いつも頑張ってる。 いつも頑張ってるね! Facebookの「プレモルでおつかれさま!」アプリでギズ編集部のスタッフにおつかれさまの言葉をかけたよ

いつも頑張ってるなぁ♡男性が「職場で惹かれる女性」の特徴4つ(2019年11月5日)|ウーマンエキサイト(1/2)

いつも頑張ってる

今日は午後から「金曜ショータイム」の再放送を見ていました。 26才のきよしくん、デビュー4年目で白雲の城や玉緒さんとラブリィを歌っていた頃でしたね。 コントやトークも凄く頑張っていて、きっと自分が思う以上に沢山のことを求められていたんだろうな〜大変だったろうな〜と思いながらも楽しく見させてもらいました。 当時もリアルタイムで見ていたのですが、こうして十数年経って見ると当時きよしくんが一杯一杯だなというのがわかります。 でもラブリィを歌う時は玉緒さんをリードしている頼もしいきよしくんでした。 まだ喉に不調を抱えるちょっと前くらいな頃ですかね。 凄く声が響いていましたよね。 きよしくんにも歴史あり。 どんな時もいつも一生懸命に頑張っていたのを母のように姉のように見ていました。 これから再放送で懐かしいきよしくんを見ることが増えると思うのですが、きっと当時見ていたのとは違う気持ちで見ることが出来るかもしれませんね。 きよしくんにしてみればちょっと恥ずかしいかもしれないけど、いつの時代のきよしくんも大好きです😘.

次の

東京女子流 頑張って いつだって 信じてる 歌詞

いつも頑張ってる

頑張ってる人に「おつかれさま」って伝えよう! 昨日も今日も明後日も、みんな頑張ってます。 さりげなく「おつかれさま」って毎日言っていますが、ザ・プレミアム・モルツのソーシャルアプリ「」なら、Facebookからも「おつかれさま」を言い合えますよ。 「プレモルでおつかれさま!」はサントリーからリリースされたFacebookのソーシャルアプリです。 Facebookには、「いいね!」ボタンはあっても「おつかれさま!」ボタンはありませんよね。 ほんとに伝えたいことは「いいね!」じゃないんだけど「いいね!」しか押せない時、「おつかれさま!」の気持ちをこのアプリを使って伝えることができるんですね。 それでは、いつも頑張っているギズモード編集部の人へ「プレモルでおつかれさま!」を使って 「おつかれさま」をギズ副編集長の大野から伝えてみたいと思います! いつもこんなに険しい顔をしてMacを睨みつけてる彼らを、少しでも元気づけられたらいいんですが...。 長谷くんはなにやら考え事をしていて、松葉さんなんて眉間にしわ寄せちゃって。 毎日こんなに忙しそうにしてるわけじゃないのに、今日に限ってこんなんなっちゃって...。 見てていたたまれない気持ちになってしまうけど、声がかけづらいのも事実です。 早速「」にアクセスしてメッセージを贈りたいと思います。 Facebookにログインしてたらすぐアプリを使えますよ〜。 それでは実際にこのアプリを使って「おつかれさま」をお届けしましょう。 使い方は簡単3ステップ。 メッセージを贈りたい友達を選んで、2. メッセージを書いて、3. 背景を選択して送信するだけです。 今回メッセージを贈ったのは、新しくギズモードに入ったばかりの松葉さんです。 1の「 贈り先を選ぶ」から、友達を探してきます。 その後には、80文字以内でメッセージを入力。 こういう時くらい、普段あまり言わないような、人間クサい言葉でもいいかもしれませんね。 メッセージを贈る前には、このようにプレビューで確認することができます。 さんまに醤油にプレモルが 食欲をそそる良い写真ですね。 湯気が立ち上がってるご飯があれば、なお最高! さてさて、プレビューで確認したら、 「 この内容で贈る」を選択して送信すると、相手のウォールに掲載されます。 こんな感じにね。 ウォールのURLへアクセスすると、 贈られた人はメッセージを確認することができます。 贈られた人がお返しをすることも可能で、「 おつかれさま!を返す」というアクションを取れますよ。 ちなみに、ちょっと待ってたら松葉さんからお返しがきました。 こんな風に返信が来たら贈った側も嬉しいですよね。 次へを押すと... お返しとして、贈った側にも贈り物をもらえるのがこのアプリのいいところ。 今回いただいたのは、デジタルおまけの「 デキる大人のウォールピクチャ」でした。 ザ・プレミアム・モルツ 350ml 2缶パックが当たる時もあるので気が抜けませんよ。 「」は スマートフォンからもアクセスすることができます。 スマートフォン版は、PC向けのFacebookアプリと同等の機能を備えているので、どこからでも「おつかれさま!」と言い合えるのが特徴ですね。 ところで、今回やり取りをした松葉さんへ、メッセージを贈った後日 「おつかれさま!」をもらった感想を本人に聞いてみました。 「 プレモルでおつかれさま!」ですか? あぁこの前贈ってくれたやつですね! ありがとうございました。 あれ、けっこう嬉しかったですよ。 家に帰ってビール飲みたくなりましたもん。 僕もお返しにメッセージ贈らせてもらいましたけど、全然恥ずかしくなくて、 手紙を書いてるように感情を表せるのがいいと思いました。 以上、生の声でした。 松葉さんの感想の通り、「プレモルでおつかれさま!」アプリは、普段から言い合ってる 「おつかれさま」を気軽にFacebook上でメッセージにして贈れるのが魅力ですね。 Facebookだけで繋がっている地元や学生時代の友達にも使えますね。 みなさんも、「いいね!」の代わりに「おつかれさま」伝えませんか? プレモルでおつかれさま![ , ] (大野恭希)• Tags :•

次の

コスメコンシェルジュ厳選!いつも頑張ってる自分への奮発ご褒美コスメ

いつも頑張ってる

頑張ってる人に「おつかれさま」って伝えよう! 昨日も今日も明後日も、みんな頑張ってます。 さりげなく「おつかれさま」って毎日言っていますが、ザ・プレミアム・モルツのソーシャルアプリ「」なら、Facebookからも「おつかれさま」を言い合えますよ。 「プレモルでおつかれさま!」はサントリーからリリースされたFacebookのソーシャルアプリです。 Facebookには、「いいね!」ボタンはあっても「おつかれさま!」ボタンはありませんよね。 ほんとに伝えたいことは「いいね!」じゃないんだけど「いいね!」しか押せない時、「おつかれさま!」の気持ちをこのアプリを使って伝えることができるんですね。 それでは、いつも頑張っているギズモード編集部の人へ「プレモルでおつかれさま!」を使って 「おつかれさま」をギズ副編集長の大野から伝えてみたいと思います! いつもこんなに険しい顔をしてMacを睨みつけてる彼らを、少しでも元気づけられたらいいんですが...。 長谷くんはなにやら考え事をしていて、松葉さんなんて眉間にしわ寄せちゃって。 毎日こんなに忙しそうにしてるわけじゃないのに、今日に限ってこんなんなっちゃって...。 見てていたたまれない気持ちになってしまうけど、声がかけづらいのも事実です。 早速「」にアクセスしてメッセージを贈りたいと思います。 Facebookにログインしてたらすぐアプリを使えますよ〜。 それでは実際にこのアプリを使って「おつかれさま」をお届けしましょう。 使い方は簡単3ステップ。 メッセージを贈りたい友達を選んで、2. メッセージを書いて、3. 背景を選択して送信するだけです。 今回メッセージを贈ったのは、新しくギズモードに入ったばかりの松葉さんです。 1の「 贈り先を選ぶ」から、友達を探してきます。 その後には、80文字以内でメッセージを入力。 こういう時くらい、普段あまり言わないような、人間クサい言葉でもいいかもしれませんね。 メッセージを贈る前には、このようにプレビューで確認することができます。 さんまに醤油にプレモルが 食欲をそそる良い写真ですね。 湯気が立ち上がってるご飯があれば、なお最高! さてさて、プレビューで確認したら、 「 この内容で贈る」を選択して送信すると、相手のウォールに掲載されます。 こんな感じにね。 ウォールのURLへアクセスすると、 贈られた人はメッセージを確認することができます。 贈られた人がお返しをすることも可能で、「 おつかれさま!を返す」というアクションを取れますよ。 ちなみに、ちょっと待ってたら松葉さんからお返しがきました。 こんな風に返信が来たら贈った側も嬉しいですよね。 次へを押すと... お返しとして、贈った側にも贈り物をもらえるのがこのアプリのいいところ。 今回いただいたのは、デジタルおまけの「 デキる大人のウォールピクチャ」でした。 ザ・プレミアム・モルツ 350ml 2缶パックが当たる時もあるので気が抜けませんよ。 「」は スマートフォンからもアクセスすることができます。 スマートフォン版は、PC向けのFacebookアプリと同等の機能を備えているので、どこからでも「おつかれさま!」と言い合えるのが特徴ですね。 ところで、今回やり取りをした松葉さんへ、メッセージを贈った後日 「おつかれさま!」をもらった感想を本人に聞いてみました。 「 プレモルでおつかれさま!」ですか? あぁこの前贈ってくれたやつですね! ありがとうございました。 あれ、けっこう嬉しかったですよ。 家に帰ってビール飲みたくなりましたもん。 僕もお返しにメッセージ贈らせてもらいましたけど、全然恥ずかしくなくて、 手紙を書いてるように感情を表せるのがいいと思いました。 以上、生の声でした。 松葉さんの感想の通り、「プレモルでおつかれさま!」アプリは、普段から言い合ってる 「おつかれさま」を気軽にFacebook上でメッセージにして贈れるのが魅力ですね。 Facebookだけで繋がっている地元や学生時代の友達にも使えますね。 みなさんも、「いいね!」の代わりに「おつかれさま」伝えませんか? プレモルでおつかれさま![ , ] (大野恭希)• Tags :•

次の