出産計算。 出産手当金(産休手当金)が思ったよりも多い!意外と計算方法がわかってなかった。

出産予定日の計算方法 [妊娠の基礎知識] All About

出産計算

妊娠を報告すると「今何ヵ月?」と聞かれることが多いもの。 出産予定日は最終月経開始日を0週0日として計算しますが、0~3週は妊娠0ヵ月ではなく1ヵ月となり、少しややこしいのが「月数」の数え方。 下の表をぜひ、月数の計算の参考にしてください。 なお、1~4ヵ月を「妊娠初期」、5~7ヵ月を「妊娠中期」、8~10ヵ月を「妊娠後期」と呼ぶこともあります。 妊娠が成立して激しくホルモンが変化する初期は、「つわり」を感じる人も多い時期。 中期には体調も落ち着き、お腹がふくらんできて胎動を感じ始める時期でもあります。 また後期はお腹が一段と膨らみ、腰痛やむくみに悩む人も。 早産などで急に入院になることもあるので、出産の準備を万端にしておきたい時期です。 出産予定日より出産が 早まる理由、遅くなる理由 早産になりやすい理由 正期産よりも早く生まれる「早産」になる原因としては、喫煙やストレス、膣炎、子宮の異常、骨盤底筋が弱い、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などさまざま。 日常の習慣は改めることができるとしても、原因をすべて除くことは難しいため、早産を避けるためには きちんと妊婦健診を受け、早産になりやすい状況を早めに診断してもらったり、 異変があったらすぐ産婦人科に相談することが大切です。 過期産になりやすい理由 妊娠42週目以降の「過期産」になる原因ははっきりわかっていませんが、初産婦や高齢出産だと胎児の通過路である軟産道という部分が硬い傾向があり、陣痛がなかなか来ないことも。 妊婦検診をしっかり受けていれば、医師が赤ちゃんの状態などを確認して過期産のリスクが下げられるよう適切な措置を取ってくれます。

次の

出産手当金とは?いつもらえる?計算方法は?|ゼクシィ保険ショップ

出産計算

妊娠を報告すると「今何ヵ月?」と聞かれることが多いもの。 出産予定日は最終月経開始日を0週0日として計算しますが、0~3週は妊娠0ヵ月ではなく1ヵ月となり、少しややこしいのが「月数」の数え方。 下の表をぜひ、月数の計算の参考にしてください。 なお、1~4ヵ月を「妊娠初期」、5~7ヵ月を「妊娠中期」、8~10ヵ月を「妊娠後期」と呼ぶこともあります。 妊娠が成立して激しくホルモンが変化する初期は、「つわり」を感じる人も多い時期。 中期には体調も落ち着き、お腹がふくらんできて胎動を感じ始める時期でもあります。 また後期はお腹が一段と膨らみ、腰痛やむくみに悩む人も。 早産などで急に入院になることもあるので、出産の準備を万端にしておきたい時期です。 出産予定日より出産が 早まる理由、遅くなる理由 早産になりやすい理由 正期産よりも早く生まれる「早産」になる原因としては、喫煙やストレス、膣炎、子宮の異常、骨盤底筋が弱い、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などさまざま。 日常の習慣は改めることができるとしても、原因をすべて除くことは難しいため、早産を避けるためには きちんと妊婦健診を受け、早産になりやすい状況を早めに診断してもらったり、 異変があったらすぐ産婦人科に相談することが大切です。 過期産になりやすい理由 妊娠42週目以降の「過期産」になる原因ははっきりわかっていませんが、初産婦や高齢出産だと胎児の通過路である軟産道という部分が硬い傾向があり、陣痛がなかなか来ないことも。 妊婦検診をしっかり受けていれば、医師が赤ちゃんの状態などを確認して過期産のリスクが下げられるよう適切な措置を取ってくれます。

次の

出産手当金(産休手当金)が思ったよりも多い!意外と計算方法がわかってなかった。

出産計算

出産手当金を受ける人の条件 出産手当金を受けることのできるのは、次の2つの条件を満たしている人です。 社会保険に1年以上加入している。 正社員である必要はなく契約社員やパートの方でも社会保険に1年以上加入していれば出産手当金を受け取ることができます。 ただし、夫の保険の被扶養者になっている場合はこの条件に当てはまりません。 産休中、報酬を受け取っていない。 出産手当金は、産休中に報酬(給料)がもらえない人の生活を支えることが目的で支給されるものですので、産休中に報酬を受け取っていないことが条件になります。 出産手当金の算出方法 出産手当金は標準報酬月額をもとに算出されます。 標準報酬月額とはその人の保険料や保険給付の額を決める基準となるもので、4、5、6月の報酬を平均して算出されます。 この時の報酬は、税金を引かれる前の総支給額にあたり、基本給だけでなく、通勤手当、各種手当も含まれます。 この標準報酬月額を30(日)で割ったものを日給とみなし、出産手当金は次のように算出されます。 産休中にボーナスが支払われる場合 出産手当金は産休中に報酬を受け取っていないことが条件ですが、賞与に関しては条件の対象にはなりません。 つまり、産休中に賞与を受け取っても出産手当金はそのままもらえる、ということになります。 また、標準報酬月額についても、賞与は通常関係ありません。 ただし、年4回以上支払われる賞与に関しては賞与ではなく、報酬と同じように扱われますので、標準報酬月額に反映されます。 まとめますと、出産手当金は社会保険に1年以上加入していて、産休中に報酬を受け取っていない人を対象に支給されます。 産休中に賞与が支払われる場合でも、年3回以内の賞与であれば、出産手当金はそのまま受け取ることができます。 さらにこの場合、賞与は標準報酬月額に反映されることはありません。

次の