型を一目見ただけで他の予想家や競馬記者が気づかなかった体調や故障、先天的障害を言い当てることもあった。 自分の打った印をもとに馬券を買うファンに対する作法として、みずからも予想の通り馬券を買うのを常とした。 パドックを見て予想が誤りであったと直感した際にも作法を曲げることはなかった。 「僕は競馬で3億勝っています。 でも4億負けています」と『』出演時に述べている。 かつては予想が外れると脅迫電話が自宅にかかるなどファンとの間には殺伐とした関係があり、電車に乗るときには決してホームの一番前に並ばないなど、身辺に注意を払う必要があったという。 しかし晩年は若いファンから的な人気を博すようになり、時代の変化を痛感したという。 大川をモデルにした「おしゃべりケーちゃん」人形も制作されている。 大川は自身の見解が違った場合、見解が誤っていたことを認める性格であった。 のラストラン有馬記念ではオグリキャップは限界などと話していたが、レース後、スーパー競馬の解説席からオグリが勝利したことについて「私などはいの一番にオグリへ謝らなければならない」と自身の見解が誤っていたことを認めた。 他のレースでも同様のエピソードあるが、1995年、、と凡走を続けたについては「所詮、で16番人気だった馬なんですよ」と最初から実力を認めていないかのように発言。 その年のに優勝したときは「この馬は今日は長い距離だと新聞でも読めるのかねぇ。 今まで全然行きっぷりが違いますね」と語ったものの、あくまでライスシャワーは「長い距離で強い馬だった、ということですね」と評価しており、スーパー競馬のライスシャワー追悼コーナーでもそのように発言していた。 競走馬は馬主のものであるが、レースに登録したときは馬券を買うファンのものとなる」という持論を持っており、後述するようにの短距離戦出走には批判的であった。 晩年はが好きで、エアグルーヴがながら秋のを制した際には「この馬は普通の牝馬じゃないですよ。 さんですよ」と絶賛した。 エアグルーヴの引退レースとなった有馬記念ではオグリキャップのときのような後悔はしないと、ピークの過ぎたエアグルーヴを絶賛し、敗北後も後悔はしていなかった。 競馬界への批判・提言 [ ] 競馬マスコミにおいてを批判することをタブー視する風潮がある中で、関係者を公然と批判することがしばしばあった。 とくにについては、体調が万全でないを菊花賞に出走させたことに始まり、同じく体調が万全ではないナリタブライアンを大レースに出走させて惨敗させ続けたこと、距離的な適性があるとは思えない高松宮杯へ出走させたこと、その際にからへの騎手交代を行ったことを挙げ、「間違いは、大久保調教師自身の見識にあった」と切って捨てた。 元調教師に対しても現役時には批判的な発言が多かった。 が海外遠征中にを発症したことについては「ローレルのことをよく知る境勝太郎元調教師とを同行させなかったことによる人災である」と調教師のを批判した。 小島については、サクラローレルの引退式に境を管理調教師として参加させなかったことについても「小島太という人間に疑いを持った」と批判している。 1990年代に入って、関西馬が関東の平場レースでさえもどんどん勝つような状況になっていったことを踏まえ、「こんな状況が続くようならば、私自身、関西に居を構えなければならない。 」と述べ、美浦(関東)の競馬関係者を暗に批判した。 JRAに対しては「馬に食べさせてもらっているのに馬に対する感謝の念が見られない」と批判したことがある。 中央競馬のレース名のほとんどが地名や植物名からつけられ、馬名から付けられる事が皆無 という点に対しても不快感を持っており、著書で批判している。 大川の死後JRAは馬名を付けたメモリアルレースを開催することもあった。 の距離が3200から2000メートルに短縮された際には、最後まで反対していた。 その理由の1つは(当時の)の2000メートルは枠の内外による有利不利の差が大き過ぎるというものであった。 大レースは枠順による有利不利が起こらない条件で行うべきであるという大川の考えは一貫しており、天皇賞(秋)以外にも・の施行条件を改めるべき であると提言していた。 についてのコメントを求められたとき「競馬はスピードを競うもの。 (サクラバクシンオーのように)短距離馬にも価値が出てこないといけない」と述べている。 また「だらだらと長い距離を走って最後の一周だけで勝負が決まってしまうようなレース を踏襲しているは、中央競馬の姿勢を学ばない限り足元にも及ばない」と批判している。 動物としての馬を知らないで予想をたてる予想家や競馬記者に不快感を持ち「を修めろとは言わないが、馬がどういう動物かくらい勉強すべきだ」とコメントしたこともある。 父・義雄の専属調教師だったは、大川を評して「競馬が好きというより、むしろ馬が好きといった方がいい」とし、「やはり、小さいときから馬を見たり、ぼくらと接触していたことが、今日を築くこやしというか、基盤というか、役に立つものがあったのじゃないかな。 競馬評論家といわれている人たちのほとんどは、競馬をよく知っているのかもしれないが、競馬との出会いはものごころついてからでしょ。 慶ちゃんは、子供のころからうまやで育ったといってもいいからね。 彼のいい面はその辺にあると思うね」と述べている。 中継番組でのエピソード [ ] の(スタネーラ優勝)のとき「」 、の(優勝)のとき「(ゴールド)ウェイ!! 」、の(オグリキャップ優勝)のとき「」 とレース中に叫ぶ声が実況に被さってしまうこともあった。 「ライアン」についてはレース翌日の『』でが話題にし、これ以降大川は競馬以外のバラエティ番組にも出演するようになった。 ののレース当日、大川はのゲスト解説者として出演のために来場していたが、実況を務めたが大川にレース回顧をしてもらおうと問いかけたところ、大川が自ら本命をつけたが勝ったことに対して感動のあまり涙を流していたことが分かった。 ののパドック解説において、関西馬を総じて酷評した。 これに対して、大川のパドック解説が終わり、関西テレビの競馬中継へとカメラが切り替わった直後に杉本清が「大川さんは関西馬のことをボロカスに言ってますなぁ」と言い、怒りと呆れの双方が入り混じった表情を浮かべていたが、結果として関西馬はトウホーカムリの5着が最高で、大川の予想通りとなった。 『スーパー競馬』にてあるの優勝馬 リザーブユアハート について将来性を否定する発言をした ところ、番組を見た関係者から抗議があり、翌週の同番組にて「言い過ぎだった」とこの件を謝罪し 、以降は馬の将来性を語ることを一切しなくなった。 なお該当馬はその後約1年半の間の競走に出走したものの、一度も馬券に絡むことなく惨敗を続け、地方競馬 浦和 へ移籍した ため、結果として大川の見立ては正しかった。 1996年の高松宮杯ではスプリント適性のないナリタブライアンが出走したことに対し反対を唱えた。 レース後に「このレースは前が止まらないんですよ。 勝ち馬と上がりが同じならテンで行けないだけ届かない。 追い込み馬というのは前が垂れて自分が垂れないからよく見えるだけであってスプリント戦のようなスピード競馬には不向き」とコメント。 ナリタブライアンには「よくやったと思います。 褒めてあげて下さい。 無事だといいが馬は無理させたことで故障することがある。 ちょっと心配」と発言。 実際ナリタブライアンはレース後に故障が判明し引退。 大川の見識が正しかった。 1999年、で行われたのイベントに出演したところ、に関してとの間で論争となり 、テレビ局側が放送を打ち切る事態にまで発展した。 このことについては「テレビ局側にも怠慢がある」と非難していた。 系図 [ ] 「」を参照 出演していた番組 [ ]• 「競馬中継・走れ! ジョッキー」( パーソナリティー兼解説者)• スーパー競馬(フジテレビ)• (ラジオNIKKEI 第1放送)• () - 解答者として(1992年秋、1994年秋-1997年秋)、「人馬対決! マイルチャンピオンシップ」の予想・解説者として(1999年秋)それぞれ出演。 1995年春は体調不良のため欠席。 代役として大川智絵が出演した。 (フジテレビ) - 同番組では「犬川慶次郎(いぬかわ けいじろう)」を名乗る。 () - 1998年6月7日 ゲスト出演 映画 [ ]• (1967年、) - 評論家 CM [ ]• 『』(1996年)• 『ダービースタリオン96 パーフェクトガイド』(1996年) 著書 [ ]• 『競馬の常識五十章』 1961年• 『競馬必勝読本』実業之日本社 1961年• 『競馬の推理 私の体験的競馬必勝法』双葉新書 1964年• 『競馬金言集 データ分析による勝馬推理』 カッパ・ブックス 1966年• 『新競馬の推理 ABCから高等馬券戦術まで』双葉新書 1968年• 『基本馬券学 馬は血で走る』 1969年• 『競馬タブー集 大川流必勝術の極意』 1970年• 『関東・関西優秀四歳馬200選 大川慶次郎の完全データ 1971年版』陳文館 1971年• 『馬券的中のすべて 競馬ファンのための大川式ノウハウ』 1981年• 『勝ち馬をさがせ!! 』双葉社 1982年• 『大川流競馬ノート 馬券で儲ける17の鉄則』 1986年• 『今年の本命馬はこれだ! 4歳サラブレッド 秘 データ公開 昭和62年度版』 ムックの本 1987年• 『重賞競走回顧録』ミデアム出版社 1991年• 『競馬神様の法則 競馬の基礎知識から馬券の極意まで』三心堂 1992年• 『最強の競馬学』ベストブック 1992年• 『大川慶次郎殿堂馬を語る』ゼスト 1997年• 『大川慶次郎回想録 まっすぐ競馬道 杉綾の人生』編 〈現・日経ラジオ社〉 1998年 のち• 『大川慶次郎が選ぶ「個性派」名馬18頭』ザ・マサダ 1999年• 『神様の馬券術 G1レースから明日の馬券が見えてくる 実戦編』日本短波放送 1999年• 『大川慶次郎ザ・ラストラン 神様の馬券術 実戦篇 1999』日本短波放送 2000年• 『絶筆大川慶次郎』 文庫 2000年• 『大川慶次郎語録 競馬の神様はかく語りき 2』小笠原裕編 芸文社 2003年 共著・監修 [ ]• 『競馬の知恵』共著 報知新聞社 1962年• 『優秀四歳馬年鑑』共著 実業之日本社 1962年• 『競馬のすべて』共著 1972年• 『わが馬券哲学』註解 風土社 1974年• 『サラブレッド101頭の死に方』,,,,,共著 ( 1996年 のち• 『神様の馬券術 最後の集大成「馬券指南」本』責任監修 「馬券原論」プロジェクトチーム編 日本短波放送 1997年• 『競馬新聞スーパーガイド 完全ビジュアル馬講座』監修 1997年• 『サラブレッド101頭の死に方 2』岡田卓,,,,月本裕,大坪悟,共著 アスペクト 1997年 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 1日の全レースのを当てること。 最初の達成は6枠と言う現行の8枠連複より難易度の高い時代の快挙であった。 父・義雄の母が渋沢のにあたる。 のちに大平牧場は「タイヘイ牧場」と名称が変更され、優勝馬や名ジャンパー・らを生産した。 藤本の厩舎にはかつて父親の義雄も競走馬を預託していたため、自身が幼少のころから藤本と交流があった。 大川にしても、新田が「義理人情に生きる」のが表看板の博徒上がりの点は折込済みの行為であった。 境勝太郎も「故障の原因の一つは日本から装蹄師を同行させなかったことにある」旨のコメントをしている。 地方競馬やアメリカの競馬では馬名を冠したレース名をつけることが多い。 現在JRAが実施する競走で競走馬の名が冠されているのは、、、(記念)のみである。 開催地を前者は、後者はに入れ替えると言うもの。 当時の阪神1600メートルは、改装後の今と違い1コーナーポケットからスタートしていたため、内外による有利不利の差が大きかった。 また、京都3000メートルも3コーナーまでの距離が阪神の同距離に比べ短く、内外による有利不利の差が大きいコースである。 当時、を2800メートルで行っていた。 このとき、大川はキョウエイプロミスを本命としていた。 同年開催の秋の天皇賞の勝ち方が大川の目に良く映り、この走りならばジャパンカップでも十分優勝を狙えるという見方をしていた。 メジロライアンについては特に思い入れが深かったので叫んだが、後に本人は実況担当のアナウンサーが先頭のオグリに集中したため、2番手にライアンが上がってきたことを伝えるためだったとコメントしている。 出典 [ ]• 、264頁。 、273頁。 、249頁。 「優駿ヘッドライン『惜別の声、後を絶たず。 - 故・大川慶次郎さんの「思い出を語る会」、遺品の展示に来場者多数』」『優駿』、日本中央競馬会、2000年3月、 6-7頁。 『大川慶次郎が選ぶ「個性派」名馬18頭』(発行)• 、40頁。 参考文献 [ ]• 木村幸治『馬は知っていたか スペシャルウィーク、エルコンドル…手綱に込められた「奇跡」の秘密』〈祥伝社黄金文庫〉、2000年。 『名馬づくり60年 - 藤本冨良・わが競馬人生』、1991年。

次の

大川慶次郎の地方競馬予想

大川慶次郎の地方競馬

「 大川慶次郎の地方競馬予想」という 競馬予想サイトを見つけたので検証しようと思うが、「 大川慶次郎」の競馬予想サイトというと、当の本人はとっくに他界しているので、今は娘の 大川智絵が監修をしている「 元「大川慶次郎 パーフェクト馬券メソッド 」が浮かんだが、それもあながち 間違いではなかったようだ。 というのも と、 を比較すると、 同じロゴが使われているからだ。 この事から、やはり「大川慶次郎の地方競馬予想」と「大川慶次郎 大川智絵監修」の2サイトは 関係性がある事が分かるが、今回の「大川慶次郎の地方競馬予想」はタイトルを見て分かるとおり 地方競馬予想をメインとして運営するようだ。 今回の「大川慶次郎の地方競馬予想」と 関係性が考えられる競馬予想サイトはこの他にも複数存在している事もわかった。 …最も「大川慶次郎の地方競馬予想」と関係が強いと考えられたのは「 」と「 」だが、順を追って話そう。 まず である「 175. 184. 249」と他の競馬予想サイトのIPを照合してみると、 175. 184. 184. 249 、 175. 184. 184. 249 と 完全一致している事が分かった。 これは「大川慶次郎の地方競馬予想」と、他2サイトが 同じ配信サーバーを利用している事になるので 同一運営だと判断できる。 そして「的中データラボ」の方は未だ健在の競馬予想サイトだが「高配当. com」はいつの間にか閉鎖している事を考えると… 「大川慶次郎の地方競馬予想」は「高配当. com」のリニューアルサイト? なのだろうか。 それと、 「 」の運営会社となっている「 株式会社MAY」は他に「 」や、元 の「 」という競馬予想サイトも運営しているので、これらも「大川慶次郎の地方競馬予想」と 同じグループと判断していいだろう。 の運営会社も確認すると「 株式会社ACE」となっていて、別会社と表記上はなっていたが、この会社は 「大川慶次郎の地方競馬予想」のIPと完全一致した と 同じ運営会社名だった。 と を見比べると、別に隠すようなこともなく会社名だけでなく所在地、電話番号まで同じなので 確実に同じ運営会社だということが分かる。 恐らく「株式会社MAY」「株式会社ACE」がグループ会社で、株式会社MAYの高配当. comが閉鎖した所に株式会社ACEの「大川慶次郎の地方競馬予想」が新たに開設されたといった所だろう…と、想像してしまうのだが、はたしてどうだろう。 「大川慶次郎の地方競馬予想」の 非会員ページは、 で開くと、画面の左右に大きな余白ができており、スマホの表示に特化させようとしてるようだが、折角「大川慶次郎」の名を使った競馬予想サイトを作るなら、もう少し金かけてちゃんとコーディングすればいいものを、勿体ない。 実際 で「大川慶次郎の地方競馬予想」を見るとスッキリと画面に収まっているので、まぁスマホユーザーが増えた昨今、PCユーザーを見切ったのだろうか。 それとも「大川慶次郎の地方競馬予想」はまだ 未完成なのか? 「大川慶次郎の地方競馬予想」の非会員ページでは、 が常にリピートされて再生されているが、見たところ GIF画像を使った動画のようだった。 …どこかから「転載してる画像」なのではないかと「画像検索」をして調べると、案の定 のようだった。 これらの画像は既に複数のサイトに拡散していたので、どのサイトのGIF動画が「オリジナル」なのかは判断しかねるが、「大川慶次郎の地方競馬予想」と同じGIF動画を載せている「GIFMAGAZINE」というサイトに「猫がレース中の馬の前を横切るGIF画像」というタイトルの動画と同じものだ。 「大川慶次郎の地方競馬予想」に流れている動画では 猫は見えないのだが、 して見ると 「プレデター」的な透明な物体?が動いているように見える。 静止画では分かりずらいが動画で見ると 明らかに修正した跡だというのがわかるw GIF動画を横切る猫は邪魔だから消して、そのまま転載したのだろうか??• 「大川慶次郎の地方競馬予想」の非会員ページでもう一つ気になるポイントとして、過去の払い戻しをPATの画面で紹介しているコーナーがあるのだが、 この過去実績がオカシイ。 PATの画面に映っている日付だが「 2017年 03月29日」となっている。 だが を調べると「 2017年 11月22日」なので、最短でもこの日にドメインを取得して運営が可能となるはずだ… つまりPATの画面に映っている「2017年 03月29日」という日付は「大川慶次郎の地方競馬予想」が まだ存在していない時期を示す。 「大川慶次郎の地方競馬予想」という競馬予想サイトが無いのに実績が出せる訳がない。 的中実績の「捏造」画像…という判断でいいのか。 「大川慶次郎の地方競馬予想」では、 登録時の特典があるようだ。 特典の内容は「 」ということだが、実際貰えるのだろうか。 「大川慶次郎の地方競馬予想」への登録は、登録フォームにメールアドレスを入力して送信ボタンを押すと、 になり、その後に送られてくる の本登録用リンクから会員ページに入ることができる。 に入って驚いた。 「 」なのだ。 …だが 小さぁ〜く、 「地方競馬」って書いてある(笑) コスト抑えたなぁー でだ、登録前に書いてあった「大川慶次郎の地方競馬予想」の「3点勝負の無料買い目」という無料特典についてだが、 のを発見した。 無料予想を覗くと で3点予想の複勝と6点予想の馬複の予想が用意されていた。 その を見ると複勝はトリガミ。 馬複も的中はしたもの配当はそんなに高くない… おまけに推奨馬として紹介されている8番ケイアイレオーネは馬券外だったので、私の場合は残念な結果だったが「大川慶次郎の地方競馬予想」への登録で無料予想がもらえるのは間違いない。 次に有料予想だが、会員ページの「 」というコーナーに設けられていた。 有料情報の販売ページまで進むと、 までの有料情報を確認できたので、競馬予想サイトの情報料としては比較的安価な設定と言えるのかもしれない。 それと大抵の競馬予想サイトでは「ポイント」制が導入されているが「大川慶次郎の地方競馬予想」では というのがあり、 となっている。 だが、この「 チケット」の利用方法が なんだかよく分からない。 どこで利用するのかは不明だ…ただ、会員トップページの無料情報のお知らせに「 」と書かれてある所を見ると、他にチケットを消費して見る情報が存在するだけなのかもしれないので、当日になって公開されるパターンだろうか? 「大川慶次郎の地方競馬予想」の「 」を読んで見てもなにも説明が書いていないので 不親切だ。 ただ単にプラン名を変え、「現金」で買うように見せるか「チケット」で買うように見せるかだけの違いで「有料コース」という点ではこれが「狙い」なのか 紛らわしくさせてるだけだ。 ついでに「大川慶次郎の地方競馬予想」の についても話すと「 カ)エース」とあったので、ちゃんと「三井住友銀行」に法人口座があるらしい。 「大川慶次郎の地方競馬予想」の会員ページにある、現在参加可能なキャンペーンのコーナーに「 」というバナーがあるが、コレは見てみると「 」という アメーバブログだった。 内容としては、 を書かれてあり、更新頻度は1〜2日おきの更新がほとんどという感じで、更新を放置している感じはしない。 まぁ「大川慶次郎の地方競馬予想」は新しい競馬予想サイトなんだから、それくらいの更新はあって当然だろう。 あとこのブログを読んで気付いた事として、 、 LINE@への友達希望を誘導させていて、もしかしてこの「ダートグレード競争&重賞レース」の本来の目的はLINE@の登録数を稼ぐ為の物なのだろうか?と、勘ぐってしまう。 「大川慶次郎の地方競馬予想」の会員ページに戻ると、 ここでも を勧めていて、 との事だったので 実際に登録してみた。 載っているQRコードを読みとると特に個人情報を聞き出される事もなく登録する事ができた。 「大川慶次郎の地方競馬予想」に 会員ページに掲載されてある 的中実績だが、不可解な掲載がないか確認してみると、 は2018年 1月9日で の「2017年 11月22日」以降という事で、 時系列的には問題なかった。 …ただ「大川慶次郎の地方競馬予想」の登録前のページで という「大川慶次郎の地方競馬予想」がまだ存在しない捏造された実績を発見しているので「大川慶次郎の地方競馬予想」の実績は鵜呑みにできない。 次に感謝の声に当たる「的中の声」を見ると、 はここでも2018年 1月9日とドメイン取得日以降という事で特に問題はない。 を見ると、それぞれに所在地、ニックネームという共通した個人情報が掲載されていて、いつもなら投稿フォームもなく指示もないのにどうやって会員全員が所在地やニックネームを付けて投稿するんだ?っと突っ込む事が多いが、投稿方法も用意しているのが確認でき を押すと自動でメーラーが開くタイプだ。 では件名、本文、都道府県、お名前を設定する項目がちゃんと設けられているので、会員全員の所在地やニックネームが載っている事も納得できる。 あと が貰えるらしいが、これは積極的に感謝の声を投稿して貰えるようにという撒餌のようなものだな。 この的中実績と感謝の声の検証で分かった事というと、「大川慶次郎の地方競馬予想」の 的中実績も的中の声も 最古の掲載が2018年 1月9日という点だ。 つまり「大川慶次郎の地方競馬予想」が本格的に活動を始めたのは2018年 1月9日より数日前だったりするのかもしれない。 だとすれば「大川慶次郎の地方競馬予想」は本格的に活動し始めてから、まだ1ヶ月にも満たしていない可能性が高そうだ。 「競馬検証. com」では引き続き 大川慶次郎の地方競馬予想の検証は続けていくつもりですが、もしも 大川慶次郎の地方競馬予想をご利用された方や、被害・不満と思われている方、大川慶次郎の地方競馬予想の「関連サイト情報」などをお持ちの方、または 大川慶次郎の地方競馬予想からの電話営業など証拠の残らない営業を受けられた方などいらっしゃいましたら、どんな些細な情報でも構いませんので、口コミ情報のご提供にご協力頂けると幸いです。 com」に寄せられた大川慶次郎の地方競馬予想の口コミをはじめ、競馬予想サイトを検証している他サイトでまとめている情報や、実際に私達管理人が登録し、サイト内コンテンツやサポートを検証、予想をたまには自腹で購入して「まとめ」あげようとしております。 大川慶次郎の地方競馬予想の評価検証に対しては、私達管理人の個人的主観はできるだけ除くようにし、様々な大川慶次郎の地方競馬予想情報を「競馬検証. com」にて集約して検証することで、片寄った情報ではなく大川慶次郎の地方競馬予想に対する「口コミ」の総合的な「まとめ」を公平に評価できると判断しております。 また、まだ大川慶次郎の地方競馬予想の情報が少ないようでしたら、情報の収集と検証を只今行っておりますので、いましばらくお待ちください。 もしも「無料情報」や予想結果に対する情報、使ってみた感想をお持ちでしたら情報提供にご協力頂けると幸いです。 尚、大川慶次郎の地方競馬予想への口コミ情報の投稿につきましては「競馬検証. com」のスタッフが「大川慶次郎の地方競馬予想側の投稿」と判断した場合や、明らかに大川慶次郎の地方競馬予想の競合会社の投稿、または大川慶次郎の地方競馬予想の運営者への過剰なプライバシー侵害、営業妨害に値する投稿記事の場合は掲載しないことも御座いますので、予めご了承下さい。 8倍と 71. 2倍、 40. 1倍の全3券種的中。 …仮に500円で全て買ってたら、 合計 37万超えの配当だ。 …超破格の 過去最強は、1000円予想の。 2倍を的中させ、最大で 55万 3200円の払戻しだ。 3倍の配当がつき、800円が 35万超に。 7倍の的中。 … 1ヶ月以上の徹底検証の末、 無料情報の3連複の精度がとても高く、優良評価が妥当と判断した。 馬券の組み立て方が上手いサイトだ。 5倍もの高配当を当て、最大で 65万超の払戻しとなった。 いつも勝率や連対率などのデータ頼りではなく、馬場傾向と血統傾向を考えられた、少ない点数の買い目だ。 5倍の的中。 推奨金額が最大の600円だと、 33万超の払い戻しになった。 現場の記者しか撮れない は、 超生情報。 新聞では知れない情報が同日に何度も更新。 無料情報の快進撃がまじで、スゴい。 無料予想で 4週連続的中させた後も間髪入れずに 絶好調。 「 」は新聞やネットには載ってない 裏情報。.

次の