パリ サンジェルマン 背 番号。 パリ・サンジェルマンとは (パリサンジェルマンとは) [単語記事]

チアゴ・シウバはパリ・サンジェルマンでどうして背番号2なのですか?

パリ サンジェルマン 背 番号

パリ・サンジェルマン( -, )とは、のに所属するである。 本拠地はのでもある。 スタジアムはパルク・デ・ス。 概要 にとスタッド・サン=マンの2が合併し創設。 11-12に内戦であるプ・ドゥ・で初、初要を獲得。 15-16には戦で。 創設15年にして制覇という快挙を成し遂げた。 には豊富な資で選手を獲得し、19-19には2度の。 には当時所属していた・ウェアがを受賞した。 近年は低迷していたが、の投資会社の買収により満に変貌し的な選手を多く獲得。 では敵しの状態となっている。 のとして屈のであり、内では2番にのである。 ちなみに1番のとはしい関係にあり、両の対戦は「ル・ィク」と呼ばれる。 現在所属している選手• 1 ・ドゥシェ• 16 ・メニャン• ・シリグ• ー・ディアウ• 2 DF ()• 5 DF マルニョス• 6 DF ズ・カ• DF マクェル• DF ・ディーニュ• DF ・・デル・ヴィール• 4 ヨ・キャェ• 8 チ・モッタ (副)• 14 ブレーズ・マテュイディ• 24 ・ヴェッラッ• ア・オ• 27 ハビ・• 9 FW• 15 FW ・トフ・バエ• 7 FW ・ レンタルで加入している選手• ムスタ・ダレブ(-)• サフェト・ッチ(12-19)• ・エムボマ(-19, 19-19, 19-19)• ・ウェア(19-19)• ・(19-19)• ル・タ(-2002)• (2-2003)• ドゥ・サコー(2-3)• ・マケレレ(-1)• (3) 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

ネイマールの背番号を歴代で振り返る!パリやバルセロナの他、ブラジル代表も!

パリ サンジェルマン 背 番号

概要 [ ] 1970年8月12日、と ()が合併して創設された。 1974年以来(1部、旧ディヴィジョン・アン)に在籍し続けている。 リーグ・アンで3回、で8回、で7回、で2回優勝しており、フランスで成功を収めているクラブのひとつである。 1995-96シーズンにはで優勝している。 ヨーロッパの主要大会でのタイトル獲得経験があるフランスのクラブは、PSGとの2クラブのみである。 1994年には IFFHS の1位に選出され、1998年にはUEFAクラブランキングで1位となった。 PSGはこれらの称号を持つフランス唯一のクラブである。 2012年は、IFFHSでは16位、UEFAクラブランキングでは46位にランクインしている。 サポーターの愛称は サンジェリスタ。 1973年以来、48,712人収容のをホームスタジアムとしている。 1974年以来、を練習施設として使用している。 1975年以来、パルク・デ・プランスを開催地としてを主催している。 マルセイユに対して激しいライバル意識を抱いており、両者の対戦はと呼ばれる。 ライバルのマルセイユに次いで、フランスで2番目にサポーター数が多いクラブである。 2011-12シーズンの平均観客数は42,892人であり、リーグ・アン最多だった。 最も一般的なスローガンは「Ici c'est Paris」(ここがパリだ)である。 クラブのエンブレムは青色を基調とし、中央部分にはパリのシンボルであるが赤色で描かれている。 現在のモデル(8代目)は2013年にデザインされたものであり、それまで塔の足下に置かれていたの白色の揺りかごが姿を消した。 1974年から1978年まではファッションデザイナーのが会長を務め、ユニフォームはエシュテルによってデザインされた。 シャツは紺色をベースとし、白色で縁取られた赤色の縦線が中央部に入っている。 特徴的な太い一本線を持っていた(オランダ)のユニフォームを参考にデザインされた。 女子チーム()は1991年から存在する。 (俳優)、(歌手)、や(バスケットボール選手)、(第23代フランス大統領)などがパリ・サンジェルマンのファンとして知られている。 1月、世界最大のである『』の調査によると、2012-13シーズンのクラブ収入は3億9880万ユーロであり、、、、に次ぐ世界5位である。 2016年3月13日、4年連続6度目のリーグ優勝が決まり、史上最速優勝であった。 歴史 [ ] パルク・デ・プランスにあるトロフィー壁 1970年代 [ ] ヨーロッパや南米のサッカークラブは、総合スポーツクラブの一部門として誕生したクラブが多いが、パリ・サンジェルマンの創設過程はこれらのクラブとは異なる。 パリに本拠地を置くサッカークラブとしては1896年創立のがあった が、1967年にリーグから脱退してプロサッカー部門を撤収した。 1970年8月12日、とが合併し、 () を創設者兼初代会長としてパリ・サンジェルマンFCが設立された。 設立時にはなどパリ出身の著名人も出資している。 しかし、を本拠地としたパリ・サンジェルマンFCに対してパリ市が資金援助を渋ったため、パリ・サンジェルマンFCはアマチュアクラブとして、パリFCはプロクラブとして2クラブが併存した。 しかし、パリ・サンジェルマンFCはパリ社交界の著名人を味方につけて急成長し、1973年には(1部、現リーグ・アン)に到達した。 同時期にはパリFCが衰退したため、パリ・サンジェルマンFCはそれまでパリFCが使用していたにホームスタジアムを変更し、1970年代末までには躍進の土台となる足元を固めた。 1980年代 [ ] 1981-82シーズンにで優勝し、クラブ初の主要タイトルを獲得した。 1982-83シーズンには同大会で2連覇を果たした。 1985-86シーズンにはディヴィジョン・アンで初優勝し、ヨーロッパの舞台へと飛び出した。 1990年代 [ ] 1991年5月、有料テレビ局のによって買収された。 1992年にはのやのを獲得。 1993年には、前年にでを制していたのを獲得。 1993-94シーズンには2度目のリーグ優勝を果たし、ウェアは1995年にを受賞した。 カメルーンのも2度に渡って在籍したが、出場機会に恵まれなかった。 1992年から1998年の間にはで2回決勝に進出し、1995-96シーズンに優勝した。 でも1回準決勝に進出し、では2回準決勝に進出した。 国内大会に目を向けても満足のいく成績を残し、1990年代にはクープ・ドゥ・フランスで3回優勝、クープ・ドゥ・ラ・リーグとトロフェ・デ・シャンピオンで2回ずつ優勝を果たした。 1995-96シーズンにはが柱となってを獲得。 このシーズンにはを擁するがで準優勝し、がでベスト4に入るなど、その後のフランス代表チームの活躍を予感させる年であった。 後に、フランス代表は、で優勝を飾っている。 1996-97シーズンは、をインテルへ放出。 の影響を受けたが、この年に加入したの活躍やの復調などで戦力低下は免れた。 決勝進出するもバルセロナ相手に敗れて準優勝。 1997-98シーズンは、レオナルドをへ放出したが、逆にミランからを獲得。 リーグでは低迷するもカップ2冠を達成。 1998-99シーズンは、、らが加入したが、新戦力が相次いで期待を裏切り、リーグ、カップ共に低迷した。 1999-2000シーズンは、オコチャをボランチにコンバートしたことでチームのバランスが修復される。 リーグでは2位に入ってUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得。 2000年代 [ ] 2000年にからを獲得。 2001年には(ブラジル)からを獲得した。 ロナウジーニョは2003年まで在籍し、移籍金3000万ユーロで(スペイン)に移籍した。 2003年には移籍金1200万ユーロでのを獲得。 パウレタは2008年まで在籍し、2度のリーグ得点王に輝くなど、クラブ通算100得点を達成した。 2000年代前半に獲得したタイトルはわずかひとつ(2003-04シーズンのクープ・ドゥ・フランス)。 なお、同年にはがメインスポンサーとなり、2008年にはスポンサー契約を2014年まで更新している。 2006-07シーズンは残留争いに加わって15位に終わり、いずれのカップ戦でも決勝に進めなかった。 2007-08シーズンも16位に終わったが、カップ戦では健闘した。 クープ・ドゥ・ラ・リーグを制し、クープ・ドゥ・フランスでは決勝に進出したが、リーグ王者のに敗れて準優勝に終わった。 2008-09シーズンは優勝争いに絡んだが、欧州カップ戦出場権を逃す6位に終わった。 2009-10シーズンにはクープ・ドゥ・フランスで8回目の優勝を飾ったが、このシーズンには女子チームも同大会で優勝した。 同一クラブの男女チームがクープ・ドゥ・フランスを独占するのはフランス史上初だった。 カタールの皇太子(現)の友人の ()が会長に就任し、数年間で1億ユーロもの移籍金をチーム強化のために移籍市場に投じることを示唆した。 QSIによる買収で、パリ・サンジェルマンはフランスのみならず世界でもっとも裕福なクラブのひとつとなった。 かつて選手として在籍し、で監督を務めていたをスポーツ・ディレクターとして抜擢。 2011年夏には8000万ユーロ近くを投じ、の、の、フランスのや、のといった実力者を獲得した。 特にパストーレ獲得の際には、リーグ・アン史上最高額の移籍金4200万ユーロを(イタリア)に支払った。 2011年12月にはリーグ首位に立っていたが、監督を解任し、(イタリア)や(イングランド)でタイトルを獲得したを監督に招聘。 2012年1月の移籍市場ではや、ら実力者を獲得し、結局はに優勝をさらわれて2位に甘んじたものの、8シーズンぶりとなる好成績を収めた。 2012年夏には1億5000万ユーロ(約180億円)を投じ、(イタリア)からを、ACミランからブラジル代表のやのといったビッグネームを獲得した。 特に、チアゴ・シウバはディフェンダー史上2番目に高額な4200万ユーロの移籍金で獲得した。 8年ぶりに出場したCLでは準々決勝でにアウェーゴール差の僅差で敗れた。 リーグ戦では開幕から好調を維持し19年ぶり3度目の優勝を果たした。 2012-13シーズン終了後、アンチェロッティが退任し、前フランス代表監督のを招聘した。 選手では、SSCナポリのFW、LOSCリールのDF、ASローマのDFを獲得、約1億1000万ユーロを市場に投下し、積極的に補強計画を進めている。 特にカバーニはリーグアン史上最高額の移籍金6500万ユーロ、マルキーニョスは10代のDFとして破格の移籍金3000万ユーロである。 クープ・ドゥ・フランスでは10回戦で2011-12シーズンにリーグ優勝を攫われたモンペリエに敗れたものの、クープ・ドゥ・ラ・リーグでは2007-08シーズン以来6シーズンぶりの優勝を果たした。 チャンピオンズリーグでは準々決勝でに3-3ながらアウェーゴールの差で敗れベスト8。 リーグ戦では昇格1年目ながら、総額で1億4000万ユーロの莫大な資金を投じや等を補強したの抵抗にあったが、2年連続4度目のリーグ優勝。 2014年5月10日、第37節の試合が行われ、3-1でに勝利した。 この勝利で、2006年にが樹立したシーズン最多勝ち点84を上回り、最終節のモンペリエ戦も勝利したのでリーグ新記録の勝ち点89を樹立した。 またイブラヒモビッチが2年続けて2位に10ゴールの大差をつけて得点王になった。 2014-15シーズンはとの開幕戦に引き分けると、やといった格下相手に引き分けて勝ち点を取り零す不安定な戦いが続いた。 更にのに引っ掛かった影響でチーム強化に使える予算が6000万ユーロに制限された事で思いの外補強が出来ず、チアゴ・シウバや新戦力で6000万ユーロの大半にあたる4950万ユーロを補強に充てたらのブラジル代表メンバーがワールドカップ準決勝でドイツに1-7という衝撃的な大差で敗れた事へのトラウマに苛まれた。 また、イブラヒモビッチの影響で右ウィングでの起用に不満を訴えるカバーニも冴えないパフォーマンスに終始する等、主力の不調やリヨンやマルセイユの大躍進によりなかなか首位に立てず、一時はブランの解任騒動にまで発展した。 そうした中で、一撃必殺のスルーパスに超絶技巧を武器とするパストーレの活躍を皮切りに、怪我や出場停止で最終的に24試合の出場ながらも19ゴールを挙げたイブラヒモビッチら主力もチームも徐々に復調。 では昨年敗れたチェルシーとベスト16で対戦し、ブラジル代表センターバック2人の活躍で劇的な展開で勝利しながらも、準々決勝でグループステージでも対戦したに敗れた。 直後のリーグ戦で第30節の戦から8連勝で突っ走り3年連続5回目のリーグ制覇。 他にクープ・ドゥ・フランスは9回戦で2011-12シーズンのリーグ王者・モンペリエ、10回戦で2008-09シーズンのリーグ王者・、11回戦で7度の優勝を誇る、準々決勝で昨年優勝を争ったモナコ、準決勝ではリーグ・アン最多10回の優勝を誇る、決勝は準々決勝までは3部のチームや同じのチームを倒し、準決勝でリーグ・アンのを倒したと難敵を次々に倒し5年ぶり9回目の優勝。 クープ・ドゥ・ラ・リーグは2011-12シーズンのリーグ・アン王者・リールを準決勝で倒し決勝でバスチアに4-0で快勝。 2年連続5回目の優勝を果たし、フランス史上初となる国内三冠。 2014-15シーズンの開幕節の前に中立地で一発勝負を行うもを倒しているので、こちらもフランス史上初の 国内4冠も成し遂げた。 2015-16シーズンオフ前に2011-12シーズンにモンペリエのリーグ優勝を支えたや、からやってきたに加え、2013-14シーズンのカバーニに次ぐリーグアン史上歴代2位の6300万ユーロを投じてマンチェスター・ユナイテッドからを獲得。 2015-16シーズンはリーグ戦を無類の強さで独走し、2016年3月13日に8節を残して欧州サッカー史上最速で4シーズン連続のリーグ優勝を決定させた。 しかし最大目標と掲げていたチャンピオンズリーグではエースのイブラヒモビッチがインテルやミラン、バルサ時代から指摘されている チャンピオンズリーグでは輝けないというレッテルを剥がせず、4年連続でベスト8の壁を崩せなかった。 他にクープ・ドゥ・フランスは決勝でリール倒し2年連続10回目の優勝。 クープ・ドゥ・ラ・リーグは決勝でマルセイユに4-2で勝利。 3年連続6回目の優勝を果たし、2シーズン連続となる国内三冠。 2015-16シーズンの開幕節の前に中立地で一発勝負を行うトロフェ・デ・シャンピオンもリヨンを倒しているので、こちらも2シーズン連続となる 国内4冠も成し遂げた。 2016-17シーズンは、ブラン監督を解任し、を3冠に導いたを招聘した。 で復活を遂げたをフリーで獲得し、他にも、、を獲得したが、本来の[4-3-3]を土台にしたこれまでの流動的なスタイルからポジションチェンジを制限する[4-2-3-1]のシステムが上手く機能せず、またその[4-2-3-1]が選手に受け入れられず一部の選手の反発を招き、[4-3-3]に戻しても一度失った機能性は回復せず前半戦だけで4敗を喫し順位を落としていく。 冬の移籍市場では即戦力としてとを獲得。 [4-3-3]にフォーメーションを戻してからはトップの位置に入ったカバーニが35ゴールと孤軍奮闘し調子を取り戻して行くもののファルカオやらを擁するモナコにリーグタイトルを奪われる形となった。 チャンピオンズリーグでは因縁のバルセロナ相手に1stレグで4-0の大勝を挙げるも、敵地カンプ・ノウでの2ndレグで3-0(2戦合計4-3)となって後半17分に一度はカバーニのゴールであと3点必要な状況に追い込んだものの、勢いの止まらない MSN(、、)を止められずネイマールに終了間際の後半43分とアディショナルタイム1分に続け様に決められるとアディショナルタイムの5分にに決められ、1-6で敗れたことで2戦合計5-6と4-0からの大逆転劇を決められベスト16で敗退した。 クープ・ドゥ・ラ・リーグは決勝でモナコに4-1で勝利、クープ・ドゥ・フランスは準決勝でモナコを5-0とリーグ5連覇を逃した鬱憤を晴らし、決勝では2年前まではに所属し昨年9位だったに1-0で下しどちらのカップ戦も3連覇を達成した。 2017-18シーズンはとの契約を解除したをフリーで、バルセロナからを史上最高額の移籍金2億2200万ユーロで獲得した。 さらにライバルのモナコからキリアン・エムバペを買取オプションのついたレンタルの形で獲得した。 その余波を受け、、、、、、を放出した。 エムバペとカバーニとネイマールの前線トリオはそれぞれの頭文字をとって MCNと呼ばれ、期待された通りの爆発的な攻撃力によってチームを牽引しリーグ・アンの首位を独走。 チャンピオンズリーグでもグループステージで歴代最多得点記録となる25得点を記録し、を抑えて首位通過するなど史上初の優勝が期待されたが、前年王者との対決となったトーナメント初戦の戦では敵地の1stレグで先制するも逃げ切りに失敗して1-3と逆転負けし、逆転を狙ったホームの2ndレグでも、ネイマールを負傷で欠き、試合途中にが退場になるなどして優位に立てずに1-2で敗れ、合計スコア2-5で2年連続ベスト16で敗退した。 2018-19シーズンはを監督に招聘し、2年契約を締結した。 夏の移籍市場では、エムバペの買取オプションが行使し、をフリーで、から、バイエルン・ミュンヘンから、からを獲得した。 一方、、、、を放出、人員整理に努めた。 がクラブとの契約延長を拒否して干されてしまったが、トゥヘルはをボランチにコンバートし、ネイマールをトップ下に置いて4-2-3-1システムのフォーメーションを確立し、リーグでは首位を独走、UEFAチャンピオンズリーグも、と同居する「死のグループ」を首位通過した。 しかし、ネイマールとカバーニが負傷離脱すると、決勝トーナメント・ラウンド16のマンチェスター・ユナイテッド戦は1stレグこそアウェーで2-0で勝利するも、2ndレグでホームで1-3と敗戦。 2年前同様勝ち抜け率0%のスコアからの逆転突破を許し、3年連続でベスト16で敗退した。 2019-20シーズンは、アルフォンソ・アレオラとのトレードでレアル・マドリードから、ドルトムントから、セビージャから、から、フリーで、インテルからを獲得した。 その一方でラビオやダニエウ・アウベス、グレゴシュ・クリホビアク、ジオバニ・ロ・チェルソ、ヘセ・ロドリゲスらを放出した。 イカルディの加入で昨年の4-2-3-1のみならず4-4-2も可能になり、左MFにネイマール、前線でエムバペとイカルディ もしくはカバーニ の2トップ、右MFにディ・マリアが並ぶ豪華な攻撃陣は ファンタスティック・フォーとも呼ばれ 、リーグ戦では4試合連続4得点を記録した27節の終了時点で75得点と爆発的な攻撃力を誇って首位を快走。 CLでもグループステージではネイマールが最初の3試合出場停止 だったにもかかわらず、レアル・マドリードにホームで3-0、復帰後もアウェーで2-2と互角に渡り合い、首位通過を果たした。 によってリーグ・アンが中断されていたが、4月30日にリーグ・アンの打ち切りが発表され、中断時点までの1試合あたりの勝ち点によって算出された順位で1位となりリーグ優勝を果たした。 ライバル [ ] 2006年の決勝におけるPSGのサポーター (ザ・クラシックの意 、フランス・ダービーやル・クラシコとも呼ばれる) は、PSGとの間で行われるダービーマッチの名称である。 対戦の名称は、と(ともにスペイン)が対戦するに由来している。 PSGとマルセイユのライバル意識が1980年代後半から1990年代初頭にかけて激しさを増すと、有料テレビ局でPSGの元オーナー・とマルセイユの会長が両者の対立を煽り、フランス中のサッカーファンにとって興味深い試合に仕立て上げた。 両クラブは(マルセイユ)と PSG という世界クラスのスタジアムを持ち、白熱した雰囲気や熱烈なサポーターを持つことで名高い。 両クラブのサポーターは憎しみ合っており、両クラブサポーターの衝突を防ぐために万全の警備体制が敷かれるが、それでも両者が出会うと暴力事件に事欠かない。 それぞれの本拠地であるとは、フランスで最も大きな2都市である。 両クラブのタイトル数を合わせると、で11回優勝、で18回優勝、で7回優勝、で5回優勝している。 ヨーロッパの主要大会で優勝経験があるのは、PSG(1995-96シーズンの)とマルセイユ(1992-93シーズンの)のみである。 2000年代にが台頭するまで、両者がリーグ・アンの覇権を握っていた。 真に全国的なクラブであり、忠実で情熱的なファンクラブを持ち、ビッグゲームで特別な雰囲気を醸し出すのは、フランスではPSG、マルセイユ、の3クラブのみである。 所有物 [ ] スタジアム [ ] パルク・デ・プランス 前身クラブのひとつであるはのをホームスタジアムとしており、1970年にと合併してPSGとなった後も、PSGは1974年までジョルジュ・ルフェーヴルをホームスタジアムとして使用していた。 1974年からはトップチームとリザーブチームの練習施設としてカン・デ・ロッジュを使用している。 リザーブチームと女子チームはともにジョルジュ・ルフェーヴルをホームスタジアムとしている。 カン・デ・ロッジュは2008年に改修された。 1973年6月以来、を使用するクラブはPSGのみである。 1973年11月10日、戦で初めてパルク・デ・プランスを使用した。 親会社であるは1992年からパルク・デ・プランスの使用許可を有している。 1999年、パリ市はスタジアムの使用許可を15年間延長した。 2002年、クラブハウスがスタジアムから新ビルに移転した。 過去最高の平均観客数を記録したのは1999-2000シーズンであり、1試合平均43,185人を記録した。 1982-83シーズンの準々決勝・戦では過去最高の観客数である49,407人を記録した。 メインスタンドから見て左側のサイドスタンドはブーローニュ・スタンド、右側のサイドスタンドはオートゥイユ・スタンドと呼ばれる。 1985年にはブーローニュ・ボーイズというサポーターグループが結成され、フランス最古のとされていたが、2007-08シーズンの決勝でに対して過激な横断幕を掲げ、内務省が調査に乗り出す事態に発展したため、2008年春に自主解散した。 下部組織 [ ] クラブのリザーブチーム、ユースチーム、女子チームなどは、の(パリの西側郊外)、カン・デ・ロッジュにある練習施設を使用しており、彼らは主に3,500人収容のスタッド・ジョルジュ・ルフェーヴルをホームスタジアムとしている。 この施設は高水準の練習を行なったり多くの優れた選手を輩出してきたことでも知られている。 下部組織の卒業生には、、、、、などがいる。 Bertrand Reuzeauが施設長を務めている。 のVerneuil-sur-Seineには15歳以下の選手用の練習施設がある。 カン・デ・ロッジュは FFF によってフランス最高水準の練習施設のひとつと認識されており、2009年にエリートクラスに分類された。 パリ・サンジェルマンの下部組織は、クープ・ドゥ・パリで3回、U-19全国選手権で3回、Challenge du Meilleur Club de Jeunesで2回、Championnat DH Parisで1回、で1回、U-17全国選手権で1回、U-16全国選手権で1回、Tournoi Carisportで1回優勝している。 女子チーム [ ] 詳細は「」を参照 クラブにはプロの女子チームも存在する。 このチームは1991年からパリ・サンジェルマンFCの組織に組み込まれている。 2001年に2部(ディヴィジオン・ドゥ)で優勝して1部(ディヴィジオン・アン)に昇格した。 2009-10シーズンにはで優勝し、初のメジャータイトルを獲得した。 2010-11シーズンのリーグ戦では2位となり、クラブ史上初めての出場権を獲得した。 トゥルヌワ・ドゥ・パリ [ ] を開催地とし、という名称のプレシーズン親善大会を主催している。 1957年から1976年まではシーズン閉幕後に開催し、1977年以降はシーズン開幕前に開催している。 主催クラブを含めて4クラブが出場し、2日間に渡って行なわれる。 パリ・サンジェルマン自身は1975年以降継続して出場しており、7回(最多)優勝している。 (ベルギー)が3回優勝しており、主催クラブ以外では最も優勝回数が多い。 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• :9回• 1985-86, 1993-94, 2012-13, 2013-14, 2014-15, 2015-16, 2017-18, 2018-19, 2019-20• :12回• 1981-82, 1982-83, 1992-93, 1994-95, 1997-98, 2003-04, 2005-06, 2009-10, 2014-15, 2015-16, 2016-17, 2017-18• :8回• 1994-95, 1997-98, 2007-08, 2013-14, 2014-15, 2015-16, 2016-17, 2017-18• :9回• 1995, 1998, 2013, 2014, 2015, 2016, 2017, 2018, 2019• ディヴィジョン・ドゥ :1回• 1970-71 国際タイトル [ ]• :1回• 1995-96• :1回• 2001 親善大会 非公式大会 [ ]• :7回• 1980, 1981, 1984, 1986, 1989, 1992, 1993• :2回• 米国 , 米国 , 成績 [ ]• Pos. Pos. ローン移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 16 No. Pos. 選手名 out No. Pos. 選手名 -- No. Pos. 選手名 -- 歴代会長 [ ] 1970年の初代会長以来、2011年に就任したカタール人の会長までに17人がパリ・サンジェルマンの会長職に就いている。 最も成功を収めたチェアマンはベルナール・ブロシャン(1991年 - 2001年)であり、在任期間中に9個の主要タイトル(デニソ会長の獲得タイトルに加えてトロフェ・デ・シャンピオン優勝1回)を獲得した。 ブロシャンは歴代最長の在任期間を持つチェアマンでもあり、10年に渡って同職を務めた。 2012年からはベノワ・ルソーがチェアマンを務めている。 2014年6月6日時点• 8-1971. 6 - 1971 - - - - - - - - - 1 ギー・クレセン 1971. 6-1971. 12 - - - - - - - - - - - - アンリ・パトレイユ 1971. 12-1974. 6 - - - - - - - - - - - - ダニエル・エシュテルシア 1974. 6-1978. 1 - - - - - - - - - - - - フランシス・ボレリ 1978. 1-1991. 5 1986 - 1982, 1983 - - - - - - - - 3 ミシェル・デニソ 1991. 5-1998. 5 1994 - 1993, 1995, 1998 1995, 1998 1995 - 1996 - - - - 8 シャルル・ビエトリー 1998. 5-1998. 12 - - - - 1998 - - - - - - 1 ローラン・ペペレ 1998. 12-2003. 6 - - - - - - - - 2001 - - 1 フランシス・グライユ 2003. 6-2005. 5 - - 2004 - - - - - - - - 1 ピエール・ブレイユ 2005. 5-2006. 6 - - 2006 - - - - - - - - 1 アラン・カイザック 2006. 6-2008. 4 - - - 2008 - - - - - - - 1 シモン・タハー 2008. 4-2008. 5 - - - - - - - - - - - - シャルル・ヴィルニューブ 2008. 5-2009. 2 - - - - - - - - - - - - セバスチャンヌ・バザン 2009. 2-2009. 9 - - - - - - - - - - - - ロビン・レプルー 2009. 9-2011. 7 - - 2010 - - - - - - - - 1 ベノワ・ルソー 2011. 8-2011. 11 - - - - - - - - - - - - 2011. 11- 2013, 2014, 2015, 2016, 2018, 2019 - 2015, 2016, 2017, 2018 2014, 2015, 2016, 2017, 2018 2013, 2014, 2015, 2016, 2017, 2018, 2019 - - - - - - 22 通算 1970-2019 8 1 12 8 9 0 1 0 1 0 0 40 2010年7月21日時点 チェアマン 期間 タイトル 通算 国内 国外 ベルナール・ブロシャン 1991. 5-2001. 6 1994 - 1993, 1995, 1998 1995, 1998 1995, 1998 - 1996 - - - - 9 アラン・カイザック 2001. 6-2006. 6 - - 2004, 2006 - - - - - 2001 - - 3 シモン・タハー 2006. 6-2012. 12 - - 2010 2008 - - - - - - - 2 ベノワ・ルソー 2012. 12- 2013, 2014, 2015 - 2015 2014, 2015 2014 - - - - - - 4 通算 1991-2011 3 0 6 4 3 0 1 0 1 0 0 18 歴代監督 [ ] 1970年に初代監督となったに始まり、PSGでは20人以上が監督を務めてきた。 監督はクラブ史上最多の5個のタイトルを獲得した。 1994-95シーズンのと、1995年の、1995-96シーズンの、2001年のである。 在任期間の最長記録はルイス・フェルナンデス監督とジョルジュ・ペロシェ監督の5年間(いずれも2期の通算)であり、采配試合数の最多記録はルイス・フェルナンデス監督の244試合である。 2013年からは前監督のが監督を務めている。 54 - 1971 - - - - - - - - 1972. 7-1975. 38 - - - - - - - - - - 1973. 7-1976. 97 - - - - - - - - - - 1976. 7-1977. 5, 1978. 11-1979. 47 - - - - - - - - - - 1977. 5-1977. 6, 1978. 8-1978. 11, 1979. 00 - - - - - - - - - - 1977. 7-1978. 42 - - - - - - - - - - ジョルジュ・ペロシェ 1979. 10-1983. 6, 1984. 4-1985. 39 - - 1982, 1983 - - - - - - - ルシアン・レドック 1983. 6-1984. 74 - - - - - - - - - - 1985. 4-1985. 6 15 6 6 3 19 21 -2 40. 00 - - - - - - - - - - 1985. 7-1987. 10, 1988. 1-1988. 72 1986 - - - - - - - - - 1987. 10-1988. 6 8 1 3 4 6 12 -6 12. 50 - - - - - - - - - - 1988. 7-1990. 67 - - - - - - - - - - 1990. 7-1991. 6 41 15 12 14 42 44 -2 36. 59 - - - - - - - - - - 1991. 6-1994. 6 1998. 10-1999. 30 1994 - 1993 - - - - - - - 1994. 7-1996. 6 2000. 12-2003. 23 - - 1995 1995 1995 - 1996 - 2001 - 1996. 7-1998. 94 - - 1998 1998 - - - - - - 1998. 7-1998. 10 11 4 2 5 10 11 -1 36. 36 - - - - 1998 - - - - - 1999. 3-2000. 67 - - - - - - - - - - 2003. 6-2005. 00 - - 2004 - - - - - - - 2005. 2-2005. 22 - - - - - - - - - - 2005. 12-2007. 73 - - 2006 - - - - - - - 2007. 1-2009. 97 - - - 2008 - - - - - - 2009. 7-2011. 52 - - 2010 - - - - - - - 2011. 12-2013. 62 2013 - - - - - - - - - 2013. 6-2016. 26 2014, 2015, 2016 - 2015, 2016 2014, 2015, 2016 2013, 2014, 2015 - - - - - 2016. 6-2018. 6 114 87 15 12 76. 32 2018 - 2017, 2018 2017, 2018 2016, 2017 - - - - - 2018. 6- 2019 2018, 2019 歴代所属選手 [ ]• パリ・サンジェルマン公式サイト. 2010年10月12日閲覧。 IFFHS. 2010年10月12日閲覧。 XS4ALL. 2010年10月12日閲覧。 IFFHS. 2010年9月30日. 2010年10月12日閲覧。 XS4ALL. 2011年7月22日. 2011年7月22日閲覧。 Le Parc des Princes. の2012年3月2日時点におけるアーカイブ。 2010年10月21日閲覧。 Stadium and Attendances. 2011年11月22日閲覧。 パリ・サンジェルマン公式サイト. 2011年11月27日閲覧。 PSG MAG. 2009年12月24日. 2012年2月5日閲覧。 FIFA. 2009年10月25日閲覧。 FourFourTwo. 2011年12月21日. 2012年2月13日閲覧。 リーグ・アン公式サイト. 2012年6月8日閲覧。 The Classical. 2012年1月11日. 2012年2月13日閲覧。 PSG70. 2010年10月7日閲覧。 Goal. com. 2013年2月23日. 2013年2月25日閲覧。 PSG70. 2010年9月29日閲覧。 パリ・サンジェルマン公式サイト. 2010年9月30日閲覧。 2014年9月7日, at the. 2014年1月に国際監査法人『デロイト』が公表した2012-2013シーズンの欧州サッカーのクラブ収入ランキング• Goal. com 2016年3月14日閲覧。 正確にはパリ郊外のに本拠地を置いていた。 サッカージャーナリストのはグヨの孫である• FIFA. 2008年10月17日. 2010年1月19日閲覧。 サッカーキング. 2013年1月13日. 2013年2月25日閲覧。 エミレーツ航空. 2013年2月25日閲覧。 動楽者. 2012年7月27日. 2013年2月25日閲覧。 Le Parisien. 2012年3月7日. 2012年3月7日閲覧。 2012年3月7日. 2012年3月7日閲覧。 The Pursuit of Victory. 2011年12月28日. 2012年2月2日閲覧。 Sportiva. 2012年10月10日. 2013年2月25日閲覧。 Football Tribe 2017年8月4日. 2017年8月4日閲覧。 SANSPO. com 2017年9月1日• goal. goal. goal. PSG. footballista 2020年1月13日. 2020年4月11日閲覧。 前シーズンのラウンド16の2ndレグ終了後、自身のSNS上で審判を侮辱する投稿を行ったため。 Ligue1 2020年4月30日. 2020年5月1日閲覧。 サッカーキング 2020年5月1日. 2020年5月1日閲覧。 101 Great Goals. 2009年11月19日. 2010年4月23日閲覧。 Goal. com. 2010年2月26日. 2010年2月28日閲覧。 ActuPSG. 2012年4月8日. 2012年4月22日閲覧。 ESPNsoccernet. 2011年3月10日. 2011年10月8日閲覧。 リーグ・アン公式サイト. 2009年10月23日. 2009年10月25日閲覧。 Info PSG. 2012年1月29日閲覧。 パリ・サンジェルマン公式サイト. 2008年11月3日. 2010年1月13日閲覧。 Info PSG. 2012年1月29日閲覧。 Footblog. 2006年12月9日. 2012年1月29日閲覧。 パリ・サンジェルマンFC公式サイト. 2011年10月18日閲覧。 パリ・サンジェルマンFC公式サイト. 2011年10月18日閲覧。 パリ・サンジェルマンFC公式サイト. 2009年1月19日. 2010年9月7日閲覧。 パリ・サンジェルマンFC公式サイト. 2010年7月12日. 2011年1月23日閲覧。 PSG. 2014年6月6日閲覧。 パリ・サンジェルマンFC公式サイト. 2014年6月11日閲覧。 パリ・サンジェルマンFC公式サイト. 2014年6月6日閲覧。 PSG. 2014年6月6日閲覧。 PSG70. 2014年6月6日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (フランス語)• リーグ・アンによるクラブ紹介 (フランス語) (英語)• UEFA. comによるクラブ紹介 (フランス語) (英語).

次の

19歳ムバッペ、PSGで背番号変更へ。新たな番号とその理由とは…

パリ サンジェルマン 背 番号

パリ・サンジェルマンとキットサプライヤーのNikeは1日、2019-20シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。 今回のNEWキットの注目点は胸スポンサーの変更。 2006-07シーズンからパートナーの関係にあった「Fly Emirates」との契約が終了し、新スポンサーを迎えての最初のユニフォームとなる。 クラブは今年2月に契約を発表している。 そしてスポンサー以外にも、垂直に走る中央のストライプも注目点。 近年はレッドを基調とした配色だったが、今回は14-15シーズン以来にホワイトを強調したラインを走らせている。 パンツとソックスはどちらもネイビーを基調としたデザイン。 ユニフォームと同時にリリースされたネームナンバー。 背番号には「ICI C'EST PARIS(ここがパリだ)」を散りばめたデザインが登場。 このデザインの公式戦での使用に関しては、現時点では不明。

次の