髪の毛 広がる ボブ。 髪のボリュームを抑える方法。縮毛矯正よりもヘアケアを見直して | 女性の美学

毎朝うんざり...髪の毛が広がる原因&今からできる簡単な対策

髪の毛 広がる ボブ

さて、今日も公式LINE へご予約メッセージが届きました。 安心してください。 僕も緊張してますよ!! あさみさんの髪質データ あさみさんの髪質は、 ・クセ毛 ・多毛 ・縮毛矯正履歴あり といった感じ。 いわゆる ウルトラG難度の髪質です…これはなかなかの強敵ですね! 普段のセット方法 毎日のセット方法は、朝シャンプー後ハンドブローで乾かし仕上げにホットカーラーを巻いて毛先に動きをつけているそう。 20代の方には珍しく「ホットカーラー」を毎朝使用しているようです。 僕からのご提案 さて事前のLINEカウンセリングですが、 かなりクセの強い天パなので、ストレートパーマをかけています。 今の悩みとしては、伸びてきたところのクセで、全体的にもっさりしていること。 とにかく、クセでもっさり野暮ったい感じをなんとかしたいです! あさみさんの現状をまとめると、 ・強いクセ毛 ・半年前に縮毛矯正 根元6〜7cmはクセ毛 ・毎朝ホットカーラーでセット ・ブラシやアイロンは使わない そして現在理想としているヘアスタイルが、 このような 「厚みのあるボブスタイル」。 これらの情報をもとに、ご来店後も30分ほどカウンセリングをさせていただきます。 ご新規のお客様の場合カウンセリングは特に重要な要素なので、惜しまず時間を充てています。 参照 : 厚めのボブはNG さて結論からいうと、あさみさんのような「クセ毛」「多毛」の方が 厚めのボブにするのはNGです。 実際のあさみさんのご来店時の状態をみてみましょう。 首元に余分な厚みがあるため、これではホットカーラーを巻いても頭が大きくなってしまうだけです。 すると後頭部の「ボリュームが欲しい部分」に自然と丸みがつくため、頭が大きくなることがありません。 2つを比べてみるとご覧の通り。 クセ毛の 「広がりやすい」という特徴を、メリットに変えてしまいます。 っということで今日は【 くせ毛カット】と【 カラーコース】でデザインしていきます! カラーリング まずは伸びた根元のリタッチカラーからしていきますが実はあさみさん、 左側の生え際にのみ 「白髪」が集中しています。 そのような場合はコレ! 当ブログの熱心な読者さんならおわかりかと思いますが、2種類の薬剤でアプローチしていきます! くせ毛カット さて、カラーの後はサクサクとくせ毛カットを進めていきましょう! 高い位置にボリュームをつけたスタイルにくせ毛カットを施します。 くせ毛の方のカット技法はとても独特。 くせで広がりやすいからと無闇に梳 す きバサミで梳いてしまう事はNGです。 梳く事により軽くなった毛束はより一層まとまりを失い、かえって広がりやパサつきの原因となってしまう恐れがあるからです。 。oO( え、本当にクセ毛? 無駄な厚みのない『女性らしいフォルム』。 もちろんあさみさんのセット方法を考慮して「ハンドブローのみ」の仕上がりです。

次の

美容師解説!髪が重いとボブは広がる?

髪の毛 広がる ボブ

青山・表参道・原宿• 恵比寿・広尾・六本木・麻布・赤坂• 代官山・中目黒・自由が丘・武蔵小杉・学大• 三軒茶屋・二子玉川・溝の口・青葉台• 品川・目黒・五反田・田町• 新宿・高田馬場・代々木• 中野・高円寺・阿佐ヶ谷• 下北沢・成城学園・向ヶ丘遊園・新百合ヶ丘• 池袋・目白• 銀座・有楽町・新橋・丸の内・日本橋• 上野・神田・北千住・亀有・青砥・町屋• 吉祥寺・荻窪・三鷹・国分寺・久我山• 八王子・立川・国立・多摩・日野・福生・秋川• 両国・錦糸町・小岩・森下・瑞江• 門前仲町・勝どき・月島・豊洲• 御茶ノ水・四ツ谷・千駄木・茗荷谷• 明大前・千歳烏山・調布・府中• 赤羽・板橋・王子・巣鴨• 鷺ノ宮・田無・東村山・拝島• 町田・相模大野・海老名・本厚木・橋本• 横浜・関内・元町・上大岡・白楽• 大井町・大森・蒲田・川崎・鶴見• 横須賀・小田原• センター南・二俣川・戸塚・杉田・金沢文庫• 湘南・鎌倉・逗子• 大宮・浦和・川口・岩槻• 大山・成増・志木・川越・東松山• 練馬・ひばりヶ丘・所沢・飯能・狭山• 西新井・草加・越谷・春日部・久喜• 上尾・熊谷・本庄• 東大宮・古河・小山• 流山・三郷・野田• 千葉・稲毛・幕張・鎌取・都賀• 船橋・津田沼・本八幡・浦安・市川• 柏・松戸・我孫子• 市原・木更津・茂原・勝浦・東金・銚子• 八千代・佐倉・鎌ヶ谷・成田• 宇都宮・栃木• 取手・土浦・つくば・鹿嶋• 前橋・高崎・伊勢崎・太田・群馬• 水戸・ひたちなか・日立・茨城• 梅田・京橋・福島・本町• 心斎橋・難波・天王寺• 江坂・千里中央・十三・豊中・池田・箕面・新大阪・吹田• 茨木・高槻• 堺・なかもず・深井・狭山・河内長野・鳳• 昭和町・大正・住吉・住之江• 高石・府中・岸和田・泉佐野• 門真・枚方・寝屋川・関目・守口・蒲生・鶴見• 平野・八尾・松原・古市・藤井寺・富田林• 鴫野・住道・四条畷・緑橋・石切・布施・花園• 長岡京・伏見・山科・京田辺・宇治・木津• 舞鶴・福知山・京丹後• 三宮・元町・神戸・兵庫・灘・東灘• 姫路・加古川• 川西・宝塚・三田・豊岡• 西宮・伊丹・芦屋・尼崎• 三木・北区・西区・長田・明石・垂水• 和歌山.

次の

くせ毛にボブはNG!?クセ毛の人が絶対にやってはいけないヘアスタイル。

髪の毛 広がる ボブ

クセ(湿気)による広がりと、乾燥(ダメージ)による広がりが原因! もともとある髪の毛のクセによって広がってしまう方もいますが、雨の日など湿気によっても、髪の毛が水分を含んで膨張してしまいます。 髪が広がる、パサパサしたりしていると、美容師さんから 「髪自体が乾燥している」と指摘される人は多くいます。 指摘される通り、髪の毛にもきちんと水分は行き渡っており、 健康的な髪の場合は12%の水分を保持している状態です。 この水分量を下回ると髪が乾燥していき、 櫛でブラッシングした際に静電気が起こると大きく広がるようになります。 特に キューティクルにダメージが蓄積し、はがれてしまっている状態では乾燥しやすい環境になっていると言えるでしょう。 おしゃれのために髪を染めたりパーマをかけたりする女性は多くいますが、 パーマやカラーに使われる液は特にダメージが大きいため、髪のパサつきや広がる原因となります。 パーマやカラーの前に液を浸透させて、髪を変化させやすい状態に変化させます。 髪の毛の内部にある繊維を破壊して再結合させるだけでなく、キューティクルにも徐々にダメージを蓄積させてしまうのです。 特にキューティクルは何度もパーマやカラーを繰り返すほどにダメージが蓄積して剥がれてしまうので、 髪を守るものが何もなくなりパサつきや酷く広がる髪になってしまいます。 髪の毛は肌と同じように紫外線にさらした場合、 肌の5倍以上のダメージを受けるようになります。 その紫外線の中でも UV-Bと呼ばれる種類は 髪の毛のメラニン色素を分解し、髪の色を変化させるだけでなく活性酸素を発生させてキューティクルをひび割れさせてしまうのです。 キューティクルがひび割れると、髪の毛の守りが薄くなり、結果として広がる髪の毛やパサつきのある髪の毛になってしまいます。 濡れた髪をゴシゴシとタオルでこすって水分を取る、 ドライヤーで毛先までしっかりと乾かさないと言った習慣はキューティクルを痛め、抜け毛やかゆみにもつなげてしまいます。 こうしたちょっとした習慣の間違いは徐々に髪の毛にダメージを与えますが、そのほかにも 食生活の偏りも実は髪の毛の広がる原因になるのです。 広がる髪の毛を改善するため、健康な状態に維持するためには ミネラルやタンパク質などの栄養素が必要なので、バランスの良い食事も必要になります。 自律神経に負担がかかると、 血行不良やホルモンバランスといったトラブルが引き起こされるため、髪の毛や頭皮の状態が乱れてしまうのです。 特に髪の毛は 頭皮にある血管から栄養を運んでもらって育っていきますので、血行不良などが引き起こされると十分な栄養を受け取ることができず、パサつきや広がる髪の毛になってしまいます。 髪の毛が広がるときの対処・ケア方法 広がる髪の毛を改善するために今日からできるケア方法をご紹介します。 正しいシャンプー方法で洗う• シャワーヘッドを変える• シャンプーの種類を変える• 洗い流さないトリートメントを使用する• ヘアアイロンやコテを正しく使う• 日差しが強い時には紫外線予防をする• シャンプーで髪を洗う時に気を付けたいのが、 爪を立てずに指の腹で洗う、 泡で頭皮をもみほぐす、 ぬるま湯でしっかりと洗うことです。 指の腹で洗うことで頭皮を無駄に傷つけず、 マッサージをするようにもみほぐせば血行促進にもつながるでしょう。 また、シャンプーをする前に先にぬるま湯でしっかりと髪の毛を洗い流せば 余分な汚れを先に落とせるので、シャンプーを使いすぎずに済みます。 特にシャワーヘッドの場合はずっと髪にお湯をかける状態が続きやすいので、塩素によるダメージも受けやすくなり、良いシャンプーやトリートメントの効果が半減してしまうのです。 このシャワーヘッドを 塩素除去の機能があるものに変えると、塩素による髪の毛のダメージを抑えることができます。 定期的なシャワーヘッドの汚れを洗うことも求められますが、 塩素による髪の毛のダメージを大きく減らし、広がる髪の改善にもつながります。 広がる髪の毛を改善するためには、 洗浄力が強すぎず優しいアミノ酸系、 乾燥する髪を保湿できる保湿成分が配合されているもの、 パーマやカラーダメージが補修できるものが良いでしょう。 自分の髪の毛の広がる原因がある程度わかっているのであれば、 その原因を改善できるような成分や洗浄力のものを選ぶと、改善がより実感しやすくなります。 すでにダメージを受けて酷く広がる髪の毛になっている場合には 洗い流さないトリートメントを使って、ドライヤーのダメージや乾燥を予防するケア方法がおすすめです。 すでにダメージを受けていると 乾燥やパサつきがドライヤーで悪化しやすいので、洗い流さないトリートメントを使って 乾燥の予防と熱ダメージの予防をするとそれ以上悪化しにくくなります。 特に間違った使い方をすると、 熱ダメージと広がりによってバサバサの髪になってしまいます。 ヘアアイロンやコテは 濡れた髪には絶対に使わず、何か髪につけるとしてもアイロン用のスタイリング剤を使用しましょう。 このスタイリング剤を使った後はドライヤーで乾かしてからヘアアイロンやコテを使わなければ、 高温の水蒸気が発生して火傷する可能性があるので注意が必要です。 帽子や日傘を使って外に出るようにするだけでなく、 スプレータイプの日焼け止めを使用して、紫外線ダメージを抑えるようにしましょう。 髪の毛への紫外線ダメージは特に甚大です。 夏から秋にかけて、 髪の毛が広がるトラブルやパサつき、軋みが気になる人は紫外線予防とケアが必要になります。 特に寝返りが頻繁な人の場合は枕と髪の毛との摩擦ダメージが強くなりやすいので、 パサつきや広がる髪の毛になりやすいです。 広範囲への摩擦ダメージを抑えるためにも緩く結んで、 最低限の摩擦に抑えるようにしましょう。 この時あまりきつく結ぶと 髪が絡まったときに強引にゴムを引き抜いて髪の毛を痛めてしまいます。 髪の毛のダメージを抑え、傷つけないためにも緩めに結んで眠りましょう。 広がる髪の毛を一撃!ヘア用品の選び方 広がる髪の毛を改善するためにはヘアケア用品をきちんと選ばなくてはなりません。 その中でもシャンプーとトリートメントの選び方についてを紹介します。 シャンプー シャンプーを選ぶ時には、ぱさつく髪の毛や広がる髪の毛を改善するために効果的な 保湿力やケアする力が強い成分が入っているかをチェックします。 保湿力の高い成分は女性にとっては良く知る ヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分のほかに、 天然の植物オイルが配合されているかを見てみましょう。 そしてケアする力が強いものはいくつかありますが、 ココイル系、メチルアラニン系、サルコシン系の成分が配合されているかをチェックしするのがおすすめになります。 これらの成分は 優しい洗浄力でありながらまとまる質感のある仕上がりになるので、ぱさつきとの相性は非常に良いです。 トリートメント シャンプーは洗浄力などで失敗しやすいですが、トリートメントの場合は髪の悩みや髪の太さで失敗しやすいものです。 パサつく髪の毛や広がる髪の毛を改善するのであれば、髪の毛の少ない水分を補充できるようなものを選びます。 ヒアルロン酸などの保湿力の高い成分のほかに、 天然オイルなどが配合されているものを選びつつ、 自身の髪の毛の太さに合わせた使い心地を選びましょう。 髪の毛が太いのなら油分たっぷりの少し重めのもの、細いのなら油分が少なく軽いものを選ぶと失敗しません。

次の