動画 を スロー に する 方法。 動画をスローモーションにする

動画をスロー・倍速再生するソフトと方法

動画 を スロー に する 方法

特定の場面(左下から出てくる犬が、茶色の犬と交差する場面)にスーパースローをかけた例• (編集された動画は、H. 尚、動画に複数の音声トラックが含まれる場合、音声トラック 1 以外は削除されるので注意。 加えて、動画に字幕トラックが含まれる場合、すべての字幕トラックが削除されるので注意が必要。 スローにしたい場面を専用のポインターで指定するだけで、該当の場面を• 25 倍速)にできる場合もある模様。 (スーパースローをかけた場面は、ほぼ無音になる) スローモーションにする場面を複数指定したりすることはできませんが、難しい知識不要で簡単に使うことが可能となっています。 動画内の特定場面を目立たせたい時や、動画にアクセントを付けたい時... などに便利。 尚、動画保存時には、動画内の特定場面のみを切り出して保存することも可能となっています。

次の

動画をスロー・倍速再生する方法

動画 を スロー に する 方法

速すぎるアクションシーンをはっきりと見たい時やスポーツ試合のインパクトの瞬間をゆっくり見たい時、重要な部分を強調したい時に、ソフトで動画をスローモーションにすればいいです。 この記事は 動画をスロー再生する方法を紹介いたします。 ご参考にしてください。 動画をスロー再生するソフト ApowerEdit は初心者から中級者向けの動画編集ソフトです。 トリミング、回転や反転、音楽やテキスト、透かしなどの追加、動画から音声の抽出などの基本的な操作が全部できます。 動画の再生スピードを変更する方法は以下にあります。 下にある「ダウンロード」ボタンをクリックしてソフトをダウンロードします。 その後ウィザードに従ってインストールします。 ソフトを実行し、「インポート」をクリックしてスローにしたい動画を追加します。 動画を右クリックして「編集」を選び、或いはダブルクリックして編集パネルに入ります。 「ビデオ」の下でスライドバーでビデオのスピードを変えることができます。 リアルプレビューして、問題がなければ「OK」をクリックします。 「出力」>「ビデオを出力」をクリックして、出力設定をした後で保存します。 動画変換マスター はいかなる動画や音声のフォーマットを自由に変換することができるソフトです。 他にはビデオコラージュ、写真スライドショー、ダウンロード、スクリーン録画と動画編集機能があります。 ApowerEditみたいに高度な編集機能がないですが、基本的な機能、例えばトリミング、動画サイズの変更、スピードや音量の調整、透かしや字幕の追加などの操作が可能です。 ビデオをスローモーションにする方法は以下です。 下の「ダウンロード」をクリックしてソフトをダウンロードします。 それからウィザードに従ってインストールします。 ソフトを起動して「ファイルを追加」をクリックしてスローモーションにしたい動画をインポートします。 右下の「編集」をクリックしたら編集パネルに入ります。 太陽のようなアイコンをクリックして、スライドバーで動画のスピードを調整することができます。 プレビューして問題がなければ「OK」をクリックします。 出力フォーマットやフォルダーを選んだ後で「変換」をクリックして完成です。 フリーオンライン動画兼音声変換ソフト フリーオンライン動画兼音声変換ソフトも動画変換マスターと同じく、動画や音声の形式を自由に変換することができます。 ほぼ全てのフォーマットに対応できて、高速かつ高画質で変換できます。 さらに動画のトリミング、クロップ、回転や反転、透かしやエフェクトの追加、再生スピードの調整などの操作を行うことが可能です。 スローモーション動画の作り方は下の通りです。 のサイトに入って、「ファイルを選択して起動」をクリックして動画を追加します。 鉛筆型アイコンをクリックして編集パネルに入ります。 一番下の「再生速度」でスピードのパーセントを選択した後で「OK」をクリックします。 「形式」をクリックして出力フォーマットを選んでから、「変換」をクリックして保存します。 VideoPad は動画編集機能が揃っているソフトです。 基本的な機能はもちろん、美しい切り替え効果や多彩なエフェクト、ナレーションの録音、効果音やBGMのダウンロード、手振れ修正、GIFアニメの作成などの機能もあります。 動画の速度を遅く再生する手順は下にあります。 ソフトを実行して「開く」をクリックして動画をインポートします。 「動画エフェクト」の右の三角アイコンをクリックしたらエフェクトの編集パネルがポップアップされます。 右下にある「速度変更」をクリックして、ポップアップしたウィンドウの「スピード」の右のボックスで、必要に応じて100以内の数字を入力していいです。 終わったら「設定」をクリックします。 プレビューしてOKだったら「ファイル」>「動画をエクスポート」をクリックして出力します。 まとめ 上述した4つのソフトは動画の再生スピードを遅くするだけでなく、倍速することも可能です。 動画を細かく編集する必要がなければ動画変換マスターとフリーオンライン動画兼音声変換ソフトをおすすめします。 自分で動画を編集したければApowerEditとVideoPadをおすすめします。

次の

Windwos10「フォト」動画編集〜倍速・スローして保存する方法

動画 を スロー に する 方法

特定の場面(左下から出てくる犬が、茶色の犬と交差する場面)にスーパースローをかけた例• (編集された動画は、H. 尚、動画に複数の音声トラックが含まれる場合、音声トラック 1 以外は削除されるので注意。 加えて、動画に字幕トラックが含まれる場合、すべての字幕トラックが削除されるので注意が必要。 スローにしたい場面を専用のポインターで指定するだけで、該当の場面を• 25 倍速)にできる場合もある模様。 (スーパースローをかけた場面は、ほぼ無音になる) スローモーションにする場面を複数指定したりすることはできませんが、難しい知識不要で簡単に使うことが可能となっています。 動画内の特定場面を目立たせたい時や、動画にアクセントを付けたい時... などに便利。 尚、動画保存時には、動画内の特定場面のみを切り出して保存することも可能となっています。

次の