淡路島 いづ も 庵。 いづも庵(淡路島/そば・うどん・丼)の店舗情報

淡路島・いづも庵で、ジュージュー♪石焼き淡路島牛丼ランチ❗️定番の玉ねぎつけ麺も😁

淡路島 いづ も 庵

あったか祭• 淡路石焼き牛丼うどんセット• おすすめ 1,150円 (税抜) 単品 950円 (税抜)• 鍋焼き定食 1,130円 (税抜) 単品 980円 (税抜)• 牛すじ鍋うどん• おすすめ 1,180円 (税抜)• 牛鍋うどん 1,180円 (税抜)• 石焼きカレーうどん定食 1,030円 (税抜) 単品 880円 (税抜)• 淡路牛すじ石焼きカレーうどん 1,180円 (税抜) 単品 1,030円 (税抜)• 天鍋うどん 1,080円 (税抜)• 鴨酔定食 1,130円 (税抜) 単品 980円 (税抜)• おにぎり 280円 (税抜)• 鍋焼き定食 1,130円 (税抜)• 石焼牛すじカレーうどん定食 1,180円 (税抜)• ぶっかけ• 牛すじぶっかけ 830円 (税抜)• まいたけ天ぶっかけ 830円 (税抜)• 【夏期限定】なめこおろしぶっかけ 830円 (税抜)• 創作うどん• 玉ねぎつけ麺 華• おすすめ 880円 (税込)• 淡路産のふわふわ卵とじうどん• おすすめ 730円 (税抜)• 淡路牛の肉うどん 830円 (税抜)• 肉そば 880円 (税抜)• 淡路牛のすじうどん 830円 (税抜)• すじそば 880円 (税抜)• うどん• かけうどん 450円 (税抜)• きつねうどん 570円 (税抜)• 鳴門のわかめうどん 570円 (税抜)• 力うどん 680円 (税抜)• こぶうどん 680円 (税抜)• 山菜うどん 680円 (税抜)• 天ぷらうどん 830円 (税抜)• 天ざるうどん 1,030円 (税抜)• ざるうどん 630円 (税抜)• 釜揚げうどん• 釜揚げ天ぷらうどん 1,030円 (税抜)• 釜揚げうどん 630円 (税抜)• 釜玉うどん 630円 (税抜)• かけそば 500円 (税抜)• たぬきそば 620円 (税抜)• 鳴門のわかめそば 620円 (税抜)• こぶそば 730円 (税抜)• 山菜そば 730円 (税抜)• かきあげそば 880円 (税抜)• 天ぷらそば 880円 (税抜)• ざるそば 680円 (税抜)• 天ざるそば 1,080円 (税抜)• セット• カツ丼セット 1,030円 (税抜) 単品• 天重セット 1,130円 (税抜)• お子様セット ・ミニうどん ・おにぎり 2個 ・エビフライ 1尾 ・からあげ 1個 ・ウインナー 1個 ・プリン 680円 (税抜)• 玉子丼セット 890円 (税抜)• 親子丼セット 990円 (税抜)• 他人丼セット 1,030円 (税抜)• 牛すじ丼セット 1,130円 (税抜)• セットメニュー そばにかえられます。 各大盛り+150円(税込) 丼ご飯大盛り無料• ご飯物• 【土日限定】ちらし 280円 (税抜)• 【土日限定】いなり 280円 (税抜)• 淡路のお米 150円 (税抜) 大盛 無料• 一品物• かきあげ天ぷら• おすすめ 400円 (税抜)• えび天ぷら 250円 (税抜)• 牛すじ煮込み 400円 (税抜)• 天ぷら盛り合わせ 500円 (税抜)• おでん 120円 (税抜)• その他• プリン 100円 (税抜)• 【土日限定】サラダ 150円 (税抜)• トッピング• 天かす 無料• 生玉子 50円 (税抜)• あげ 100円 (税抜)• 山菜 100円 (税抜)• わかめ 100円 (税抜)• こんぶ 200円 (税抜)• もち 200円 (税抜).

次の

【ウラマヨ】に淡路島うどん【いづも庵】手打ちうどん専門店が登場!麺製造は老舗【淡路麺業】!場所は?

淡路島 いづ も 庵

麺乃匠 いづも庵 淡路島のうどんでおすすめは、麺乃匠 いづも庵です。 場所は淡路島東海岸で淡路市志筑の国道28号線沿いにあります。 アクセスは津名一宮インターチェンジから車で約10分です。 駐車場は約40台です。 営業時間は、ランチが11時から15時まで、ディナーが17時から20時までです。 定休日は木曜日です。 席数は、テーブル席が約50席、奥の座敷が約20席です。 全部で約70席です。 創業110年の手打ちうどんの店です。 讃岐うどんのコシと大阪うどんのモチモチ感を併せ持つ自家製麺は、淡路島うどんと名付けられています。 麺一筋で淡路島を代表する人気店となりました。 うどんは、テレビや雑誌で紹介される名物「玉ねぎつけ麺 華」が1番人気です。 淡路島産の鰹(カツオ)や鯖(サバ)など風味豊かな特製ダシに、淡路島玉ねぎを丸ごと1個を揚げて入れています。 名産カレンデュラの花びらが添えられて華やかです。 玉ねぎの丸揚げは、花が咲いたように美しく見えることから「華」と命名されました。 玉ねぎの甘みが染み込んだ出汁と細ちぢれ麺の相性が抜群です。 低温で約10分間揚げられた玉ねぎは、外がカリカリで中がトロトロです。 フォークとナイフを使います。 食感の変化が楽しめます。 肉厚で柔らかく甘くて美味しいです。 この他に、12種類のスパイスを調合した和風カレーと太麺が石焼き鍋で提供される「淡路牛カレーうどん」も人気メニューです。 淡路牛と淡路島玉ねぎが使用されています。 淡路島産の牛肉と鶏肉、地元のブランド卵「北坂たまご」など8種類の具を投入した「鍋焼きうどん」もおすすめです。 具材の旨味が染み出して美味しい鍋焼きに仕上がっています。 玉ねぎつけ麺 華:900円• 淡路牛カレーうどん:1000円• 鍋焼きうどん:1050円 定食では、淡路牛と淡路島玉ねぎと淡路米を使用した「石焼き淡路島牛丼うどんセット」、淡路島の鴨肉ロースと白ねぎが入った「あわじ鴨酔定食」がおすすめです。 鴨の脂が染み出た上品な出汁です。 なお、麺乃匠 いづも庵の周辺の観光スポットとして、淡路ワールドパークONOKORO、伊弉諾神宮、たこせんべいの里などがあります。 麺乃匠 いづも庵の基本情報 住所 電話 0799-62-6002 公式サイト 営業時間 11:00~15:00、17:00~20:00 休業日 木曜日(祝日は営業・翌日休み) 座席数 約70席(テーブル席50席、座敷20席) 禁煙・喫煙 分煙 駐車場 約40台(普通車) 駐車料金 無料 アクセス 神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約10分 うどん工房 淡家 淡路島のうどんでおすすめは、うどん工房 淡家です。 場所は淡路島東部で淡路市中田の県道88号線沿いにあります。 アクセスは津名一宮インターチェンジから車で約4分です。 駐車場は約40台です。 営業時間は、平日が11時から14時までと17時から20時まで、土日祝が11時から15時までと17時から20時までです。 定休日は月曜日の夜のみです。 建物は、黒塗りで白地の看板が掲げられています。 店内は、木目調の床と抑え目の色調で落ち着いた雰囲気です。 カウンターキッチン越しから調理が眺められます。 店員さんが元気で活気があります。 席数は、テーブル4人席2卓、カウンター6人席4列、座敷6人席3卓、カウンター風テーブル20席です。 全部で約70席です。 大きな窓から、のどかな田園風景が眺められます。 セルフサービス方式です。 入口から通路を進んでお盆を取ります。 メニューを選んでオープンキッチンのカウンターで、うどんを注文します。 その場で、うどんを受け取ります。 先へ進むとサイドメニューコーナーがあります。 かき揚げ、天ぷら、唐揚げ、コロッケ、半熟卵、おにぎり、おいなりなどがあります。 サイドメニューを選ぶと会計レジに進みます。 会計を終えると、水のセルフ、お椀やスプーンやホークの貸し出し、天かす・ネギ・おろし・生姜などトッピングのコーナーに進みます。 トッピングで味付けをして席に向かいます。 セルフうどん店ということから、値段が大変お得です。 老若男女問わず、淡路島内外から、幅広い年代から愛される人気店です。 「淡路島をもっと元気に」がコンセプトです。 うどんの麺は、自家製の熟成麺を使用しています。 北海道産と九州産の小麦粉がブレンドされています。 讃岐うどんでコシがあり、旨みがあり、弾力があり、喉ごしの良いです。 出汁は、天然利尻昆布、瀬戸内海産いりこを使用しています。 具材は、淡路島の食材にこだわっています。 添加物や化学調味料を一切使用していません。 うどんメニューは、かけ・ざる・釜揚げ・ぶっかけ・きつねをはじめ、、淡路島の放し飼いの卵のぶっかけ・釜玉、淡路牛肉ぶっかけ、淡路牛スジ、淡路島玉ねぎカレーなどがあります。 名物は自家製の淡路島玉ねぎのかき揚げです。 大人の握りこぶしより大きいサイズです。 玉ねぎは外がサクサク、中がトロトロで甘いです。 プリプリの海老(エビ)も入れられて食感が楽しめる絶品です。 かけうどん並:320円(温)• ざるうどん並:320円(温・冷)• 釜揚げうどん並:320円(温)• ぶっかけうどん並:320円(温・冷)• かき揚げ(淡路島玉ねぎ):180円(税抜) なお、うどん工房 淡家と淡家 三原店は姉妹店となります。 なお、周辺の観光スポットは伊弉諾神宮、たこせんべいの里、淡路ワールドパークONOKOROとなります。 うどん工房 淡家の基本情報 住所 電話 0799-62-2121 営業時間 平日11:00~14:00・17:00~20:00、土日祝11:00~15:00・17:00~20:00 休業日 月曜日の夜のみ 座席数 約70席(テーブル4人席2卓、カウンター6人席4列、座敷6人席3卓 カウンター風テーブル20席) 禁煙・喫煙 完全禁煙 駐車場 約40台(普通車) 駐車料金 無料 アクセス 神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約4分 KEKKOI (ケッコイ) 淡路島のうどんでおすすめは、KEKKOI (ケッコイ)です。 場所は淡路島南部で南あわじ市円行寺の国道28号線を少し入ったところです。 アクセスは西淡三原インターチェンジから車で約10分です。 駐車場は約15台です。 営業時間は、11時から18時まで、ラストオーダーが17時です。 パフェとパンケーキのみ14時からの提供となります。 定休日は金曜日です。 「けっこい」とは讃岐弁で「キレイ」や「カワイイ」という意味です。 建物は、お洒落な南欧風のカフェレストランというイメージです。 店内は、白い壁と天井にナチュラルテイストのインテリアです。 パーテーションは、擦りガラスでカラフルなスーパーボールが入れられて、子供や女性に好評です。 KEKKOI (ケッコイ)のうどんは、かけだし、ぶっかけ、創作の3種類があります。 人気のうどんは、本場の讃岐うどんを洋風パスタのような見た目にアレンジした創作うどんです。 出汁は、オリジナルのこだわりダシです。 北海道産の真昆布、ゴマサバやヒラサバ、真鰹、干し椎茸、ウルメイワシ、瀬戸内海産のかたくちいわし煮干、イリコを使用して16時間以上かけてひかれます。 うどんの麺は、本場の讃岐うどんを使用しています。 強いコシと弾力でツルツルとモチモチの食感が特徴です。 うどんをパスタ仕様することで、モチモチ感が強調された新感覚の食感となります。 創作うどんでは、淡路牛のボロネーゼと絶品カルボナーラがおすすめです。 淡路牛のボロネーゼは、淡路牛ミンチと淡路牛の牛脂を赤ワイン、トマト、こだわりダシで3時間煮込んだ贅沢な洋風うどんです。 淡路牛の旨味を限界まで引き出した究極の創作うどんです。 絶品カルボナーラは、こだわり出汁を使用した看板となる洋風うどんです。 淡路島のブランド卵「北坂たまご」を使用した濃厚なコクと味わいが自慢となります。 リピート率の高いメニューです。 メニューを注文すると食前酒ならぬ食前出汁(ダシ)が登場します。 こだわりダシが試飲できます。 この他、かけだしうどん、ぶっかけうどんの2種類から選択できる「淡路牛うどん」が人気です。 16時間煮出した黄金出汁を、ゴクゴク飲むかけだしと卵を絡めてマイルドに味わうかを選べます。 「極上カレーうどん」も好評です。 ゴールデンボアポークを贅沢に使用した大人向けのうどんです。 淡路島カレー名作劇場シリーズとして、コクと甘みがあって辛いを追求したカレーうどんです。 名物として「スイーツの淡路島プレミアムチーズケーキ」があります。 ベイクドチーズで、淡路島牛乳で生乳100%のプレミアムプレーンヨーグルトとブランド卵「北坂たまご」を使用しています。 淡路牛のボロネーゼ:1300円(税別)• 絶品カルボナーラ:1200円(税別)• 淡路牛うどん(ぶっかけ):1500円(税別)• 極上カレーうどん:1400円(税別)• 淡路島プレミアムチーズケーキ:600円(税別) なお、周辺の観光スポットとして、イングランドの丘、淡路島牧場、おのころ島神社があります。 KEKKOI (ケッコイ)の基本情報 住所 電話 0799-20-4518 公式サイト 営業時間 11:00~18:00(L. 17:00) 休業日 金曜日 座席数 約34席(4人掛け7卓、6人掛け1卓) 禁煙・喫煙 完全禁煙 駐車場 約15台(普通車) 駐車料金 無料 アクセス 神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で約10分 創作うどん家 ぜん丸 淡路島のうどんでおすすめは、創作うどん家 ぜん丸です。 場所は淡路島東部で淡路市志筑の県道66号線沿いにあります。 アクセスは津名一宮インターチェンジから車で約5分です。 駐車場は約30台です。 営業時間は、ランチが11時から15時まで、ディナーが17時から21時までとなります。 定休日は火曜日です。 名物の太巻き「元気巻」は9時から販売しています。 座席は、カウンター席とテーブル席が約30席、座敷席が約30席です。 全部で約60席となります。 掘りごたつや半個室などもあります。 1987年創業で2代目となります。 素材にこだわり、手作りにこだわり、麺とつゆにこだわる店です。 建物はログハウス風です。 店内は広々としてゆったりスペースでくつろげます。 麺は、北海道産と兵庫県産の国産小麦、長崎県五島灘の天然塩の磯塩を使用しています。 透明感のあるイカの刺身のような色艶の良さ、モチッとした食感と粘り強いコシ、のど越しの良さが特徴です。 つゆは、利尻島直送の天然利尻昆布、4種類の自家削り節、小豆島で熟成醤油の山善醤油を使用しています。 化学調味料は使用していません。 創業以来、継ぎ足して安心安全のつゆです。 うどんは、天釜うどん、ぜんまるうどん、カレーうどん、肉うどんなどがおすすめです。 天釜うどんは麺も天ぷらも揚げたてです。 ぜんまるうどんは具沢山でヘルシーな天ぷらうどんです。 カレーうどんはダシ汁が少なめで麺がモチモチです。 肉うどんはお肉がホクホクします。 天ぷらは、玉ねぎ・なると金時などの淡路島の特産が絶品です。 一品料理では、自家製特製つゆで寝かせた「若鶏のからあげ」、セルフ式で「あつあつ!おでん」が人気です。 名物「元気巻」は、シャリが少な目で具が多めの田舎巻きです。 きゅうり、玉子焼き、高野豆腐、にんじん、しいたけ、かんぴょうとヘルシー食材を使用したで人気グルメです。 1本490円(税込)です。 天釜うどん:1180円(税込)• ぜんまるうどん:980円(税込)• カレーうどん:880円(税込)• 肉うどん:780円(税込)• 元気巻:490円(税込) なお、周辺の観光スポットは、たこせんべいの里、淡路ワールドパークONOKORO、伊弉諾神宮などです。 創作うどん家 ぜん丸の基本情報 住所 電話 0799-62-4834 公式サイト 営業時間 11:00~15:00、17:00~21:00 休業日 水曜日 座席数 約60席(カウンター・テーブル約30席、座敷約30席) 禁煙・喫煙 分煙(ランチ禁煙) 駐車場 約30台(普通車) 駐車料金 無料 アクセス 神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから車で約5分 淡家 三原店 淡路島のうどんでおすすめは、淡家 三原店です。 場所は淡路島南部で南あわじ市円行寺の国道28号線を少し入ったところです。 アクセスは西淡三原インターチェンジから車で約10分です。 駐車場は約40台です。 営業時間は11時から14時までです。 定休日は木曜日です。 席数は、テーブル2人席2卓・4人席2卓、カウンター7人席6列、座敷8人席3卓です。 約80席です。 建物は、倉庫をリノベーションして天井が高く解放的です。 お店の内外にアーティストによるペイントが描かれています。 ユニバーサルデザインでバリアフリーに対応しています。 老若男女問わず、淡路島内外から、幅広いお客様が来店する人気店です。 うどん工房 淡家の姉妹店です。 セルフサービス方式です。 入口から通路を進んでお盆を取ります。 メニューを選んでオープンキッチンのカウンターで、うどんを注文します。 その場で、うどんを受け取ります。 先へ進むとサイドメニューコーナーがあります。 かき揚げ、天ぷら、唐揚げ、コロッケ、半熟卵、おにぎり、おいなりなどがあります。 サイドメニューを選ぶと会計レジに進みます。 会計を終えると、水のセルフ、お椀やスプーンやホークの貸し出し、天かす・ネギ・おろし・生姜などトッピングのコーナーに進みます。 トッピングで味付けをして席に向かいます。 セルフうどん店ということから、値段が大変お得です。 老若男女問わず、淡路島内外から、幅広い年代から愛される人気店です。 「淡路島をもっと元気に」がコンセプトです。 うどんの麺は、自家製の熟成麺を使用しています。 北海道産と九州産の 小麦粉がブレンドされています。 讃岐うどんでコシがあり、旨みがあり、弾力があり、喉ごしの良いです。 出汁は、天然利尻昆布、瀬戸内海産いりこを使用しています。 具材は、淡路島の食材にこだわっています。 添加物や化学調味料を一切使用していません。 うどんメニューは、かけ・ざる・釜揚げ・ぶっかけ・きつねをはじめ、、淡路島の放し飼いの卵のぶっかけ・釜玉、淡路牛肉ぶっかけ、淡路牛スジ、淡路島玉ねぎカレーなどがあります。 名物は淡路島玉ねぎのかき揚げです。 大人の握りこぶしより大きいビッグサイズです。 玉ねぎは外がサクサク、中がトロトロで大変甘いです。 プリプリの海老(エビ)も入れられて食感が楽しめる絶品です。 かけうどん並:320円(温)• ざるうどん並:320円(温・冷)• 釜揚げうどん並:320円(温)• ぶっかけうどん並:320円(温・冷)• かき揚げ(淡路島玉ねぎ):180円(税抜) なお、淡家 三原店うどん工房 淡家は姉妹店となります。 なお、周辺の観光スポットは、イングランドの丘、淡路島牧場、おのころ島神社となります。 淡家 三原店の基本情報 住所 電話 0799-62-2121 営業時間 11:00~14:00 休業日 木曜日 座席数 約80席(テーブル2人席2卓・4人席2卓、カウンター7人席6列、座敷8人席3卓) 禁煙・喫煙 完全禁煙 駐車場 約40台(普通車) 駐車料金 無料 アクセス 神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で約15分 もへいじ 淡路島のうどんでおすすめは、もへいじです。 場所は淡路島東部で洲本市下加茂の洲本バイパス沿いにあります。 アクセスは洲本インターチェンジから車で約10分です。 駐車場は約40台です。 営業時間はランチが11時から15時まで、ディナーが17時から20時までです。 定休日は木曜日です建物は瓦屋根の和風2階建てです。 店名は「へのへのもへじ」が由来です。 暖簾の横に愚直一筋と「へのへのもへじ」の大きな看板があります。 店内は吹き抜けで開放感があります。 座席はテーブル席と座敷席があります。 全部で約90席となります。 1977年創業で、職人の手打ちうどんが食べられます。 お客様に真実一路が基本方針です。 うどんは、名物で看板の湯がきたて熱々の名代「釜揚げうどん」がおすすめです。 普通、ジャンボ、とろろ、天盛りの4種類があります。 麺は職人による本格手打ち麺となります。 本場讃岐うどんのようなモチモチでゴムのような弾力があります。 釜揚げなのでコシはそれほど強く感じませんが手造り出汁が美味しいです。 物足りない場合、セルフ式おでんコーナーがおすすめです。 定食は、釜揚げをはじめ、ざるうどん、かきあげ、麦とろ、いなり、お女中、寿老、カレー、カツ丼などレパートリーが豊富です。 温うどんは、きつね、わかめ、梅、昆布などオールマイティです。 素材にこだわっています。 牛肉は淡路牛、鶏肉は阿波尾鶏・淡路産、鴨肉は高級 京鴨、鶏卵は香川県産ランラン、タコ・エビ・チリメンは淡路産、野菜は淡路産、山芋とろろは丹波つくね芋となります。 釜揚げうどん:620円• 釜とろうどん:980円• 天盛釜揚げうどん:1260円• 釜揚げ定食:850円 なお、周辺の観光スポットは、ドラクエ記念碑の銅像(洲本市民広場)、洲本城、大浜海水浴場などです。 もへいじの基本情報 住所 電話 0799-24-3570 営業時間 11:00~15:00、17:00~20:00 休業日 木曜日 座席数 約90席(カウンター席、テーブル席、座敷席) 禁煙・喫煙 完全禁煙 駐車場 約40台(普通車) 駐車料金 無料 アクセス 神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約10分 淡路島グルメおすすめランチ12選 淡路島は、海や山など自然に育まれた食材の宝庫としてグルメの島です。 古来より御食国(みけつくに)と呼ばれて朝廷に新鮮な食材を献上してきた歴史があります。 仁徳天皇には毎日飲む水まで新鮮と認められました。 瀬戸内海の温暖な気候と肥沃な大地により、淡路島玉ねぎ、淡路米、レタスなど農産物が美味しいです。 3つの海峡に囲まれた豊富な漁場により、しらす、サワラ、たこなど海産物が美味しいです。 淡路島の自慢の食材を使用したグルメは絶品です。 淡路島生しらす丼、淡路島バーガー、淡路島牛丼、淡路島生さわら丼などが人気です。 海鮮料理や肉料理、麺料理やスイーツも人気です。 淡路島グルメでおすすめランチ12選をご紹介します。

次の

麺乃匠 いづも庵

淡路島 いづ も 庵

麺乃匠いづも庵のタマネギつけ麺 クチコミ評価 以下、より情報(画像含む)を抜粋し引用しています。 53(115件) (料理・味:3. 35、サービス:3. 05、雰囲気:3. 09、コストパフォーマンス:3. 14、酒・ドリンク:3. 00) 口コミ:2019年1月 評価:3. 9(料理・味:3. 9、サービス:4. 0、雰囲気:3. 9、コストパフォーマンス:4. 3年前に食べた「いずも庵」のうどんが食べたいというのも理由の一つ。 1時間ちょっとで明石大橋~ お正月明けで車も少なくスイスイ~ いずも庵に着きました。 11時開店と同時に入店。 高校生たちが早々と順番待ちしてたよ。 3年前に来た時にはお店は満員だったけど、 今日は平日というのもあって、開店後もそれほど混まず。 掘りごたつ式の和室もあって、店内は結構な広さがあります。 徳島が実家、という友人は帰省のたびにここに立ち寄るほどのファン。 彼女から勧められて3年前にも来たけど、 当時からすでに、雑誌などでも取り上げられてて、行列のうどん屋さんでした。 当然ながら、「 玉ねぎつけ麺」をいただきました。 うどんは程よく コシもありながら、 つるつるとのど越しがいい。 手前のナイフとフォークで玉ねぎを切り分け、 ダシと絡めてうどんをいただく。 好き嫌いはあると思うけど、 この玉ねぎまるまる1個分が、とても美味しい。 10分くらいかけて、じっくりと揚げるらしいけど、 甘くて淡路の玉ねぎの良さが生きていると思いました。 ただ年のせいか、最後は油っぽいのと、 つけ汁の味の濃さで、味に飽きが来た・・・ (普通の天ぷらうどんでも、最後は油っぽいと思うので、個人的な感想です) ダシはおいしいので もう少し薄味の方が好きだな・・・ でも美味しかったです。 1時間以上かけて来て、納得の味でした。 ごちそうさまでした。 創業100年の麺乃匠 いづも庵 営業・アクセス 住所: 兵庫県淡路市志筑3522-1 TEL:0799-62-6002 予約可否: 予約可 営業時間: 11:00~15:00/ 17:00~20:00 定休日: 木曜日(祝祭日除く) アクセス:国道28号線津名港ターミナル西交差点のすぐ近く 北西 まとめ 麺づくりの創業100年というと、創業108年の淡路麺業を連想しました。 淡路島には昔からの麺業が多いのかな。 ちなみに淡路麺業の直営のパスタ店「」は美味しいです。 淡路島うどんがあり、讃岐うどんのコシと大阪うどんのモチ感があるのを今回知りました。 次回、麺乃匠いづも庵に行きます!.

次の