ちび まる子 ちゃん ゆめ いっぱい。 関ゆみ子 ゆめいっぱい 歌詞

関ゆみ子 ゆめいっぱい 歌詞

ちび まる子 ちゃん ゆめ いっぱい

ちびまる子ちゃんは さくらももこさん原作の同名漫画を原作とするTVアニメ。 1期は1990~1992年までの全143話、2期は1995年から続いています。 海外では1期はアジア圏で放送され、特に台湾で人気。 アラビア語吹き替え版は幅広い層で支持を得たとのこと。 ドイツ、インドでも放送。 2期はスペイン、北米、ラテンアメリカなどでも放送されているようです()。 今回取り上げるのは第1期OP「 ゆめいっぱい」。 関ゆみ子さん(現在は有馬ゆみ子さん)のデビュー曲。 作曲は90年代にヒット曲を連発した 織田哲郎さん。 クィーンズやゴールデンボンバー、によるカバーがあるようです。 コメントは上記の動画より抜粋翻訳。 こどもの頃が懐かしい! ・お姉ちゃんが好きなアニメだ! ・大好き!!!! ・ ヒンディー語版が懐かしいな ・わあああ、急に涙が出始めた ・ さあ、日本でかき氷の季節が始まるぞ ・ラブリー まる子! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 英語以外のコメントも多く、アジアで昔から広く親しまれていることがわかります。 また、2018年8月に乳がんのため53歳で亡くなられたさくらももこ先生への追悼コメントがかなり多かったです。 さくらももこさんが亡くなられる3か月前 2018年5月 に、1期の2つ目のED「走れ正直者」(作詞:さくらももこ)を歌われていた 西城秀樹さんも亡くなられたんですよね……。 安らかにお眠りください。 ちびまる子ちゃんの他のOPやEDについても今後取り上げていきたいと思います。

次の

関ゆみ子 ゆめいっぱい 歌詞

ちび まる子 ちゃん ゆめ いっぱい

ちびまる子ちゃんのエンディングは時代の象徴とも言える存在 とりあえずこちらでも宣伝。 今日の23時からカイちゃん( )と一緒にちびまる子枠します! 初めてのカイちゃんとのコラボ、今からドキドキです。 今回はそのうちの ちびまる子ちゃんに焦点を当ててご紹介していきたいと思います。 ちびまる子ちゃんといっても今回ご紹介するのは エンディングです。 みなさんは一つ前のエンディング、2つ前と覚えていますでしょうか?今はパッとでてこなくてもおそらく名前を聞けばピンとくるものも多いでしょう。 それではちびまる子ちゃんの歴代エンディングの世界へどうぞ。 作詞はちびまる子ちゃんの 作者のさくらももこで、作曲は岡本真夜、歌はちびまる子ちゃんの声優と爆チュー問題こと爆笑問題が担当しています。 さらに振り付けは パパイヤ鈴木が担当しているというなんとも豪華な一曲です。 これは比較的新しいエンディングなので覚えている方も多いかと思います。 途中で映像の変更などは行われましたが、エンディング曲としては 最長の期間放送されました。 ちびまる子ちゃんエンディングランキング 第6位「休日の歌」 ちびまる子ちゃんの休日の歌を聴いて日曜日を終える さよなら日曜日 こんにちはフリーの月曜日 — の人。 96cat9328cat 続いて紹介するのは 「休日の歌」です。 これは 2001年10月7日に放送された第341話から2003年3月30日に放送された第416話まで流れました。 作詞はDELiGHTED MINTとU-SKE、作曲及び編曲がU-SKE、歌はDELiGHTED MINTとなっています。 DELiGHTED MINTというグループにあまり聞き覚えがないと思いますが、彼らは3MCと1ボーカルから構成されるヒップホップユニットというユニークなユニットです。 ちなみに2002年1月20日のスペシャルと2003年1月12日のスペシャルでは視聴者が踊った ダンス動画が放送されました。 DELiGHTED MINTの手がけるED曲はラップ! 今日もお仕事です DELiGHTED MINT — 休日の歌 Viva La Vida — セクシー炭水化物 NikuYork 休日の歌は 3MCのヒップホップユニットが担当しているというだけあって曲も ラップ調になっています。 これは長いちびまる子ちゃんのエンディングの歴史の中でも非常に珍しいこと で今までで唯一の曲調となっています。 今までのエンディングとは一線を画す曲だったため、記憶に残っている方もいるのではないでしょうか。 ちびまる子ちゃんエンディングランキング 第5位「ゆめいっぱい」 ちびまる子ちゃんを昨日見てたのですが、 やっぱり90年のやつでOPは「夢いっぱい」が最高だと私は思います 断言 初期の話ではA、Bパート使って1話やるときがあってたまにビビる。 今では信じられないですねw — 彩矢 ayaya82037495 「ゆめいっぱい」は 1997年6月2日の第74話から1998年6月28日の第179話まで放送されました。 ちなみにエンディングテーマとして放送されたゆめいっぱいは一番最初のオープニングテーマであるゆめいっぱいの 新バージョンにあたります。 1990年1月7日に放送された 第一話から第142話まで採用されていた曲を編曲し、再度エンディングテーマとして放送していたんです。 作詞は亜蘭知子、作曲は織田哲郎、歌はまる子役の声優が担当しています。 また、この曲には歌詞表示がされていませんでした。 ちびまる子ちゃんエンディングランキング 第4位「キミを忘れないよ」 ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年見てた??? 妹も言ってたんだけど、あの頃の夏に戻りたくなったなあ〜〜。 昨年公開されたちびまる子ちゃんの映画、 「ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」で使用されている挿入歌なのですが、 2015年12月27日に放送されたスペシャルで一度きりではありますが、エンディングとして流れました。 作詞はさくらももこ、作曲と編曲は亀田誠治、歌は女優の大原櫻子が担当しています。 映画の挿入歌というだけあって 豪華なメンツで構成されていますね。 』 詞:さくらももこ、曲:桑田佳祐のタッグで世界中の幸せを願って歌われた名曲 この曲は おどるポンポコリンと共に ちびまる子ちゃんの代表曲の一つとして語り継がれるだろうね? — 土雲 梟帥 tuchigumotakelu こちら通常のエンディングとしては最新で現在も放送されている 「100万年の幸せ!! 」です。 2012年4月1日放送の第851話から現在に至るまで使用されている楽曲です。 作詞はさくらももこ、作曲、編曲及び歌が 桑田佳祐となっています。 桑田佳祐が歌うエンディングとはなんとも豪華なエンディングテーマですよね。 エンディングの映像には ミュージックビデオを編集したものが使われています。 また、 2015年1月25日に放送された回のみ 25周年を記念して特別版が流れました。 ちびまる子ちゃんエンディングランキング 第2位「ちびまる子音頭」 ManaKana — ちびまる子音頭 — 着うたステーション TUtaStation これは印象に残っている方が多い曲なのではないでしょうか。 1999年7月4日の第231話から1999年8月29日の第238話、そして 2000年と2001年の夏休み期間にも流れた「 ちびまる子音頭」です。 作詞はさくらももこ、作曲と編曲は佐橋俊彦、歌はManaKanaが担当しています。 いかにも夏という歌で、夏は3年連続で流れたため、覚えている方も多いと思います。 思わず踊ってしまいたくなるようなリズムの曲ですよね。 ちびまる子ちゃんエンディングランキング 第1位「踊るポンポコリン」 ちびまる子ちゃんのOPが金爆になってた。 歌はもちろん踊るポンポコリン — ゆうあ 091516 デランジェ主催 f0565170 踊るポンポコリンはやはりちびまる子ちゃんのオープニング、エンディングとして一番有名ですよね。 オープニングとしては 1997年から現在に至るまでバージョンを変えたり、スペシャル版を挟みながら使用されています。 エンディングとしては 一番最初のエンディングテーマでした。 1990年1月7日放送の第1話から1991年3月31日の第65話まで使用されていました。 作詞はさくらももこ、作曲及び編曲は織田哲郎、歌はB. Bクイーンズとなっています。 どの世代でもまる子ちゃんを知っていればこの曲もおのずと共有できる 顔とも言える一曲です。 ちびまる子ちゃんはこれからも時代とともに移りゆく 【ちびまるこちゃん~星にねがいを~】が加古川総合文化センターにて開催されますよ! — — rongkk rongkk1 作品の中身自体は時代の流れや流行りに左右されにくく、決まった時代背景を守って来ているちびまる子ちゃんも エンディングやオープニングは時代の流れを反映されて変化して来ています。 特にエンディングはオープニングテーマよりも頻繁に変わり、 様々なアーティストが曲制作に参加しています。 しかし、僕が一番驚いたのは 作者のさくらももこがかなりの頻度で曲作りや作品制作に携わっているという点ですね。 作者がそれだけのモチベーションを持っているからこそ作品もそれだけ長く愛されているのでしょう。

次の

【ちびまるこOP】ゆめいっぱいの歌詞の意味や解釈が深い!

ちび まる子 ちゃん ゆめ いっぱい

「 おどるポンポコリン」 の 初出アルバム『』 (B. ミリオン()• ・大賞(ポップス・ロック部門)• 第32回日本レコード大賞・ポップス・ゴールド・ディスク賞• 第21回・放送音楽特別賞• 第19回・グランプリ• 第23回・有線音楽特別大衆賞• 第23回日本有線大賞・有線音楽優秀賞• 第23回・ゴールデン・ヒット賞• 第23回全日本有線放送大賞・特別賞• 1991年・銅賞 チャート最高順位• 週間1位 (通算5週、)• 1990年7月・9月度月間1位 (オリコン)• 1990年度年間1位 (オリコン)• 度年間34位 (オリコン)• オリコン歴代シングルランキング60位 シングル 年表 - おどるポンポコリン (1990年) (1990年) 目次• 概要 [ ] 『』第1期作の初代エンディングテーマ曲(1990年1月 - 1991年3月)であり、劇場版及び2000年11月-2009年12月、2011年1月-4月、2013年1月-2014年4月はオープニングテーマ曲として使用。 なおオープニングテーマ起用時のエンディング映像では、B. クィーンズ自体が活動を停止したことや発売権の移行など諸々の理由で「主題歌」のクレジットでレーベル名が表記されていない(2013年現在は「編曲」のクレジットもない )。 なお、オリジナル版のオープニング使用期間は10年以上に及ぶが、エンディング使用期間は比較的短い。 オリジナルバージョンのシングルは(BVDR-1)と(BVSR-1)の2形態で発売。 さらに非売品盤として(HRTD-3060)が存在する。 メインボーカルのの声を早回しして、少女のような声にしている。 やの要素を取り入れたのが特徴。 1990年の第21回放送音楽特別賞、ポップス・ロック部門を受賞。 1990年度のオリコン主催「」のシングル部門大賞はB. クィーンズ、作詞賞はさくらももこ、作曲賞・編曲賞は織田哲郎と『おどるポンポコリン』がらみが独占した。 また1990年のでは参加した49校中38校が応援歌として使用し 、後に1991年のに選ばれるなど、高校野球の応援歌の定番のひとつとなる。 では、所属のが登場曲として使用している。 に、期間限定で再結成したB. クィーンズの第一弾シングルとして、新録音された「おどるポンポコリン〜ちびまる子ちゃん 誕生 25th Version〜』が発売(後述)。 2019年にによるカバー版が発売された際には、楽曲のがYouTubeで公開された。 チャート成績 [ ] 当初、宣伝費をかけていなかったこともありはこの曲の売れ行きを「良くて5万枚か10万枚くらい」と考えていた。 では、1990年6月18日付にてベスト10圏内に初登場、以降週間1位を7度獲得し、同年9月24日付にて100万枚を突破した。 1990年の年間シングルチャートでは1位を記録。 「」では1990年8月4日から13週連続1位を記録した(ただし年間チャートではこの年の7月までの集計であった関係か、13位に終わった)。 累計売上は164. 4万枚(調べ)または190万枚(公称)。 社会現象 [ ] 『ちびまる子ちゃん』の人気とともに、子供のみならず大人にまで大流行した。 な歌詞が当時の世相に受け入れられたという分析もある。 が10代を対象に調査したので「おどるポンポコリン」が1位に選ばれた。 この1990年頃はの普及に伴い、であったことと、1989年末からのの「」、の「」、と鉄骨娘の「鉄骨娘」などといった(ナンセンスソング)のブームがあった。 「おどるポンポコリン」の特大ヒットは、そのような流れにタイミングよく乗った結果であるといわれている。 「おどるポンポコリン」以後も、の「」が大ヒットし、のが歌う「ロックンロール福助」、が歌ったと限定のCMソング「ゆれて動物」が話題になるなど 、コミックソングのブームはしばらく続いた。 また当時のでもサビの部分などがとして使用されている。 本曲がヒットした1990年から1991年にかけて、後楽園ゆうえんち(現在の)における司会の『』のショーで、本曲のサビ部分が流れたこともあった。 楽曲制作 [ ] さくら曰く、「一部の歌詞は織田さんにアドバイスされた」とのことである。 例えば当時『』に掲載された改変前と思しき譜面にはサビの「おどるポンポコリン」の部分は直前のパートと同じく「パッパパラパ」となっていたが、「曲名が歌詞に入っていた方がいい」との意見により急遽入れられたことが当時のドキュメント番組にて語られた。 またこの時、間奏にあるオペラ調の声は織田本人の声であったことも明かされた。 「何十回も重ねた。 苦労したというよりは楽しかったんですけどね。 」と当時語っている。 当ユニットのA面シングルの専属作曲者の織田は、「アレンジには時間をかけたが、曲自体は1分も経たずにつるりとできてしまった」と言う。 また、作曲を引き受けたとき「当時小学生(まる子とほぼ同じ年代)だった娘に対して喜ぶことをあまりしてやれなかったので、こういう曲を作ったらどうか、と考えた」とも述べている。 しかし、大流行したにもかかわらず、肝心の娘の反応は思ったほどではなかったという。 アニメ原作の『ちびまる子ちゃん』では、少女時代のさくらももこ(まる子)が家族と団欒中、が歌う「」がテレビから流れ、「『ああいう歌を作りたい』……15年後その夢をすてずに作った曲」が「おどるポンポコリン」であったと描かれている。 同じくさくらが作詞した『ちびまる子ちゃん』第2期作の初代エンディングテーマ曲「」では植木による歌唱が実現し、さくら本人もまる子役の声優、歌手のと共にで参加した。 当初は栗林誠一郎がリードボーカルの予定だったが、収録の日に栗林が海外に行っていたため、坪倉がリードボーカルを担当することになったという経緯がある。 その他 [ ] 『2番の歌詞に「」が出ているが、『ちびまる子ちゃん』の舞台である(旧)を含む管内では単なる「キヨスク」はごくわずかで、大半の店舗が「」や「ベルマートキヨスク」などを称している。 なお、商標の呼称を規制しているの『』でも、「キヨスク」は差し替えなく歌われた。 『家庭教師がやってきた』(1990年1月14日放送)、『まるちゃん通信簿をもらう』(1990年3月18日放送)でがこの曲を口ずさんでいる。 また『まるちゃん学芸会に出る』(1990年5月27日放送)では、がこの曲を歌いながら踊っている。 収録曲 [ ] 全作曲:• おどるポンポコリン [3:11] 作詞:、編曲:織田哲郎• クィーンズ・バージョン) [3:34] 作詞:、編曲: 先にが「ちびまる子ちゃん」の初代オープニングとして発表していたが、CDリリース自体はB. クィーンズが早かった。 収録アルバム [ ] B. クィーンズ [ ] 曲名 アルバム 発売日 備考 おどるポンポコリン 『 』 1st 『 』 1st 『 』 2ndベストアルバム ゆめいっぱい(B. クィーンズ・バージョン) 『 WE ARE B. クィーンズ』 1990年7月4日 1stオリジナルアルバム 『 BEST OF BEST 1000 B. クィーンズ』 2007年12月12日 2ndベストアルバム オムニバス [ ]• ちびまる子ちゃん( 1)• アニメ主題歌大全集〜オリジナル原盤による〜( 1)• ( 1)• 家宝〜歌のお子様ランチ〜( 1)• まるまるぜんぶちびまる子ちゃん( 1)• アニソン・ヒッツ〜歌えるアニメソング集〜( 1)• 日曜夜のテレビは哀愁( 1)• 決定盤!! 「よいこの TV アニメ」ベスト 1• KODOMODE 〜Kids Songs Collection〜( 1)• 決定盤!! こどもヒットソング みんなで歌える ベスト 1• みんなアニメが好きだった-緑盤- 1• テレビこどものうた 女の子 1 この他多くの子供向けオムニバスアルバムに収録されているが、そのほとんどがカバーバージョンである。 クィーンズによるセルフカバー [ ] 「 おどるポンポコリン 〜ちびまる子ちゃん 誕生 25th Version〜」 B. クィーンズ の 初出アルバム『』 おどるポンポコリン(原曲) Good-by morning〜B. クィーンズ Version〜 リリース 規格 マキシシングル 録音 2011年 J-POP(アニメソング) 時間 15分15秒 さくらももこ(作詞 1,2) 織田哲郎(作曲 1,2) (作詞 3) 中島薫(作曲 3) チャート最高順位• 93位 (オリコン)• 登場3回 (オリコン)• 82位 ()• 11位 (Billboard Hot Animation)• 52位 ()• 登場2回 (CDTV) B. クィーンズ シングル 年表 () おどるポンポコリン〜ちびまる子ちゃん 誕生 25th Version〜 (2011年) 夢のENDはいつも目覚まし! ) () 『ROYAL STRAIGHT 』 収録曲 おどるポンポコリン 1 2 「 おどるポンポコリン〜ちびまる子ちゃん 誕生 25th Version〜」(おどるポンポコリン〜ちびまる子ちゃん たんじょう トゥウェンティーフィフスバージョン〜)は、B. クィーンズ7枚目のシングル。 にから発売された。 解説 [ ] テレビアニメ『ちびまる子ちゃん』オープニングテーマ。 原作連載開始25周年を記念して新たに録音された。 発売日同日放送分よりこのバージョンが使用され、オープニング映像にB. クィーンズの再結成メンバー4人もアニメキャラクターとして登場した。 またエンディング映像では通常時同様「主題歌」のクレジットでアーティスト名の下にレーベル名(本作では (B-Gram RECORDS))の表記がなされなかった(編曲者の葉山たけしは表記されている)。 クィーンズ再結成メンバーであるので、実質セルフカバー)を収録。 クィーンズ 書き下ろしミニミニトランプ」が付属。 トランプにはちびまる子ちゃんの各キャラクターや、B. クィーンズの4人(近藤、坪倉、宇徳、増﨑)がイラストされている。 収録曲 [ ]• おどるポンポコリン〜ちびまる子ちゃん 誕生 25th Version〜 [3:10] 作詞:さくらももこ、作曲:織田哲郎、編曲:• おどるポンポコリン [3:13] 作詞:さくらももこ、作曲・編曲:織田哲郎 Licensed by• Good-by morning〜B. クィーンズ Version〜 [5:42] 作詞:、作曲:中島薫 編曲:• おどるポンポコリン〜ちびまる子ちゃん 誕生 25th Version〜() 収録アルバム [ ] 曲名 アルバム 発売日 備考 おどるポンポコリン〜ちびまる子ちゃん 誕生 25th Version〜 『 』 ManaKanaによるカバー [ ] 「 おどるポンポコリン」 の ちびまる子音頭 リリース 規格 (作詞) (作曲) シングル 年表 アップトゥミー (1997年) おどるポンポコリン (1998年) じゃがバタコーンさん (1998年) 「 おどるポンポコリン」はの3枚目のシングル。 商品番号:CODC-1517。 概要 [ ] 1998年7月から1999年12月までテレビアニメ『ちびまる子ちゃん』のオープニングテーマとして使用された。 が編曲を担当し、双子の、が歌唱、がオリジナルでの近藤のパートで参加している。 カップリング曲の「ちびまる子音頭」はさくらももこが作詞を手掛け、佐橋俊彦が作・編曲を担当。 1999年と2000年の夏休み期間に『ちびまる子ちゃん』のエンディングテーマとして使用された。 収録曲 [ ]• おどるポンポコリン 作詞:、作曲:織田哲郎、編曲: アニメ『』オープニングテーマ• ちびまる子音頭 作詞:さくらももこ、作曲・編曲:佐橋俊彦 アニメ『ちびまる子ちゃん』エンディングテーマ• おどるポンポコリン(オリジナル・カラオケ)• ちびまる子音頭(オリジナル・カラオケ) E-girlsによるカバー [ ] 「 おどるポンポコリン」 の 初出アルバム『』 うれしい! たのしい! 大好き! リリース 規格 (作詞) (作曲) チャート最高順位• 週間5位() シングル 年表 (2014年) おどるポンポコリン (2014年) (2014年) ミュージックビデオ - - - にがカバーしている。 に10作目のとしてより発売された。 概要 [ ] 3ヶ月連続リリースの第2弾。 表題曲「おどるポンポコリン」は2014年5月4日から2016年4月3日まで、テレビアニメ『ちびまる子ちゃん』のオープニングテーマに使用された。 オープニングにはメンバーのAmi、藤井夏恋、鷲尾伶菜、武部柚那の4人がアニメキャラとしてまる子と一緒に出演している。 また、CDのみの通常盤はE-girlsとしては初のアニメジャケットとなっている。 8月25日付のシングル週間チャートでは5位を獲得。 アニメ部門では初の1位を獲得した。 また、月間アニメシングルチャートでも2位を獲得した。 また、発売日と同じ日にフジテレビ系列で放送された大型音楽番組『』ではB. クィーンズとE-girlsによる本家とカバーのコラボレーションで披露された。 参加メンバー [ ]• :、、、SAYAKA• :、、、• 武部柚那、、稲垣莉生、 収録曲 [ ] CD [ ]• おどるポンポコリン 作詞:、作曲:織田哲郎、編曲:ArmySlick• アニメ『』オープニングテーマ• ボーカルはDreamのAmi、Happinessの藤井夏恋、Flowerの鷲尾伶菜、武部柚那。 うれしい! たのしい! 大好き! 作詞・作曲:吉田美和、編曲:中野雄太• の楽曲「」の。 2014年3月リリースののトリビュート・アルバム『』からリカット。 おどるポンポコリン Instrumental• うれしい! たのしい! 大好き! Instrumental DVD [ ]• おどるポンポコリン Video Clip• おどるポンポコリン Animation Clip 限定盤 [ ] ミュージックカード・CD(mu-moショップ、LDHモバイルショップ、イベント会場限定盤)• おどるポンポコリン ゴールデンボンバーによるカバー [ ] 「 おどるポンポコリン」 の ゆめいっぱい リリース 規格 (作詞) (作曲) チャート最高順位• 週間21位() シングル 年表 (2016年) おどるポンポコリン (2016年) (2017年) ミュージックビデオ - にがカバーしている。 に18作目のとして、より発売された。 解説 [ ] 前作「」から、約7ヶ月ぶりとなるシングル。 表題曲「おどるポンポコリン」は、テレビアニメ『ちびまる子ちゃん』のオープニングテーマとして、2016年4月10日から2019年3月31日放送分まで使用された。 オープニング映像にはゴールデンボンバーの4人がアニメキャラクターとして出演。 表題曲「おどるポンポコリン」はアニメ同様、メンバー(喜矢武豊、歌広場淳、樽美酒研二)の声も収録され、カップリングには、アニメ『ちびまる子ちゃん』初代オープニング主題歌「ゆめいっぱい」のカヴァーを収録。 また、2017年12月13日にフジテレビ系列で放送された大型音楽番組『』ではB. クィーンズとゴールデンボンバーによる本家とカバーのコラボレーションで披露された。 先行配信 [ ] のリリースに先駆け、から表題曲「おどるポンポコリン」、からはカップリング曲「ゆめいっぱい」を主要音楽サイトで配信。 収録曲 [ ] CD [ ]• おどるポンポコリン 作詞 : 作曲 : 編曲 : ・ 歌:ゴールデンボンバー• アニメ「」オープニングテーマ• ゆめいっぱい 作詞 : 作曲 : 歌:鬼龍院翔• おどるポンポコリン(オリジナル・カラオケ)• ゆめいっぱい(オリジナル・カラオケ) ももいろクローバーZによるカバー [ ] 「 おどるポンポコリン」 の ありがとうのうた 私を選んで!花輪くん リリース シングル 年表 (2018年) おどるポンポコリン (2019年) (2019年) ミュージックビデオ - - にがカバーしている。 楽曲アレンジは世界各国のお祭りをイメージし、サンバや三味線のリズムが加わった。 楽曲のもYouTubeで公開。 この年、 『ちびまる子ちゃん』30周年アンバサダーにももいろクローバーZが就任し、4月7日の放送より、総勢13人のちびまる子ちゃんキャラクターと歌う「おどるポンポコリン」がオープニング主題歌として採用された。 『ちびまる子ちゃん』のキャラクター達が主題歌アーティストと楽曲内でコラボレーションをするのは、これが初めて。 カップリングには、ちびまる子ちゃんの世界観をイメージした新曲2曲を収録し、こちらでもコラボレーションを実施。 10月20日の放送では、メンバー4人がゲスト声優を務め、アニメ本編に登場した。 またトリプルコラボとして、ももいろクローバーZのメンバー4人とまるちゃんをイメージした、全5種のコラボレーションアイスクリームがから販売され、店頭ではスタッフがアイスを作りながら「おどるポンポコリン」を歌うパフォーマンスを実施。 収録曲 [ ] CD [ ]• おどるポンポコリン/ももいろクローバーZ feat. まるちゃんと仲間たち 作詞:、作曲:、編曲:• アニメ『』オープニングテーマ• ありがとうのうた/、、 feat. まるちゃんと仲間たち 作詞:うらん、作曲・編曲:• - 歌ネット• 私を選んで!花輪くん/&みぎわさん feat. 花輪くん 作詞・作曲:、編曲:徳田光希• - 歌ネット• おどるポンポコリン(off vocal ver. ありがとうのうた(off vocal ver. 私を選んで!花輪くん(off vocal ver. ) Blu-ray [ ]• おどるポンポコリン ANIMATION MUSIC VIDEO• 初披露のライブ映像。 ゲストのまるちゃんと共演 その他のカバー [ ] 1990年11月5日にというポップスデュオ(:川上春水、もう一人は不明)が「おどるポンポコリン・ディスコバージョン」でカバーした。 1月から1年間は、アニメ放映開始20周年記念でによるカバーバージョン(ベストアルバム『』に収録)が『ちびまる子ちゃん』オープニングで使用された。 オープニング映像も新しくなり、アニメ化された木村カエラも登場した。 アレンジは、コーラスにはのBOSEとANI、ギターにはの、ベースには、そしてといった豪華ゲストが集結した。 から発売されている集の中には、、によるカバーバージョンが収録されているものがある。 発売の子供向けCD『ワーイ! わたしとぼくのうたとカラオケだい!! 』(キープ/、NKCD-3099)には、ポンポコ合唱団によるカバー版が収録されている。 に発売されたのアルバム『そして伝説へ…THE LEGEND of ANIMETAL』に収録。 には、『』()でもカバーされている。 2015年9月2日発売ののシングル「かまってYO! ね」に収録されている。 同年12月23日公開の映画『』では、がメインボーカル、がコーラスを担当したカバーがオープニングテーマに採用されている。 映画公開と同日発売のCD『「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」ミュージックアルバム』に収録されている。 ミュージックステーションウルトラFES2018 [ ] さくらももこ追悼SPとして、B. 脚注 [ ]• 織田哲郎の肩書「作曲」を「作・編曲」にしたり、2012年4月から使用のエンディングテーマ曲『』(作曲・編曲・歌:)のように「作曲」「編曲」をまたぐ形での表記もしていない。 『読売新聞』1990年11月11日付東京朝刊2部、4頁。 、SANSPO. COM、1999年3月3日。 (のキャッシュ)• 「『おどるポンポコリン』ディスコ向けも登場」『』1990年11月29日付、27頁。 「でーたボックス ちびまる子人気がダントツ」『日経流通新聞』1991年1月10日付、18頁。 『』1990年8月14日付東京夕刊、13頁。 朝日新聞 be on Saturday: p. 2017年1月28日• 『ちびまる子ちゃん 8 』(集英社、1991年)「まる子みんなにばかにされる」の巻より(130-131頁)。 ナターシャ. 2011年3月28日. 2019年11月23日閲覧。 BMGビクターの後身(2014年4月1日にソニー・ミュージックレーベルズに統合)。 オリコン. 2014年8月20日閲覧。 E-girls OFFICIAL WEBSITE. rhythm zone 2014年4月25日. 2018年12月2日閲覧。 E-girls OFFICIAL WEBSITE. rhythm zone. 2018年12月2日閲覧。 音楽ナタリー. Natasha 2014年1月28日. 2018年12月2日閲覧。 オリコン 2017年2月8日閲覧• ORICON STYLE. 2016年4月10日. 2016年4月10日閲覧。 - オリコン• - rockin'on. com• - BARKS• 、2009年12月18日、ナタリー。 2015年7月9日. 2015年7月10日閲覧。 ORICON STYLE 2015年9月28日. 2015年9月28日閲覧。 外部リンク [ ]• ももいろクローバーZ• E-girls• 『』 -• 『』 -• 木村カエラ• 『』 -• 杉山優奈• 『』 -• Scott Murphy• 『』 -• 辻希美• 『』 -• クイーンズ• 『』 -• ManaKana• 『』 -.

次の