目 が 腫れ た 時 の 対処 法。 顔、目の周りが腫れる時の原因と対処・治療法|田辺三菱製薬|ヒフノコトサイト

「腫れもかゆみもなくなる」…蚊に刺された時の対処法が話題に…

目 が 腫れ た 時 の 対処 法

寝過ぎてしまったり、号泣した翌朝に目が腫れてしまった経験がある方は多いと思います。 目が腫れたままだとメイクはバッチリと決まりませんよね。 また、まぶたが重く閉じてしまい相手に眠たそうな印象を与えてしまうので良いことは1つもありません。 朝起きて目の腫れに気付いた時点で出かけるまでに対処法を行えば、目の腫れを解消することができます。 そこで今回は寝過ぎて目が腫れた時に速攻で解消できる対処法、日常生活の中での注意点について解説していきます。 目の腫れを速攻で解消する対処法 目の腫れを速攻で解消する方法は5つあります。 原因が寝過ぎでも、前夜の号泣でもこれらの方法で対処が可能です。 水で濡らしたタオルや氷水、保冷剤などを使って冷やすと良いでしょう。 まぶたを冷やすことで目の周りの血管が収縮してまぶたの溜まっている水分が抜けやすくなります。 そのため、目の腫れが引いていきます。 その後、まぶたを温めましょう。 蒸しタオルやホットアイマスクを使って温めると良いでしょう。 蒸しタオルは簡単に作ることができます。 水で濡らしたタオルを固く絞り、電子レンジで温めましょう。 温め時間は500Wで30秒がおすすめです。 これがぬるいと感じる方は10秒ずつ時間を延ばして自分に合った温度で蒸しタオルを作りましょう。 ただし、火傷には注意して下さい。 まぶたを温めることで目の周りの血行が良くなります。 冷やすものと温めるものを両方用意しなくてはならないため、多少面倒臭さを感じるかもしれません。 しかし、目の腫れを速攻で解消できるのですぐに腫れを引かせたい方は実践しましょう。 リンパマッサージをする 目が腫れているということはまぶたがむくんでいる状態です。 目の周りをリンパマッサージすることでまぶたのむくみを解消することができます。 やり方は 1. 目を閉じて、目頭から目尻を通過してこめかみに向かって眉毛の下 まぶた のリンパを流していきます。 こめかみを3秒間指圧しましょう。 こめかみを押し込む動作を5回繰り返しましょう。 先ほどと同様に、目頭から目尻を通過してこめかみに向かって目の下のリンパを流していきます。 こめかみまできたら3秒間の指圧を5回行いましょう。 これを1セットとして3セット繰り返すとまぶたのむくみを解消することができます。 リンパマッサージをする際には、美容液やクリームを指先につけて行いましょう。 カリウムの多い食事を摂る カリウムには体の中の老廃物を排出する働きがあります。 そのため、朝食としてカリウムが豊富に含まれている食品を摂取するとむくみを解消することができます。 カリウムが豊富に含まれている食品は、バナナ、メロン、キウイフルーツ、鰹節、煮干し、わかめ、大豆などです。 目が腫れている時には朝食としてカリウムが多く含まれているフルーツをそのまま食べるか、わかめのみそ汁を飲むのがおすすめです。 みそ汁はインスタントのもので十分です。 みそ汁もフルーツも調理時間がかからないので、忙しい朝の時間帯にはぴったりです。 ティーパックでアイパックする 使い終わったティーパックを冷やしておき、まぶたの上に置いて10分アイパックすることで腫れを引かせることができます。 アイパックによってまぶたが冷えるのでまぶたの腫れを解消する効果に期待ができます。 それに加えて、お茶に含まれているカフェインには肌を引き締める効果があります。 この2つの効果によってまぶたの腫れを引かせることができるのです。 緑茶や紅茶などオーソドックスなお茶のティーパックを使用しましょう。 お茶の香りによるアロマ効果にも期待ができます。 時間がありリラックスしたい方はローズティーやカモミールティーなどを使用するのも良いでしょう。 炭酸水でアイパックする 炭酸水には肌を引き締めたり、血行を促進する働きがあります。 毛穴の汚れを落としたり、引き締める働きもするため美肌効果が高いといわれているのが炭酸水です。 冷やした炭酸水をコットンに染み込ませて5分アイパックしましょう。 冷えと炭酸の気泡によって目の腫れを解消することができます。 美肌効果もあるため、目の腫れを引かせるためだけでなく、美容目的で普段からアイパックするのも良いでしょう。 その時は目だけでなく、顔全体を炭酸水パックすると効果的です。 日常生活で目を腫らさないための注意点 日常生活の何気ない行動がきっかけで目が腫れてしまうことがあります。 普段の行動に気をつけて目を腫らさないための対策を行いましょう。 目をこすらない 人間の皮膚の中で最も薄い部分がまぶたです。 目をこすってまぶたに刺激を与えてしまうと腫れを引き起こしてしまいます。 そのため、頻繁に目をこすらないようにしましょう。 目にゴミが入ってかゆみがある場合には、かゆみの原因であるゴミを取り除きましょう。 そして、目をこするのではなく目薬などで対応しましょう。 朝起きてボーッとした状態で無意識に目をこすってしまわないように注意しましょう。 アルコールを摂り過ぎない アルコールを摂り過ぎるとまぶたがむくんでしまい、腫れてしまいます。 理由は血中のアルコール濃度が高まり血管が拡張してリンパや静脈による水分処理が間に合わないためです。 アルコールには利尿作用があるため、水分を尿として排出します。 しかし、アルコールの分解には水分が必要なため体が水分を欲しがります。 尿で排出した水分量よりもアルコールを分解するために必要な水分量の方が多いため、結果として体内に水分が溜まってしまいます。 また、アルコールと一緒に食べるおつまみには多くの塩分が含まれているものが多いです。 塩分は体内に水分を溜めてしまう働きがあるため、むくみやすくなります。 夜に飲酒する習慣がある方は、飲酒の頻度を下げるか、1回の飲酒量を減らしましょう。 どうしてもお酒を飲みたいという方は翌日に目を腫らしたくない時だけ飲酒しないようにしましょう。 化粧品選びを慎重に まぶたの皮膚は薄いために化粧品が肌に合っていないと刺激を与えてしまい腫れてしまうことがあります。 そのため、化粧品選びは重要です。 肌の弱い方でも使用できる化粧品や肌への優しさにこだわった化粧品が多く販売されています。 目が腫れやすい方はそのような商品を選ぶと良いでしょう。 化粧品選びは、肌へのなじみやすさや見栄えだけにこだわるのではなく、毎日使うものなので肌への負担も考えて選びましょう。 それでも良くならない時は病気の可能性も 目を腫らさないための対策や腫れてしまった時の対処法を実践したけれど、改善しないという方は病気の可能性があります。 目が腫れる症状を引き起こす病気はアレルギー性結膜炎、眼瞼炎、接触性皮膚炎などが挙げられます。 目の腫れが引かない、どんどんとひどくなるという場合には眼科を受診しましょう。 まぶたの腫れの原因である病気を治さなければ、症状は改善することはありません。 放置してしまうと症状がさらにひどくなったり、合併症を引き起こしてしまうこともあります。 何気ないまぶたの腫れの裏側には病気が隠れているかもしれません。 「まぶたがおかしいな」と思ったら、早めに眼科を受診して早期に治療を始めましょう。

次の

【必見】パソコンやりすぎで目が痛い時の対処法|フリスタ生活

目 が 腫れ た 時 の 対処 法

泣いた翌朝まぶたが腫れてしまったときの治し方 朝起きたら目がパンパンに腫れてしまっている。 そんな時の治し方をご紹介しましょう。 この方法を知っておけば、腫れてしまっても何とかなります。 まず冷やしてみる 腫れているときはまず冷やしましょう。 これで腫れがスッキリおさまる場合もあります。 冷やす方法としては、• 冷たいハンカチやタオルで冷やす• カレースプーンくらいの大きさのスプーンを冷やして目に当てる• 保冷剤で冷やす• コットンでパックをする などがあります。 コットンパックですが、冷たく冷やした化粧水を含ませるのもいいですが、おすすめなのが紅茶やハーブティーを含ませること。 紅茶やカモミールのティーバッグが目の腫れを抑えるのに良いといわれていますが、使った後のティーバッグをそのまま乗せると水分が垂れてくるので、ちょっと乗せづらいですね。 なので、コットンに紅茶を含ませて目の上に乗せた方がパックしやすいです。 ちなみに紅茶にはタンニンが含まれていますから、収れん作用があって肌を引き締める効果が期待できます。 温冷、両方の刺激で血行を促進 冷やすだけでもいいのですが、それだけではどうにもならない時、「温」と「冷」を繰り返すことで血行を良くして、腫れを抑えます。 最初に温かいタオルを目の上に30秒ほど乗せます。 次に冷たいタオルを30秒ほど乗せます。 これを数回繰り返してみてください。 冷たいタオルの代わりにタオルやハンカチで包んだ保冷剤を使うと、いちいち濡らさなくてもいいので便利です。 疲れて目元がむくんでいる時にも使える方法なので、覚えておくと便利ですよ。 リンパマッサージでむくみをとる リンパの流れが滞っていると腫れぼったくなるので、マッサージをしてむくみをとっていきましょう。 リンパの流れを良くするためには目の周りだけをマッサージするのではなく、首の方までしっかり流していくと効果的です。 目の周りは薬指の腹を使って目の内側から外側に向かって、上と下、それぞれマッサージします。 耳の下から鎖骨に向かって、なでるようにマッサージします。 気持ちがいいと思うくらいの圧でやってみてください。 マッサージをする時は皮膚の負担を少なくするために、オイルやクリームなどを塗ってから行いましょう。 目の周りはとても皮膚が薄くて、こするとシワやたるみの原因になるので、トントンと軽く叩くようなイメージでマッサージをするといいですよ。 ツボ押しでむくみをとる マッサージと似ていますが、ツボを押すことで血行が良くなって腫れが引いていきます。 目の腫れに良いとされるツボがこの2つ。 睛明(せいめい) 目頭と鼻の骨の間にあるツボです。 攅竹(さんちく) 眉頭の下、骨の少しくぼんだところにあるツボです。 このツボを、指の腹で痛気持ちいいくらいの圧で押してみてください。 数回押しただけでは効き目が無いので、3秒押して2秒離す、を数分繰り返してみてください。 メイクでごまかす 頑張ってもどうしても目の腫れが引かなかった、という場合はメイクで何とかしましょう。 目が腫れぼったいときは暖色系の柔らかい色よりも寒色系の引き締まって見える色を使います。 腫れをごまかそうとして広範囲に入れてしまうと余計に腫れぼったく見えます。 濃い色を狭い範囲に入れることで目元をシャープに引き締めます。 下まぶたの際にパール系のハイライトを入れることで、目元をよりスッキリと見せてくれます。 仕上げのアイライナーは黒よりブラウンがおすすめです。 肌の色に近い方が馴染みがよく、腫れが目立たなくなります。 メガネでごまかす 腫れ対策もメイクでもどうにもならない場合は、最終兵器としてメガネがあります。 縁の太い眼鏡をすることでまぶたが見えづらくなるので、腫れも目立たないでしょう。 目が腫れやすい人は、こんな時のために非常用のメガネが1つあるといいですね。 泣いた後にまぶたが腫れないようにするための方法 そもそもどうして泣くとまぶたが腫れてしまうのか、その原因を知っておけば、泣いても次の日にまぶたが腫れないかもしれません。 まぶたが腫れるのは目をこすることが原因だった 泣いている時に、無意識のうちにまぶたをこすっていないでしょうか。 目元の皮膚は薄いと先ほど少しお話ししましたが、ゴシゴシこすると皮膚が炎症を起こしてしまうんです。 ひどいと腫れだけでなく、赤みや痛みまで出ることがあります。 それを防ぐには、泣いている時に目をこすらないこと!涙は出るのにまかせます。 ティッシュやハンカチで拭いたりしないで、泣き終わるまでそのままにしておきましょう。 気になる場合は、流れてきた涙を頬で抑えるようにします。 これなら目をこすることもないですよね。 目をこすらなければ翌日腫れる心配もありません。 うつぶせで寝ない 泣きながら寝てしまった、なんてこともあるかもしれませんが、泣いた後にうつぶせで寝ないように気をつけてください。 うつ伏せで寝ると目元に水分がたまりやすく、目が腫れてしまうのです。 泣いてしまった時は仰向けで寝るようにしましょう。 睡眠不足にならないように 睡眠不足になると、ただでさえ疲れて目が腫れやすくなってしまいますよね。 ですから、泣いてしまったときは早めに休むようにしましょう。 アルコールや塩分の摂取を控える 泣いた原因が何かイヤなことだったとしても、食べ過ぎや飲み過ぎには注意してください。 食で紛らわそうとしないことです。 アルコールや塩分を摂りすぎると余計に目がむくむので気をつけましょう。 とにかく慌てない!落ち着いて対処すれば目の腫れは治せます 目が腫れてしまうとちょっと焦ってしまいますが、落ち着いて対処しましょう。 まず手っ取り早くできることは冷やすこと。 時間があれば、それ以外の方法をプラスしてみてください。 腫れないようにするのが一番だと思うので、泣いている間の行動にもちょっと気をつけてみてくださいね。

次の

「腫れもかゆみもなくなる」…蚊に刺された時の対処法が話題に…

目 が 腫れ た 時 の 対処 法

泣いた後の目の腫れ、その原因とは そもそも、どうして泣いた後に目は腫れてしまうのでしょうか。 原因がわかって目が腫れないようになったらうれしいですよね。 次のことが、泣いた後の目の腫れに関係していると考えられます。 こすったり強く押したりする 目が腫れる原因の1つとして、 目をこすったり強く押したりして、まぶたに負担を与えることが考えられます。 まぶたの皮膚は非常に薄くデリケートです。 涙をぬぐおうとして、まぶたをこすったりハンカチなどでギュッと強く押しあてたりしてしまうと、その摩擦がまぶたの皮膚に負担となり、目の腫れに繋がると言えるでしょう。 涙に含まれる塩分 涙に含まれる塩分も、目の腫れの原因になっていると言われているようです。 塩分の高いモノを食べた次の日は顔や体がむくんでいる・・・という経験があるとおもいますが、泣いて目元が長時間塩分にさらされることも、目の腫れの原因になってしまうのかもしれません。 【蒸しタオルの作り方】 水に濡らしたタオルをギュッと絞って、ぐるぐるとロールケーキのように丸めたら、電子レンジ(500w)で30秒~1分程度加熱します。 ラップで包んだり耐熱性の袋などにいれたりすると、レンジの中の臭いがタオルに移るのを防止してくれるので、衛生的でおすすめです。 電子レンジから取り出すときは、タオルの熱さに気をつけてください。 タオルの準備ができたら、まずは蒸しタオルを、まぶたに3分程あてます。 熱すぎるとやけどしてしまう可能性があるので、まぶたに当てる前に熱さを確認してください。 次に、冷たいタオルを同じようにまぶたに3分程あてます。 2と3を交互に3回程度繰り返してください。 蒸しタオルは冷えてしまうと意味がなくなってしまうので、冷めてきたら温めなおしてください。 これを行うと、まぶたの血行が良くなると言われているので、顔のが気になるときや目が疲れたな~というときにもおすすめです。 まぶたを冷やす方法はさまざまありますが、 でパックする、 スプーンを使って冷やす、 保冷剤で冷やすという方法が挙げられます。 このとき、コットンでまぶたをこすったり押しつけたりしてしまうと、余計にまぶたの負担になってしまう可能性もあるので、優しく乗せるようにしてください。 くれぐれも目を傷つけないよう注意しながらまぶたを冷やしましょう。 これからご紹介するのは、目が疲れたと感じたときにもおすすめです。 会社のデスクなどでも簡単にできるので、気になるときにはぜひやってみてください。 【セルフマッサージのやり方】 まず、眉頭の少し凹んだところを、親指など押しやすい指で、眉毛を押し上げるようにグッと押します。 痛気持ちいいと感じる程度の強さで、5秒程押しましょう。 その際には、黒縁メガネなど、縁が太いものがおすすめです。 まぶたを隠すことができますし、メガネに視線がいくことで、目の腫れがあまり気にならなくなるかもしれません。 日差しの強い日や屋外で過ごすときであれば、サングラスをかけて目を隠してしまうという手もあります。 泣いた後の目の腫れを防ぐ!泣き方のポイント 泣いた後の目の腫れの原因と対処法をご紹介してきましたが、そもそも目が腫れない泣き方があれば、それを活かして思う存分泣きたいですよね。 そこで最後に、目の腫れを防ぐ泣き方や泣いた後の対処法を4つご紹介します。 もし今あなたが、「これから泣きそう・・・」と思っているなら、これらを実践してみてくださいね。 そして、泣き終わったら目薬をさすなどして、目に涙をためておかないようにすると、まぶたへの負担を減らせるかもしれません。 涙が出てきたら、目の周りは触らずに、頬や顎のあたりで流れてきた涙をハンカチやティッシュなどでそっと吸い取るようにしてみてください。 女優さんがドラマなどで泣くとき、ごしごし目をこすったりしないですよね。 女優になったつもりで、つーっと涙を流してみましょう。 とにかく目の周りは触らない!ということが大切です。 泣いた後すぐに温冷タオルで血行を良くしておくと、いつもよりも目の腫れを防ぐことができるでしょう。 もし泣いた後に余裕があれば、ぜひ早めにケアしてあげてくださいね。 うつぶせで眠ってしまうと、そのまままぶたに涙がたまってしまうということと、枕などの寝具の摩擦を受けやすいことから、仰向けに寝るよりも目が腫れやすくなってしまうと考えられます。 ですので、泣いた日は特に、仰向けに寝るのがおすすめです。 泣いた後の目の腫れにもう迷わない!まとめ 泣いた後の目の腫れの原因と対処法、そして泣き方のポイントをご紹介しました。

次の