石田ゆり子 ポンコツ。 石田ゆり子がパリで「愛の讃歌」を歌う!福山雅治との思い出話も?

石田ゆり子のポンコツは計算?ちくわスペシャルや料理下手がかわいい!

石田ゆり子 ポンコツ

女優の天海祐希と石田ゆり子が9月29日放送の「天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋」で、バラエティー番組初のMCに挑戦した。 天海がママ、石田がチーママをつとめる架空の店「スナックあけぼの橋」の客として登場したのは、佐々木蔵之介、玉木宏、速水もこみち、マツコ・デラックスら独身男性(?)ばかり。 途中、JUJUも参加し、おしゃべりと歌で場を沸かした。 視聴者からは「こんなスナックあったら通いたい」「レギュラー番組にして、毎週ゲスト呼んで欲しい」「天海祐希面白すぎ」と好意的な意見がほとんどだった。 中でも注目されたのは、バラエティーにはほとんど出たことのない石田だ。 番組では、天海とピンクレディーの「UFO」を振り付きでデュエットしたり、「ちくわのバター醤油炒め」を作ったりと大活躍。 「天海と石田は、いいコンビでしたね。 たどたどしく出演者に質問する石田を、天海がうまくフォローしていました。 カラオケの歌唱力は微妙でしたが、こうした石田のポンコツぶりも初々しくて、ファンでなくても守ってあげたくなるような気持ちになったでしょうね。 バラエティーは不慣れな石田ですが、新たな一面が引き出せてよかったのではないでしょうか」(芸能ジャーナリスト) このところ悪評ばかりのフジテレビだったが、この番組は大成功だったようだ。

次の

石田ゆり子の“ポンコツすぎる可愛さ”に小栗旬がデレデレ!

石田ゆり子 ポンコツ

同番組は天海がママ、石田がチーママを務めるスナックと言う設定で、俳優や芸人たちがお客として来店。 飲み屋さながらのユルんだトークを展開するバラエティーで、2016年9月に放送されるや、話題を呼んだことを受けての第2弾となった。 「この番組の見どころは、天海の仕切りの上手さもさることながら、なんといっても石田の天然ぶりが見られる点。 今回も石田はビールを注いでは泡だらけに、ちくわを焼いては焦がすなど、前回同様のポンコツぶりを見せていました」(週刊誌記者) だが、この石田のポンコツぶりが「可愛すぎる」と大評判。 「グラス2/3が泡。 でもそれがかわいい」「石田ゆり子の可愛さは天賦の才」「ゆり子は可愛いのかたまりだな」と、視聴者をトリコにしているのだ。 そんな石田の可愛さにヤラれた同番組のゲストがいる。 新ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(同局系)の番宣を兼ねて出演した、主演俳優の小栗旬だ。 「視聴者がテレビ越しにヤラれるくらいですから、その場で酒を飲んでる俳優陣はたまらなかったでしょうね。 誰もが石田のことをチラチラと見ては幸せな笑みを浮かべてました。 なかでも小栗はチラ見を通り越して、もはやガン見。 ネット上でも『小栗はゆり子ばっかり見てるな、惚れてる目してる』『おまえ、もう、ゆり子さんのこと好きやろ!』『ゆり子さんを見る目がギラギラしてる』などと指摘を受けていたくらいです。 この放送を見た妻の山田優は、いったいどう思ったでしょうかね」(テレビウオッチャー) 焦げたちくわと泡だらけのビールで5000円の勘定となる「スナックあけぼの橋」。 それでも天海祐希と石田ゆり子に会えるなら「通いたい」という殿方も多いはずだ。 (佐藤マコト).

次の

石田ゆり子の“ポンコツ”具合が可愛すぎる “ちくわスペシャル”で名誉挽回「一生そのままでいて」「チーママ最高」

石田ゆり子 ポンコツ

女優のゆり子(47)が「可愛すぎるアラフィフ」として人気を加速させている。 での天然ボケに「ポンコツキャラ」とツッコミが入りまくったが、それをキュートに否定したことで男性ファンをさらに骨抜きにしてしまっているのだ。 の美女ということもあって今までは「才色兼備の完璧美人」というイメージがあった石田。 だが、4月12日に出演したトークバラエティ特番『・のスナックあけぼの橋』()では散々なほどに天然ボケをさく裂させた。 同番組は天海祐希(49)がママ、石田がチイママを務める架空のスナックを舞台に、店を訪れた男性ゲストたちとトークを繰り広げるという内容。 2回目の放送となる今回は(34)、(46)、(51)らが来店したが、石田はグラスを運ぶのすらおぼつかずにオロオロ。 生ビールを注げば泡がほとんどなく、ウーロンハイを頼まれても作り方が分からずに右往左往、さらにゲストの注文まで忘れてしまい、果ては簡単なちくわ料理ですら焦がしてしまう始末だった。 これに天海から「前回放送後にネットで『ポンコツ』って言われてたの知ってる?」とツッコミが入り、石田はガックリ。 男性ゲストたちも「本当に何もできないんですね」「なかなかのポンコツ具合」と追い討ちをかけていたが、なぜか軒並みニヤケ顔でデレデレ状態。 それは男性視聴者たちも同じく、ネット上では石田のポンコツぶりに「可愛すぎる」「結婚したい!」「天然キャラが最高」などと絶賛の声が殺到していた。 放送後、石田は自身のInstagramに愛猫の口調で書き込んでいる「 ハニオ日記」を更新。 「ぼ、ぼくのおかーさんはぢゃない。 ちくわも切れるし」などと書き込まれ、愛猫の口を借りて自身のポンコツ疑惑にささやかな抵抗を試みていた。 これがさらに男性たちのツボを突きまくり、ファンから「ポンコツだとしても素敵なポンコツ」「百歩譲ってポンコツだとしても可愛いです!」「こんな奥様いたら毎日すぐ帰る」「ゆり子さんはそのままがいいです!」などとデレデレのコメントが数多く寄せられている。 また、石田のInstagramは愛犬や愛猫の写真に混ざって自撮りが投稿されるが、そのキュートで美しい姿も男性ファンに大好評。 特に18日に投稿したアップで目をつぶっている写真は、アラフィフとは信じられないような美しさ。 女性タレントに付き物の「劣化」という言葉が裸足で逃げ出してしまいそうなほどだ。 「石田さんは『奇跡のアラフィフ』と呼ばれ、同年代の女性タレントの中でも美貌は抜群。 さらに10代のころから芸能界の第一線で活躍し、妹のさん(44)とともに設立した個人事務所の女社長でもあります。 まったく衰え知らずの美人女優で経営者も兼ねているとなればスキがないように感じられ、だからこそ天然キャラのギャップが際立って世の男性たちを骨抜きにしてしまう。 番組ではピンク・レディーの『ウォンテッド』をフリ付きで天海さんと披露しましたが、それも昨年出演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(系)の恋ダンスを彷彿とさせて超キュート。 "日本一可愛い47歳"と言っても過言ではないでしょう。 となると、なぜ頑なに結婚しないのかという謎がさらに深まっていきますが... (笑)」(ライター) 石田は一昨年2月に『』(総合)に出演した際、視聴者から寄せられた「以前、元カレが~」という内容のファクスを、自分の元カレからのファクスだと勘違いして目を丸くするといった天然ぶりを見せたことも。 さらに同番組では「よく周りから『天然』と言われるけど意味が分からない」とも語っていた。 若い女性タレントの中には天然を装った「ニセ天然キャラ」が少なくないが、自覚すらできていないとなれば本物中の本物。 女優としての活躍も素晴らしいが、バラエティでもっと素の彼女を見せてもらえたら男性ファンはさらに急増しそうだ。 (文=勇馬/Yellow Tear Drops) あわせて読みたい•

次の