サンライズ出雲 料金計算。 サンライズ出雲の予約料金を調べて出雲大社へ

寝台料金|JR線ご利用案内

サンライズ出雲 料金計算

寝台列車の魅力とは? 一晩ゆっくり横になって休めるのが寝台列車の良さ。 以前はカーテン仕切りの「開放式寝台」もありましたが、現在は個室寝台が主流です。 多少狭くて揺れもありますが、ベッドやパジャマ、コンセントなどの設備はほぼホテルレベル。 さらに、目的地に朝早く着くので、1日を有効に過ごせるのもメリット。 飛行機でも朝早く着ける便はありますが、たとえば朝6~7時台に羽田空港へ行くのはかなり大変。 寝台列車なら、22時に東京駅を出て、旅情をたっぷり楽しんで、何なら一杯やってシャワーも浴びて、翌朝から目的地で活動を開始できるのです。 そんな魅力的な寝台列車、「サンライズ瀬戸・出雲」の乗り方を詳しく説明します! サンライズ瀬戸・出雲の運行区間&運行時間 「サンライズ瀬戸・出雲」の目的地は、高松駅と出雲市駅。 途中で乗車・下車することももちろん可能です。 サンライズ瀬戸・出雲の寝台タイプ 寝台の種類をざっくり分けると、A寝台、B寝台、ノビノビ座席の3つに大別できます。 A寝台とB寝台は、どのグレードも個室で、暗証番号式でちゃんとカギを掛けることができます。 充電用コンセントも各部屋にあり、パジャマも用意されています。 ノビノビ座席は正確には寝台ではなく、「ゴロ寝も可能な指定席」といった存在です。 A寝台「シングルデラックス」 もっともゴージャスな個室 寝台列車としてはかなりゆったりめ(幅85cm)のベッドと、デスク、洗面台などを備えていて、アメニティセットももらえます。 シャワーカードがセットになっていて、このシングルデラックスユーザー専用のシャワールームが使用可能。 瀬戸・出雲それぞれに6室のみのプレミアムルームです。 シティホテルのツインのような雰囲気で、横に広い分、開放感もあります。 B寝台「シングルツイン」 上下に分かれて2人で使用できる 「シングル」のベッドが上下に並ぶ部屋。 天井が高めのつくりになっています。 上段のベッドは跳ね上げ式。 下段のベッドは、折りたためばソファにもなります。 B寝台「シングル」 サンライズ瀬戸・出雲のキホンの寝台 もっとも多く用意された個室寝台です。 ベッド幅は70cm。 簡易テーブルも付いています。 写真は2階室で、窓が空側にカーブしているので、寝転んでも夜空が見えます。 逆に1階室は、頭上が比較的広く感じられる構造になっています。 B寝台「ソロ」 寝台の中で最安値の個室 シングルよりさらに1100円安く、部屋はほぼベッドのスペースのみで、ベッドの足側が少し狭くなっています。 テーブルは窓側のドリンク置き的な出っ張りを利用。 立ち上がれるほど天井は高くありませんが、むしろこの包んでくれるシェルター感がイイのかも。 ノビノビ座席 足を伸ばして横になれる指定席 寝台特急に乗るには「乗車券+特急券+寝台券」が必要ですが(後述します)、このノビノビ座席は「乗車券+特急券」で利用でき、もっとも安価です。 読書灯、小物を置く台があり、床暖房まで備えられています。 シーツをかぶせた毛布も用意されています。 床が硬めなので、毛布を敷いて、その上に横になるのがおすすめ。 旅慣れたバックパッカーの利用も多く、寝袋を持ち込む人も。 となりとの仕切りは、枕元側の部分的な壁のみです。 充電用コンセントは、通路に共用のものがあるだけなので、寝ている間にスマホを充電…は難しそう。 サンライズ瀬戸・出雲の共用スペース ミニサロン(ラウンジ) 車窓を眺めながらビールを飲んだり、部屋のスペースでは食事しにくいときなどに便利。 ただし車内にはソフトドリンクの自販機があるだけなので、必要なものは乗車前に買って持ち込みましょう。 下りの場合、だいたい姫路あたりで日の出を迎えることが多いのですが(時期により変動します)、その時間にはみんながここに集まってきます。 シャワー室 自販機でシャワーカード(330円)を買って差し込むと、シャワーが使えます。 お湯が出るのは合計6分間!スタート/ストップボタンを駆使して体を洗いましょう。 とはいえ水圧も十分で、むしろ時間が余るほど。 シャワー室自体もわりと広くて快適です。 シャンプーやボディソープも付いていますが、「シングルデラックス」以外にはタオルが付いていないので、持参が必要。 ちなみにシャワーカードは数に限りがあり、かなり早めに売り切れます。 シャワー室そのものは深夜や翌朝でも使えますので、乗車したらまずはシャワーカードをゲットしておくのがコツ。 繁忙期/閑散期は上下200円ずつ変動します これって高いの?安いの?それは値段を分解してみると分かりやすいかも。 昼間の特急列車に乗るには、移動区間に対する「乗車券」と、特急という早さに対して上乗せする「特急券」の2枚が必要です。 寝台列車に乗るには、さらに、1泊するというサービスに対して支払う「寝台券」が必要になります。 寝台券の料金は、「ビジホ代」と考えれば妥当レベルと言えそう。 途中乗車・下車の場合は、当然これより少し安くなります。 寝台を利用する場合、特急料金から530円が割引されますので、乗車券+特急券の料金から530円を引いて、各グレードの寝台料金を足したものが、サンライズ瀬戸・出雲の運賃となります。 特別な経験ができる…という付加価値を考えれば、むしろ納得のお値段じゃないでしょうか。 サンライズ瀬戸・出雲のきっぷの買い方 サンライズ瀬戸・出雲のきっぷは、乗車日の1カ月前の午前10時から買うことができます。 「シングルデラックス」や「サンライズツイン」は好評のため、売り切れてしまうこともしばしば。 旅の予定が決まったら、早めに購入しましょう! JR東日本の「えきねっと」、JR西日本の「e5489」といったネット予約でも、購入が可能になっています。 ただし、細かい部屋の位置やグレードの指定がしにくいので、駅の窓口で駅員さんに希望を伝えながら購入するのがやっぱりおすすめです。 お出かけの際は公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください•

次の

サンライズ出雲・瀬戸の予約方法まとめ!特急寝台列車で旅に出よう

サンライズ出雲 料金計算

今や全国各地に夜行バスが行き交う今日この頃、 いま日本に夜行列車がどれだけ残っているかご存知でしょうか? 青春18きっぷが使える時期を対象とした臨時列車でみれば本数はある程度ありますが、 そうではない 毎日定期的に走行している夜行列車でみれば、実は全国に2列車のみです。 「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」がそれにあたりますが、今回は色々な角度からこの列車を紹介していこうと思います。 サンライズ出雲・瀬戸について まず、サンライズ出雲・瀬戸の運行区間から紹介します。 サンライズ出雲・瀬戸の運行区間・停車駅は以下のようになります。 なお、東京~岡山までは両列車併結して走ります。 以前は松山まで延長運転されていました。 部屋に洗面台・デスクの設置あり(写真にある液晶モニターは現在は撤去され使用不可)。 ベッドの布団は羽毛布団。 室内に無料でシャワーカードがあり、シャワー室(A寝台専用)が使用可能。 室内にコンセントあり。 ラジオ用のスピーカーもあり。 すべて2階に設置。 ・サンライズツイン サンライズの車両中唯一の2人用個室。 ベッドが平行に2つ並ぶ。 シャワー室の利用のためには車掌より320円のシャワーカードの購入が必要。 室内にコンセントあり。 ラジオ用のスピーカーあり。 すべて1階に設置(2階・シングルデラックス、1階・サンライズツイン) 各編成に4部屋のみの設置。 ・シングルツイン 1~2人用個室(追加料金で2人利用も可能)。 2段ベッド。 シャワー室の利用のためには車掌より320円のシャワーカードの購入が必要。 室内にコンセントあり。 ラジオ用のスピーカーあり。 車端部に設置されている部屋が多い。 一部屋のみバリアフリーの部屋あり。 ・シングル サンライズの車両中最多の部屋数の個室。 部屋の中はシングルベッド。 シャワー室の利用のためには車掌より320円のシャワーカードの購入が必要。 室内にコンセントあり。 ラジオ用のスピーカーあり。 すべて1階と2階の部屋があり(20番台の部屋は2階、2~10番は1階)。 平屋室も数部屋あり。 ソロ(後述)よりも若干料金が高い。 ・ソロ サンライズの車両中料金が最も安い個室。 部屋の中はシングルベッド。 シャワー室の利用のためには車掌より320円のシャワーカードの購入が必要。 室内にコンセントあり。 ラジオ用のスピーカーはなく、イヤホンの用意が必要。 階段が室内に張り出しており(1階の部屋)、シングルよりも面積がやや狭い。 すべて1階と2階の部屋があり(奇数の部屋は1階、偶数の部屋は2階)。 シングルよりも若干料金は安いが、部屋は値段差以上に狭い。 ・ノビノビ座席 サンライズの車両中最も料金が安い空間(指定席特急料金のみで利用可能)。 カーペットが敷いてあるだけの雑魚寝。 シャワー室の利用のためには車掌より320円のシャワーカードの購入が必要。 コンセントなし。 ラジオ用のスピーカーなし。 階上と階下の空間があり(A・B席は階下、C・D席は階上)。 ・ミニサロン 3号車・10号車に設置。 最大8人着席可能な椅子あり。 隣接した場所にシャワールーム・飲料の自動販売機の設置あり。 下りサンライズ出雲のみ、岡山~新見間でこちらで朝食の車内販売あり。 ・シャワー室 3号車・10号車ミニサロン横、4号車・11号車に一室ずつ設置。 4号車・10号車のシャワー室はA寝台個室(シングルデラックス)利用者専用。 予約制ではないので空いている時に利用可能。 利用のためには車掌より320円のカードの購入が必要(シングルデラックス利用者は無料でもらえる)。 サンライズ出雲・瀬戸の料金について サンライズ出雲・瀬戸に乗るためには以下の料金が必要です。 乗車券+特急券+寝台券(ノビノビ座席の場合は寝台券は不要)。 閑散期・繁忙期は以下のカレンダー参照 JR東日本HPより) ・寝台券(片道・部屋ごとに記載。 サンライズツイン以外は1人分) シングルデラックス・・・13730円 シングルツイン・・・9430円 シングル・・・・・・7560円 ソロ・・・・・・・・6480円 サンライズツイン・・・15120円(2人分) シングルツイン補助ベッド・・・5400円加算 ノビノビ座席・・・・・・・0円(指定席特急券のみで乗車可能) 総合計 乗車券+特急券+寝台券・主要区間のみ掲載。 こちらの料金計算がわかりやすいと思います 廃止されている列車も掲載されています。 また、 岡山駅で始発の新幹線と乗り継ぎ、熊本や鹿児島へも午前10時前に到着し観光を楽しむこともできます。 上りに関しても、 岡山駅まで新幹線で来て乗車できることから、九州での観光の時間を長くとることができます。 JR各社とも寝台券は指定席券売機では取り扱っていないので、みどりの窓口で購入の必要があります。 上りサンライズ出雲・瀬戸に関しては三ノ宮駅・大阪駅にも停車することから、 夜遅くまで神戸・大阪で用事(飲み会・仕事等)を済ませ、ホテル代わりに使用することもできます。 また、ノビノビ座席を米子~岡山、東京~静岡等短距離区間で使用する方法もあります。 状況に応じて様々な使い方ができる、日本唯一の定期夜行列車のサンライズ出雲・瀬戸、 この列車で旅を楽しまれてはいかがでしょうか? このHPでは今後また他の夜行列車についても記事を掲載していこうと思います。

次の

いつか乗りたい寝台列車!「サンライズ瀬戸・出雲」きっぷ料金や乗り方など徹底ガイド|じゃらんニュース

サンライズ出雲 料金計算

Go To キャンペーンで寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」に実質半額で乗れる? Wikipediaより 東京~岡山・出雲市・高松方面へ走る「サンライズ出雲・瀬戸」。 2020年6月現在、日本で唯一の寝台特急列車となっています。 実は「Go To キャンペーン」で、この寝台特急も「宿泊施設に準ずるもの」という発表がされています。 ただし、「宿泊・交通機関のセットプラン」旅行代理店や旅行会社の予約サイトで予約をしたものとなっています。 ただ、宿泊施設については宿泊施設の公式サイトで個人で予約した場合にも割引が適用されることになっているので、寝台特急・クルーズ・夜行フェリーについても、個人で手配したものについても割引が適用されると思われます。 (まだ計画段階のため、実際にどうなるかは分かりませんが・・・) 仮に寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」を個人手配した場合にも割引がされると仮定してみましょう。 宿泊・寝台特急などの料金はクーポン含めれば約半額 金額自体は35%引き 宿泊施設の場合、宿泊代金が半額相当分支援となっていますが中身を見ると金額的には35%割引になっていて、後の25%分は地域共通クーポンとなっており、加盟店で使うことができます。 半額割引だと思っている方も多いと思いますが、実際は35%割引+クーポン15%分となっているので注意が必要です。 さて、「サンライズ出雲・瀬戸」が宿泊施設に準じて割引になるということですが、割引の対象が運賃・寝台料金・特急料金どれが割引になるかというところも今後詳細が発表されると思います。 ただし、「サンライズ出雲・瀬戸」の客室の中で「ノビノビ座席」は一応寝転がることができますが、「指定席」という扱いになります。 注釈で「座席とみなされるものを除く」と書いてあるので「ノビノビ座席」は割引の対象から除外される可能性が高いです。 「Go To キャンペーン」中にサンライズ出雲・瀬戸に乗車したらどれだけ安く乗れる? 例えば東京~岡山間のサンライズ出雲・瀬戸に乗車したと仮定して、次の場合を想定してどれだけ安くなるのか考えてみました。 では、それぞれの料金を計算してみました。 この他、対象金額の15%分の商品券が付属。 もし、Go To キャンペーンがサンライズ出雲・瀬戸に適用された場合、最低でも2600円程度、最高でも9851円の割引になります。 いずれにせよ、普段乗るときよりは安く乗ることができます。 正式にGo Toキャンペーンの概要が決まった時にはサンライズ出雲・瀬戸を狙ってみてもいいかもしれません。

次の