手の甲 が 赤い。 手の甲が腫れて痛い!2つの原因と対処法とは!

手の甲にブツブツが出来ます

手の甲 が 赤い

Sponsored Links 手の甲に痛みが出る3つの原因とは? 手の甲に痛みや腫れがあるなら、 中手骨骨折・ 腱鞘炎・ ドケルバン病の3つの原因が考えられます。 それぞれ詳しくご説明するので、当てはまる症状を確認してみましょう。 中手骨骨折(ちゅうしゅこつこっせつ) 上図の赤丸部分のとおり、手の甲を構成する骨は5本あり、これを中手骨と言います。 中手骨が骨折する原因は、 強い衝撃が加わることです。 例えば、物が手の甲にあたる打撲や、転倒して手をついた時など、強い力が骨に加わるときに発症します。 ボクサーがよく骨折するのも中手骨です。 中手骨は骨折していても指を動かすことができ、外見上ほとんど腫れないこともあるので、一見して骨折とわからない場合もあります。 しかし、強い衝撃を受けた後に、痛みや腫れが続いて指を曲げる動作がしずらい場合、中手骨が骨折している可能性があります。 握りこぶしを作ったときに、こぶしの山の部分がはっきり見えないくらい腫れているようなら、早めに整形外科に行きましょう。 腱鞘炎(けんしょうえん) 手の指を曲げたり伸ばしたりするとき、腱が腱鞘の中を移動します。 このとき、過度にこすれ合うことで腱鞘が炎症することを腱鞘炎と言います。 手の甲にある腱鞘と腱の関係は、以下の図がわかりやすいので確認してください。 腱鞘炎になる原因は、 手や指を過度に使うこと。 例えば、字の書き過ぎ、楽器の演奏、手を酷使するスポーツなどで腱鞘炎を発症します。 そして、最近多いのが パソコンの使いすぎです。 パソコン作業では手首を固定して、少し反らせた状態でキーボードを入力しますよね。 この状態で作業を長時間続けると、手の甲にある腱鞘と腱に大きな負担がかかり、腱鞘炎を引き起こします。 腱鞘炎になっても、腫れることはあまりありません。 何もしていないときは痛みも少ないですが、手を動かしたり物をつかむときに痛みが出ます。 普段から手を酷使していて痛みがあるなら、腱鞘炎の可能性があります。 できるだけ、手を使わないように安静にしましょう。 ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎) 腱鞘炎の中で、最も発症しやすいのがドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)です。 ドケルバン病は、親指の使いすぎによって親指の付け根が腱鞘炎を起こす疾患で、痛みが出るのは上図の赤丸部分です。 その原因は、腱鞘炎と同じく親指を使いすぎることです。 また、妊娠していたり中年以降の女性に発症しやすい特徴があります。 最近増えているのが、スマートフォンを親指で操作していることが多い人です。 スマホを使いすぎて、親指の曲げ伸ばしがしずらい症状があるなら要注意です。 ドケルバン病の症状は、親指を動かすときに親指の付け根あたりに強い痛みがあることです。 この部分を押したときにも痛みがあります。 下図のように、親指を手の内側に入れてこぶしを作って小指の方に手首を曲げたとき、赤丸部分に痛みがあったり曲げられない場合はドケルバン病の可能性があります。 対処法を間違えると手術もあり得る? もし、腱鞘炎やドケルバン病の場合、手や指を使わずに安静にすることが大切です。 発症する原因は手や指を酷使することなので、炎症を和らげるために動かさないことがベストです。 湿布などを貼って、様子を見るようにしましょう。 一方、手の甲に痛みや腫れがあり、中手骨骨折の症状が当てはまる場合、すぐに整形外科を受診しましょう。 というのも、骨折を治すためにはギブスで固定して治療する必要があるからです。 治療が遅れた場合、指の力が弱くなったり思い通りに動かせなくなるなど、後遺症が残ることもあります。 痛みが長続きしてしまうこともあるんです。 適切な治療を行わなかった結果、中手骨の骨折がなかなか治らず、最悪の場合は手術が必要になることもあります。 手の甲に痛みや腫れが長続きしていて、少しでもおかしいと感じているなら、すぐにでも整形外科を受診することをおすすめします。 なお、手のひらに痛みやしびれがあるなら、こちらの記事を参考してください。

次の

手が赤いことの原因とは。膠原病やその他の病気の可能性があるかも?

手の甲 が 赤い

今回の流れ• 手の甲にかゆみのある赤い斑点ができるのはなぜ? 手の甲にかゆみのある赤い斑点ができる原因はなんなのでしょうか? 赤い斑点がでる理由について説明します。 赤い斑点の原因と考えられるのは 主に発疹と湿疹です。 発疹と湿疹の違いはというと、発疹はじんましんや接触性皮膚炎などのアレルギー反応のことで、湿疹とは体の内側が反応して出てくるブツブツのことです。 何らかの原因で毛細血管が広がり、血の流れが増えて 血流の滞った部分が肌の上に透けて見えるのです。 これが手の甲にできる赤い斑点の正体と考えられます。 手の甲にかゆみのある赤い斑点が出る6つの原因 では、なぜかゆみのある赤い斑点が手の甲に出るのでしょうか?日常生活に潜む原因について紹介します。 ・ストレスがたまっている ・皮膚が乾燥している ・食生活が乱れている ・気温差が激しい ・洗剤やお湯を良く使う仕事をしている ・刺激の強い洗剤やシャンプーなどを使っている これら6つが赤い斑点ができる原因となっていることが多いのです。 手の甲にかゆみのある赤い斑点ができたとき考えられる病気 手の甲にかゆみのある赤い斑点ができたとき、皮膚のトラブルならさほど問題ありません。 しかし場合によっては、病気が隠れていることもあるので、手の甲の赤い斑点で疑う病気について解説していきます。 マラセチア毛包炎 マラセチア菌というカビが原因で手に湿疹ができる病気です。 手だけでなく体全体に出ることもあります。 マラセチア菌は湿気を好むので、手を洗った後はよく水気をふき取るようにしましょう。 アトピー性皮膚炎 アレルギーがある人がなりやすいアトピー性皮膚炎。 このアトピー性皮膚炎が手の甲に出ることがあります。 かゆみがひどく痛みが出る場合もあるのです。 掻きむしると感染症を引き起こす可能性があるので、必ず病院で治療をうけましょう。 肝臓機能の低下 肝臓は『沈黙の臓器』と言われるくらい、なかなか痛みなどの症状が出ない臓器なのですが、手の甲に症状がでることがあります。 手の甲にかゆみのある赤い斑点が出た原因が、肝機能低下の初期症状だったということもあるのです。 ・体が疲れやすい ・だるい などの症状があり、日頃からアルコールの飲みすぎ、脂っこい物を食べ過ぎているなど気になることがある方は、念のために病院を受診しましょう。 手の甲にかゆくて赤い斑点ができた時の4つの対処法 それでは手の甲にかゆくて赤い斑点ができてしまった時、どうすれば良いのでしょうか? かゆいところを掻いてしまうとますますかゆみが増したり、 肌を傷つけてしまうこともあります。 かゆみを和らげるための対処法について4つ紹介します。 冷やす かゆい時は 氷や保冷剤などで冷やすと、かゆみが和いで楽になります。 冷たいという感覚はかゆいという感覚よりも優先的に感じるので、かゆみを感じにくくなるのだそうです。 夏は冷房を強くする、冬なら暖房を切るなど 体感的にも涼しくすることも効果的です。 また、冷やすことで血管の広がりを抑えてくれるので赤い斑点対策にも効果的です。 注意することはかゆいからと氷や保冷剤を直接肌に当てると肌を傷つけてしまうことがあるので、ガーゼやタオルなどで 巻いてから冷やすようにしましょう。 市販の薬を塗る 薬局に売っている市販の薬の中に保湿成分の入った薬やかゆみを抑える薬があります。 病院に行く時間がないがかゆみが我慢できない時などは、 市販の薬を塗るのも良いと思います。 ただ、中には塗ることで症状がひどくなってしまう場合もあるので、薬剤師さんに相談してから使うようにしてください。 他のことを考える かゆいと思ってしまうと、気になって気になって仕方がありません。 そんな時には 気を紛らわすことが大事です。 自分の好きなことをしたりテレビを見たり、おしゃべりをしたり、楽しいことを考えるだけでかゆみのことが気にならなくなります。 赤い斑点のことを心配しすぎると、どうしても頭から離れなくなるので 心配しすぎないことも大事です。 シャワーなど、水で洗い流す 水で洗い流すことは体を冷やす効果もありますし、 汚れや汗などの刺激物を洗い流すことができます。 この時、刺激の強い石鹸などでゴシゴシ洗うのではなく、刺激の少ない石鹸をしっかり泡立てて手で優しく洗うことが大切です。 かゆみや赤い斑点が気になって仕方がない時は これら4つの対処法を試してみてください。 スポンサーリンク かゆみのある手の甲の赤い斑点を予防する方法 手の甲に赤い斑点ができる原因とかゆみがある時の対処法、考えられる病気について解説してきました。 最後に日常生活で、手の甲の赤い斑点が現れるのを予防する方法について解説します。 シャンプーや洗剤などを肌に優しい物に変える シャンプーや洗剤など皮膚に触れる物は、 肌に優しい自然由来の物を使うようにしましょう。 特に一日に何度も使う物は刺激の少ない物にするようにしましょう。 また、洗濯はできるだけ柔軟剤を使用しない、すすぎはしっかりするなど肌に触れる洋服の洗濯にも気をつけましょう。 保湿を心がける 肌の乾燥を防ぐことが赤い斑点とかゆみを予防するには大切です。 肌が乾燥することがこの赤い斑点とかゆみの大きな原因となるので、お風呂は熱いお湯ではなくぬるめのお湯にする。 湯船に長く浸かったりタオルで肌をゴシゴシ洗わない。 お風呂上がりは保湿クリームをたっぷり塗って、乾燥を防ぐようにしましょう。 また、エアコンを使うと部屋が乾燥してしまうので、部屋の加湿にも気をつけましょう。 乾燥した部屋にいる時や冬の寒い日の外出前後にも保湿クリームで肌の保湿を心がけてください。 ストレスをためない ストレスがたまると血行が悪くなり、 肌の調子が悪くなってしまいます。 そのため、手に湿疹ができやすくなってしまうのでストレスをためないように普段からリラックスできる時間をつくるようにしましょう。 水仕事をする時は手袋をする 水仕事は手に刺激を与える他に、乾燥の原因にもなります。 できるだけ お湯ではなく水を使うようにしましょう。 ま たゴム手袋をして作業するなど手を保護するようにしましょう。 ゴム手袋でアレルギーを起こす方は人工ゴムの手袋をするとよいですよ。 食生活を見直す アルコールを飲み過ぎないようにする、暴飲暴食をしないなど食生活を見直して、肝臓を休ませるようにしましょう。 正しい食生活を送ることは肝臓を守るだけでなく、 体の免疫機能も高めてくれるので日頃から気を付けるようにしてください。 このように乾燥を防ぎ、肌を守ったり、食生活を見直すことで手の甲にできるかゆみのある赤い斑点を予防することができます。 しかし、自己判断で薬を付けたり、対処法を間違ってしまうと悪化してしまうことがあるので、かゆみがなかなか治まらない。 強いかゆみがあるなど少しでもおかしいなと思ったらすぐに病院を受診するようにしてください。 スポンサーリンク.

次の

皮膚の赤い斑点は病気?かゆみがあるなしでの7つの原因と対処法!

手の甲 が 赤い

肝臓の機能低下が原因 肝臓の機能が低下したりそのような症状を持つ疾患になると、肝臓そのものへの痛みはないものの、身体の他の部位に症状が現れる場合があります。 肝臓の機能が低下してくると手が赤いという症状が出る場合があります。 肝機能による影響であれば、ほかに、身体のかゆみ、出血しやすくなる、吐き気、黄疸、全身の倦怠感、尿の色が黄褐色等の症状が同時に現れたりすることがあります。 もし手の赤みど同時にこのような症状が出ているようであれば、一度肝機能が正常であるかどうか検査をしてみること良いでしょう。 献血により肝臓の機能が正常であるか簡単に確認することができます。 もし肝機能に異常があった場合には、お医者さまの診断に基づいて治療を行っていきますが、なぜ肝臓が異常になったり疲労をおこしたりするのでしょうか。 ひとつは、 アルコールの飲みすぎは肝臓の機能低下を招く大きな原因のひとつです。 厚労省の発表によると、日本酒で7合(約1. 2リットル)を毎日10年以上に渡って飲み続けた場合には約2割、15年以上の場合には約5割の人が肝硬変になるとのことです。 多量の飲酒をする習慣のある人は、お酒の量や回数を減らすと同時に、アルコール度数が高いお酒からより低い度数のお酒へと変更していことが大切です。 断酒というのは、いきなりやっても成功しづらいですので、お酒の量や回数や質をうまく自分と相談しながらコントロールしていくことが、成功への秘訣です。 もし、お酒を普段から良く飲む習慣のある方が、手が赤い症状に気づいたら、一度血液検査を受けられることをお勧めいたします。 その他の病気による場合 手が赤くなることの別の原因としては、うっ血による可能性があります。 うっ血とは、なんらかの理由により血流が悪くなることに影響されて、皮膚のしたの毛細血管が拡張してしまう症状をいいます。 そのうっ血が、手のひらで発生すると、手に赤い斑点があらわれたりすることがあります。 このうっ血が発生する原因としては、生活習慣の乱れによるのも一因だといわれています。 身体の冷え、運動不足や食生活の過食によるもの等の原因が考えられます。 そのような原因によるうっ血であれば、規則正しい生活と適度な運動、適量の食事量に切り替えていくことによって、手が赤い症状もしだいになくなっていきます。 他の原因によるときにもいえますが、日常生活でのご自身の生活スタイルの見直しが、この症状の緩和に大きく影響するものということができます。 今回の記事をご参考にされて、ぜひご自身の生活習慣の見直しをされてご健康になられることを編集部一同お祈りしております。

次の