お ひつじ 座。 2020年下半期おひつじ座の運勢

笹生那実の はみだしひつじ小屋

お ひつじ 座

双子座の女性の性格は、プライドが高くなかなか心の中を見せてはくれません。 完璧主義でもあるので人の力を借りたり、助けてほしいと言いません。 その為に近寄りがたい雰囲気をまとっています。 間違ったことや人に迷惑をかけることをとても嫌がるので、そういうタイプの人とはあまり関わろうとはしません。 双子座の女性は恋愛に対してもクールで感情を出しません。 恋愛をしたくない訳ではありません。 心の中は好きな男性のことでいっぱいです。 でも双子座の女性から告白したり、アプローチすることはなく待つタイプです。 ミステリアスな雰囲気は周りの男性の興味をひいているのです。 ミステリアスでプライドの高い双子座さんの性格をもっと詳しくみていきましょう。 相性も知りたい人は次の記事を参考にしてみて下さい。 牡羊座の女性は裏表のない性格で人につくすタイプです。 牡羊座の女性はとにかく人に喜んでもらえることに喜びを感じるので、自分のことは後回しにして人の為に行動しています。 落ち着いた性格のようにみえますが実は行動的で積極的なのです。 積極的すぎて周りの人を振り回してしまう時があるようです。 牡羊座の女性は恋愛に対しても素直です。 裏表のない性格が恋愛でも表れるので、相手に気持ちが伝わりやすいようです。 好きになると自分から行動して追いかけるタイプなので、相手の男性も好意をもっている時はすぐに恋人になれるでしょう。 牡羊座の女性は好きになるととても一途で、相手につくし大事に恋を育てます。 牡羊座と双子座は相性が良い組み合わせだといわれています。 恋愛運や仕事運も一緒にみていきましょう。 次の記事も楽しんでみて下さい。

次の

【2020年(令和2年)恋愛運】牡羊座(おひつじ座):仕事のステップアップが上質な恋愛を引き寄せる年

お ひつじ 座

「賢いね」と褒めるより 「よくがんばったね」と褒める方がよい という話があります。 子育てをする上で、 持って生まれた能力や長所を褒めるのではなく、 その子が努力したという事実や、 成し遂げたことについて褒めると、 意欲が増すというのです。 これは、ほめ言葉をエサのようにした 「条件付け」ではないだろうと思います。 私たちは幼い頃から無意識に 「自分はこういう人間だ」 という「セルフイメージ」を抱きます。 これはいわば「アイデンティティ」に近いものです。 「アイデンティティ」は、たとえば 「日本人である」とか 「1990年代生まれである」など、 持って生まれた条件で創られることもあります。 そして何より、 「人からこう言われた」という記憶が 「セルフイメージ」の材料となります。 ほめ言葉も、けなす言葉も、 みんな「自分」のイメージに入り込みます。 もちろん、 時間の流れとたくさんの経験のなかで 忘れ去られる言葉もたくさんあります。 でも、ごく幼い頃に言われた言葉がそのまま 「自分はこういう人間なのだ」 という認識の土台として 死ぬまでのこり続けることは、 よくあることなのです。 もし、幼い頃から 土地や所属ではなく、 主に「頑張ったこと」「達成したこと」を評価されてきたなら、 「アイデンティティ」や「セルフイメージ」もまた、 「なしとげたこと」「がんばったこと」で 構成されていくのではないでしょうか。 年齢をかさねてからも、 大きな仕事をしたり、 長期間海外に滞在したり、 勲章やメダルをもらったりすると それがすぐ、 「アイデンティティ」や「セルフイメージ」に組み込まれます。 受賞歴や滞在国などのわかりやすい固有名詞がなくとも 「フルマラソンを走れるようになった」 「20人のチームのマネジメントをこなせるようになった」 「苦手だった料理ができるようになった」 など、 達成したこと、経験したことが 自分のアイデンティティに入ってきたとき、 人生の方向性もまた、変化し始めます。 「出来たこと」が「自分」に流れ込むと、 そこに新しい可能性が生まれ、 スタートラインが引かれることになるのです。 「人生」のスタートラインには、 「自分」があります。 少なくとも星占いでは 「スタート」と「自分」は、 同じ場所に、重なり合っています。 「自分はこういう人間だ」という認識、 つまり「セルフイメージ」「アイデンティティ」は、 星占いでは「人生の出発点」なのです。 自分が何者か、ということが 未来を目指して一歩を踏み出すときの、 目に見えない原動力なのです。 あるいは、 「自分は何者なのか」 という謎が、 新しい世界に踏み出すきっかけとなることもあります。 2020年、牡羊座の世界では、 「自分自身」と 「なしとげたこと」とが、 両方、これでもか! というほど、 ぐりぐりに強調されています。 つまり、 「ここまでに成し遂げたこと」が、 どんどん「アイデンティティ」に流れこみ、 「自分」が強化・刷新されるのです。 ここで言う「なしとげたこと」の内容は、 昨日今日のことではありません。 2008年頃からの取り組みかもしれませんし、 2017年の終わり頃からの取り組みかもしれませんし、 2019年から2020年いっぱいに跨がる、 一連の活動なのかもしれません。 あるいは、それらが重なり合って、 2020年という時間でいちばん大きな高まりを見せ、 その高まりの膨大な輝きが、 ドカーンと「自分」に流れ込んでくる! というようなことなのかもしれません。 海にマグマが盛り上がって、 新しい島が生まれるように、 「自分」という存在の明確な拡大を体験する人もいるでしょう。 この「自分」の感覚の拡大は、 決して「自意識過剰」といった、 幻影のようなモノではありません。 実質的な取り組み、野心に向かって進んできた実績、 ずっと歩き続けてたどり着いた場所、 というように、 かたちある、誰からも見えるものが、 あなたの生き方を新しい形で、 下から押し上げてくれることになるのです。 2020年はそういう意味で、 「ゴール」の年であると同時に、 「スタート」が準備される年でもあります。 「やってきたこと」の成果が 「自分」に流れ込んで、 新たな始まりの下地が整います。 「新たな始まり」がいつになるのか、 ということについては、おそらく、 2021年から2023年の中で訪れるはずです。 遠出する人が多いでしょう。 勉強も非常に捗る時期です。 ガンガン動いて行動範囲を拡大できます。 この時期に学んだことはすぐ、 「実地」で活かせます。 2月半ばから3月はごく忙しい時期で、 ガンガン勝負に出られます。 2019年から準備してきたプロジェクトに ドバーンとつっこんで行くことになるでしょう。 ただ、3月半ばまでは、 全体に勢いは強いのですが、 細部が甘くなりがちなところもあります。 「何か適当になりそうだな…」と思ったら、 3月半ばくらいまで少し時間をおくと、 しゃっきり着地できそうです。 3月から4月頭は、経済面で嬉しいことも多いでしょう。 「実入りがいい」時期となっています。 4月から5月半ばは人間関係がぐっと拡大します。 コミュニケーションの範囲が広がり、 かつてなく色々な人と交流できそうです。 身近な人から目上の人、高嶺の花まで、 境目なくどんどん関わりを生み出せます。 5月半ばから7月前半は、 懐かしい「再会」があるかもしれません。 また、一つのことを何度もやりなおしたり、 同じことを何度も議論したりすることになる気配もあります。 これは決して無駄なことではなく、 とても大事な事です。 時間を遡り、関わりを掘り下げ、 場合によっては一番深い場所まで 「心の階段」を降りて行って、 とても大切な宝物を見いだすことが出来ます。 そして6月末以降、 年明けに跨がって、 牡羊座の人々にとってもっとも華やかな、 熱い時間がやってきます。 あなたの星座の王様である火星が、 この間、あなたの元に「帰還」するのです。 意欲と情熱がわき上がり、 大勝負に臨めます。 自分を変えたい、という思いを抱いている人には、 この時期は大チャンスのタイミングです。 肉体改造からコンプレックスの解消まで、 あらゆる事を試し、 概ね、成功をおさめられるはずです。 8月から9月頭は、 家族との時間がとても大切なものになりそうです。 勝負の中でも「味方」に守られる喜びを感じられます。 9月から10月頭は、 非常にクリエイティブな時間となります。 やりたいことに思いきり取り組んで、 素敵な結果を出せるでしょう。 遊びもとても楽しい時期です。 10月から11月は、人間関係が盛り上がります。 失った関わりが「再生」するような場面もありそうです。 また、「勝負」に有力な助っ人が現れる気配も。 12月は、星座を問わず 「特別な星の時間」となっています。 未来への扉がまったく新しい形で開くような、 約20年に一度の、特別な節目です。 牡羊座の人にとっては特に、 新しいチームを作ったり、 新しい「場」に身を置いたり、 新しい夢を追いかけ始めたりするタイミングとなるかもしれません。 転職などで、新しい仲間に出会う人もいるでしょう。 年末は、今年1年に成し遂げたことを、 皆で分かち合える、 幸福で賑やかな時間となりそうです。 一つは 「たくさん話すこと・言葉にすること」。 もう一つは 「セルフイメージの刷新」です。 愛の世界では 「言葉にしないとわからないこと」 が、たくさんあります。 また、ふとした言葉をきっかけに、 いきなり愛が始まる! ということもあります。 決して「言葉が全て」ではありませんが、 その一方で 「言葉の魔法」が、 愛を産み育てることがよくあるのです。 2020年、特に4月から8月上旬にかけては、 牡羊座の愛を動かす強力な「言葉」があります。 「セルフイメージの刷新」も、 愛の世界に強いインパクトを与えるでしょう。 「自分はこういう人間だ」 というイメージが根本的に変わると、 人へのアプローチや愛情表現の形も 様変わりしていく可能性があるからです。 たとえば、 「自分はこういう人間だから、 こういうアプローチは似合わない」 といった思い込みから脱出したとき、 新しい愛に出会えるのかもしれません。 他には、 幼なじみや兄弟姉妹がキューピッドとなってくれる気配もありますし、 母校を訪ねたり、学びの場に出向いたり、 小旅行に出かけたりすることも、 愛の呼び水となるかもしれません。 愛に強い追い風が吹くのは、 2月から3月頭、7月下旬から8月、 9月から10月頭、 10月末から11月半ばです。 2月半ば、4月上旬、8月後半、 10月頭などにも、 大事な愛の転機が訪れそうです。 人と自分を比べて定義しようとしたり、 全体の中で自分がどの辺りなのかを 執拗に気にしたりは、しません。 外界にある物差しを自分にあててあれこれ考える、 という態度は、 牡羊座の人の発想の中には、 ほとんどないのです。 これは、牡羊座の人が客観的でない、 ということではありません。 物事を客観視することは、 牡羊座の人々は寧ろ、得意です。 でも、こと 「セルフイメージ」「アイデンティティ」 を設定するにあたっては、 他人の眼差しは必要ないのです。 ゆえに、牡羊座の人々は 「自分はこういう人間である」 ということを、 あまり、言葉で語りません。 「自分という存在を、他者に解るように言葉で表現する」 ということの客観性を、 必要としていないからです。 ですが、2020年は時々、 「自分」を言葉にして語る場面がありそうです。 これは、自己アピールとか、 自分語りということではなく、 敢えて自らを言葉で語ることによって、 「解り合える仲間が増える」 ということなのだと思います。 自己開示をし、思いを伝え、 自分が自分をどう思っているかを語る中で、 自分もまた、自分自身を新たに発見できます。 自分を発見したとき、 私たちはその体験を元に、 新たに「他者」を発見することが出来ます。 「自分の中に、こんな思いがあったのだ!」 という驚きは、 しばらくして、 「あの人の中にも、 こういう思いがあるかもしれない」 という想像力に熟成してゆきます。 2020年の牡羊座の世界の「言葉」には、 そうした発見がたくさん詰まっています。 何かを達成し、 達成したことがアイデンティティを更新する2020年、 あなたには、語るべきことが山ほどあるはずです。 思いを語ること、自らを語ること。 語る中でまた、 新たに語るべきことに出会えます。 そしてその先に、 新しい人々との深い出会いが待っています。 2020年は、そんな「未来への扉」が 新たに見つかる年となるはずです。

次の

牡羊座と双子座の相性|男性・女性・ABO血液型別の相性も【2019年】

お ひつじ 座

「賢いね」と褒めるより 「よくがんばったね」と褒める方がよい という話があります。 子育てをする上で、 持って生まれた能力や長所を褒めるのではなく、 その子が努力したという事実や、 成し遂げたことについて褒めると、 意欲が増すというのです。 これは、ほめ言葉をエサのようにした 「条件付け」ではないだろうと思います。 私たちは幼い頃から無意識に 「自分はこういう人間だ」 という「セルフイメージ」を抱きます。 これはいわば「アイデンティティ」に近いものです。 「アイデンティティ」は、たとえば 「日本人である」とか 「1990年代生まれである」など、 持って生まれた条件で創られることもあります。 そして何より、 「人からこう言われた」という記憶が 「セルフイメージ」の材料となります。 ほめ言葉も、けなす言葉も、 みんな「自分」のイメージに入り込みます。 もちろん、 時間の流れとたくさんの経験のなかで 忘れ去られる言葉もたくさんあります。 でも、ごく幼い頃に言われた言葉がそのまま 「自分はこういう人間なのだ」 という認識の土台として 死ぬまでのこり続けることは、 よくあることなのです。 もし、幼い頃から 土地や所属ではなく、 主に「頑張ったこと」「達成したこと」を評価されてきたなら、 「アイデンティティ」や「セルフイメージ」もまた、 「なしとげたこと」「がんばったこと」で 構成されていくのではないでしょうか。 年齢をかさねてからも、 大きな仕事をしたり、 長期間海外に滞在したり、 勲章やメダルをもらったりすると それがすぐ、 「アイデンティティ」や「セルフイメージ」に組み込まれます。 受賞歴や滞在国などのわかりやすい固有名詞がなくとも 「フルマラソンを走れるようになった」 「20人のチームのマネジメントをこなせるようになった」 「苦手だった料理ができるようになった」 など、 達成したこと、経験したことが 自分のアイデンティティに入ってきたとき、 人生の方向性もまた、変化し始めます。 「出来たこと」が「自分」に流れ込むと、 そこに新しい可能性が生まれ、 スタートラインが引かれることになるのです。 「人生」のスタートラインには、 「自分」があります。 少なくとも星占いでは 「スタート」と「自分」は、 同じ場所に、重なり合っています。 「自分はこういう人間だ」という認識、 つまり「セルフイメージ」「アイデンティティ」は、 星占いでは「人生の出発点」なのです。 自分が何者か、ということが 未来を目指して一歩を踏み出すときの、 目に見えない原動力なのです。 あるいは、 「自分は何者なのか」 という謎が、 新しい世界に踏み出すきっかけとなることもあります。 2020年、牡羊座の世界では、 「自分自身」と 「なしとげたこと」とが、 両方、これでもか! というほど、 ぐりぐりに強調されています。 つまり、 「ここまでに成し遂げたこと」が、 どんどん「アイデンティティ」に流れこみ、 「自分」が強化・刷新されるのです。 ここで言う「なしとげたこと」の内容は、 昨日今日のことではありません。 2008年頃からの取り組みかもしれませんし、 2017年の終わり頃からの取り組みかもしれませんし、 2019年から2020年いっぱいに跨がる、 一連の活動なのかもしれません。 あるいは、それらが重なり合って、 2020年という時間でいちばん大きな高まりを見せ、 その高まりの膨大な輝きが、 ドカーンと「自分」に流れ込んでくる! というようなことなのかもしれません。 海にマグマが盛り上がって、 新しい島が生まれるように、 「自分」という存在の明確な拡大を体験する人もいるでしょう。 この「自分」の感覚の拡大は、 決して「自意識過剰」といった、 幻影のようなモノではありません。 実質的な取り組み、野心に向かって進んできた実績、 ずっと歩き続けてたどり着いた場所、 というように、 かたちある、誰からも見えるものが、 あなたの生き方を新しい形で、 下から押し上げてくれることになるのです。 2020年はそういう意味で、 「ゴール」の年であると同時に、 「スタート」が準備される年でもあります。 「やってきたこと」の成果が 「自分」に流れ込んで、 新たな始まりの下地が整います。 「新たな始まり」がいつになるのか、 ということについては、おそらく、 2021年から2023年の中で訪れるはずです。 遠出する人が多いでしょう。 勉強も非常に捗る時期です。 ガンガン動いて行動範囲を拡大できます。 この時期に学んだことはすぐ、 「実地」で活かせます。 2月半ばから3月はごく忙しい時期で、 ガンガン勝負に出られます。 2019年から準備してきたプロジェクトに ドバーンとつっこんで行くことになるでしょう。 ただ、3月半ばまでは、 全体に勢いは強いのですが、 細部が甘くなりがちなところもあります。 「何か適当になりそうだな…」と思ったら、 3月半ばくらいまで少し時間をおくと、 しゃっきり着地できそうです。 3月から4月頭は、経済面で嬉しいことも多いでしょう。 「実入りがいい」時期となっています。 4月から5月半ばは人間関係がぐっと拡大します。 コミュニケーションの範囲が広がり、 かつてなく色々な人と交流できそうです。 身近な人から目上の人、高嶺の花まで、 境目なくどんどん関わりを生み出せます。 5月半ばから7月前半は、 懐かしい「再会」があるかもしれません。 また、一つのことを何度もやりなおしたり、 同じことを何度も議論したりすることになる気配もあります。 これは決して無駄なことではなく、 とても大事な事です。 時間を遡り、関わりを掘り下げ、 場合によっては一番深い場所まで 「心の階段」を降りて行って、 とても大切な宝物を見いだすことが出来ます。 そして6月末以降、 年明けに跨がって、 牡羊座の人々にとってもっとも華やかな、 熱い時間がやってきます。 あなたの星座の王様である火星が、 この間、あなたの元に「帰還」するのです。 意欲と情熱がわき上がり、 大勝負に臨めます。 自分を変えたい、という思いを抱いている人には、 この時期は大チャンスのタイミングです。 肉体改造からコンプレックスの解消まで、 あらゆる事を試し、 概ね、成功をおさめられるはずです。 8月から9月頭は、 家族との時間がとても大切なものになりそうです。 勝負の中でも「味方」に守られる喜びを感じられます。 9月から10月頭は、 非常にクリエイティブな時間となります。 やりたいことに思いきり取り組んで、 素敵な結果を出せるでしょう。 遊びもとても楽しい時期です。 10月から11月は、人間関係が盛り上がります。 失った関わりが「再生」するような場面もありそうです。 また、「勝負」に有力な助っ人が現れる気配も。 12月は、星座を問わず 「特別な星の時間」となっています。 未来への扉がまったく新しい形で開くような、 約20年に一度の、特別な節目です。 牡羊座の人にとっては特に、 新しいチームを作ったり、 新しい「場」に身を置いたり、 新しい夢を追いかけ始めたりするタイミングとなるかもしれません。 転職などで、新しい仲間に出会う人もいるでしょう。 年末は、今年1年に成し遂げたことを、 皆で分かち合える、 幸福で賑やかな時間となりそうです。 一つは 「たくさん話すこと・言葉にすること」。 もう一つは 「セルフイメージの刷新」です。 愛の世界では 「言葉にしないとわからないこと」 が、たくさんあります。 また、ふとした言葉をきっかけに、 いきなり愛が始まる! ということもあります。 決して「言葉が全て」ではありませんが、 その一方で 「言葉の魔法」が、 愛を産み育てることがよくあるのです。 2020年、特に4月から8月上旬にかけては、 牡羊座の愛を動かす強力な「言葉」があります。 「セルフイメージの刷新」も、 愛の世界に強いインパクトを与えるでしょう。 「自分はこういう人間だ」 というイメージが根本的に変わると、 人へのアプローチや愛情表現の形も 様変わりしていく可能性があるからです。 たとえば、 「自分はこういう人間だから、 こういうアプローチは似合わない」 といった思い込みから脱出したとき、 新しい愛に出会えるのかもしれません。 他には、 幼なじみや兄弟姉妹がキューピッドとなってくれる気配もありますし、 母校を訪ねたり、学びの場に出向いたり、 小旅行に出かけたりすることも、 愛の呼び水となるかもしれません。 愛に強い追い風が吹くのは、 2月から3月頭、7月下旬から8月、 9月から10月頭、 10月末から11月半ばです。 2月半ば、4月上旬、8月後半、 10月頭などにも、 大事な愛の転機が訪れそうです。 人と自分を比べて定義しようとしたり、 全体の中で自分がどの辺りなのかを 執拗に気にしたりは、しません。 外界にある物差しを自分にあててあれこれ考える、 という態度は、 牡羊座の人の発想の中には、 ほとんどないのです。 これは、牡羊座の人が客観的でない、 ということではありません。 物事を客観視することは、 牡羊座の人々は寧ろ、得意です。 でも、こと 「セルフイメージ」「アイデンティティ」 を設定するにあたっては、 他人の眼差しは必要ないのです。 ゆえに、牡羊座の人々は 「自分はこういう人間である」 ということを、 あまり、言葉で語りません。 「自分という存在を、他者に解るように言葉で表現する」 ということの客観性を、 必要としていないからです。 ですが、2020年は時々、 「自分」を言葉にして語る場面がありそうです。 これは、自己アピールとか、 自分語りということではなく、 敢えて自らを言葉で語ることによって、 「解り合える仲間が増える」 ということなのだと思います。 自己開示をし、思いを伝え、 自分が自分をどう思っているかを語る中で、 自分もまた、自分自身を新たに発見できます。 自分を発見したとき、 私たちはその体験を元に、 新たに「他者」を発見することが出来ます。 「自分の中に、こんな思いがあったのだ!」 という驚きは、 しばらくして、 「あの人の中にも、 こういう思いがあるかもしれない」 という想像力に熟成してゆきます。 2020年の牡羊座の世界の「言葉」には、 そうした発見がたくさん詰まっています。 何かを達成し、 達成したことがアイデンティティを更新する2020年、 あなたには、語るべきことが山ほどあるはずです。 思いを語ること、自らを語ること。 語る中でまた、 新たに語るべきことに出会えます。 そしてその先に、 新しい人々との深い出会いが待っています。 2020年は、そんな「未来への扉」が 新たに見つかる年となるはずです。

次の